「不思議なキジのサンドウィッチ」

アラン・ブラッドリー「不思議なキジのサンドウィッチ」創元推理文庫

11歳の天才少女探偵フレーヴィアのシリーズも6作目。
大きな山場を迎えます。

天才といっても、探偵法がすごくて何でも見抜いちゃう荒唐無稽な話ってわけではなく、数学や物理に天才的なだけ(だけ?笑)
好奇心旺盛で行動的、学校へも行っていないので時間はたっぷりあるんです。
当時の貴族なら家庭教師がついて学校へは行かないのも珍しくないけど、この一家の場合、家庭教師は次々に惨敗したらしい?

葬儀に村人が集まり、遠い親戚や、さらにはチャーチル首相までやってくるという事態に。
奇跡を起こそうと奮闘するフレーヴィア!
いや、この子らしいけど~いくら早熟な天才でも、そ、そこまでは‥

前作の終わりに爆弾発言があり、この話の大きな設定がここで登場、意味が明らかになります。
フレーヴィアの母親がなぜ子供たちをおいて外国まで行き、チベットで行方不明になったのか。
二人の姉は何故フレーヴィアを目の敵にするのか‥
フレーヴィアの知らない姉たちの疑問や辛さがあったのです。
少しずつ断片をつなぎ合わせるフレーヴィアに、伯母がこれまで言えなかったことを教えてくれます。

ここで完結する予定だったのが、延長されたそう。
寄宿学校へ舞台を移しての活躍を期待してます☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

「春にはすべての謎が解ける」

アラン・ブラッドリー「春にはすべての謎が解ける」創元推理文庫

少女探偵フレーヴィアのシリーズも5作目。
ユーモラスでテンポのいい快作☆
ようやく1年近くたったようです。でもまだ11歳。

化学大好き少女のフレーヴィア・ド・ルースはとくに毒物がお気に入り。
大叔父が残した実験室で、一人実験を重ねています。
頭の回転が早いけど、男女のことはまださっぱりわからない。それでも微妙~に成長してきたような。
貴族のド・ルース家なのですが、家計は火の車。
とうとう伝統ある屋敷を売りに出すことになってしまいます。

二人の姉のうち長姉のフィーリーが教会のオルガン奏者としてデビューすることになり、練習に付き合うフレーヴィア。
おりしも教会では聖タンクレアウスの墓を発掘することになっており、すかさず紛れ込んだフレーヴィアは聖者の遺骨ではないものを見つけてしまう。
行方不明の前のオルガン奏者を‥

遺骨の発掘には反対意見もあったと知り、事情を探りに主教代理のいる村へ向かったフレーヴィアは、母を知っているらしい風変わりな人物に出会います。
フレーヴィアが幼い頃にチベットの山で遭難してしまった母。
母の記憶のないフレーヴィアですが、実はそっくりらしい?

フレーヴィアが猪突猛進してどこにでも、地下墓地でも禁断の部屋でも入り込む勢いに、大笑い! 元気をもらえます。
垣間見える大人の世界には哀しみもあり、フレーヴィアにも母を知らない切なさもありますが。
1938年カナダ生まれで70歳過ぎてデビューした作者とほぼ同じ頃に生まれた設定のフレーヴィア。
孫を可愛がるようなあたたかい視線と共に、幼き日を思わせる古きよき時代の雰囲気も楽しめます。
世界中で人気を博しているそうですよ☆児童書ではないですけど、若い人にもいいと思うので、カテゴリには児童書も足しておきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

「サンタクロースは雪のなか」

フレーヴィアのシリーズ4作目。
化学実験大好きな11歳の少女が探偵役。

思いっきり季節はずれですが、再読したので。
最初に読んだときは12月だったんだけど~パソコンが壊れていて、アップしそこないました。

村はずれの大きなお屋敷バックショー荘に住む貴族のド・ルース一家。
経済的には困窮していて、今回は映画の撮影に屋敷を貸し出すことに。
雪の日、大所帯の撮影隊が到着、大人のややこしい人間関係を垣間見るフレーヴィア。
大女優フィリス・ワイヴァーンもやってきます。
村の司祭さんの提案で教会への寄付を募るため、フィリスに有名なシーンを演じてもらうことになりました。
催しを見に村人が集まってきますが、吹雪になって帰れなくなり、村人たちも屋敷に泊まることに。
その夜、事件が‥?!

フレーヴィアは三人姉妹の末っ子。
長女のフィーリーは、エリザベス・テイラーにちょっと似ているといわれる17歳。(そういう時代設定なのです)
おしゃれとピアノと男の子以外には興味がない。
次女のダフィは本の虫。地味な印象だったけど、実は朗読を始めると美しく見えるという。
フレーヴィアはいたずら好きでいじめられてもやり返すけれど、二人の姉に嫌われていると内心、悩んでいます。
ふと「なぜそんなに嫌いなの」と口に出して聞いたとき、フィーリーの意外な答えは‥
いつもの面々も少しずつ登場しますが、姉妹の関係が一番進むかな?といっても、何が原因なのかはまだわからないんですが。

サンタクロースの実在を証明しようとするフレーヴィアがかわいいけど、そのやり方が煙突に鳥もちを塗るという、これまたフレーヴィアらしい困った方法。
そんなこともどう事件に絡んでくるやら?~お楽しみ☆
笑って拍手したくなるエンディングです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

「水晶玉は嘘をつく?」

アラン・ブラッドリー「水晶玉は嘘をつく?」創元推理文庫

11歳の女の子フレーヴィアが活躍するミステリ。
シリーズ3作目。

フレーヴィア・ド・ルースは、村から離れた歴史ある館に住む三姉妹の末っ子。
家では、大伯父が遺した化学実験室で、研究に励む早熟な少女です。
自転車のグラディスを駆使して、近辺を走り回る情報通でもあります。

お祭りの日、ジプシーに占って貰っているときに蝋燭を倒してしまい、テントが炎上。
責任を感じて、ジプシーの老婆フェネラの馬車を、館の敷地内に案内します。
ジプシーの馬車の内部は意外にきちんとしていて、心地良く過ごせるようになっていました。
ところが、案内した場所は、何やら因縁がある土地だったらしい。

翌朝、フェネラが頭から血を流して倒れている所を発見、病院に通報。
のちにフェネラの孫の少女ポーセリンがやって来たのを、こんな所にいては危ないと、自分の部屋に連れ帰ります。
化学実験室では、料理も出来るのでした。
孤独がちなフレーヴィアは内心、友達になりたいんですね。その気持ちが切ない。

母を早くなくし、父はそれ以来、趣味の切手蒐集の世界に閉じこもりがち。
家庭教師さえ来なくなった今、家は無法地帯と化しているのです。
17歳の長姉フィーリーは、美容に夢中。13歳の次姉ダフィは、本の虫。
フレーヴィアとは姉たちは何かとやり合っていて、フレーヴィアは時にはショックを受けることも。
フレーヴィアの視点からすると、横暴な姉たちですが…
フレーヴィアがあっさり2行ほどで書いているイタズラや復讐が原因らしいのに苦笑。
はしっこい妹を何とか押さえつけようと、頭を捻ってるのでしょう。

フレーヴィアの聞き込みの過程で、母親が頼んだままになっていた肖像画が登場するのも印象的です。
11歳のまま、殺人事件に3度も遭遇するとはいかがなものかと思わないでもないけど、思春期前の11歳だからの面白さもあるしねえ…
どのへんで、まとめるつもりなのかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

「人形遣いと絞首台」

アラン・ブラッドリー「人形遣いと絞首台」創元推理文庫

「パイは小さな秘密を運ぶ」に続く~シリーズ2作目。
11歳の女の子フレーヴィア・ド・ルースが主人公のミステリです。
もう少し成長していくのかな?と思ったらあまりたっていないのに、また殺人事件に遭遇?
もっとも、ただの11歳ではありません~化学の天才少女といっていいでしょう。

テレビでも有名な人形遣いルパートとその助手の綺麗な女性ニアラが、車の故障で村に滞在することになります。
どこにでも自転車のグラディスで走っていく好奇心の強いフレーヴィアは、何かと手伝いながら、起きていくことを間近で目撃することに。
教会の催しとして行われた人形芝居の舞台で、何と人形の代わりに~人形遣いが落ちて来るという事件が起きるのです。

ド・ルース家は貴族の家柄で、大きなお屋敷に住んでいます。
が、実は他にあまり財産がなく、雇い人も~何でも屋の庭師と通いの家政婦の二人だけ。
父は、どうも妻の死後は現実に背を向けているらしく、趣味の切手集めに夢中。
ピアノを弾く長女フィーリーは、綺麗になることにしか関心がない。
次女のダフィは、本の虫。
二人は末の妹フレーヴィアに優しくないのですが、妹の頭が切れすぎて、やり返すのでヒートアップしている気配も。

父の姉でうるさ型のおばさんが訪問、皆いやがっているのですが~彼女が意外な理解者となり、フレーヴィアに話しかけてくれたことが、いいシーンになっています。
しかし、三姉妹とも学校に行っていないんですねえ。
1950年頃の貴族だから?イギリスだと義務教育はあまりうるさくないのか?ちょっと前までは家庭教師がいたのかな?

母親の記憶がないため、母が産後うつで末っ子を愛していなかったなどと姉たちに持ち出されると~フレーヴィアは不覚にも涙が出てしまう。
それに男女のことはまだ、わかっているようで全然わかっていないといった可愛さも。
元気いっぱいで、面白いです。

作者はカナダ人ですが、祖父母がイギリス人。思い出話を聞いて育ったということです。
ジャンル的には、コージーとは言い切れないけど~コージー系好きな人にも行けると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

「パイは小さな秘密を運ぶ」

アラン・ブラッドリー「パイは小さな秘密を運ぶ」創元推理文庫

11歳の少女が主人公のミステリ。
各賞総なめの好評な作品で、確かにテンポ良く、いろんな要素が入っていて面白いです。

時は1950年、イギリス。
田舎の大きな屋敷に住む少女フレーヴィア・ド・ルースは、三姉妹の末娘。
一人で化学の実験に熱中していました。
先祖に化学に凝った人がいて、立派な実験室があるのです。
母は旅行中に行方不明になった後に亡くなったそうで、顔も覚えていません。
父は、趣味の切手にしか関心を示さない人。
姉のオフィーリアとダフネとはタイプが違い、仲が良いとはいえず、二人に閉じこめられた所から脱出したりしているありさま。

ある日、父が書斎で何者かと口論していたのをのぞき見てしまいます。
庭師兼何でも屋のドガーもそれを見ていました。
ドガーは戦争神経症で時々様子がおかしくなるのですが、フレーヴィアにとっては一番の友達でもあります。
翌朝、フレーヴィアは庭の菜園で、死体を発見。
昨夜のことは警察には言えないまま、一人で事情を調べ始める…

図書館で過去のことを調べに行くと、父の学校時代に、恩師が自殺した事件があったと知ります。
しかも、学生達が自殺に追い込んだという噂が…?
父が逮捕されてしまい、姉たちは泣き崩れるばかり。
自転車で警察署に乗り込み、警部補に頼み込んで、父に話を聞くフレーヴィア。
怪しい人物が泊まっていただろう近くの旅館へも潜り込み、旅館の娘メアリに頼んで部屋を捜索します。

グラディスと名付けている自転車で、思い立ったらすぐにどこへでも行く。
警部補に神出鬼没とまでいわれる~早熟で果敢な少女の大冒険です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

その他のカテゴリー

bベスト本 | i本屋大賞候補作 | l本屋大賞 | l直木賞 | l芥川賞 | l:日本エッセイスト・クラブ賞 | mf:世界幻想文学大賞 | mf:日本ファンタジーノベル大賞 | m:CWA賞 | m:MWA賞 | m:このミステリーがすごい! | m:アガサ賞 | m:マカヴィティ賞 | name:あさのあつこ | name:万城目学 | name:三上延 | name:三浦しをん | name:上橋菜穂子 | name:上野千鶴子 | name:中島京子 | name:乾くるみ | name:五木寛之 | name:京極夏彦 | name:仁木英之 | name:今野敏 | name:伊坂幸太郎 | name:佐々木譲 | name:佐藤多佳子 | name:佐藤賢一 | name:佐野洋子 | name:勝間和代 | name:北村薫 | name:原田マハ | name:坂木司 | name:大島真寿美 | name:大崎梢 | name:太宰治 | name:姫野カオルコ | name:宇江佐真理 | name:宮下奈都 | name:宮部みゆき | name:小川洋子 | name:小川糸 | name:山之口洋 | name:山崎ナオコーラ | name:山田詠美 | name:島本理生 | name:島田荘司 | name:川上弘美 | name:恩田陸 | name:有川浩 | name:朝井リョウ | name:木内昇 | name:杉本苑子 | name:村上春樹 | name:村上龍 | name:村山早紀 | name:村山由佳 | name:東川篤哉 | name:東野圭吾 | name:松井今朝子 | name:林真理子 | name:柚木麻子 | name:柳広司 | name:栗田有起 | name:桜庭一樹 | name:梨木香歩 | name:森絵都 | name:森見登美彦 | name:森谷明子 | name:横山秀夫 | name:橋本治 | name:池上永一 | name:津村記久子 | name:海原純子 | name:海堂尊 | name:湊かなえ | name:町田康 | name:畠中恵 | name:百田尚樹 | name:矢崎存美 | name:磯崎憲一郎 | name:神田茜 | name:米村圭伍 | name:米澤穂信 | name:綿矢りさ | name:荻原規子 | name:菅野雪虫 | name:葉室麟 | name:角田光代 | name:誉田哲也 | name:貴志祐介 | name:辻村深月 | name:近藤史恵 | name:道尾秀介 | name:長野まゆみ | name:香山リカ | name:高田郁 | oその他の作家 | o海外作家:C.J.ボックス | o海外作家:M.C.ビートン | o海外作家:P.Gウッドハウス. | o海外作家:R.D.ウィングフィールド | o海外作家:S.J.ローザン | o海外作家:アガサ・クリスティ | o海外作家:アラン・ブラッドリー | o海外作家:アリアナ・フランクリン | o海外作家:アリス・マンロー | o海外作家:アレグザンダー・マコール・スミス | o海外作家:アンナ・マクリーン | o海外作家:アン・クリーヴス | o海外作家:アン・タイラー | o海外作家:アン・マキャフリイ | o海外作家:アーシュラ・K・ル=グウィン | o海外作家:アーロン・エルキンズ | o海外作家:エリザベス・ギルバート | o海外作家:エレイン・ヴィエッツ | o海外作家:エレン・カシュナー | o海外作家:カズオ・イシグロ | o海外作家:カミラ・レックバリ | o海外作家:カルロス・ルイス・サフォン | o海外作家:キャロル・オコンネル | o海外作家:キンバリー・ウィリス・ホルト | o海外作家:ギヨーム・ミュッソ | o海外作家:クリストファー・プリースト | o海外作家:クレイグ・ライス | o海外作家:クレオ・コイル | o海外作家:ケイト・キングズバリー | o海外作家:ケイト・モス | o海外作家:ケイト・モートン | o海外作家:ゲイル・キャリガー | o海外作家:コニス・リトル | o海外作家:コニー・ウィリス | o海外作家:コリン・ホルト・ソーヤー | o海外作家:コルネーリア・フンケ | o海外作家:サラ・ウォーターズ | o海外作家:サラ・スチュアート・テイラー | o海外作家:サラ・パレツキー | o海外作家:シャロン・フィファー | o海外作家:シャンナ・スウェンドソン | o海外作家:シャーリィ・ジャクスン | o海外作家:シャーレイン・ハリス | o海外作家:シャーロット・マクラウド | o海外作家:ジェイソン・グッドウィン | o海外作家:ジェイニー・ボライソー | o海外作家:ジェイン・オースティン | o海外作家:ジェフリー・ディーヴァー | o海外作家:ジェフリー・フォード | o海外作家:ジェラルディン・ブルックス | o海外作家:ジャニータ・シェリダン | o海外作家:ジャネット・イヴァノヴィッチ | o海外作家:ジュンパ・ラヒリ | o海外作家:ジョアン・フルーク | o海外作家:ジョナサン・キャロル | o海外作家:ジョン・ハート | o海外作家:ジョージ・R.R.マーティン | o海外作家:ジョー・ウォルトン | o海外作家:ジル・チャーチル | o海外作家:スティーグ・ラーソン | o海外作家:ステファニー・メイヤー | o海外作家:スーザン・プライス | o海外作家:スー・グラフトン | o海外作家:タニス・リー | o海外作家:ダイアナ・ウィン ジョーンズ | o海外作家:ダイアナ・ガバルドン | o海外作家:ダン・ブラウン | o海外作家:ディック・フランシス | o海外作家:デイヴィッド・アーモンド | o海外作家:デニス・ルヘイン | o海外作家:デボラ・クロンビー | o海外作家:トレイシー・シュヴァリエ | o海外作家:トーベ・ヤンソン | o海外作家:ドナ・アンドリューズ | o海外作家:ドナ・ジョー・ナポリ | o海外作家:ドミニク・シルヴァン | o海外作家:ドン・ウィンズロウ | o海外作家:ナンシー・ピカード | o海外作家:ネレ・ノイハウス | o海外作家:ノア・ゴードン | o海外作家:パウロ・コエーリョ | o海外作家:パトリシア・A.マキリップ | o海外作家:ピーター・キャメロン | o海外作家:ピーター・ディキンスン | o海外作家:ピーター・トレメイン | o海外作家:ピーター・ラヴゼイ | o海外作家:フランセス・ファイフィールド | o海外作家:フレッド・ヴァルガス | o海外作家:ヘイリー・リンド | o海外作家:ヘニング・マンケル | o海外作家:ベリンダ・バウアー | o海外作家:ベルンハルト・シュリンク | o海外作家:ポール・ドハティ | o海外作家:マイクル・コナリー | o海外作家:マーガレット・アトウッド | o海外作家:マーセデス・ラッキー | o海外作家:ミネット・ウォルターズ | o海外作家:ミュリエル・バルベリ | o海外作家:メアリ・W.ウォーカー | o海外作家:メグ・ガーディナー | o海外作家:メグ・キャボット | o海外作家:ユッシ・エーズラ・オールスン | o海外作家:リサ・クレイパス | o海外作家:リチャード・ノース・パタースン | o海外作家:リース・ボウエン | o海外作家:ルーシー・モード・モンゴメリ | o海外作家:レジナルド・ヒル | o海外作家:レスリー・メイヤー | o海外作家:レーネ・レヘトライネン | o海外作家:ロイス・マクマスター ビジョルド | o海外作家:ロビン・ホブ | o海外作家:ローズマリ・サトクリフ | o海外作家:ローズマリー・マーティン | o海外作家:ローナ・バレット | o海外作家:ローラ・チャイルズ | o海外作家:ローラ・リップマン | o海外作家:ローリー・キング | o海外作家:ローレンス・ブロック | o海外作家:ヴィヴェカ・ステン | o海外作家:ヴォンダ・N.マッキンタイア | お人形 | お人形着物 | お茶 | アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | コージー | ジェイドール | ジェニー | スイーツ | ドールmomoko | ドール:Misaki | ドール:SD | ドール:シドニー | ドール:ピュアニーモ | ドール:プーリップ | ドール:ユノアクルス・アズライト | バービー | ファッション | ファンタジー | フィギュアスケート | ベスト本 | ミステリ | リカちゃん | ロマンス | 介護 | 健康・ダイエット | 児童書・YA | 動物 | 国内作家:あ行 | 国内作家:か行 | 国内作家:さ行 | 国内作家:た行 | 国内作家:な行 | 国内作家:は行 | 国内作家:ま行 | 国内作家:や行 | 国内作家:ら行 | 国内作家:わ行 | 国内小説 | 家事 | 心と体 | 日記 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 歴史もの | 海外小説 | | 病気体験 | 着物 | 経済・政治・国際 | 絵本 | 舞台・バレエ | | 言葉・歌 | 評論・エッセイ | SF