フォト

おすすめ本

「プラム・ティーは偽りの乾杯」

ローラ・チャイルズ「プラム・ティーは偽りの乾杯」(コージーブックス)原書房

お茶と探偵シリーズ、2016年5月発行の新作。
15作目あたりかと思いますが‥ 数字をつけるのをやめたようですね。
紅茶専門店をやっているセオドシアがヒロイン。
これから呼んでも差し支えありません。

アメリカ南部の古都チャールストンで、ティーショップを出しているセオドシアは30代。
赤毛で長身の明るい女性で、もとはキャリアウーマン。
頼りになる専門家のドレイトンと、若い女パティシエのヘイリーという仲間にも恵まれて、充実した日々を送っています。

高級ワイナリーの試飲パーティに招待されたセオドシアとドレイトン。
新しい銘柄の披露に、チャールストンの主だった人々が集合していました。
ところが、ワイン樽が開けられたとき‥?!

素人探偵として知られているセオドシアは、ワイナリーのオーナーから事件の解明を依頼されてしまう。
恋人には反対されているのですが、持ち前の親切心と好奇心で突き進む結果になります。
その一方、ティーショップでは、テレビドラマ「ダウントン・アビー」のような英国の貴族風のお茶会を催すことに。

美味しいお茶と食べ物がたっぷり出てきて、気の合う大事な仲間とタッグを組んでの仕事ぶりが楽しい。
今回はワインという新しい題材も目を引きます。
脇には変人も勢揃い~
初期の素人っぽさはだんだん薄れて探偵仕事は慣れてきたようですが、その分ちょっと気が強くなったかな。
気楽に読めるシリーズです。

「ウーロンと仮面舞踏会の夜」

ローラ・チャイルズ「ウーロンと仮面舞踏会の夜」(RHブックス・プラス)武田ランダムハウスジャパン

お茶と探偵シリーズも10作目。

セオドシアは、30代の明るい女性で、紅茶専門店を経営、紅茶に合う美味しい軽食も出しています。
古都チャールストンの歴史地区に店があり、風光明媚な土地柄。
今回は、馬術競技会に出たセオが事件に巻き込まれます。

元彼の従姉妹アビーの葬儀に元彼ジョリーが戻ってきて、まだ未練がある様子。
新しい恋人もいるのに、ちょっと心揺れるセオ。しっかり者のはずなのに、でも恋愛経験はそんなになさそう‥根が真面目だったから?(笑)

仮面舞踏会の衣装を楽しみにしつつ、危険な状況のスリルも味わいつつ。
今回は、新しく家を買うという計画も出てきて、とても好みに合う家を見つけてしまうんですね。

お店の面々が悪気なく仲がいいので、毒気が少ないのがこのシリーズ一番の特徴。
すっごく美味しそうなものを想像しつつ、紅茶の香りが漂ってくるような描写を楽しんで、気楽に読めます♪

「ブラッドオレンジ・ティーと秘密の小部屋」

ローラ・チャイルズ「ブラッドオレンジ・ティーと秘密の小部屋」武田ランダムハウスジャパン

「お茶と探偵」シリーズ7作目。
ちょっと読むのが順番どおりじゃなくなってますが~軽いのりで、たまには読むのも楽しいシリーズ☆

セオドシア・ブラウニングは、チャールストンの街で、ティーショップを経営している30代赤毛、なかなかの美女。
明るい性格で、最近は事件解決の腕前も次第に広まって信頼されています。

古いお屋敷が街の協会に寄贈され、改築して観光の目玉になるよう目指すことになっている。
セオドシアの友人デレインがその音頭取り。
ところが、お屋敷をお披露目するコンサートで、死者が出てしまう。
未亡人に協力を頼まれたセオドシアは?
気難しいティドウェル刑事に牽制されつつ、忙しい店の仕事をこなしつつも、じわじわ謎を探り出すことに。

街で起きるさまざまな出来事は、発展しそうな良いこともあり、落とし穴のある悪いこともあり。
今回はアクション要素が、わりと強かったかな。
ふだんは割りと落ち着いた人柄みたいなのに、最後は猪突猛進。
とはいえ、本人はものすごく美味しい物と気の合う仲間に囲まれているので、危機感より幸福感のほうが印象強いですね。
ミステリとしてはやや無謀なヒロインだけど、コージーのお約束だからしょうがない?かも(笑)

「あったかスープと雪の森の罠」

ローラ・チャイルズ「あったかスープと雪の森の罠」(コージーブックス)原書房

卵料理のカフェ・シリーズ4作目は、コージーブックスから出ました。
ベストセラーリストに上っている人気シリーズです。

スザンヌと友人たちアラフィーの女性3人でやっている<カックルベリー・クラブ>は、いつも大繁盛。
ところが、ある大雪の日、スノーモービルで店の裏にやってきた男性が事故に‥!
銀行の新頭取だった彼は容赦のない仕事ぶりで、反感を買っていたという。
小さな町にも、次々問題が巻き起こるのです。
容疑をかけられた人たちは、スザンヌに事件を解決してくれと頼んできます。

冬のフェスティバルを前にして忙しい時期。
料理上手なペトラはますます腕を上げ、トニが離婚調停中の夫ジュニアを振り切れないのも相変わらず。
近くをうろついている少年が気になるスザンヌ達は、世話を焼くことに。
寝泊りしていた馬小屋は、スザンヌの馬達の小屋だったり。
少年は家出して放浪しているらしいのですが、案外働き者で役に立つようになります。

未亡人のスザンヌにも、恋人が出来たところ。
明るく前向きでアイデア豊富なスザンヌ、順調な様子が微笑ましい。
スノーモービルには警戒心を抱くいてしまうスザンヌでしたが、ためしに乗ってみれば面白いと恋人に勧められ、なんと夢中になってしまうのが新鮮。

作者の前のシリーズ初期の素人っぽさを思うと、安定した書きっぷりですね。
日本ではこれがベストセラーというところまではたぶん行かないでしょうけど、アメリカ人にとってはもっとハートをつかむ要素があるんだろうな‥
メニューがどんどん変わる店なので、美味しいものが次々にたくさん出てきて、それもけっこう作れそうなタイプなのが楽しいですよ。

もう暑いぐらいなので思いっきり季節はずれ~この後にすると、さらに違和感増すので、ちょっと順番早めにしました。

「ほかほかパンプキンとあぶない読書会」

ローラ・チャイルズ「ほかほかパンプキンとあぶない読書会」武田ランダムハウスジャパン

<卵料理のカフェ>シリーズ、3作目。
アラフィフ女性が活躍する~にぎやかなコージー・ミステリです。

卵料理など家庭的なメニューを出す<カックルベリー・クラブ>を経営するスザンヌ。
料理名人で落ち着いているペトラと、細身で軽快な幼馴染のトニという二人の友人が共同経営者。
苦労人の3人は、つぎつぎに企画を立てて頑張っています。

読書好きのためのお見合いパーティも成功したかに見えましたが‥
参加者の一人で町長選挙に出ている候補の一人が、店を出た途端に、飛んできた矢に射られてしまう。
このままでは店にも影響が出ると、捜査に乗り出すスザンヌ。

ハロウィンも間近に迫り、大きくて格好の良いカボチャを手に入れるため、ジュニアの紹介を受けることに。
ジュニアは、トニの年下の夫で離婚係争中だが、互いに未練もあるらしい。
そして、ハロウィン・パーティの席上で‥?!

基本は楽天的なムードで、美味しそうなものが満載、にぎやかに話が進みます。
お茶と探偵シリーズに比べると、中年のパワフルさがユーモラス。
町中のこの店で会うということは交際を公言することだったり、地方都市らしさも。
医師のサムとの仲が進みつつあるのだけど、恋愛を描くのが得意じゃなさそうなのはご愛嬌?
日本人だったら感情移入させるには違う書き込み方をしそうだけど‥
気楽に読めます。

「チェリーパイの困った届け先」

ローラ・チャイルズ「チェリー・パイの困った届け先 卵料理のカフェ2」武田ランダムハウスジャパン

ローラ・チャイルズの新シリーズ2作目。
40代のヒロインが頑張ります。

美しい田舎町で、卵料理のカフェ<カックルベリー・クラブ>を経営するスザンヌ。
イベントで注文されたチェリー・パイを届けに行った先で、またしても事件に巻き込まれます。

葬儀屋のオジーは、友人ミッシーが付き合っていた相手。
最近は不仲だったそうで、ミッシーに容疑がかかり、スザンヌは一肌脱ぐことに。
捜査に真剣というより、好奇心であちこち覗く癖がついているような。
事件現場で逮捕されそうになり、後から登場したこわもてのドゥーギー保安官に、ただのおせっかいなオバチャンだと警官と一緒くたに怒鳴られたりする羽目に。

前作で未亡人となったロマンス小説の流行作家カーメンは、夫の仕事場があったビルを買い取り、この街にはない本格的なブティックを出そうとしていました。
派手なカーメンは、わかりやすい敵役ですね。
ミッシーがカーメンに雇われて準備をしていて、スザンヌはブティックの開店祝いのショーのモデルを頼まれ、あわてることに。
乗馬もやるスザンヌは引き締まった体つきだけど、決して細くはないらしい。

スザンヌの店は幼馴染のトニと、頼りになる50代のペトラと、3人でやっています。
落ち着いたペトラは、ホームレスの男性に食べ物を届けたり、何かと気を配る人柄でした。
トニは、年下の夫ジュニアと別居中。
問題あるジュニアが駄目男なりに愛嬌がある描き方になっているのが、大人の余裕?

中年になって人に何を言われようと気にしなくなり、楽になったと実感しているスザンヌ。
今回はスザンヌの夫が亡くなってから1年後という設定で、新任の医師とのデートに踏み出す展開も。
スザンヌの店は相変わらず催し物が多くて、活気はあるけど、この人数で回せるのか?(バイトはいるけど)他人事ながら心配に。
さらに、本格的なディナーの店を出すのが夢というのに~ややビックリ。
自宅の立派な台所は、最近は持ち腐れになっている様子なのに。
こういうことも変化していくのかしら~。
テレビ界にもいた作者の経歴からして、アイデア豊富なんでしょうね。

「ジャスミン・ティーは幽霊と」

ローラ・チャイルズ「ジャスミン・ティーは幽霊と」武田ランダムハウスジャパン

お茶と探偵シリーズ5作目。
毒気が少ないのが最大の特徴で、美味しい紅茶と軽食がたくさん出てきます。
紅茶が好きなので、のんびり読めました。

アメリカ南部の古都チャールストンでティーショップを経営するセオドシア。
今回は、歴史ある墓地で地元医師会の主催で行われたチャリティ・イベント「ゴースト・ウォーク」から始まります。
幽霊に扮した素人も参加しているのですが、そこで事件が‥!

恋人ジョリーのおじで医学博士のジャスパーのために、ケータリングに来ていたセオドシア。
店の有能なティーブレンダーのドレイトンは、衣装を着けて将軍に扮していました。

ブティックのオーナー、デレインは、ご近所の友人で、いささかお騒がせなキャラ。
新しい流行のピタピタ素材の洋服の搬入に熱中しています。
デザイナーとの恋愛も進行中らしいのですが‥?
セオドシアも、いつものように洋服を買い足すことに。
優秀なスタッフと上手くいっていて、次々に企画を立て、仕事を楽しんでいるセオドシア。
気楽に読めますが~その分、波乱やスリルは少ないです。
あ、殺人事件は起きているので、日常の謎っていうわけじゃないですが。
恋人もいるのに恋愛の描写はほとんどなく、子供でも読める?
そういう葛藤を読むのも面倒くさい~気分のときに読むのが最適なのかも。

「ダージリンは死を招く」「フリーンティーは裏切らない」「アールグレイと消えた首飾り」「イングリッシュブレックファスト倶楽部」に続く作品です。
11作目まで出ている様子。

「ロンジン・ティーと天使のいる庭」

ローラ・チャイルズ「ロンジン・ティーと天使のいる庭」ランダムハウス講談社文庫

お茶と探偵シリーズ第8弾。
美味しいお茶とランチメニューがたくさん登場して、楽しめます。

セオドシア・ブラウニングは、<インディゴ・ティーショップ>のオーナー。
30代半ばで快活な性格の女性企業家です。
舞台は、アメリカ南部の歴史ある美しい街チャールストン。
今回は、うららかな春のお茶会から。
大きな植物園でのイベントで、さまざまな催しがあり、中でも希少な植物の展示とオークションは大盛況。
セオは冷たいロンジン茶を提供し、喜ばれていました。

オークションで蘭を落札したマークが、お茶を飲んだ後、昏倒してしまいます。
マークは、地元のB&Bを経営するアンジーの夫。
憔悴するアンジーを手助けしようと、セオとドレイトンは心を砕きます。
セオの店のティーブレンダーであるドレイトンは蘭の愛好家で、マークとは友達。
マークの残した蘭はドレイトンに譲られることになりますが、その蘭を手に入れたいという不審な動きも。
果たして、事件の真相は‥?

ちょっと飛びましたが~たまたまこの本が安く出ているのを見つけたので。
主人公達にあまり変化が起きないのが安心な(ある意味スリリングではない)このシリーズ。
おっと~この間に、ヒロインの恋人に変化が起きていました!
これは、間も読まなくては?!

「イングリッシュ・ブレックファスト倶楽部」

ローラ・チャイルズ「イングリッシュ・ブレックファスト倶楽部 お茶と探偵4」ランダムハウス講談社文庫

お茶と探偵シリーズ4作目。

セオドシア・ブラウニングは、ティーショップのオーナー。
舞台はアメリカ南部チャールストン。「風と共に去りぬ」にも出てきた歴史ある町並みが残っています。

今回は、ボランティアで、ウミガメの卵が孵化して海へ向かうのを見守るシーンから。
数時間ずつ交代で、小さなウミガメの赤ちゃんが無事に海へ入るまで、天敵から守るのだそう。
沖に何か浮かんでいるのを見つけたセオドシアは、夜の海を泳いで確かめに行きます。
それは、ドレイトンの友人で骨董商のハーパー・フィスクでした。

フィスクの店は、共同経営者の女性サマーに譲られるらしい。
ドレイトンはフィスクらと地元の仲間数人で「イングリッシュ・ブレックファスト倶楽部」という会を作っていたのですが。
そのメンバーに、次々に不審なことが起こり始めます。
動揺するドレイトンに頼まれて、捜査を始めるセオドシア。

近所でブティックを経営する友人のデレインは姉を連れて、ティーショップを訪れます。
押しの強いデレインはファッションショーを企画していて、セオドシアにも協力を求めるのでした。
アイデアを出すうちに、モデルもやることに。

旧知のティドウェル刑事は気むずかしいタイプで、愛想はないけど、実はティーショップの美味しいお茶とお菓子に目がない。
今回は事件の担当から外れていて、そろそろ隠退かという噂も流れましたが…?

若手弁護士のジョリー・デイヴィスとの仲は順調。セオドシアとだんだん良い雰囲気になっています。
セオドシアのことをチャールストンの生んだ素人探偵と呼んで、捜査にも異議は挟まない。
とはいえ、弁護士の倫理規定に触れそうなことまでは、セオドシアは喋らないのですが。
ジョリーのヨットに乗るデートの日、ヨットは水浸しで半ば沈没しかかっていた‥!
何者かが栓を抜いたのです。これは警告…?!

お店で出す紅茶やお菓子、料理の数々が美味しそうで、変化に富んでいるのが特徴。
セオドシアの店や親しい人たちは順調なので、ある意味スリルは少ないけど、楽しい気分で読めます。

「アール・グレイと消えた首飾り」

ローラ・チャイルズ「アール・グレイと消えた首飾り お茶と探偵3」ランダムハウス講談社文庫

お茶と探偵シリーズ3作目。
チャールストンでティーショップを経営するセオドシア・ブラウニングが探偵役。
紅茶の店を始めて3年近く。お茶の入浴剤など、いろいろな企画が好評で、にぎわうようになっています。

近所の友人デレインの姪が、由緒あるホテルで華やかな婚約披露をすることに。
ところがガラスの天井が落下して事態は暗転、先祖から伝わる貴重な婚約指輪まで消えてしまう。
現場にいたセオドシアは、デレインに頼まれて指輪を探し回るのですが…

近所で他にも宝石盗難が起きていると知り、ほうってはおけないと決意するセオ。
古い邸が保存されている歴史地区なので、骨董品など貴重な品を置いている家は多いのです。
話を聞いて回ると、脅迫状めいたカードが届きます。
罠を仕掛けることを考えるセオ。

愛犬アール・グレイが大活躍。
セオはダルブラドールと呼んでいる雑種で、気だてが良く、セラピー犬の資格も取っています。
入院している子どもを訪問する場面も出てきます。

友達以上恋人未満のBFジョリー・デイヴィスとは、ゆっくり進行中。
危険な捜査を彼に話すことは考えつかないセオが「心配させたくないから」と言うと、店の紅茶トレーダーで年上の友人でもあるドレイトンが「知らされなかった方がずっと心配するよ」と諭す場面も。

紅茶が好きなので、豆知識にも親しみが。
伯母の作ったガンボシチューや、パティシエのヘイリーが作ったレモンカードなど、伝統料理も。
ぐいぐい引きこむとか読み応えがあるというタイプではないけど、なごやかな様子なので~気分良く読み終えられます。
レシピつき。

その他のカテゴリー

bベスト本 | i本屋大賞候補作 | l本屋大賞 | l直木賞 | l芥川賞 | l:日本エッセイスト・クラブ賞 | mf:世界幻想文学大賞 | mf:日本ファンタジーノベル大賞 | m:CWA賞 | m:MWA賞 | m:このミステリーがすごい! | m:アガサ賞 | m:マカヴィティ賞 | name:あさのあつこ | name:万城目学 | name:三上延 | name:三浦しをん | name:上橋菜穂子 | name:上野千鶴子 | name:中島京子 | name:乾くるみ | name:五木寛之 | name:京極夏彦 | name:仁木英之 | name:今野敏 | name:伊坂幸太郎 | name:佐々木譲 | name:佐藤多佳子 | name:佐藤賢一 | name:佐野洋子 | name:勝間和代 | name:北村薫 | name:原田マハ | name:坂木司 | name:大島真寿美 | name:大崎梢 | name:太宰治 | name:姫野カオルコ | name:宇江佐真理 | name:宮下奈都 | name:宮部みゆき | name:小川洋子 | name:小川糸 | name:山之口洋 | name:山崎ナオコーラ | name:山田詠美 | name:島本理生 | name:島田荘司 | name:川上弘美 | name:恩田陸 | name:有川浩 | name:朝井リョウ | name:木内昇 | name:杉本苑子 | name:村上春樹 | name:村上龍 | name:村山早紀 | name:村山由佳 | name:東川篤哉 | name:東野圭吾 | name:松井今朝子 | name:林真理子 | name:柚木麻子 | name:柳広司 | name:栗田有起 | name:桜庭一樹 | name:梨木香歩 | name:森絵都 | name:森見登美彦 | name:森谷明子 | name:横山秀夫 | name:橋本治 | name:池上永一 | name:津村記久子 | name:海原純子 | name:海堂尊 | name:湊かなえ | name:町田康 | name:畠中恵 | name:百田尚樹 | name:矢崎存美 | name:磯崎憲一郎 | name:神田茜 | name:米村圭伍 | name:米澤穂信 | name:綿矢りさ | name:荻原規子 | name:菅野雪虫 | name:葉室麟 | name:西加奈子 | name:角田光代 | name:誉田哲也 | name:貴志祐介 | name:辻村深月 | name:近藤史恵 | name:道尾秀介 | name:長野まゆみ | name:香山リカ | name:高田郁 | oその他の作家 | o海外作家:C.J.ボックス | o海外作家:M.C.ビートン | o海外作家:P.Gウッドハウス. | o海外作家:R.D.ウィングフィールド | o海外作家:S.J.ローザン | o海外作家:アガサ・クリスティ | o海外作家:アラン・ブラッドリー | o海外作家:アリアナ・フランクリン | o海外作家:アリス・マンロー | o海外作家:アレグザンダー・マコール・スミス | o海外作家:アンナ・マクリーン | o海外作家:アン・クリーヴス | o海外作家:アン・タイラー | o海外作家:アン・マキャフリイ | o海外作家:アーシュラ・K・ル=グウィン | o海外作家:アーロン・エルキンズ | o海外作家:エリザベス・ギルバート | o海外作家:エレイン・ヴィエッツ | o海外作家:エレン・カシュナー | o海外作家:カズオ・イシグロ | o海外作家:カミラ・レックバリ | o海外作家:カルロス・ルイス・サフォン | o海外作家:キャロル・オコンネル | o海外作家:キンバリー・ウィリス・ホルト | o海外作家:ギヨーム・ミュッソ | o海外作家:クリストファー・プリースト | o海外作家:クレイグ・ライス | o海外作家:クレオ・コイル | o海外作家:ケイト・キングズバリー | o海外作家:ケイト・モス | o海外作家:ケイト・モートン | o海外作家:ゲイル・キャリガー | o海外作家:コニス・リトル | o海外作家:コニー・ウィリス | o海外作家:コリン・ホルト・ソーヤー | o海外作家:コルネーリア・フンケ | o海外作家:サラ・ウォーターズ | o海外作家:サラ・スチュアート・テイラー | o海外作家:サラ・パレツキー | o海外作家:シャロン・フィファー | o海外作家:シャンナ・スウェンドソン | o海外作家:シャーリィ・ジャクスン | o海外作家:シャーレイン・ハリス | o海外作家:シャーロット・マクラウド | o海外作家:ジェイソン・グッドウィン | o海外作家:ジェイニー・ボライソー | o海外作家:ジェイン・オースティン | o海外作家:ジェフリー・ディーヴァー | o海外作家:ジェフリー・フォード | o海外作家:ジェラルディン・ブルックス | o海外作家:ジャニータ・シェリダン | o海外作家:ジャネット・イヴァノヴィッチ | o海外作家:ジュンパ・ラヒリ | o海外作家:ジョアン・フルーク | o海外作家:ジョナサン・キャロル | o海外作家:ジョン・ハート | o海外作家:ジョージ・R.R.マーティン | o海外作家:ジョー・ウォルトン | o海外作家:ジル・チャーチル | o海外作家:スティーグ・ラーソン | o海外作家:ステファニー・メイヤー | o海外作家:スーザン・プライス | o海外作家:スー・グラフトン | o海外作家:タニス・リー | o海外作家:ダイアナ・ウィン ジョーンズ | o海外作家:ダイアナ・ガバルドン | o海外作家:ダン・ブラウン | o海外作家:ディック・フランシス | o海外作家:デイヴィッド・アーモンド | o海外作家:デニス・ルヘイン | o海外作家:デボラ・クロンビー | o海外作家:トレイシー・シュヴァリエ | o海外作家:トーベ・ヤンソン | o海外作家:ドナ・アンドリューズ | o海外作家:ドナ・ジョー・ナポリ | o海外作家:ドミニク・シルヴァン | o海外作家:ドン・ウィンズロウ | o海外作家:ナンシー・ピカード | o海外作家:ネレ・ノイハウス | o海外作家:ノア・ゴードン | o海外作家:パウロ・コエーリョ | o海外作家:パトリシア・A.マキリップ | o海外作家:ピーター・キャメロン | o海外作家:ピーター・ディキンスン | o海外作家:ピーター・トレメイン | o海外作家:ピーター・ラヴゼイ | o海外作家:フェイ・ケラーマン | o海外作家:フランセス・ファイフィールド | o海外作家:フレッド・ヴァルガス | o海外作家:ヘイリー・リンド | o海外作家:ヘニング・マンケル | o海外作家:ベリンダ・バウアー | o海外作家:ベルンハルト・シュリンク | o海外作家:ポール・ドハティ | o海外作家:マイクル・コナリー | o海外作家:マーガレット・アトウッド | o海外作家:マーセデス・ラッキー | o海外作家:ミネット・ウォルターズ | o海外作家:ミュリエル・バルベリ | o海外作家:メアリ・W.ウォーカー | o海外作家:メグ・ガーディナー | o海外作家:メグ・キャボット | o海外作家:ユッシ・エーズラ・オールスン | o海外作家:リサ・クレイパス | o海外作家:リチャード・ノース・パタースン | o海外作家:リース・ボウエン | o海外作家:ルーシー・モード・モンゴメリ | o海外作家:レジナルド・ヒル | o海外作家:レスリー・メイヤー | o海外作家:レーネ・レヘトライネン | o海外作家:ロイス・マクマスター ビジョルド | o海外作家:ロビン・ホブ | o海外作家:ローズマリ・サトクリフ | o海外作家:ローズマリー・マーティン | o海外作家:ローナ・バレット | o海外作家:ローラ・チャイルズ | o海外作家:ローラ・リップマン | o海外作家:ローリー・キング | o海外作家:ローレンス・ブロック | o海外作家:ヴィヴェカ・ステン | o海外作家:ヴォンダ・N.マッキンタイア | お人形 | お人形着物 | お茶 | アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | コージー | ジェイドール | ジェニー | スイーツ | ドールmomoko | ドール:Misaki | ドール:SD | ドール:シドニー | ドール:ピュアニーモ | ドール:プーリップ | ドール:ユノアクルス・アズライト | バービー | ファッション | ファンタジー | フィギュアスケート | ベスト本 | ミステリ | リカちゃん | ロマンス | 介護 | 健康・ダイエット | 児童書・YA | 動物 | 国内作家:あ行 | 国内作家:か行 | 国内作家:さ行 | 国内作家:た行 | 国内作家:な行 | 国内作家:は行 | 国内作家:ま行 | 国内作家:や行 | 国内作家:ら行 | 国内作家:わ行 | 国内小説 | 家事 | 心と体 | 日記 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 歴史もの | 海外小説 | | 病気体験 | 着物 | 経済・政治・国際 | 絵本 | 舞台・バレエ | | 言葉・歌 | 評論・エッセイ | SF

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック