フォト

おすすめ本

「アーサー王の墓所の夢」

アリアナ・フランクリン「アーサー王の墓所の夢」創元推理文庫

12世紀の女医アデリアの活躍を描く歴史ミステリ。
3冊目。
いよいよ面白いです。

前作から4年。
アデリアは幼い娘のアリーとその子守となったギルサ、子供の頃からの用心棒でサラセン人のマンスールと共に、村に落ち着いていました。
ところが医療で人気を得たのをねたまれ、宗教裁判所に狙われたと知って、急ぎ移転することに。
その途中、友人エマが、幼い息子と一緒に、亡き夫から受け継いだ領地へ向かうのに一緒になります。イタリア生まれで、当時のヨーロッパでは最先端の教育を受けた検視医アデリア。

アデリアの目から見ると、女性の医者など魔女として焼き殺されかねないイングランドは野蛮な地。
ヘンリー王は領土を拡大して法制も改革した英明な王だが、難題も抱えています。
折りしも、グラストンベリーの大修道院は、大火でほとんど町ごと消滅していました。
アデリアはヘンリー王の要請で、大修道院墓地で発掘された骨を鑑定することに。
あのアーサー王と妃グウィネヴィアの骨かもしれないという‥
眠れるアーサー王がいつか甦るという伝説は、ウェールズで起きるヘンリーへの反乱の旗印ともなっていたのです。

難しい鑑定に直面するアデリア。
しかも友人エマは行方不明になり、さらに修道院では事件が起きます。
当時の事情がありありとわかるように書き込まれ、村人も個性ゆたかです。
そこへ司教ロウリーが乗り込んできて、アデリアと再会。
妻帯できない司教に任命されてしまったため、別れた二人でしたが、本音は‥
活発で理性的だが内心は揺れ動くアデリアが、いきいきしていて、いいですね。
スリリングな展開。

CWA賞(英国犯罪小説作家賞)の最優秀歴史ミステリ賞を受賞した魅惑的なシリーズ。
次の4冊目も楽しみ!そこで完結してしまうのが残念。

「ロザムンドの死の迷宮」

アリアナ・フランクリン「ロザムンドの死の迷宮」創元推理文庫

中世イギリス・ミステリの2冊目。
アデリアは、女ながらシチリアの大学を出た医者。
事件の調査のために、シチリア王からイギリスに派遣されました。
当時のイギリスでは女医など考えられず、魔女扱いされる危険が大きいため、サラセン人の召使いの男性を医者として、自分は通訳兼看護師としてふるまっています。

シチリア帰国をイギリス国王ヘンリーに許されず、一作目に出来た恋人との間の愛娘アリーを一人で育てているのでした。
頼りになる乳母はいるけどね。
アリーの父は、ロウリー司教。結婚はアデリアが断ったのだが、それを受け入れて去っていったことを怒っている女心。

今回の事件は、国王ヘンリー2世の愛妾ロザムンドの毒殺事件。
王妃エレアノールは王に幽閉されていたが、脱走。疑われるが、雲隠れしたまま。
ヘンリーとエレアノールは何人も子をなした仲なのですが、しだいに険悪に。王妃幽閉の理由は、下々には、はっきりしていませんでした。
仲違いの理由は~度重なる浮気のうえに、麗しのロザムンドと歌われた愛妾のせい?
しかし、ロザムンドの暮らす塔の庭を迷宮にしたというのは…ヘンリーは何を考えていたのやら。
…ロザムンドが太っていたというのは…事実??

子供達は皆、けっきょく母親の味方というのは、ヘンリーに問題もありそうですね。父である前に王だったのでしょうか?
このとき王が激昂すれば、国を二分する戦乱が起きそうな事態に。
ロウリーからの呼び出しに、複雑な心境のアデリアなのです。

傑物の王妃エレアノールが登場。華やかで楽しめます。
質素な暮らしをするアデリアからすれば、他国の王妃には違和感もあるのだが、次第に特異さも認めるようになります。
作者はヘンリーの大ファンのよう。
急逝が惜しまれます。
まだ続きが2冊あるのは、翻訳して貰えそう?!

「エルサレムから来た悪魔」

アリアナ・フランクリン「エルサレムから来た悪魔」創元推理文庫

楽しみな歴史ミステリのシリーズが始まりました!
12世紀のイングランドを舞台に、検死のできる女性医師アデリアを主人公とした歴史もの。
CWAの歴史部門であるエリス・ピーターズ賞の受賞作です。

ケンブリッジで起きた、子供を狙った連続殺人。
磔のような姿だったために犯人はユダヤ人とされて、暴動が起きます。
当時、ユダヤ人が復活祭にキリスト教徒の子供を殺す?!という噂があったのだとか。
ユダヤ人すべてをケンブリッジ城内に匿ったまま1年、犯人はわからず…
シチリア王国に、事件の調査が依頼されます。

派遣されたのは、ナポリのシモンで通る調査官と、検死を専門とする女医のアデリアと、その従者のサラセン人マンスール。
三人は薬売りとして旅をし、アデリアは娼婦と誤解されたりする羽目に。
国際都市サレルノでは尊敬を受けていた若いアデリアは、仕事に身を捧げた飾り気のない女性。
サラセン人の従者を医者に仕立てて、通訳兼調剤助手として同行することに。居心地の悪さを感じつつ、腕を発揮していきます。
調査官のシモンは穏やかな人柄で、最初は女性の派遣に驚愕しつつもアデリアを認めるのでした。
バーンウェル修道院長のジェフリーも、治療を受けてから、アデリアを信頼するようになります。

マチルダ女王の時代18年間続いた内乱も治まり、その息子ヘンリー2世の元で、国が平和になりつつある時代。
容疑者を水に落として溺れなければ無罪、という審判法はなくなったとか!
つまり、ちょうど~修道士カドフェルのすぐ後に続く時代なのですね。
とはいえ、女性の医者など異端として殺されかねないという野蛮さ。

愛想はいいが謎のある王の税官吏ロウリー・ピコウ卿。
彼に不審を感じたアデリアですが、しだいに惹かれていき…?
十字軍で数年間、村を離れていた男たち数百人が、戻ってきている時期でもありました。
ヘンリー王もさっそうと登場します。
ヘンリー2世というと王妃はアリエノールですからね。次回登場?!

シチリア王国のサレルノには、1050年から医科大学があったのだそうです。
そこでは女性も学び、資格を取ることが出来た!
ちょっと修道女フィデルマのよう?

修道院長の紹介で、沼沢地の出身で料理のうまい老女ギルサに世話をして貰い、その孫で、みすぼらしいがじつは利発な少年ユルフとも、次第に仲良くなります。
このコンビがいいですねえ!
シリーズ化されるのが楽しみ。

その他のカテゴリー

bベスト本 i本屋大賞候補作 l本屋大賞 l直木賞 l芥川賞 l:日本エッセイスト・クラブ賞 mf:世界幻想文学大賞 mf:日本ファンタジーノベル大賞 m:CWA賞 m:MWA賞 m:このミステリーがすごい! m:アガサ賞 m:マカヴィティ賞 name:あさのあつこ name:万城目学 name:三上延 name:三浦しをん name:上橋菜穂子 name:上野千鶴子 name:中島京子 name:乾くるみ name:五木寛之 name:京極夏彦 name:仁木英之 name:今野敏 name:伊坂幸太郎 name:佐々木譲 name:佐藤多佳子 name:佐藤賢一 name:佐野洋子 name:勝間和代 name:北村薫 name:原田マハ name:坂木司 name:大島真寿美 name:大崎梢 name:太宰治 name:姫野カオルコ name:宇江佐真理 name:宮下奈都 name:宮部みゆき name:小川洋子 name:小川糸 name:山之口洋 name:山崎ナオコーラ name:山田詠美 name:島本理生 name:島田荘司 name:川上弘美 name:恩田陸 name:有川浩 name:朝井リョウ name:木内昇 name:杉本苑子 name:村上春樹 name:村上龍 name:村山早紀 name:村山由佳 name:東川篤哉 name:東野圭吾 name:松井今朝子 name:林真理子 name:柚木麻子 name:柳広司 name:栗田有起 name:桜庭一樹 name:梨木香歩 name:森絵都 name:森見登美彦 name:森谷明子 name:横山秀夫 name:橋本治 name:池上永一 name:津村記久子 name:海原純子 name:海堂尊 name:湊かなえ name:町田康 name:畠中恵 name:百田尚樹 name:矢崎存美 name:碧野圭 name:磯崎憲一郎 name:神田茜 name:米村圭伍 name:米澤穂信 name:綿矢りさ name:荻原規子 name:菅野雪虫 name:葉室麟 name:西加奈子 name:角田光代 name:誉田哲也 name:貴志祐介 name:辻村深月 name:近藤史恵 name:道尾秀介 name:長野まゆみ name:香山リカ name:高田郁 oその他の作家 o海外作家:C.J.ボックス o海外作家:M.C.ビートン o海外作家:P.Gウッドハウス. o海外作家:R.D.ウィングフィールド o海外作家:S.J.ローザン o海外作家:アガサ・クリスティ o海外作家:アラン・ブラッドリー o海外作家:アリアナ・フランクリン o海外作家:アリス・マンロー o海外作家:アレグザンダー・マコール・スミス o海外作家:アンナ・マクリーン o海外作家:アン・クリーヴス o海外作家:アン・タイラー o海外作家:アン・マキャフリイ o海外作家:アーシュラ・K・ル=グウィン o海外作家:アーロン・エルキンズ o海外作家:エミリー・ブライトウェル o海外作家:エリザベス・ギルバート o海外作家:エレイン・ヴィエッツ o海外作家:エレン・カシュナー o海外作家:カズオ・イシグロ o海外作家:カミラ・レックバリ o海外作家:カルロス・ルイス・サフォン o海外作家:キャロル・オコンネル o海外作家:キンバリー・ウィリス・ホルト o海外作家:ギヨーム・ミュッソ o海外作家:クリストファー・プリースト o海外作家:クレイグ・ライス o海外作家:クレオ・コイル o海外作家:ケイト・キングズバリー o海外作家:ケイト・モス o海外作家:ケイト・モートン o海外作家:ゲイル・キャリガー o海外作家:コニス・リトル o海外作家:コニー・ウィリス o海外作家:コリン・ホルト・ソーヤー o海外作家:コルネーリア・フンケ o海外作家:サラ・ウォーターズ o海外作家:サラ・スチュアート・テイラー o海外作家:サラ・パレツキー o海外作家:シャロン・フィファー o海外作家:シャンナ・スウェンドソン o海外作家:シャーリィ・ジャクスン o海外作家:シャーレイン・ハリス o海外作家:シャーロット・マクラウド o海外作家:ジェイソン・グッドウィン o海外作家:ジェイニー・ボライソー o海外作家:ジェイン・オースティン o海外作家:ジェフリー・ディーヴァー o海外作家:ジェフリー・フォード o海外作家:ジェラルディン・ブルックス o海外作家:ジャニータ・シェリダン o海外作家:ジャネット・イヴァノヴィッチ o海外作家:ジュンパ・ラヒリ o海外作家:ジョアン・フルーク o海外作家:ジョナサン・キャロル o海外作家:ジョン・ハート o海外作家:ジョージ・R.R.マーティン o海外作家:ジョー・ウォルトン o海外作家:ジル・チャーチル o海外作家:スティーグ・ラーソン o海外作家:ステファニー・メイヤー o海外作家:スーザン・イーリア・マクニール o海外作家:スーザン・プライス o海外作家:スー・グラフトン o海外作家:タニス・リー o海外作家:ダイアナ・ウィン ジョーンズ o海外作家:ダイアナ・ガバルドン o海外作家:ダン・ブラウン o海外作家:ディック・フランシス o海外作家:デイヴィッド・アーモンド o海外作家:デニス・ルヘイン o海外作家:デボラ・クロンビー o海外作家:トレイシー・シュヴァリエ o海外作家:トーベ・ヤンソン o海外作家:ドナ・アンドリューズ o海外作家:ドナ・ジョー・ナポリ o海外作家:ドミニク・シルヴァン o海外作家:ドン・ウィンズロウ o海外作家:ナンシー・ピカード o海外作家:ネレ・ノイハウス o海外作家:ノア・ゴードン o海外作家:パウロ・コエーリョ o海外作家:パトリシア・A.マキリップ o海外作家:ピーター・キャメロン o海外作家:ピーター・ディキンスン o海外作家:ピーター・トレメイン o海外作家:ピーター・ラヴゼイ o海外作家:フェイ・ケラーマン o海外作家:フランセス・ファイフィールド o海外作家:フレッド・ヴァルガス o海外作家:ヘイリー・リンド o海外作家:ヘニング・マンケル o海外作家:ベリンダ・バウアー o海外作家:ベルンハルト・シュリンク o海外作家:ポール・ドハティ o海外作家:マイクル・コナリー o海外作家:マーガレット・アトウッド o海外作家:マーセデス・ラッキー o海外作家:ミネット・ウォルターズ o海外作家:ミュリエル・バルベリ o海外作家:メアリ・W.ウォーカー o海外作家:メグ・ガーディナー o海外作家:メグ・キャボット o海外作家:ユッシ・エーズラ・オールスン o海外作家:リサ・クレイパス o海外作家:リチャード・ノース・パタースン o海外作家:リース・ボウエン o海外作家:ルーシー・モード・モンゴメリ o海外作家:レジナルド・ヒル o海外作家:レスリー・メイヤー o海外作家:レーネ・レヘトライネン o海外作家:ロイス・マクマスター ビジョルド o海外作家:ロビン・ホブ o海外作家:ローズマリ・サトクリフ o海外作家:ローズマリー・マーティン o海外作家:ローナ・バレット o海外作家:ローラ・チャイルズ o海外作家:ローラ・リップマン o海外作家:ローリー・キング o海外作家:ローレンス・ブロック o海外作家:ヴィヴェカ・ステン o海外作家:ヴォンダ・N.マッキンタイア お人形 お人形着物 お茶 アニメ・コミック ウェブログ・ココログ関連 グルメ・クッキング コージー ジェイドール ジェニー スイーツ ドールmomoko ドール:Misaki ドール:SD ドール:シドニー ドール:ピュアニーモ ドール:プーリップ ドール:ユノアクルス・アズライト バービー ファッション ファンタジー フィギュアスケート ベスト本 ミステリ リカちゃん ロマンス 介護 作品 健康・ダイエット 児童書・YA 動物 国内作家:あ行 国内作家:か行 国内作家:さ行 国内作家:た行 国内作家:な行 国内作家:は行 国内作家:ま行 国内作家:や行 国内作家:ら行 国内作家:わ行 国内小説 家事 心と体 日記 映画・テレビ 書籍・雑誌 歴史もの 海外小説 病気体験 着物 経済・政治・国際 絵本 舞台・バレエ 言葉・歌 評論・エッセイ SF

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック