フォト

おすすめ本

「竜との舞踏 3」

ジョージ・R.R.マーティン「竜との舞踏(3)(氷と炎の歌5)」早川書房

怒涛の異世界ファンタジー巨編。
今(2014年)出ている中ではシリーズ最新作。
そして、この先を読むのは何年後になるのやら?

自分が続きを読むときに、忘れすぎてるかも?とちょっと、メモなど。
さすがに話は進み、えっここで終わるの?と悲鳴~~というところで以下次号!
絶句しつつも、まあお約束なので。

女王デーナリスは打ち続く混乱を沈めるために、地元の大貴族との結婚を決意する。
不本意ながら祝賀のために闘技場を再会。
そこへ現れたのは‥?!
ここまでイライラさせられる展開だったのが変わったけど、これまた先は読めない‥

母国を逃れ出て、今は奴隷として転々とする身のティリオン。
機転を利かせて、ついに抜け出す‥?

雪に閉ざされたウィンターフェル城に、北の注目は集まります。
亡き王ロバートの弟スタニスが進軍しますが、吹雪に埋もれて動きが取れなくなっていました。

ウィンターフェル城のスターク家を滅亡に導いた「返り忠(裏切り者)」は、最悪な主に仕える道化となっていたのです。
主とスターク家の姫アリア(ということになっている娘)との婚儀がおこなわれますが‥

北の壁を守るナイトウォッチの総帥ジョンは、スタニスの王妃一行を砦に迎えていました。
人手が足りない窮地に、野人を味方につける方策をとります。
異母妹アリアが婚儀を挙げるとの報も、気になっていたましたが‥
まさかの展開?

本物のアリアは遠く離れた地にいて、遠い将来には復讐をと思いつつも、異文化の中での精進を続けています。
異常な成り行きではありますが、ある意味、この着実なたくましさは救いですね。

都では宗教団体が勢力を持つようになり、太后サーセイは罪に問われて尋問を受けます。
罪を浄化する償いの行進というのは、中世の歴史上あったことがもとになっているとか。

作者はテレビの脚本を書いていた時期に、あまりにも制約が多いことに悩んだそうで、そのストレスがどうやら生々しい葛藤があふれ出るリアルな描写になっているらしい‥
アメリカでは、子供に見せてはいけないようなシーンは日本より自主規制がうるさいんだそうですが。
どんだけストレスだったんだっていう(苦笑)
今ではこのシリーズ、テレビドラマ化されているので、時代が変わったのか、マーティンの勝利?
それだけ、面白いってことですね☆

「竜との舞踏(2)」

 

ジョージ・R・R・マーティン「竜との舞踏(2)」早川書房

「氷と炎の歌」第5部・3巻本の2冊目。
迫力の歴史ファンタジー巨編です。

この巻では、王都や王族はほとんど出てきません。
太后サーセイの弟ティリオン・ラニスターは謎の騎士に捕らえられ、身元を隠して移動中。
小人と侮られ、思わぬ敵に狙われ、船酔いに悩まされつつも、流転の道を陽気にたくましく生き延びています。

前の王家ターガリエンの遺児デナーリスはミーリーンの女王となっていますが、勢力はこう着状態。
地元の有力貴族と結婚せざるを得なくなります。
デナーリスは心がけの良いけなげな美女なのだが、周りにまともな味方がいない。男を見る目もない?
これで、どうするのか‥

ついに訪れた長い冬。
北の盟主スターク家は滅亡したとみなされていますが、実はほとんど生きています。
まったく別な道をたどっている彼らが、いつかどこかで出会うのか?
体が不自由な跡取りの少年ブランは大男ホーダーと共に移動し、森の奥深く、滅びつつある民と出会います。

北の<壁>の黒い城(カースル・ブラック)で異形人の襲来を防ごうとしている総帥のジョン・スノウは、スターク家の庶子。
異母妹アリアがとんでもない男ラムジー・ボルトン公と政略結婚させられると聞きますが、家族を捨てた誓いに縛られ、身動きは取れない。
インターフェル城へ進軍したスタニス(ロバート王の弟)は雪に阻まれてしまう。
女祭司メリサンドルは、ジョンの妹が助けを求めているという幻視を見るのですが。

そのアリアというのは‥
別な土地にいるアリアがどうなるか、気になる~! あまり好きじゃないけど、この書き方じゃサンサも気になるじゃないの!

波乱の物語!
とはいえ、進み方が遅い‥
登場人物が長編一作でなく数作分ぐらい多くて世界中に散らばってるので、仕方がないところもありますが‥
でも、プロ作家としては、この1冊の中でどこか一部でも、もっと大きく動かすべきなのでは。伏線らしい動きはあるので~3冊目に期待!
シリーズ全体に読む価値はあるので、読み続けます!けどね☆

「竜との舞踏 1」

ジョージ・R・R・マーティン「竜との舞踏1 (氷と炎の歌5)」早川書房

アメリカでは大人気でドラマ化も評判になっているシリーズ「氷と炎の歌」その第5部です。
ドラマチックな歴史物のような異世界ファンタジーで、シリーズ全体としては★5つの作品です。
きらきらと個性的な登場人物が波乱の運命に投げ込まれ、せめぎあう様子がいきいきと描かれています。
読み応えのある長編がお好きな方はぜひ。

「竜との舞踏」というのは、このシリーズにしてはシンプルな題ですね。
これまでが
「七王国の玉座」
「王狼たちの戦旗」
「剣嵐の大地」
「乱鴉の饗宴 」ですからね♪

第5部が3分冊になる1冊目。
という状態なので~登場人物の運命はこれ一作だけ読んでも何ともいいがたいところが‥
4作目の「乱鴉の饗宴」ではごひいきキャラのデナーリス、ジョン、ティリオンが3人とも出てこなくて、大不満でしたから、今回はデナーリス表紙なのが嬉しい。
楽しみにしていました。
以下、ややネタばれ↓

デナーリスはミーリーンの女王として奴隷を解放し、闘技場での殺し合いも禁止。
だが抵抗勢力は根強く、解放奴隷が狙われて暗殺される事態に。
政権を安定させるために良い夫を選ぶようまわりにも勧められ、自薦他薦の夫候補が群がってくる。
デナーリスが孵化させた3頭の竜は大きく育ち、次第に制御が難しくなって来ていた‥

タイウィン公を殺して飛び出したティリオン。
美貌を誇るラニスター家にあって、矮小な体躯で生まれ小鬼と疎まれながらも、知力を尽くして働いてきた男。
今や徒手空拳の身だが援助者を得て、身を潜めてデナーリスの元へ向かおうとしている。
七王国の先の王ターガリエン家の遺児であるデナーリスの軍師となるために。

スターク家の庶子ジョン・スノウは、黒の城でナイツウォッチの総帥となっている。
ロバート王の弟スタニス・バラシオンが軍を率いて滞在、何かと頭の痛い存在になっていた。
北の壁の危機を信じて行動してくれた人物ではあるが、王の座を狙うには戦況はかなり不利なのだ。
亡きロバート王のまだ幼い息子トメンが今の王で、太后サーセイが実権を握っているが‥

ジョンの異母弟のブラン・スタークは、不自由な身体だが生き延びて、大男ホーダーの肩に乗って移動している。
北の王だったスターク家は一家散り散りですが、何人かは生きているんですよね~!

4作目で翻訳者が交代し、大幅に登場人物の名前などを変更するという事件があったのです。
カタカナにもイメージがあるのに。
馴染んできた読者にとってはショックなことでした。
批判を受けて説明を加え、少し戻したり?したため、ものによってはいっとき3種類の訳語があったんじゃないですか。
文庫も最初から「乱鴉」まで改訂版で出しなおしたようです。
今度の翻訳自体がまずいとは言いませんが‥
前の名前と両方が思い浮かぶのがツライ。

原作が長々しくなっているのと、中世的な戦国状態でしんどいシーンが多いという読み難さがあるため、最初の頃ほど熱意を持っておすすめ出来なくなってしまったのが残念。
キャラは立っているんですけどねえ。
冒険物ファンタジーがお好きな方~今後、竜や、壁の向こうの存在が迫ってくるので、その要素は強くなってくるはずです。
これから文庫で読む人のほうが混乱がなくて~いっそ幸運かも!

「剣嵐の大地」

ジョージ・R・R・マーティン「剣嵐の大地」早川書房

「氷と炎の歌」シリーズの第3作です。これだけで3巻あるので表記がややこしいですね!
あちらでは賞を総なめにしている大ヒット作。
とにかく波瀾万丈で目が離せない~ドラマチックで濃い物語です。
15~16世紀あたりのヨーロッパの歴史を思わせる所があり、戦記物に近い感触。甘めのファンタジーが苦手な人でも大丈夫だと思います。
全くテンションが落ちることなく、これだけ登場人物が多いのに、描写がわかりやすいのには感心しました。
しかし、ネタばれにならないように書くのが難しいなあ‥

ネタばれ注意報!(あまりハッキリとは書きませんが~本を読む前に内容を知りたくない人は、以下は読まないでね)

各章ごとに中心になる人物が変わります。
1巻ではジェイム、ケイトリン、アリア、ティリオン、ダヴォス、サンサ、ジョン、デーナリスという具合に。
北の盟主スターク家の未亡人がケイトリン、その対照的な娘がサンサとアリア。仇の宮廷にとらわれたままのサンサには結婚話が‥。
戦火を逃れて逃避行を続けるアリアは男装してたくましく生きていきますが、どっちへ転ぶかわからない急展開に。
プロローグはスターク家の庶子ジョンのいる北方から始まり、後半へかけてその比重が高まっていきます。ごひいきキャラなので苦難にハラハラしつつも、絶対頑張るに違いないという期待を寄せて読みました。

曲者揃いのラニスター家のジェイムは苛酷な試練に晒されながらもけっこう良い奴だったりして、赤丸急上昇中。女騎士ブリエンヌとの奇妙な関わりも良い味出しています。
苛酷な試練は誰しもですが‥
登場人物は自らの愚かさ相応の結果を招く場合もありますが、更に乱世の厳しさゆえなのか?どうもこの作者は「自分の一番大事な物を差し出せ!」と命じている神のようです。
最終的にはそこから如何に立ち直るかがテーマなのでしょう‥たぶん?

前の王家の生き残りである美少女デーナリスは独り七王国の外にいるのですが、成長いちじるしく、感動的です。
生まれ落ちた時には父王が殺されて国外にいるというマイナスの状況だった彼女。しかも狂気の血が表れていた兄に育てられ、金目当てに幼くして蛮族の妻にされ、苦難の道をたどったのですが~そこからどんどん巻き返していきます。
彼女の登場するシーンはエキゾチックで一番ファンタジー色が強いのです。
作者のお気に入りのキャラクターのように思われますね。しだいに育ってくるドラゴンにも注目~次回作では期待大ですね!

「王狼たちの戦旗」

ジョージ・R・R・マーティン「氷と炎の歌」シリーズの2作目、「王狼たちの戦旗」上下巻(早川書房)

中世イギリスを思わせる異世界を舞台に、王国の興亡を巡る華麗な物語。
謀反の罪を着せられて父を失い離散した北の盟主スターク家の子供たちが中心ですが、それだけでなく複数の登場人物の視点で交替に語られていくのが、積み重ねられてリアリティを生み出しています。

王位を争って派手に戦う兄弟、危機に直面する様々な女性たちに男装の騎士、渋い脇役、ひと癖もふた癖もある宦官に道化、妙に興味をひかれる海賊に小悪党、前の王家の生き残りで竜の母となる美少女など…
てんこもりというか大盤振る舞いというか。

亡き王の妻で、ラニスター家出身のサーセイ女王のきらびやかな悪女っぷりは、並み居る曲者達を押しのけて輝いています…
息子の最低ぶりもすごい(^^;

サーセイの実の弟ティリオンも印象的。
美貌を誇るラニスター家出身でありながら只一人醜く生まれて子鬼とあだ名されるティリオンは、実は知性的で元来はまとも?だったかもしれない人柄。
報われない扱いを受けながら、都を守るために奮闘するのです。

描写も詳しいので、臨場感がものすごい。この熱っぽさはゴロン夫妻の「アンジェリク」以来でしょうか。
時代の雰囲気はもう少し前で、ファンタジーというより戦国時代もの。危機に瀕するシーンがもっと多いので、もう魂を持ってかれそう…
苦闘する人物に感情移入してしまうのもしんどいんですけどね~それ以上に先が知りたい!

読んだのは今年の2月のことでした。
あちらでは賞を総なめにしているシリーズです。しかし、完結してません。
日本で続編はいつ出るのか…?

「七王国の玉座」

ジョージ・R・R・マーティン「氷と炎の歌1 七王国の玉座」早川書房

一度手にとったらやめられないので仕事は一段落した後でないと読み始めてはいけないという噂‥
ハードカバー上下巻(2段組~)確かに、やめられませんでした。

どことなく昔のイギリスに似ているファンタジー世界の波乱万丈の物語。
何年も続く長い夏と厳しい冬が交替でやってくるという設定の世界で、伝説と化している異形人の存在が怖れられ、夜警団が北の壁を守っている。
北の盟主スターク家の主エダードは王ロバートの摂政として南の都に招かれ、子供達の運命も大きく転回することに‥

狼の子を拾って一匹ずつ飼うことになる七人の子供達、中でも動物好きのおてんばな少女アリアには感情移入してしまいます。
対照的におすましな美人の姉サンサは華やかな都に憧れ、王子の許婚と見込まれて有頂天になるのですが…

主要な登場人物数人の視点で交代に語り継ぐように書かれていて、悪役も生き生きと眼前に見るように描き出されています。

誰かに感情移入しかけると、その人が不幸のどん底に突き落とされる可能性がかなり高く、そこで章が切り替わる(^^; 
いまだに頭の中がわんわんしているようです~。

今年の一押しはマーティンということで~アップしておきます。読んだのは04年の4月のことでした。

「タフの方舟」

ジョージ・R・R・マーティン「タフの方舟」1、2
波瀾万丈の異世界ファンタジー「氷と炎の歌」シリーズで大ヒットをとばしているマーティンのSF短編集。
もともと、こっちの畑の人らしいですね?

宇宙一あこぎな商人ハヴィランド・タフは、禿頭で真っ白な皮膚という異相の巨漢。
千年前の胚種船を狙うチームに雇われたのがきっかけで、生物兵器満載の巨大な宇宙船で起きた壮絶な死闘を乗り越え、たった一人生き残っていた。
いまや多種多様なクローンを自在に作れるため、問題の多い星に注文通りの生物を提供できるのだが…

SFらしい奇想天外な設定、虫の良い事を願う住人とのやり取り、特に女傑トリー・ミューンとの駆け引きが面白い。分かり易さはさすがエンターテイナーです。
作者は猫好きらしく、愛猫が活躍するのも微笑ましい(^^)

その他のカテゴリー

bベスト本 | i本屋大賞候補作 | l本屋大賞 | l直木賞 | l芥川賞 | l:日本エッセイスト・クラブ賞 | mf:世界幻想文学大賞 | mf:日本ファンタジーノベル大賞 | m:CWA賞 | m:MWA賞 | m:このミステリーがすごい! | m:アガサ賞 | m:マカヴィティ賞 | name:あさのあつこ | name:万城目学 | name:三上延 | name:三浦しをん | name:上橋菜穂子 | name:上野千鶴子 | name:中島京子 | name:乾くるみ | name:五木寛之 | name:京極夏彦 | name:仁木英之 | name:今野敏 | name:伊坂幸太郎 | name:佐々木譲 | name:佐藤多佳子 | name:佐藤賢一 | name:佐野洋子 | name:勝間和代 | name:北村薫 | name:原田マハ | name:坂木司 | name:大島真寿美 | name:大崎梢 | name:太宰治 | name:姫野カオルコ | name:宇江佐真理 | name:宮下奈都 | name:宮部みゆき | name:小川洋子 | name:小川糸 | name:山之口洋 | name:山崎ナオコーラ | name:山田詠美 | name:島本理生 | name:島田荘司 | name:川上弘美 | name:恩田陸 | name:有川浩 | name:朝井リョウ | name:木内昇 | name:杉本苑子 | name:村上春樹 | name:村上龍 | name:村山早紀 | name:村山由佳 | name:東川篤哉 | name:東野圭吾 | name:松井今朝子 | name:林真理子 | name:柚木麻子 | name:柳広司 | name:栗田有起 | name:桜庭一樹 | name:梨木香歩 | name:森絵都 | name:森見登美彦 | name:森谷明子 | name:横山秀夫 | name:橋本治 | name:池上永一 | name:津村記久子 | name:海原純子 | name:海堂尊 | name:湊かなえ | name:町田康 | name:畠中恵 | name:百田尚樹 | name:矢崎存美 | name:磯崎憲一郎 | name:神田茜 | name:米村圭伍 | name:米澤穂信 | name:綿矢りさ | name:荻原規子 | name:菅野雪虫 | name:葉室麟 | name:角田光代 | name:誉田哲也 | name:貴志祐介 | name:辻村深月 | name:近藤史恵 | name:道尾秀介 | name:長野まゆみ | name:香山リカ | name:高田郁 | oその他の作家 | o海外作家:C.J.ボックス | o海外作家:M.C.ビートン | o海外作家:P.Gウッドハウス. | o海外作家:R.D.ウィングフィールド | o海外作家:S.J.ローザン | o海外作家:アガサ・クリスティ | o海外作家:アラン・ブラッドリー | o海外作家:アリアナ・フランクリン | o海外作家:アリス・マンロー | o海外作家:アレグザンダー・マコール・スミス | o海外作家:アンナ・マクリーン | o海外作家:アン・クリーヴス | o海外作家:アン・タイラー | o海外作家:アン・マキャフリイ | o海外作家:アーシュラ・K・ル=グウィン | o海外作家:アーロン・エルキンズ | o海外作家:エリザベス・ギルバート | o海外作家:エレイン・ヴィエッツ | o海外作家:エレン・カシュナー | o海外作家:カズオ・イシグロ | o海外作家:カミラ・レックバリ | o海外作家:カルロス・ルイス・サフォン | o海外作家:キャロル・オコンネル | o海外作家:キンバリー・ウィリス・ホルト | o海外作家:ギヨーム・ミュッソ | o海外作家:クリストファー・プリースト | o海外作家:クレイグ・ライス | o海外作家:クレオ・コイル | o海外作家:ケイト・キングズバリー | o海外作家:ケイト・モス | o海外作家:ケイト・モートン | o海外作家:ゲイル・キャリガー | o海外作家:コニス・リトル | o海外作家:コニー・ウィリス | o海外作家:コリン・ホルト・ソーヤー | o海外作家:コルネーリア・フンケ | o海外作家:サラ・ウォーターズ | o海外作家:サラ・スチュアート・テイラー | o海外作家:サラ・パレツキー | o海外作家:シャロン・フィファー | o海外作家:シャンナ・スウェンドソン | o海外作家:シャーリィ・ジャクスン | o海外作家:シャーレイン・ハリス | o海外作家:シャーロット・マクラウド | o海外作家:ジェイソン・グッドウィン | o海外作家:ジェイニー・ボライソー | o海外作家:ジェイン・オースティン | o海外作家:ジェフリー・ディーヴァー | o海外作家:ジェフリー・フォード | o海外作家:ジェラルディン・ブルックス | o海外作家:ジャニータ・シェリダン | o海外作家:ジャネット・イヴァノヴィッチ | o海外作家:ジュンパ・ラヒリ | o海外作家:ジョアン・フルーク | o海外作家:ジョナサン・キャロル | o海外作家:ジョン・ハート | o海外作家:ジョージ・R.R.マーティン | o海外作家:ジョー・ウォルトン | o海外作家:ジル・チャーチル | o海外作家:スティーグ・ラーソン | o海外作家:ステファニー・メイヤー | o海外作家:スーザン・プライス | o海外作家:スー・グラフトン | o海外作家:タニス・リー | o海外作家:ダイアナ・ウィン ジョーンズ | o海外作家:ダイアナ・ガバルドン | o海外作家:ダン・ブラウン | o海外作家:ディック・フランシス | o海外作家:デイヴィッド・アーモンド | o海外作家:デニス・ルヘイン | o海外作家:デボラ・クロンビー | o海外作家:トレイシー・シュヴァリエ | o海外作家:トーベ・ヤンソン | o海外作家:ドナ・アンドリューズ | o海外作家:ドナ・ジョー・ナポリ | o海外作家:ドミニク・シルヴァン | o海外作家:ドン・ウィンズロウ | o海外作家:ナンシー・ピカード | o海外作家:ネレ・ノイハウス | o海外作家:ノア・ゴードン | o海外作家:パウロ・コエーリョ | o海外作家:パトリシア・A.マキリップ | o海外作家:ピーター・キャメロン | o海外作家:ピーター・ディキンスン | o海外作家:ピーター・トレメイン | o海外作家:ピーター・ラヴゼイ | o海外作家:フランセス・ファイフィールド | o海外作家:フレッド・ヴァルガス | o海外作家:ヘイリー・リンド | o海外作家:ヘニング・マンケル | o海外作家:ベリンダ・バウアー | o海外作家:ベルンハルト・シュリンク | o海外作家:ポール・ドハティ | o海外作家:マイクル・コナリー | o海外作家:マーガレット・アトウッド | o海外作家:マーセデス・ラッキー | o海外作家:ミネット・ウォルターズ | o海外作家:ミュリエル・バルベリ | o海外作家:メアリ・W.ウォーカー | o海外作家:メグ・ガーディナー | o海外作家:メグ・キャボット | o海外作家:ユッシ・エーズラ・オールスン | o海外作家:リサ・クレイパス | o海外作家:リチャード・ノース・パタースン | o海外作家:リース・ボウエン | o海外作家:ルーシー・モード・モンゴメリ | o海外作家:レジナルド・ヒル | o海外作家:レスリー・メイヤー | o海外作家:レーネ・レヘトライネン | o海外作家:ロイス・マクマスター ビジョルド | o海外作家:ロビン・ホブ | o海外作家:ローズマリ・サトクリフ | o海外作家:ローズマリー・マーティン | o海外作家:ローナ・バレット | o海外作家:ローラ・チャイルズ | o海外作家:ローラ・リップマン | o海外作家:ローリー・キング | o海外作家:ローレンス・ブロック | o海外作家:ヴィヴェカ・ステン | o海外作家:ヴォンダ・N.マッキンタイア | お人形 | お人形着物 | お茶 | アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | コージー | ジェイドール | ジェニー | スイーツ | ドールmomoko | ドール:Misaki | ドール:SD | ドール:シドニー | ドール:ピュアニーモ | ドール:プーリップ | ドール:ユノアクルス・アズライト | バービー | ファッション | ファンタジー | フィギュアスケート | ベスト本 | ミステリ | リカちゃん | ロマンス | 介護 | 健康・ダイエット | 児童書・YA | 動物 | 国内作家:あ行 | 国内作家:か行 | 国内作家:さ行 | 国内作家:た行 | 国内作家:な行 | 国内作家:は行 | 国内作家:ま行 | 国内作家:や行 | 国内作家:ら行 | 国内作家:わ行 | 国内小説 | 家事 | 心と体 | 日記 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 歴史もの | 海外小説 | | 病気体験 | 着物 | 経済・政治・国際 | 絵本 | 舞台・バレエ | | 言葉・歌 | 評論・エッセイ | SF

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック