フォト

おすすめ本

「ゴースト・ヒーロー」

S・J・ローザン「ゴースト・ヒーロー」創元推理文庫

リディア&ビルの人気シリーズ11作目。
水準を保っていて、いまだにだれない爽やかさもあるのがいいですね。

時々コンビを組んで仕事をする私立探偵の二人。
視点が1作ごとに交代し、今回はリディア視点です。
リディア・チンは中国系で小柄な女性。
鼻っ柱は強いけど、中国系ならではの風習や強固な家族関係の中にあり、これが独特な魅力を加えています。
リディア視点だとけっこう繊細に揺れ動いてもいますね。
(大柄でごつい中年男のビルも内心は繊細な男だけど、話としては普通の探偵小説に近い感じになります。リディアにはまいっているから、やや神秘的なぐらいに描かれていますね)

天安門事件の最中に英雄として死んだ中国人画家チョウ・チャンはゴーストヒーローと呼ばれている。そんな人物の新作があるという噂。
実は生きているという意味なのか? でなければ贋作?
大変な値打ちが出るかもしれない。
リディアはその件を調べてくれという依頼を受けます。

今回は美術に詳しい助っ人も必要だと、ビルがジャック・リーを紹介。
短編集にも登場している彼は美術を専門としている私立探偵で、長身で細身、中国系だけど中身はほとんどアメリカ人。
(リディアが中国人らしいハンサムな男とお茶していたという噂はあっという間に中国人街を駆け巡ります)
このジャックも実は既にこの絵に関して依頼を受けていました。
この頃、他にも事件が起きていて‥

ロシアのマフィア系の大金持ちに化けたビルが絵を買いたがっているという触れ込みで画廊を回るのがおかしい。仲介役として同行するのはもちろんリディア。
贋作の巧みさにも驚くが、本物の絵の力強さにさらに驚くことに。
ネットに強い甥の手伝いもあって、こんがらかった事件は次第にするすると‥

天安門事件とは重い内容で、しかも現在の中国当局まで絡んできて、窮地に追い込まれながら、お手並み鮮やかに解決へ。
ミステリの面白さを堪能できました☆

「永久に刻まれて」

S.J.ローザン「永久に刻まれて(リディア&ビル短編集)」創元推理文庫

リディア&ビルの短編集、2冊目。
時にはコンビで協力し合い、時には単身での探偵仕事。
違う味わいの作品を楽しく読み進めることが出来て、いい所がいっぱいあるシリーズだなぁと嬉しくなります。

中国系アメリカ人で小柄なリディアは、負けん気の強い性格。
危険な仕事は辞めろと家族には反対されていますが、口うるさい母親とまだ一緒に暮らしている情愛深さもあるんです。

中年男のビルはリディアに本気で惹かれつつ、しょっちゅうジョークで口説いてはかわされています。
体格はたくましいく若い頃には荒れていた時期もあった強面ですが、ピアノの腕前はすばらしく、おそらくはピアノに救われもした繊細な内面を秘めているんですね。
買収されようとしているピアノ・バーをめぐる事件など、ビルのピアノへの思いが生かされた作品も。

そんな彼らの個性がきらりと光ります。
今回は、軽快なコンビぶりが楽しい作品だけでなく、リディアの母親が探偵をつとめちゃう小粋な作品が面白い。
いつも反対しているくせに、他の人に対しては「娘の仕事をいつも手伝っているんですよ」と吹聴してしまうお母さん。
初登場の別な人物(美術品専門の探偵)が主役の短編もあり、この彼が~次作に出てくるメインの脇役だそう。

長編の間を埋めるように書かれた短編。
あとがきにデビューのいきさつもあり、なるほど、と。
コンビを組んだ若い犯罪者にかかわって、リディアが発砲することになった事件。
これが最初に書かれた作品なのかと感慨がありました。

「この声が届く先」

SJ・ローザン「この声が届く先」創元推理文庫

10作目になるシリーズ最新作。
中国系の小柄な女性リディア・チンと、大柄な白人ビル・スミスのコンビの探偵で、視点が作品ごとに交代します。
リディア視点の回は、中国系社会の特殊性を生かした物語が多く、ビルの視点の回は、普通の私立探偵物に近くなるけど、リディアの存在と協力がぴりっと効いている。
8作目、9作目がそれぞれの最高傑作だったので、次はどうなるか??と思っていました。

リディアが誘拐されたというショックな事件。
しかも、ビルに怨みを持つ犯人は、ビルにゲームを仕掛けてくるのです。
ゲームに勝てば解放するが、負ければ命はないと。
声を変えている犯人が誰かはわからず、もちろん警察に通報することも出来ません。
誘拐犯の陰謀で、ヒントをたどって行動したビルは、中国系の女性の死体を発見し、殺人事件の容疑者になってしまいます。
リディアを救うためには警察に説明している時間はなく、警察に追われる身になりながら、リディアの居場所を探し続けることに。

リディアの親戚の若者ライナスと、そのガールフレンドのトレラが登場して、新鮮な展開に。
ライナスはコンピュータの天才で、若くして起業しているのです。
怖いもの知らずの二人が、深刻になりがちなビルを助けて、大活躍。
行動的なトレラはイタリア系で、従兄を引き連れて車を飛ばし、アクションシーンまで。

リディア自身も、生きていることを確認するための短い通話の中で、犯人にはわからないように、ヒントを出し続けます。
リディアの言うことなら、すぐにピンと来るビル。
この信頼関係が何とも、いいんですよねえ。

殺された女性は売春婦で、その元締めと用心棒もビルを追ってきます。
ビルの行く先々で、女性が殺されるように仕組んでいた誘拐犯。
ビルはどう切り抜けるのか…?

誘拐犯が誰なのか、やっと思い当たったビルの反省も。
向こうは犯罪者には違いないのだが…
若くていい気になっていた頃のことで、すっかり忘れていたのです。
悩みすぎるビルを励ましてくれる~気のいいライナス君でした。
(スヌーピーじゃなくてノーベル賞学者からとった名前だそう)

軽快なテンポで、事件も深刻になりすぎない。
やっと見つけたときに~「遅い」と怒っているリディアも、お約束?
とても面白く読めました。
2010年の作品。

「シャンハイ・ムーン」

S.J.ローザン「シャンハイ・ムーン」創元推理文庫

シリーズ最新作にして最高傑作。
ニューヨークの私立探偵、リディア・チンは小柄な中国系。
独立を保ちつつも時に協力し合うのが、大柄な白人男性のビル。
1作ごとに交代で、視点を変えて描かれています。

前作は、ビルの視点で。
ビルの過去に絡む事件が起き、動揺したビルからは、まったく連絡が来なくなっていました。
内心、怒りまくっているリディア。
4人の兄がいる末っ子のリディアは、昔気質の母といまだ同居しています。
私立探偵という仕事にも、チャイナタウンに住む家族のほとんどは不賛成。
まして、ビルとの関係には、神経をとがらせていましたが。

やっと連絡を寄越したビルと、捜査に掛かります。
態度を硬化させていたリディアが、だんだんほぐれてくるのも楽しい。

リディアの旧知の私立探偵ジョエルから依頼が来て、弁護士のアリスに会い、消えた宝石探しを手伝うことに。
ところが、ジョエルが殺されてしまう。
アリスは急に手を引くように言い出しますが、とてもそうはいかないリディア。
戦時中の上海で起きた事件に、端を発しているようだったのですが。
シャンハイ・ムーンとは、今も皆が探し求めている幻の宝石でした。

オーストラリアから上海に亡命した若いユダヤ人女性ロザリー・ギルダーが母に当てて書いた手紙が、ありありと当時の事情を伝えます。
ナチスの脅威、残っている母達の心配、収容所での苦難、弟への思い。
読み込んで~感情移入するリディア。

ロザリーは、上海で名門の中国人チェン・カイロンと恋愛結婚し、それは現地の白人達にとっても中国人にとっても衝撃的なことでした。
子供ももうけたのですが、混乱期に強盗に襲われて、宝石を奪われたらしい。
ニューヨークには、その子孫が生きていた!
今も、シャンハイ・ムーンに取り憑かれて…
複雑な人間関係、家族の感情のもつれが痛ましく、印象に残ります。

リディアの母の態度が軟化しているのが、ビッグニュース!
微笑ましい。

シリーズは「チャイナタウン」1994年に始まり、「ピアノソナタ」「新生の街」「どこよりも冷たいところ」「苦い祝宴」「春を待つ谷間で」「天を映す早瀬」「冬そして夜」2002年の順。
ほかに短編集「夜の試写会」も。
本作は2009年で、前作からずいぶん空いたんですね。
2011年9月、翻訳発行。

「マンハッタン物語」

ローレンス・ブロック「マンハッタン物語」二見文庫ザ・ミステリ・コレクション

マンハッタンは、ニューヨークの中心部。
ザ・シティと呼び慣わされているそうです。
マンハッタンをこよなく愛するローレンス・ブロックが、マンハッタンに縁の深い作家に依頼して、まとめた短編集。
ニューヨークを舞台にしている、どこかダークなミステリというテーマ。
地図が載っていて、なるほど~と興味をそそられます。
位置関係をけっこう勘違いしていたわ~。

「見物するにはいいところ」ジェフリー・ディーヴァー。
ヘルズ・キッチンという名は、次第に使われなくなってきた地区で。
ペテン師のリッキーと組んでいる人間、悪徳刑事の三つ巴の混戦。

「雨」トマス・H・クック
雨の夜、バッテリー・パークで、人々の運命が交錯していく…

「次善の策」ジム・フジッリ
売れないピアノ弾きのマクシーと暮らしてきたミッツィ。
ろくでなしの正体に気づいた頃、同じアパートのマリアと親しくなります。
マクシーが銀行強盗の片棒を担ぐ計画を知って…

「怒り」S.J.ローザン
ハーレムを舞台に。
レックスは恋人を寝取った男ともみ合い、殺人罪で10年、仮出所で8年の保護観察中。
犯罪に関わるつもりは全くなかったのですが…
近所に住む少年達の動向が気になっていると、事件が起きてしまい、その捜査で、刑事がしつこく絡んでくるようになり…

「ニューヨークで一番美しいアパートメント」「男と同じ給料をもらっているからには」など、タイトルも面白い。
「住むにはいいところ」ローレンス・ブロックで締め。

全部で15本の珠玉の作品集といっていいでしょう。
暗めでしゃれた味わいのものが読みたいときに。
作品ごとに地図がつき、巻頭のブロックによる序文、巻末の著者紹介も充実。
面白かったです。

「夜の試写会」

S・J・ローザン「夜の試写会」創元推理文庫

日本で編纂された~リディア&ビル短編集。
中国系で小柄だが勝ち気なリディア・チンと、白人の大男ビル・スミス。
シリーズは一作ごとにどちらかの視点で、交互に書かれているのが特徴。
これは一捻りされた短編で、それぞれに、また時には丁々発止と言い合いながらも協力しつつ~活躍する二人を描いています。

表題作は、中国系の女性が殺された事件を気にしていたリディア。
釈放された容疑者を犯人に違いないと睨み、公民権法に基づいて起訴するために罠に掛けたいという依頼に乗って、一芝居打つことに。

2作目「熱き想い」は、ビルが、歌手のマリッサからボディガードに戻るよう依頼されます。
破滅的なマリッサの行状に懲りて3ヶ月前に辞めていたのです。
ビルは断りますが、マリッサが銃撃される事件が起き・…?

「ペテン師ディランシー」は、リディア編。
移民が入り乱れる街で、あやしげな取り引きをしようともくろむ人間と、儲けをすくい取ろうとする人間、食い止めようとする人間の騙し合い。
取り引きの対象が、ライチや熊胆(くまのい)というのが面白い。

「ただ一度のチャンス」はビル編。
高校のバスケットボール選手の心中事件。
バスケットボールで才能を発揮し、注目されかけている少年のいる街。
それが、街を抜け出して絶望的な人生から脱出する~ただ一度のチャンスなのですが、それも確実ではない‥

「人でなし」は強姦事件に偶然、出くわしたリディア。
地下鉄で襲われ、脅えて隠れている女性を見つけ出します。
いきのいい女性警官クレアとの出会いと連携が嬉しい。

甘、辛、酸、苦みもあり。
にやにやしたり、しみじみしながら、違う味わいをたっぷり楽しめます。

「冬そして夜」

S.J.ローザン「冬そして夜」東京創元社

私立探偵のビル・スミスとリディア・チンは、独立しつつも協力し合う関係。
視点を交互に変えて語られるシリーズ。
8作目。
ビルの視点の方が平凡な私立探偵物になりがちな気がしていましたが、今回はビルの隠された過去、家族関係が初めて明かされることに。
練り上げた年月を感じさせる出来映えです。

長らく疎遠だった妹ヘレンの息子ゲイリーが補導され、ビルに連絡が来ます。
何かを隠したまま逃走するゲイリーを心配するビル。
じつはビルもまた、同じ年頃に家を飛び出してニューヨークへ来た過去があるのでした。
妹一家の暮らすワレンズタウンは、ニュージャージーの高級住宅街。アメフトが盛んで、ヘレンの夫スコットの育った土地でもありました。
ゲイリーと一時付き合っていたというGFの家を訪ねると、そこは若者のパーティが開かれて一夜明けた後らしく、えらい荒れ果てようで、そのうえ…死体が!

妹一家との確執に悩みながら、甥のゲイリーの行方も探しつつ、街で何かあったのかを探ろうと努力するビル。
しだいに、過去のいきさつも関係があるとわかってきます。
フットボールのコーチ、有力選手などが何よりも権力を持つ街のゆがんだヒエラルキーが生み出した事件とは。
地元の刑事サリバンとは、だんだんと協力関係に。
新聞記者を目指す女子高生ステイシーは、さわやか。
ハッカー少年ライナスなど、人さまざま。

MWA最優秀長編賞受賞。2002年の作品。
2008年6月翻訳発行。
1999年のコロンバイン高校銃撃事件の影響を受けて書かれた作品の1つでもありますね。

「天を映す早瀬」

S.J.ローザン「天を映す早瀬」東京創元社

リディアとビルという探偵二人の交互の視点で語られるシリーズの7作目。
リディア・チン(中国名リン・ワンジュ)はニューヨークの私立探偵。小柄で黒髪で勝ち気な生きのいい女性です。
中国人街の長老格ガオに依頼され、アメリカでなくなった老人ウェイの形見の品と遺骨を届けに、香港へ。

生まれて初めての海外旅行!
中国人ばかりがいて当たり前の地に降り立つことになったのです。
ところが行った先では、スティーヴン・ウェイの幼い息子の誘拐事件が発生していました。
相棒のビルも同行しているのですが、白人の大男はやたらに目立つことに。
形見の翡翠がすり替えられていたという謎もあり、初めて会った人々に不審の目を向けられます。

ウェイ家の顧問弁護士の依頼で、行方不明の子守マリアを探すことになり、慣れない土地を右往左往する二人。
渾然とした熱気が香港の雰囲気を伝えてきます。
香港警察の巡査部長マーク・チュワンと協力しつつ、結社につながる骨董商リーとも大胆に接近します。

チュワンにキスされたりしつつも~相棒のビルとの仲には微妙な進展も。
香港を縦横に駆けめぐり、疾走感の強い展開で読ませます。
観光案内にもなっているかも。
題名は、リディアが占い師に言われた言葉から。
2001年の作品。2006年翻訳発行というのはちょっと遅れた?

「春を待つ谷間で」

S.J.ローザン「春を待つ谷間で」創元推理文庫

ニューヨークの私立探偵リディア・チンとビル・スミス。
交代の視点で描く趣向のシリーズ・第6弾。
どこまで読んだかわからなくなって~ご無沙汰していました。
今回はビルの視点です。1999年の作品、2005年8月発行。

晩冬、ビルはいつも休暇を過ごすための小さな山小屋を持つ郡へ、初めて仕事をしに出かけます。
仕事を依頼してきた女農場主のイブが、じつは正体を隠している有名な画家だったと知るのでした。
酒場を経営するトニーの家の地下で死体が発見され、トニーの弟で無鉄砲なジミーが疑われます。
トニーとジミーとは長い付き合いで、かってジミーが逮捕された窮地を救ったこともあるビル。
弟のようなジミーのために立ち上がるビルだが…?

石切場も閉鎖されて将来が見えなくなっている田舎町という~暗めの舞台設定で、その割にタイトルは何だか優しすぎるかなぁ?
ジミーにしっかり者のガールフレンドがいたりと、ほほえましい面も。
途中でリディアも参加、イブの用心棒として滞在します。
今まではリディアの知らない世界だったビルの一面がわかり、微妙な二人の距離がまた少し近づいたような~?

リディアの視点の次作がもう刊行されているので、そのうち読むつもり。
どちらかといえばリディア視点の作品の方が、個性的でぴりっとしている気がします。
ビル視点だと割と普通のミステリになるのね~でも感じは悪くない、安全パイですよ。
作者はリディアそっくりらしい。小柄で勝ち気な中国系ってことですね。
大男で無骨だが心優しいビルは、対照的で~だから好みなのか?ある意味アニムスアニマってやつなのかしら? 

その他のカテゴリー

bベスト本 | i本屋大賞候補作 | l本屋大賞 | l直木賞 | l芥川賞 | l:日本エッセイスト・クラブ賞 | mf:世界幻想文学大賞 | mf:日本ファンタジーノベル大賞 | m:CWA賞 | m:MWA賞 | m:このミステリーがすごい! | m:アガサ賞 | m:マカヴィティ賞 | name:あさのあつこ | name:万城目学 | name:三上延 | name:三浦しをん | name:上橋菜穂子 | name:上野千鶴子 | name:中島京子 | name:乾くるみ | name:五木寛之 | name:京極夏彦 | name:仁木英之 | name:今野敏 | name:伊坂幸太郎 | name:佐々木譲 | name:佐藤多佳子 | name:佐藤賢一 | name:佐野洋子 | name:勝間和代 | name:北村薫 | name:原田マハ | name:坂木司 | name:大島真寿美 | name:大崎梢 | name:太宰治 | name:姫野カオルコ | name:宇江佐真理 | name:宮下奈都 | name:宮部みゆき | name:小川洋子 | name:小川糸 | name:山之口洋 | name:山崎ナオコーラ | name:山田詠美 | name:島本理生 | name:島田荘司 | name:川上弘美 | name:恩田陸 | name:有川浩 | name:朝井リョウ | name:木内昇 | name:杉本苑子 | name:村上春樹 | name:村上龍 | name:村山早紀 | name:村山由佳 | name:東川篤哉 | name:東野圭吾 | name:松井今朝子 | name:林真理子 | name:柚木麻子 | name:柳広司 | name:栗田有起 | name:桜庭一樹 | name:梨木香歩 | name:森絵都 | name:森見登美彦 | name:森谷明子 | name:横山秀夫 | name:橋本治 | name:池上永一 | name:津村記久子 | name:海原純子 | name:海堂尊 | name:湊かなえ | name:町田康 | name:畠中恵 | name:百田尚樹 | name:矢崎存美 | name:磯崎憲一郎 | name:神田茜 | name:米村圭伍 | name:米澤穂信 | name:綿矢りさ | name:荻原規子 | name:菅野雪虫 | name:葉室麟 | name:角田光代 | name:誉田哲也 | name:貴志祐介 | name:辻村深月 | name:近藤史恵 | name:道尾秀介 | name:長野まゆみ | name:香山リカ | name:高田郁 | oその他の作家 | o海外作家:C.J.ボックス | o海外作家:M.C.ビートン | o海外作家:P.Gウッドハウス. | o海外作家:R.D.ウィングフィールド | o海外作家:S.J.ローザン | o海外作家:アガサ・クリスティ | o海外作家:アラン・ブラッドリー | o海外作家:アリアナ・フランクリン | o海外作家:アリス・マンロー | o海外作家:アレグザンダー・マコール・スミス | o海外作家:アンナ・マクリーン | o海外作家:アン・クリーヴス | o海外作家:アン・タイラー | o海外作家:アン・マキャフリイ | o海外作家:アーシュラ・K・ル=グウィン | o海外作家:アーロン・エルキンズ | o海外作家:エリザベス・ギルバート | o海外作家:エレイン・ヴィエッツ | o海外作家:エレン・カシュナー | o海外作家:カズオ・イシグロ | o海外作家:カミラ・レックバリ | o海外作家:カルロス・ルイス・サフォン | o海外作家:キャロル・オコンネル | o海外作家:キンバリー・ウィリス・ホルト | o海外作家:ギヨーム・ミュッソ | o海外作家:クリストファー・プリースト | o海外作家:クレイグ・ライス | o海外作家:クレオ・コイル | o海外作家:ケイト・キングズバリー | o海外作家:ケイト・モス | o海外作家:ケイト・モートン | o海外作家:ゲイル・キャリガー | o海外作家:コニス・リトル | o海外作家:コニー・ウィリス | o海外作家:コリン・ホルト・ソーヤー | o海外作家:コルネーリア・フンケ | o海外作家:サラ・ウォーターズ | o海外作家:サラ・スチュアート・テイラー | o海外作家:サラ・パレツキー | o海外作家:シャロン・フィファー | o海外作家:シャンナ・スウェンドソン | o海外作家:シャーリィ・ジャクスン | o海外作家:シャーレイン・ハリス | o海外作家:シャーロット・マクラウド | o海外作家:ジェイソン・グッドウィン | o海外作家:ジェイニー・ボライソー | o海外作家:ジェイン・オースティン | o海外作家:ジェフリー・ディーヴァー | o海外作家:ジェフリー・フォード | o海外作家:ジェラルディン・ブルックス | o海外作家:ジャニータ・シェリダン | o海外作家:ジャネット・イヴァノヴィッチ | o海外作家:ジュンパ・ラヒリ | o海外作家:ジョアン・フルーク | o海外作家:ジョナサン・キャロル | o海外作家:ジョン・ハート | o海外作家:ジョージ・R.R.マーティン | o海外作家:ジョー・ウォルトン | o海外作家:ジル・チャーチル | o海外作家:スティーグ・ラーソン | o海外作家:ステファニー・メイヤー | o海外作家:スーザン・プライス | o海外作家:スー・グラフトン | o海外作家:タニス・リー | o海外作家:ダイアナ・ウィン ジョーンズ | o海外作家:ダイアナ・ガバルドン | o海外作家:ダン・ブラウン | o海外作家:ディック・フランシス | o海外作家:デイヴィッド・アーモンド | o海外作家:デニス・ルヘイン | o海外作家:デボラ・クロンビー | o海外作家:トレイシー・シュヴァリエ | o海外作家:トーベ・ヤンソン | o海外作家:ドナ・アンドリューズ | o海外作家:ドナ・ジョー・ナポリ | o海外作家:ドミニク・シルヴァン | o海外作家:ドン・ウィンズロウ | o海外作家:ナンシー・ピカード | o海外作家:ネレ・ノイハウス | o海外作家:ノア・ゴードン | o海外作家:パウロ・コエーリョ | o海外作家:パトリシア・A.マキリップ | o海外作家:ピーター・キャメロン | o海外作家:ピーター・ディキンスン | o海外作家:ピーター・トレメイン | o海外作家:ピーター・ラヴゼイ | o海外作家:フランセス・ファイフィールド | o海外作家:フレッド・ヴァルガス | o海外作家:ヘイリー・リンド | o海外作家:ヘニング・マンケル | o海外作家:ベリンダ・バウアー | o海外作家:ベルンハルト・シュリンク | o海外作家:ポール・ドハティ | o海外作家:マイクル・コナリー | o海外作家:マーガレット・アトウッド | o海外作家:マーセデス・ラッキー | o海外作家:ミネット・ウォルターズ | o海外作家:ミュリエル・バルベリ | o海外作家:メアリ・W.ウォーカー | o海外作家:メグ・ガーディナー | o海外作家:メグ・キャボット | o海外作家:ユッシ・エーズラ・オールスン | o海外作家:リサ・クレイパス | o海外作家:リチャード・ノース・パタースン | o海外作家:リース・ボウエン | o海外作家:ルーシー・モード・モンゴメリ | o海外作家:レジナルド・ヒル | o海外作家:レスリー・メイヤー | o海外作家:レーネ・レヘトライネン | o海外作家:ロイス・マクマスター ビジョルド | o海外作家:ロビン・ホブ | o海外作家:ローズマリ・サトクリフ | o海外作家:ローズマリー・マーティン | o海外作家:ローナ・バレット | o海外作家:ローラ・チャイルズ | o海外作家:ローラ・リップマン | o海外作家:ローリー・キング | o海外作家:ローレンス・ブロック | o海外作家:ヴィヴェカ・ステン | o海外作家:ヴォンダ・N.マッキンタイア | お人形 | お人形着物 | お茶 | アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | コージー | ジェイドール | ジェニー | スイーツ | ドールmomoko | ドール:Misaki | ドール:SD | ドール:シドニー | ドール:ピュアニーモ | ドール:プーリップ | ドール:ユノアクルス・アズライト | バービー | ファッション | ファンタジー | フィギュアスケート | ベスト本 | ミステリ | リカちゃん | ロマンス | 介護 | 健康・ダイエット | 児童書・YA | 動物 | 国内作家:あ行 | 国内作家:か行 | 国内作家:さ行 | 国内作家:た行 | 国内作家:な行 | 国内作家:は行 | 国内作家:ま行 | 国内作家:や行 | 国内作家:ら行 | 国内作家:わ行 | 国内小説 | 家事 | 心と体 | 日記 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 歴史もの | 海外小説 | | 病気体験 | 着物 | 経済・政治・国際 | 絵本 | 舞台・バレエ | | 言葉・歌 | 評論・エッセイ | SF

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック