フォト

おすすめ本

「ラウィーニア」

アーシュラ・K・ル=グウィン「ラウィーニア」河出書房新社

ル=グウィンの新作です。これは読まなくちゃ!というわけで~
古代ローマで、英雄アエネーアスの妻となったラウィーニアを主人公にした物語。
2009年度ローカス賞(ファンタジー長篇部門)受賞作。
少女の視点で始まり、女性の一代記となっているため、ル=グウィンにしては、わかりやすい方でしょう。
様々な要素があり、当時の女性の生活ぶりがありありと描かれていて、親しみの感じられるトーン。とても面白かったです。
完成度が高く、最高傑作の声すらあるというのもうなずけます。

ラウィーニアは、イタリアのラティウムの王の一人娘。
従兄トゥルヌスに求婚されていましたが…
母のアマータは幼い息子を失って以来、様子がおかしいのですが、温厚な父はそれを認めようとしません。
母は甥のトゥルヌスがお気に入りで、強力に勧めていますが、傲慢なトゥルヌスをラウィーニアは好きになれませんでした。

直系の娘として、ラウィーニアは巫女的な存在でもありました。
一族の聖地アルブネアの森の中で祈っていたときに、ラウィーニアは時空を越えて、後代の詩人ウェルギリウスに出会い、英雄アエネーアスの妻になると教えられるのです。

軍団を率いてやって来たアエネーアスは、この地にとどまることを望み、ラウィーニアに求婚。
トロイアから流れて来たよそ者に対してトゥルネスらが反発し、戦争になってしまいます。が、終息した後には、ラウィーニアは年上の誠実なアエネーアスと幸福な結婚をします。
ただし、それも長くは続きませんでした。
アエネーアスの先妻の息子は、跡継ぎとしては人柄にやや問題があり、人望に欠けます。
幼い息子を取り上げられそうになって、ラウィーニアは故郷に戻り…

詩人ウェルギリウスの書いた英雄叙事詩「アエネーイス」はいぜんは欧米人なら共通して知っている物語だったのだとか。
トロイ戦争で炎上したトロイアから逃れた王の甥アエネーアスが生き延びて、流浪の果てにローマの地にたどり着いた…
古代ローマ帝国の由来に繋がるような物語で、ウェルギリウスがアウグストゥスに捧げた物。
当時流布していた伝説がいくらか元になっているのでしょうが、つまりは創作された建国神話というわけですね。

ラウィーニアは、自分が創作された詩の登場人物と知り、複雑な気持ちに…
え?ってこっちも~思いますよ。
そこまでもすごく実在感があるので、事実のまんまを見ているようにしか思えないのです。
ラウィーニアが時空を越えて、ル=グィンに生身の感情を伝えてきたのでしょうか。

「パワー」

アーシュラ・K・ル=グウィン「パワー(西のはての年代記3)」河出書房新社

三部作の完結編ということです。
奴隷として育った少年ガヴの運命の転変を丁寧に描いて、何とも読み応えのある書きっぷり。

西のはての都市国家エトラ。
水郷の民から幼いときにさらわれて、アルカマンドという裕福な一家の奴隷となった姉のサロと弟のガヴィア。
家族的なあたたかい暮らしの中で教育も受け、奴隷制には疑問を持たずに暮らしていましたが、幻を見る力があることだけはひた隠しにしていました。
戦争が起きて、そういう際には閉じこめられる奴隷の扱いに、悩み始めます。
美しく気だてのいい姉は、一家の長男ヤヴンのギフトガールとなり、幸せそうだったのですが、事実上の妻ではあっても身分は奴隷。若者達に連れ出されて理不尽な急死を遂げます。
ガヴは衝撃を受けて、館を出奔、さすらうのでした。

やがて、森での自由民の暮らしに加わります。
そこは、逃亡奴隷の築いた一種の理想郷でした。学問のある若者として期待されますが、しだいにそこにもあった権力の暴虐さに気づかされます。
お洒落をして気楽に遊んでいるように見えた女達も、実はさらわれた身。権力を持つ中心人物バーナに逆らうことは出来なかったのです。
そのバーナと問題が起きて、逃げ出す羽目になり、出身地の水郷の里へ。

ガヴは、親族を見いだします。
そこは、男村と女村に別れて暮らすという~穏やかだが、それなりに掟のある独特な暮らしでした。
おばの幻視で追っ手がかかっていることを知り、また出て行くことに。
それぞれの世界の描写が要所々々を押さえて書き込まれ、みごとです。

森で再会した少女メルを連れての逃避行のはて、河を越えて、ついに奴隷のいない国ウルディーレへ。
一作目の切なさや、二作目のダイナミックさを兼ね備えて、人生と世界を感じさせます。
2007年の作品、2008年8月、翻訳発行。

「さいはての島へ ゲド戦記3」

アーシュラ・K.ル=グウィン「さいはての島へ」岩波書店

名作「ゲド戦記」3巻目。
ここでいったんは終了、何年もたってから4巻、そして5巻も書かれましたが。

この世界がおかしくなっている…
魔法が使えない土地がなぜか増え始め、人々の暮らしがゆがんでいくという異常事態になっていました。
王の一人息子アレンは、魔法使いの島ロークの大賢人として名高いゲドのもとへ遣わされます。
すぐにその人柄を尊敬して、ゲドに仕えることを望むのでした。
50代になっているゲドもまた、何を探すかも定かでない探索の旅の連れとして、少年アレンを選びます。

噂をたどりながら世界を旅し、苦難の中でゲドへの信頼に迷いも覚えるアレン。
世界の果ての海で、筏の上だけで暮らす民族に助けられ、共に働く経験を経て、たくましくなっていきます。

人の世界には現れないはずの竜がたびたび目撃され、その行動も異様だという。
この世界では、竜とは人とまったく異質な存在ではなく、大昔にそれぞれの道を選んだ生き物。
ところが、竜が太古から得ていた言葉を失い、しだいに狂気にむしばまれて、あり得ないはずの共食いのような様をさらしていく姿を目の当たりにします。

死んだと言われていた魔法使いクモの仕業が、世界の均衡を崩したらしいと突き止め、生と死の境界を越え…
荒涼たる世界の描写は迫力があります。

あれを再現してくれとまでは言わないけれど…
哲学的な深みと美しさをもう少し何とか、表現して欲しかったなあ…
アレンとホートタウンに行き、人買いにさらわれたアレンを助けたりするあたりは、アニメ映画に近いところがあります。
ただ、映画はほとんどそのあたりで対決して、終わりだもんねえ…
2時間ほどでまとめるのは大変でしょうが、あまりにもスケールが小さい。
原作のアレンは父王を刺したりしないし、そういう話にするならするで、その後どうなったかもちゃんと展開させないと、教育上良くないのでは?

映画は一定の水準には達していると思うけど、原作に比べたら…
ちょいちょいと要素をかいつまんだダイジェストみたいなもんだから~アニメを見た人はぜひ、原作も読んでください!

「こわれた腕輪 ゲド戦記2」

アーシュラ・K.ル・グウィン「こわれた腕輪 ゲド戦記2」岩波書店

「ゲド戦記」の2巻目。
テナーの少女時代の物語。
映画では、ゲドの昔なじみである農家の女性として登場します。
原作では黒髪です。

テナーは大巫女アルハの生まれかわりとして見いだされ、5歳の時から親元を離れます。古い神殿で一生を送る定めでした。
巫女の見習いの幼い少女達だけが暮らす館で、もう意味のわからなくなった古代語の祈りを捧げ、奉納舞いを習う日々。
大巫女の権威と誇りを教えられるものの、もはや世界は古い神殿を中心に動いてはいないのです。
孤独な生活の中でアルハは次第に成長し、高位の巫女が権力を楽しんでいるだけで信仰心がないことに気づき、衝撃を受けます。

そんな頃、誰も入れないはずの地下墓所に見知らぬ男が入り込んでいることに気づくのでした。
魔法使いとして力を蓄えていた青年期のゲドとの出会い。
男子禁制の神殿の、さらに大巫女以外は入れない迷宮への侵入者。殺さなければならない相手をどうするか~大巫女(といってもまだ若いのです)はなぜか迷い、ゲドとの緊迫したやりとりが続きます。

ゲドは一巻目よりはずっと成長していますが、魔法の使えないところに閉じこめられる危険を冒して、太古の腕輪のために乗り込んでくるとは、ある意味冒険家みたいな。
アルハはこのときはまだ腕輪の意味をよく知らなかったのですが、後に平和をもたらした女性としてたたえられ、大きな展開となったことを知るでしょう。

原題は「アチュアンの墓所」といった意味。
少女の視点なので、「ゲド戦記」の中でも一番感情移入しやすい。
特異な状況をこれだけ描写されると、何とも凄い…ぐっと来ます。

「影との戦い ゲド戦記1」

アーシュラ・K.ル・グウィン「影との戦い ゲド戦記1」岩波書店

「指輪物語」「ナルニア国物語」と並ぶ世界の三大ファンタジーとして有名なゲド戦記。
その一巻目です。

7月にテレビでアニメを見たら、原作がどうだったか気になって…
これで、1巻目は4度目ぐらいの読み直しになるかなあ。
一巻目は特に、ゲドの若い頃の話なので、アニメとは直接の関係ないんですが、作品世界や基調はああ、こうだったと納得。
映画とは違う~哲学的な深みがあります。
やはり、すごい作品です!

アースシーと呼ばれる異世界。
少年ハイタカは、ゴントの貧しいヤギ飼いの家に生まれ、村の呪い師をやっていた親戚の女性に少し魔法を習っただけでした。
それでも並々ならぬ才能を見いだされ、ローク島の学院に招かれて学ぶことになります。

けたはずれの魔法の才能を持ち、学ぶことにかけては意志が強いけれど、気が荒く世間知らず。
気の合わない学友にそそのかされて力を見せつけたくなり、禁忌を犯して恩師を失うことに…
若き日の傲慢なゲドの遭遇した事件。
危険な旅に同行してくれる、かっての学友のカラスノエンドウ(というのが通り名)には泣かされます。

ゲドというのは、ハイタカの真の名。
真の名を知れば呼び出すこともでき、魔法をかけることもできる、という設定で、ふだんは口にされません。
真の名をあかすのは信頼の証ともなります。

アニメ映画で、後にアレンが追われる影とは何なのか、その原型がここに描かれています。
あの頼りになる穏やかなゲドも、少年時代にはこんなことがあったと…
映画を見た人に、そう思って読んでいただければと思います。

発表は1968年。うわっ、そんな古いんだ!
原題はA Wizard of Earthsea
あれ、「ゲド戦記」というのは~日本だけのタイトルでしょうか?戦争の記じゃないのは確かですが。
私が持っているのは1976年(第一刷)発行の本です。

ル・グウィンは、1929年生まれ、文化人類学者の父と作家の母の間に生まれ、大人向けのSF作家として高名です。
69年にもう「闇の左手」を発表してるんですね。
これは萩尾さんが推薦したので日本では有名だったと思います。懐かしい…

「ヴォイス」

アーシュラ・K.ル・グウィン「ヴォイス」河出書房新社

「西のはての年代記」三部作の二作目。
ル・グウィンが80歳近くなってから書き始めたシリーズで、若々しい知性とパワーに圧倒されます。
三作目の邦訳は今年、刊行予定。

一作目から20年後、南の国アンサルの首都が舞台。
オルド人に侵略され、見る影のない荒廃した姿になったアンサル。
砂漠地帯で一神教を信じるオルド人は、武力に優れた民で、口承のみで文字を持たないのです。
アンサルの都は交通の要衝で、かっては大学や図書館でも有名でしたが、駐留するオルド人は文字は邪悪な魔物として、本をすべて水中に投じます。

ガルヴァ館に住む少女メマーは、オルド人の落とし子。
ガルヴァ館の娘だった母がオルド人の兵士に襲われて生んだ子で、もしゃもしゃの羊のようなオルド人の髪とアンサル人の黒い目を持っていました。
事情をよく理解していない幼い頃から隠された図書館に出入りし、「読み手」として「道の長」の教えを受けながら成長します。
お告げの家であるガルヴァ館はアンサル人の精神的な支柱だったのでした。

前作の2人がすっかり大人になって登場。
著名な存在となっているオレックとグライはオルド人にも一目置かれ、民人の尊敬を集め、反乱の指導者に担ぎ上げられそうになりながら、慎重に場を選んでいきます。
一途なものを秘めたメマーはまだ男の子のようでさばさばした良い子だし、才能溢れるオレックとりりしいグライの夫婦が素敵。
緊迫した情勢の中でも次第に、親のないメマーと彼ら(それにハーフライオン!)が仲良くなっていくのは切ない幸福感があります。

一作目の「ギフト」では家に伝わる超能力が問題でした。
家を継ぐようなギフトではない才能のあるオレックが詩の語り手として自らの人生を見い出した今、民族全体が抑圧された状態で育った17歳のメマーは、お告げの家の役割を知るのです。
アイルランドや古代ローマを合わせたような構造の世界ですが、お告げ(ヴォイス)のファンタジックな意味合いはル・グウィンならでは~圧巻です。
前作の民話的でもあり荘重でもある雰囲気とはまた違って、社会が変わっていく活気と希望があり、グウィンにしてはわかりやすい方の作品といえるでしょう。
オルド人も一枚岩ではなく、アンサル側にも考えを異にする色々な人がいる…
安易な押しつけや暴力への根強い「NO!」の意志が感じられます。

「ギフト」

アーシュラ・K.ル=グウィン「ギフト(西のはての年代記1)」河出書房新社

このシリーズがあったの、すっかり忘れてまして~あわてて読んでみたら、かなり好みでした!
「ゲド戦記」よりもわかりやすいかも知れませんね。

ギフトという特殊能力を持った一族の物語。
都を遠く離れた奥地に住む村人は、家系によって違うギフトを持ち、伝統を大事にしながら互いに牽制し合ってもいました。

主人公の少年は、なかなかギフトが現れず、ある時ふいに統御出来ない強い力を発揮したために、何年も目を封印されてしまいます。
自分の能力に実感が持てないまま、恐ろしい力があると思われていることだけが存在価値という難しい立場で、思春期を送ることになる辛さ。

忍耐強い父と息子が思いやりながらも行き違い、近在の危険なギフトを持つ一家との争いに巻き込まれます。
複雑な設定のようで、普遍性も感じさせるのがさすがです。
幼馴染みの少女とは家系が違うので、ギフトを守るためになかなか結ばれないのですが、ゆっくり育っていく愛情と分かちがたい絆も好もしいです。

エメラルドの島といった表現があるのはアイルランドのイメージなのか~ケルト的世界なのでしょう。
厳しさもある展開ですが、救いのある結末です。
読み応えがありました。

「ゲド戦記外伝」

アーシュラ・K・ル=グィン「ゲド戦記別巻・ゲド戦記外伝」岩波書店

短編集というほど軽くない、中身の濃い中編を集めた物で、外伝といっても必読の内容です。
ゲド戦記の最後を飾るにふさわしい充実感がありました。
5巻の前に読んだ方が良いので、読む順番はちょっと失敗しました。昨年末最後に読んだ本です。

ロークの始まりが描かれる「カワウソ」や5巻にリンクする「トンボ」など重要な作品です。
民話のようでもある物語性と奥深い所から紡ぎ出される神秘的ともいえる魅力、知的な構築の確かさはさすがです。
運命に翻弄される哀れさや、おかしくなってしまうほどの欲や愚かさ、けれども地を這う草の根のような強さもある人間達。そのはかない別れや強い絆の描写に心をぎゅっと捕まれてしまいます。

5巻はちょっと肩すかしを食った感があったのですが、期待過剰だったせいですね。ごく若い頃に読んだゲド戦記は私にとって特別な位置にあったのです。魅了されつつも何か理解しきれていないこともわかる巨大な存在でした。
今でもそう軽々と読み返せないほどの作品ですが、当初は作家と素人という以上に大人と子供の差が大きかったんでしょう。今となっては何十年かは同時代を生きた大人の女性として妙に親近感を覚える面もあるようになりました。

映画は見ていないんですが、この巻から取り入れられた部分もあるのかな?
ル=グィンは映画に失望感があったようで(主にお父さんの方が監督すると思って許可したせいで)、残念ですが、まあ完全に満足するような物を作るのは不可能でしょう。
昨年、日本映画の興行収入が初めて?(久しぶり?)洋画を上回ったそうですが、ゲド戦記がヒットした功績もあるとか。
やはり原作の素晴らしさは大きいと思います。
ストーリー的にはやや換骨奪胎なのかと推測しますが、アニメで2時間程度に納めるにはそういった構造的な変化もある程度致し方ないかと。監督が原作に感動した気持ちはおそらく良い効果となって現れているのでは?

その他のカテゴリー

bベスト本 | i本屋大賞候補作 | l本屋大賞 | l直木賞 | l芥川賞 | l:日本エッセイスト・クラブ賞 | mf:世界幻想文学大賞 | mf:日本ファンタジーノベル大賞 | m:CWA賞 | m:MWA賞 | m:このミステリーがすごい! | m:アガサ賞 | m:マカヴィティ賞 | name:あさのあつこ | name:万城目学 | name:三上延 | name:三浦しをん | name:上橋菜穂子 | name:上野千鶴子 | name:中島京子 | name:乾くるみ | name:五木寛之 | name:京極夏彦 | name:仁木英之 | name:今野敏 | name:伊坂幸太郎 | name:佐々木譲 | name:佐藤多佳子 | name:佐藤賢一 | name:佐野洋子 | name:勝間和代 | name:北村薫 | name:原田マハ | name:坂木司 | name:大島真寿美 | name:大崎梢 | name:太宰治 | name:姫野カオルコ | name:宇江佐真理 | name:宮下奈都 | name:宮部みゆき | name:小川洋子 | name:小川糸 | name:山之口洋 | name:山崎ナオコーラ | name:山田詠美 | name:島本理生 | name:島田荘司 | name:川上弘美 | name:恩田陸 | name:有川浩 | name:朝井リョウ | name:木内昇 | name:杉本苑子 | name:村上春樹 | name:村上龍 | name:村山早紀 | name:村山由佳 | name:東川篤哉 | name:東野圭吾 | name:松井今朝子 | name:林真理子 | name:柚木麻子 | name:柳広司 | name:栗田有起 | name:桜庭一樹 | name:梨木香歩 | name:森絵都 | name:森見登美彦 | name:森谷明子 | name:横山秀夫 | name:橋本治 | name:池上永一 | name:津村記久子 | name:海原純子 | name:海堂尊 | name:湊かなえ | name:町田康 | name:畠中恵 | name:百田尚樹 | name:矢崎存美 | name:磯崎憲一郎 | name:神田茜 | name:米村圭伍 | name:米澤穂信 | name:綿矢りさ | name:荻原規子 | name:菅野雪虫 | name:葉室麟 | name:角田光代 | name:誉田哲也 | name:貴志祐介 | name:辻村深月 | name:近藤史恵 | name:道尾秀介 | name:長野まゆみ | name:香山リカ | name:高田郁 | oその他の作家 | o海外作家:C.J.ボックス | o海外作家:M.C.ビートン | o海外作家:P.Gウッドハウス. | o海外作家:R.D.ウィングフィールド | o海外作家:S.J.ローザン | o海外作家:アガサ・クリスティ | o海外作家:アラン・ブラッドリー | o海外作家:アリアナ・フランクリン | o海外作家:アリス・マンロー | o海外作家:アレグザンダー・マコール・スミス | o海外作家:アンナ・マクリーン | o海外作家:アン・クリーヴス | o海外作家:アン・タイラー | o海外作家:アン・マキャフリイ | o海外作家:アーシュラ・K・ル=グウィン | o海外作家:アーロン・エルキンズ | o海外作家:エリザベス・ギルバート | o海外作家:エレイン・ヴィエッツ | o海外作家:エレン・カシュナー | o海外作家:カズオ・イシグロ | o海外作家:カミラ・レックバリ | o海外作家:カルロス・ルイス・サフォン | o海外作家:キャロル・オコンネル | o海外作家:キンバリー・ウィリス・ホルト | o海外作家:ギヨーム・ミュッソ | o海外作家:クリストファー・プリースト | o海外作家:クレイグ・ライス | o海外作家:クレオ・コイル | o海外作家:ケイト・キングズバリー | o海外作家:ケイト・モス | o海外作家:ケイト・モートン | o海外作家:ゲイル・キャリガー | o海外作家:コニス・リトル | o海外作家:コニー・ウィリス | o海外作家:コリン・ホルト・ソーヤー | o海外作家:コルネーリア・フンケ | o海外作家:サラ・ウォーターズ | o海外作家:サラ・スチュアート・テイラー | o海外作家:サラ・パレツキー | o海外作家:シャロン・フィファー | o海外作家:シャンナ・スウェンドソン | o海外作家:シャーリィ・ジャクスン | o海外作家:シャーレイン・ハリス | o海外作家:シャーロット・マクラウド | o海外作家:ジェイソン・グッドウィン | o海外作家:ジェイニー・ボライソー | o海外作家:ジェイン・オースティン | o海外作家:ジェフリー・ディーヴァー | o海外作家:ジェフリー・フォード | o海外作家:ジェラルディン・ブルックス | o海外作家:ジャニータ・シェリダン | o海外作家:ジャネット・イヴァノヴィッチ | o海外作家:ジュンパ・ラヒリ | o海外作家:ジョアン・フルーク | o海外作家:ジョナサン・キャロル | o海外作家:ジョン・ハート | o海外作家:ジョージ・R.R.マーティン | o海外作家:ジョー・ウォルトン | o海外作家:ジル・チャーチル | o海外作家:スティーグ・ラーソン | o海外作家:ステファニー・メイヤー | o海外作家:スーザン・プライス | o海外作家:スー・グラフトン | o海外作家:タニス・リー | o海外作家:ダイアナ・ウィン ジョーンズ | o海外作家:ダイアナ・ガバルドン | o海外作家:ダン・ブラウン | o海外作家:ディック・フランシス | o海外作家:デイヴィッド・アーモンド | o海外作家:デニス・ルヘイン | o海外作家:デボラ・クロンビー | o海外作家:トレイシー・シュヴァリエ | o海外作家:トーベ・ヤンソン | o海外作家:ドナ・アンドリューズ | o海外作家:ドナ・ジョー・ナポリ | o海外作家:ドミニク・シルヴァン | o海外作家:ドン・ウィンズロウ | o海外作家:ナンシー・ピカード | o海外作家:ネレ・ノイハウス | o海外作家:ノア・ゴードン | o海外作家:パウロ・コエーリョ | o海外作家:パトリシア・A.マキリップ | o海外作家:ピーター・キャメロン | o海外作家:ピーター・ディキンスン | o海外作家:ピーター・トレメイン | o海外作家:ピーター・ラヴゼイ | o海外作家:フランセス・ファイフィールド | o海外作家:フレッド・ヴァルガス | o海外作家:ヘイリー・リンド | o海外作家:ヘニング・マンケル | o海外作家:ベリンダ・バウアー | o海外作家:ベルンハルト・シュリンク | o海外作家:ポール・ドハティ | o海外作家:マイクル・コナリー | o海外作家:マーガレット・アトウッド | o海外作家:マーセデス・ラッキー | o海外作家:ミネット・ウォルターズ | o海外作家:ミュリエル・バルベリ | o海外作家:メアリ・W.ウォーカー | o海外作家:メグ・ガーディナー | o海外作家:メグ・キャボット | o海外作家:ユッシ・エーズラ・オールスン | o海外作家:リサ・クレイパス | o海外作家:リチャード・ノース・パタースン | o海外作家:リース・ボウエン | o海外作家:ルーシー・モード・モンゴメリ | o海外作家:レジナルド・ヒル | o海外作家:レスリー・メイヤー | o海外作家:レーネ・レヘトライネン | o海外作家:ロイス・マクマスター ビジョルド | o海外作家:ロビン・ホブ | o海外作家:ローズマリ・サトクリフ | o海外作家:ローズマリー・マーティン | o海外作家:ローナ・バレット | o海外作家:ローラ・チャイルズ | o海外作家:ローラ・リップマン | o海外作家:ローリー・キング | o海外作家:ローレンス・ブロック | o海外作家:ヴィヴェカ・ステン | o海外作家:ヴォンダ・N.マッキンタイア | お人形 | お人形着物 | お茶 | アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | コージー | ジェイドール | ジェニー | スイーツ | ドールmomoko | ドール:Misaki | ドール:SD | ドール:シドニー | ドール:ピュアニーモ | ドール:プーリップ | ドール:ユノアクルス・アズライト | バービー | ファッション | ファンタジー | フィギュアスケート | ベスト本 | ミステリ | リカちゃん | ロマンス | 介護 | 健康・ダイエット | 児童書・YA | 動物 | 国内作家:あ行 | 国内作家:か行 | 国内作家:さ行 | 国内作家:た行 | 国内作家:な行 | 国内作家:は行 | 国内作家:ま行 | 国内作家:や行 | 国内作家:ら行 | 国内作家:わ行 | 国内小説 | 家事 | 心と体 | 日記 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 歴史もの | 海外小説 | | 病気体験 | 着物 | 経済・政治・国際 | 絵本 | 舞台・バレエ | | 言葉・歌 | 評論・エッセイ | SF

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック