フォト

おすすめ本

「ベベ・ベネット、秘密諜報員になりきる」

ローズマリー・マーティン「ベベ・ベネット、秘密諜報員になりきる」創元推理文庫

1964年が舞台のキュートでおしゃれなミステリ。
三部作の完結編です。

ベベ・ベネットは南部生まれのお嬢さん育ち。
ニューヨークで秘書となり、上司のブラッドリー・ウィリアムズに恋します。
前作の終わりで上手くいきそうになりましたが、その後ブラッドリーは態度を豹変、ビジネスライクになります。
気を揉むベベでしたが…

ブラッドリーの大伯父が老舗の<メリーウェザーズ・トイショップ>を買収、今度の勤め先は、ここになりました。
人気のあるキャラクターのピエロに扮している男が実は嫌なヤツで、ベベにセクハラを仕掛けてきます。
この男が殺され、ベベに容疑が…!
ブラッドリーを気にしてついた小さな嘘が、容疑を濃くしてしまいます。

トイショップに勤める面々は変わり者揃いで、ベベが殺したと思いながら、英雄扱いという。
着ぐるみのテディベアや、扮装した海賊や王女様がいる可愛らしい店内なのですが。
旧知のフィネリ刑事は担当ではなく、今度の担当刑事はやたらに強引。
ブラッドリーは弁護士を用意して過保護気味な態度ですが、ベベは捜査の行方を放っておけない。
だって、まだ告白もしていないのに…!

親友でスチュワーデスのダーリーンにバイトとして会社に潜入して貰い、二人で調査を進めます。
ちょうど秘密諜報部員ジェームズ・ボンドが人気を集めている頃。
その真似をして、女の子二人が黒づくめで侵入するという。

ピエロの代役に呼んだ俳優のトムに、嫉妬するブラッドリー。
アル中でホームレスだったハリーが、やっとベベの忠告に従い、別人のようになって現れます。
それすら勘違いするブラッドリー。すでに恋に目がくらんでますね~。

逮捕されたベベを保釈しにパパが飛んできて、故郷に連れ帰ろうとします。
さて?
にぎやかな展開のラブコメタッチ、事件はけっこう大変ですが。
エピローグつき。

あとがきが坂木司。
シュガーボンボンと評しています。
ネタばれし過ぎなので、読む前には最初しか読んじゃダメですよ。

「ベベ・ベネット、モデルと張り合う」

ローズマリー・マーティン「ベベ・ベネット、モデルと張り合う」創元推理文庫

三部作の2作目。
キュートな女の子ベベのお仕事と、恋と、事件の解決を描きます。

ベベ・ベネットは、アメリカ南部で育ったお嬢さん。
秘書学校を出て、憧れのニューヨークで就職。
上司に恋してしまいますが、子ども扱いされます。
ベベの上司ブラッドリー・ウィリアムズは、暗い金髪に人を引きこむ青緑の瞳、連日デートの相手を変えるもて男。祖父の跡継ぎとして従兄弟と競争する立場でもありました。

ブラッドリーが、業界2位のモデルクラブの社長に抜擢されます。
ベベも秘書として赴任、秘書室長となります。
真面目で人が良いベベ、仕事はちゃんと出来るんですね。
一作目よりほんの少し大人になり、無邪気さより無鉄砲な行動力が目立ってきます。

トップモデルのスージーと、ブラッドリーが連日デートするようになり、ベベの気分は台無し。
スージーのメイク係グロリアは、スージーの性格に問題があると告げます。
元はトップだったローラは酒浸りになっていますが、汚い手でスージーにしてやられたらしい。

スージーが殺され、ブラッドリーに嫌疑が!
ベベがじっとしているはずはありません。
スージーが付き合っていたという男性を探るために接近、あらぬ誤解をまき散らしつつ、モデルのピンチヒッターまでやってのけます。

1964年、ケネディ大統領が暗殺された記憶も新しい時期。
ビートルズではジョン・レノンが好きなベベ。
レノンが、まだ最初の結婚をしている頃です。
60年代のミニの流行など、今回はモデル業界なだけに、ファッションもなお楽しい。
ルームメイトのダーリーンにロンドンで買ってきて貰った最新ファッションに身を固め、ブラッドリーの視線を釘付けに。
そのダーリーンには、新たな恋人が浮上?!
友達のためにも一役買うべべでした。

ベベとブラッドリーが近づきそうでいて、なかなかくっつかない、微妙なやりとりも、ほほお~と楽しめます。
2006年の作品、2009年に翻訳発行。

「ベベ・ベネット、死体を発見」

ローズマリー・マーティン「ベベ・ベネット、死体を発見」創元推理文庫

三部作の一作目。
新作ですが、時代は1964年。
ビートルズが若者には大人気!ですが、親の世代はまだ男の長髪を嫌がっていた頃。
娘のスカートがミニになっていくのに驚く時代ですね。

エリザベス・ベネットは、通称ベベ。
南部のお嬢様育ちですが、秘書学校を卒業して、憧れのニューヨークへ。
頑固な父親は、娘が都会でばかにされてはいけないと、行く前に何着もスーツなどの服を用意してくれました。
ベベはハンサムな上司に恋していますが、出来るだけそのことは隠しています。
上司ブラッドリー・ウィリアムズは実は大金持ちの御曹司。名うてのプレイボーイで、毎日違う相手とデート、秘書にも手を出しては次々に首にしているという。
見るからにうぶで真面目そうなベベは「キッド」と呼ばれたり、子ども扱いなのです。

ルームメイトのダーリーンは、ゴージャスな赤毛のスチュワーデス。
イギリスからアメリカへ来る飛行機で知り合ったバンドのメンバーの二人と、さっそくダブルデートの約束をしていました。
いつまでも待たせる相手の部屋へ押しかけると、彼は浴槽で死んでいた!
ボーカル担当の彼がいなくては、バンドデビューもおそらくなくなってしまう。

ダーリーンにかかった嫌疑を晴らし、バンドも何とかしてあげたいと思うベベ。
世間知らずのお人好しだが、誰とでも仲良くなれる。
ダーリーンのアドバイスで、身体の線がくっきり出る服を着てみたり。
大人っぽく見られたいと思いつつ、その無邪気さでどんどん突き進むのはなかなか勇ましい。

後の大御所がまだデビュー前だったり、食べ物や店の様子なども、当時の流行が色々出てくるのが面白い。
展開の予想はつくけれど、軽快なタッチに心地良く乗せられ、ちょっとはらはらしつつも気軽に読めて、読後感も良いです。
ベベは、まるでバービー人形のようにキュートな女の子。
表紙のイラストも、ちゃんと中に出てくるドレスを反映しているのが嬉しい。

その他のカテゴリー

bベスト本 | i本屋大賞候補作 | l本屋大賞 | l直木賞 | l芥川賞 | l:日本エッセイスト・クラブ賞 | mf:世界幻想文学大賞 | mf:日本ファンタジーノベル大賞 | m:CWA賞 | m:MWA賞 | m:このミステリーがすごい! | m:アガサ賞 | m:マカヴィティ賞 | name:あさのあつこ | name:万城目学 | name:三上延 | name:三浦しをん | name:上橋菜穂子 | name:上野千鶴子 | name:中島京子 | name:乾くるみ | name:五木寛之 | name:京極夏彦 | name:仁木英之 | name:今野敏 | name:伊坂幸太郎 | name:佐々木譲 | name:佐藤多佳子 | name:佐藤賢一 | name:佐野洋子 | name:勝間和代 | name:北村薫 | name:原田マハ | name:坂木司 | name:大島真寿美 | name:大崎梢 | name:太宰治 | name:姫野カオルコ | name:宇江佐真理 | name:宮下奈都 | name:宮部みゆき | name:小川洋子 | name:小川糸 | name:山之口洋 | name:山崎ナオコーラ | name:山田詠美 | name:島本理生 | name:島田荘司 | name:川上弘美 | name:恩田陸 | name:有川浩 | name:朝井リョウ | name:木内昇 | name:杉本苑子 | name:村上春樹 | name:村上龍 | name:村山早紀 | name:村山由佳 | name:東川篤哉 | name:東野圭吾 | name:松井今朝子 | name:林真理子 | name:柚木麻子 | name:柳広司 | name:栗田有起 | name:桜庭一樹 | name:梨木香歩 | name:森絵都 | name:森見登美彦 | name:森谷明子 | name:横山秀夫 | name:橋本治 | name:池上永一 | name:津村記久子 | name:海原純子 | name:海堂尊 | name:湊かなえ | name:町田康 | name:畠中恵 | name:百田尚樹 | name:矢崎存美 | name:磯崎憲一郎 | name:神田茜 | name:米村圭伍 | name:米澤穂信 | name:綿矢りさ | name:荻原規子 | name:菅野雪虫 | name:葉室麟 | name:角田光代 | name:誉田哲也 | name:貴志祐介 | name:辻村深月 | name:近藤史恵 | name:道尾秀介 | name:長野まゆみ | name:香山リカ | name:高田郁 | oその他の作家 | o海外作家:C.J.ボックス | o海外作家:M.C.ビートン | o海外作家:P.Gウッドハウス. | o海外作家:R.D.ウィングフィールド | o海外作家:S.J.ローザン | o海外作家:アガサ・クリスティ | o海外作家:アラン・ブラッドリー | o海外作家:アリアナ・フランクリン | o海外作家:アリス・マンロー | o海外作家:アレグザンダー・マコール・スミス | o海外作家:アンナ・マクリーン | o海外作家:アン・クリーヴス | o海外作家:アン・タイラー | o海外作家:アン・マキャフリイ | o海外作家:アーシュラ・K・ル=グウィン | o海外作家:アーロン・エルキンズ | o海外作家:エリザベス・ギルバート | o海外作家:エレイン・ヴィエッツ | o海外作家:エレン・カシュナー | o海外作家:カズオ・イシグロ | o海外作家:カミラ・レックバリ | o海外作家:カルロス・ルイス・サフォン | o海外作家:キャロル・オコンネル | o海外作家:キンバリー・ウィリス・ホルト | o海外作家:ギヨーム・ミュッソ | o海外作家:クリストファー・プリースト | o海外作家:クレイグ・ライス | o海外作家:クレオ・コイル | o海外作家:ケイト・キングズバリー | o海外作家:ケイト・モス | o海外作家:ケイト・モートン | o海外作家:ゲイル・キャリガー | o海外作家:コニス・リトル | o海外作家:コニー・ウィリス | o海外作家:コリン・ホルト・ソーヤー | o海外作家:コルネーリア・フンケ | o海外作家:サラ・ウォーターズ | o海外作家:サラ・スチュアート・テイラー | o海外作家:サラ・パレツキー | o海外作家:シャロン・フィファー | o海外作家:シャンナ・スウェンドソン | o海外作家:シャーリィ・ジャクスン | o海外作家:シャーレイン・ハリス | o海外作家:シャーロット・マクラウド | o海外作家:ジェイソン・グッドウィン | o海外作家:ジェイニー・ボライソー | o海外作家:ジェイン・オースティン | o海外作家:ジェフリー・ディーヴァー | o海外作家:ジェフリー・フォード | o海外作家:ジェラルディン・ブルックス | o海外作家:ジャニータ・シェリダン | o海外作家:ジャネット・イヴァノヴィッチ | o海外作家:ジュンパ・ラヒリ | o海外作家:ジョアン・フルーク | o海外作家:ジョナサン・キャロル | o海外作家:ジョン・ハート | o海外作家:ジョージ・R.R.マーティン | o海外作家:ジョー・ウォルトン | o海外作家:ジル・チャーチル | o海外作家:スティーグ・ラーソン | o海外作家:ステファニー・メイヤー | o海外作家:スーザン・プライス | o海外作家:スー・グラフトン | o海外作家:タニス・リー | o海外作家:ダイアナ・ウィン ジョーンズ | o海外作家:ダイアナ・ガバルドン | o海外作家:ダン・ブラウン | o海外作家:ディック・フランシス | o海外作家:デイヴィッド・アーモンド | o海外作家:デニス・ルヘイン | o海外作家:デボラ・クロンビー | o海外作家:トレイシー・シュヴァリエ | o海外作家:トーベ・ヤンソン | o海外作家:ドナ・アンドリューズ | o海外作家:ドナ・ジョー・ナポリ | o海外作家:ドミニク・シルヴァン | o海外作家:ドン・ウィンズロウ | o海外作家:ナンシー・ピカード | o海外作家:ネレ・ノイハウス | o海外作家:ノア・ゴードン | o海外作家:パウロ・コエーリョ | o海外作家:パトリシア・A.マキリップ | o海外作家:ピーター・キャメロン | o海外作家:ピーター・ディキンスン | o海外作家:ピーター・トレメイン | o海外作家:ピーター・ラヴゼイ | o海外作家:フランセス・ファイフィールド | o海外作家:フレッド・ヴァルガス | o海外作家:ヘイリー・リンド | o海外作家:ヘニング・マンケル | o海外作家:ベリンダ・バウアー | o海外作家:ベルンハルト・シュリンク | o海外作家:ポール・ドハティ | o海外作家:マイクル・コナリー | o海外作家:マーガレット・アトウッド | o海外作家:マーセデス・ラッキー | o海外作家:ミネット・ウォルターズ | o海外作家:ミュリエル・バルベリ | o海外作家:メアリ・W.ウォーカー | o海外作家:メグ・ガーディナー | o海外作家:メグ・キャボット | o海外作家:ユッシ・エーズラ・オールスン | o海外作家:リサ・クレイパス | o海外作家:リチャード・ノース・パタースン | o海外作家:リース・ボウエン | o海外作家:ルーシー・モード・モンゴメリ | o海外作家:レジナルド・ヒル | o海外作家:レスリー・メイヤー | o海外作家:レーネ・レヘトライネン | o海外作家:ロイス・マクマスター ビジョルド | o海外作家:ロビン・ホブ | o海外作家:ローズマリ・サトクリフ | o海外作家:ローズマリー・マーティン | o海外作家:ローナ・バレット | o海外作家:ローラ・チャイルズ | o海外作家:ローラ・リップマン | o海外作家:ローリー・キング | o海外作家:ローレンス・ブロック | o海外作家:ヴィヴェカ・ステン | o海外作家:ヴォンダ・N.マッキンタイア | お人形 | お人形着物 | お茶 | アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | コージー | ジェイドール | ジェニー | スイーツ | ドールmomoko | ドール:Misaki | ドール:SD | ドール:シドニー | ドール:ピュアニーモ | ドール:プーリップ | ドール:ユノアクルス・アズライト | バービー | ファッション | ファンタジー | フィギュアスケート | ベスト本 | ミステリ | リカちゃん | ロマンス | 介護 | 健康・ダイエット | 児童書・YA | 動物 | 国内作家:あ行 | 国内作家:か行 | 国内作家:さ行 | 国内作家:た行 | 国内作家:な行 | 国内作家:は行 | 国内作家:ま行 | 国内作家:や行 | 国内作家:ら行 | 国内作家:わ行 | 国内小説 | 家事 | 心と体 | 日記 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 歴史もの | 海外小説 | | 病気体験 | 着物 | 経済・政治・国際 | 絵本 | 舞台・バレエ | | 言葉・歌 | 評論・エッセイ | SF

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック