「図書室の魔法 下」

ジョー・ウォルトン「図書室の魔法 下」創元SF文庫

本好きには楽しい魅惑の物語、後半。
ファンタジーですが、少女の日記の中にSFを読んだ感想がいっぱい。
読書クラブの仲間に出会った幸福に溢れています。

生まれ育ったウェールズから、イングランドの寄宿学校へ。
家でも学校でも孤立しがちな15歳の少女モリ。
同じようにはみ出し気味の級友を見つけ、だんだん友達付き合いも増やしていきます。
でも自然の中にフェアリーが見えるのは自分だけ、双子の妹をなくしたのも自分だけ、悪意を向けてくるとんでもない母親と対決しなければならないのも自分だけ。
誰にも話せないそういう経験から大人びている面もありますが、まだブラジャーの買い方もよくわからなかったり。
そういうところから、恋を知り、世界が広がって行きます。

事故で不自由になった片脚を引きずっていますが、体育の間、見学する代わりに図書室で思う存分、本を読めることになったのが救いでした。
町の図書館に集まる読書クラブに入れることになり、生まれて初めて、話の合う仲間が出来るのです。
この喜びは本好きならわかりますよねえ‥特にSF好きなら。
本を大量に読む子はそういないし、趣味が合うとなるとさらに難しい。
私は、SFはずっと前に読んだきりでよく覚えていないのが多いんですが、それでも、そうそう!とわかったり笑ったり、これ読んでないかも~読みたい!という気になったり。

読書クラブで知り合った2歳上のウィムはとてもハンサムで、本の趣味もかなり合いそう。
前のGFと悪い噂があったため、近づかないように忠告されたりもしたのですが。
魔法やフェアリーに興味のあるウィムを森に誘い、フェアリーを見られるかどうか試してみるのが初デートという。

この作品はすべてモリの手記という形で語られ、しかもすべてが事実ではないかもしれないですよ、と冒頭に書かれています。
普通にファンタジーと読んでさしつかえない内容ですが、どこかは少女の空想と解釈することも出来るのです。
「指輪物語」をこよなく愛する少女ですからね。
そのへんの解釈は、お好みで?

1979年に15歳、というのは作者自身の年齢と同じ。
作者はウェールズの町で育ち、15歳ではなく大学でイングランドに行っています。
読んだ本の感想や、15歳ならではのちぐはぐな感覚は、おそらく当時を思い出して書いた部分が多いのでしょう。
当時、空想していたことも含まれているのでは?
自分にある問題を別な形に置き換えたり、平凡な自分にはない不幸をドラマチックに想像したり。
いえ私は丸ごと、こんな子だったわけじゃありませんよ~という、照れ隠しなんじゃないかな~という気がしています。

「図書室の魔法 上」

ジョー・ウォルトン「図書室の魔法」創元SF文庫

ジョー・ウォルトンの新たな魅力。
15歳の本好きな少女の視点で、寄宿学校の生活に、フェアリーと魔法が絡む物語。

モリことモルウェナ・マコーヴァは、15歳。
モリが幼い頃に家を出たきりだった父親のダニエルに引き取られ、すぐ父の姉たちによって全寮制の女子校に送り込まれます。
ウェールズの峡谷にある美しい村で生まれ育ったモリ。
母方の祖父母と叔母に可愛がられて育ちましたが、祖父の入院で、顔も知らなかった父の元へ来るしかなくなったのでした。

イングランドでは言葉のなまりも違い、学校でからかわれることになります。
1年前に交通事故で双子の妹モルを喪い、自分も片脚が不自由になっているモリ。
しかも、その事故には実の母親が絡んでいて‥
今も悪意に満ちた手紙を送ってくるという。
森に住むフェアリーを見ることが出来た双子ですが、イングランドではフェアリーも滅多に見当たらない。

読書家で、特にSFを大量に読んでいるモリ。
孤独な日々を支えているのが、魅力に溢れた本の世界でした。
伯母たちに逆らえない大人しい父のダニエルもSF好きだったため、だんだん友人のようになります。
学校の図書室の司書ミス・キャロルには親切にしてもらい、勧められたジョセフィン・テイも読んだり。
そして、町の図書館に集まるSFのサークルがあることを知り、参加できることに!

そう簡単にはめげない女の子が抱える不幸が痛ましいけれど、日記の形でびしばし子供の本音が語られるのが面白い。
一体、どんな展開に‥?!
ファン投票で選ばれるヒューゴー賞を受賞したというのは、わかります♪

「ドラゴンがいっぱい!」

ジョー・ウォルトン「ドラゴンがいっぱい!―アゴールニン家の遺産相続奮闘記」ハヤカワ文庫FT

ドラゴンが、人間よりも北の土地で、市民生活を営んでいるという設定。
いきいきしていて、めちゃくちゃ面白いです。

一代で財を築いたアゴールニン家の当主であるドラゴンが、地下の洞窟で死を待っていました。
邸は、娘婿のデヴラク士爵が継ぐことになります。
遺言で、既に家を構えている上の子達は形見だけをとり、年下の息子エイヴァンと二人の娘セレンドラとヘイナーに財産も遺体も分けるようにと。

遺言を聞いたのは、長男のペン。
ベナンディ珀爵領で、教区牧師となっています。
妹のセレンドラを引き取って、結婚相手を見つけようということになります。
もう一人の妹ヘイナーは、デヴラク士爵のもとへ。
セレンドラとヘイナーは仲が良い姉妹で、泣く泣く生まれ育った家を離れるときに、ある約束を交わします。
他ならぬ若きシャー・ベナンディ珀爵がセレンドラに興味を示しますが、いささか身分違い。セレンドラは、珀爵には婚約者がいると思いこんだまま。

ペンの妻フェリンは堅実な賢い女性で、義妹セレンドラを注意深く見守ります。
都市計画局に勤めるエイヴァンは、書記の女性と大人な関係。
この恋の行方は?

19世紀イギリスを思わせる暮らしをしていて、途中では時々、人間のそういう話かと思ってしまうほど。
財産相続や、結婚話でのもめ事、身分違いを乗り越えられるかどうかといった問題が話題の中心。
セレンドラ姉妹の恋愛など、まるでジェイン・オースティンを読んでいるようなんですよ。

だけど、ドラゴン…ていう。
綺麗な帽子をかぶっていて、身分や立場が察せられる。その凝りようを読んでいると、そもそも服は着ていないということも忘れそう。
恋に落ちると女性のドラゴンはピンク色になりかけ、花嫁は皆ピンク。
迫られて身体が接触しただけでもピンク色になり、未婚の娘は不名誉な立場になってしまう。
出産すると赤くなり、何度も出産した女性は紫がかった濃い紅に。
出産は命がけで、慎重に間を開けなければいけない。これは19世紀だと人間でもそうだったんじゃないかな。

ところが、死んだ竜の身体はみんなで分けて食べることになっていて、その分け前を巡って争いが起きるのです。
竜の身体を食べると、ぐっと力がつき、男性の体格は巨大になるので、その後の一生に関わることだから。
これは竜のさがなので、誰も何とも思ってないらしい。
時々そういった要素が差し挟まれるのが、秀逸なブラックユーモア。財産争いや親子の葛藤などは、ある意味、命をむさぼるような面もあるので、風刺的なニュアンスもあるかと。
領主が反抗した召使いを食べてしまい、ショックを受けた娘が奴隷身分の召使いを結婚後は解放しようと考えるいきさつも。

作者はトロロップのファンで、19世紀の作家や、19世紀風の物を書く作家の作品が好きなんだそう。
夫の一言を勘違いしたことから書き上げた作品だそうです。
2004年度の世界幻想文学大賞を受賞。
後に書いた歴史改変物の「ファージング」でも有名です。

「バッキンガムの光芒」

ジョー・ウォルトン「バッキンガムの光芒」創元推理文庫

ファージング3部作の最終巻。
読後感、良かったです!

第二次大戦中にイギリスがドイツと講和したという設定の歴史改変物。
この作品では、1960年。
最初の事件で遺児となったエルヴィラが、18歳になっています。
当時は警部補だったピーター・カーマイケルが、引き取って育てました。

ザ・ウォッチと呼ばれる監視隊隊長となっているカーマイケル。
これはイギリス版のゲシュタポのようなもの。
首相に弱みを握られて、心ならずも公務を執行する一方、影の監視隊を組織して、アイルランドに人々を逃がしていました。

エルヴィラは、女子の名門校からの親友ベッツィと1年間スイスのお嬢様学校へ行き、これから社交界にデビューする所。
お嬢様達はそのまま結婚を目指すのですが、ベッツィのたっての頼みに付き合うだけのエルヴィラに、その気はありません。
もとは庶民の出で、後見人は特殊な地位にあるけれど、大金持ちというわけでもない微妙な立場。
秋にはオックスフォードへ行くことになっています。

素直に育っていて頭もいいけれど、政治的には学校でもこれといって習わず、カーマイケルの仕事のことも何も知らないままでした。
ところが、パレードを見物に行ったことから思わぬ騒動に巻き込まれて、逮捕されてしまい……!

危機に継ぐ危機の~大波乱の展開。
スリルだけでは片付かない恐怖感がありますが、希望と勇気の物語です。
作者はイギリス生まれですが、カナダ移住。
ブレア政権の時に、憤りにかられてシリーズを書き始めた由。
楽天的と自ら言っているとか。
楽天的だとこういう話が書けるんだ?…と、納得!

「暗殺のハムレット」

ジョー・ウォルトン「暗殺のハムレット」創元推理文庫

話題の「ファージング」3部作の2作目。
イギリスがナチス・ドイツと講和していたという設定の~歴史改変もの。
カーマイクル警部補は、続いて登場。
前作で権力者に秘密を握られ、出世は出来そうなものの、駒として使われてしまう立場になっています。

女優ヴァイオラ・ラークが、もう一人の語り手となります。
ヴァイオラは、名門ラーキン家の6人姉妹の一人。
とはいえ女優になるために家出して以来、実家には戻っていません。
ロンドンの舞台では、男女を逆転させた芝居が流行っていました。
ヴァイオラは、ハムレットを女性にしたバージョンの主役を勝ち取ります。
ところが、共演するはずだった名女優が、自宅で爆死。
最初は、テロリストに狙われたのかと思われますが…

疎遠だった妹から連絡があり、ヴァイオラは心ならずもヒトラー暗殺計画に巻き込まれていくのです。
信頼していた伯父たちに説得されても、ナチスがそれほど酷いことをしているとは、とても信じられなかったのですが。
爆弾の専門家だという男性に惹かれるヴァイオラは、脅されて行動を共にせざるを得なくなります。
ヒトラーがイギリスを訪問し、この「ハムレット」の舞台を見に来るという予定があるのでした。
ヒトラーの側近とヴァイオラの姉妹の一人が結婚しているという関係もあり、事態は複雑に。

わずか2週間でたたみかけるように起きていく出来事の緊迫感で、読ませます。
政治の動きはどう変わるかわかったものではないという恐怖感と、恐ろしいことが起きないために個人に出来ることはあるのかという思い。
三部作の中では、辛い方の話だけど。
スケールの大きさで、読み応えあります。
この姉妹には、イギリスに実在したモデルがいるそうですよ。

「英雄たちの朝」

物資の輸送が進んできたようで、少しだけ、ほっとしています。
一日も早く、被災した皆さまが暖かく過ごせるように、安心できる暮らしになりますように!

予約投稿をしておいたものの中から、少しずつご紹介していきます。
ほっと和めたり、読んで勇気が出てくるような作品をね。

ジョー・ウォルトン「ファージングⅠ 英雄たちの朝」創元推理文庫

話題の歴史改変ミステリ。
面白かった~!
名前ではわからないけど、作者は女性。ウェールズ出身でカナダ在住とのこと。
2003年に世界幻想文学大賞を受賞しています。

イギリスがはやばやとナチス・ドイツと講和条約を結んだと変えられていると聞いて、そういうイギリスってあんまり…
と、すぐには手が出ませんでした。
ところが、これが面白い。
1作目に関しては、クリスティなどを読んでいるミステリ読みならすぐになじめる雰囲気で、わかりやすく展開します。

イギリスでその講和を導いた~政治中枢を担う面々が、ファージング・セットと呼ばれているのです。
このときも、ファージングにあるエヴァズリー卿の屋敷で、パーティーが開かれます。
社交界の花形であるエヴァズリー卿夫人は、やり手で美しいが傲慢で、娘には冷たい。
この夫人と不仲の娘ルーシーの視点と、事件が起きてから呼ばれたカーマイケル警部補の視点で、交互に。

令嬢ルーシーは、亡き兄の戦友だったユダヤ人デイヴィッド・カーンと恋に落ち、反対を押し切って結婚しています。
親たちの政策に真っ向から反抗したのですね。
デイヴィッドは、イギリス生まれで裕福な銀行家の息子。
イギリスは大陸とは違う民主主義の国と信じ、いつかは受け入れて貰えると考えている善良な男なのですが。
翌朝、下院議員がベッドで死んでいるのを発見されます。
ユダヤの星が突き刺されていたため、ユダヤ人のデイヴィッドに疑いが…?

1941年にドイツと講和したので、ドイツは負けずに1949年になってもまだロシアとの戦争がだらだら続いている、という状況。
ユダヤ人に対する苛酷な処遇は、ドイツが敗れて一気に公表されたほどには知れ渡っていないでしょうが、徐々に知られてきているといったところ。
三部作なので、結末はこの独特な歴史改変に関わっています。
続きはまた、大きく展開するらしい。
けど、知り過ぎちゃってもつまらない?ので、後書きは先に読まないように!

その他のカテゴリー

bベスト本 | i本屋大賞候補作 | l本屋大賞 | l直木賞 | l芥川賞 | l:日本エッセイスト・クラブ賞 | mf:世界幻想文学大賞 | mf:日本ファンタジーノベル大賞 | m:CWA賞 | m:MWA賞 | m:このミステリーがすごい! | m:アガサ賞 | m:マカヴィティ賞 | name:あさのあつこ | name:万城目学 | name:三上延 | name:三浦しをん | name:上橋菜穂子 | name:上野千鶴子 | name:中島京子 | name:乾くるみ | name:五木寛之 | name:京極夏彦 | name:仁木英之 | name:今野敏 | name:伊坂幸太郎 | name:佐々木譲 | name:佐藤多佳子 | name:佐藤賢一 | name:佐野洋子 | name:勝間和代 | name:北村薫 | name:原田マハ | name:坂木司 | name:大島真寿美 | name:大崎梢 | name:太宰治 | name:姫野カオルコ | name:宇江佐真理 | name:宮下奈都 | name:宮部みゆき | name:小川洋子 | name:小川糸 | name:山之口洋 | name:山崎ナオコーラ | name:山田詠美 | name:島本理生 | name:島田荘司 | name:川上弘美 | name:恩田陸 | name:有川浩 | name:朝井リョウ | name:木内昇 | name:杉本苑子 | name:村上春樹 | name:村上龍 | name:村山早紀 | name:村山由佳 | name:東川篤哉 | name:東野圭吾 | name:松井今朝子 | name:林真理子 | name:柚木麻子 | name:柳広司 | name:栗田有起 | name:桜庭一樹 | name:梨木香歩 | name:森絵都 | name:森見登美彦 | name:森谷明子 | name:横山秀夫 | name:橋本治 | name:池上永一 | name:津村記久子 | name:海原純子 | name:海堂尊 | name:湊かなえ | name:町田康 | name:畠中恵 | name:百田尚樹 | name:矢崎存美 | name:磯崎憲一郎 | name:神田茜 | name:米村圭伍 | name:米澤穂信 | name:綿矢りさ | name:荻原規子 | name:菅野雪虫 | name:葉室麟 | name:角田光代 | name:誉田哲也 | name:貴志祐介 | name:辻村深月 | name:近藤史恵 | name:道尾秀介 | name:長野まゆみ | name:香山リカ | name:高田郁 | oその他の作家 | o海外作家:C.J.ボックス | o海外作家:M.C.ビートン | o海外作家:P.Gウッドハウス. | o海外作家:R.D.ウィングフィールド | o海外作家:S.J.ローザン | o海外作家:アガサ・クリスティ | o海外作家:アラン・ブラッドリー | o海外作家:アリアナ・フランクリン | o海外作家:アリス・マンロー | o海外作家:アレグザンダー・マコール・スミス | o海外作家:アンナ・マクリーン | o海外作家:アン・クリーヴス | o海外作家:アン・タイラー | o海外作家:アン・マキャフリイ | o海外作家:アーシュラ・K・ル=グウィン | o海外作家:アーロン・エルキンズ | o海外作家:エリザベス・ギルバート | o海外作家:エレイン・ヴィエッツ | o海外作家:エレン・カシュナー | o海外作家:カズオ・イシグロ | o海外作家:カミラ・レックバリ | o海外作家:カルロス・ルイス・サフォン | o海外作家:キャロル・オコンネル | o海外作家:キンバリー・ウィリス・ホルト | o海外作家:ギヨーム・ミュッソ | o海外作家:クリストファー・プリースト | o海外作家:クレイグ・ライス | o海外作家:クレオ・コイル | o海外作家:ケイト・キングズバリー | o海外作家:ケイト・モス | o海外作家:ケイト・モートン | o海外作家:ゲイル・キャリガー | o海外作家:コニス・リトル | o海外作家:コニー・ウィリス | o海外作家:コリン・ホルト・ソーヤー | o海外作家:コルネーリア・フンケ | o海外作家:サラ・ウォーターズ | o海外作家:サラ・スチュアート・テイラー | o海外作家:サラ・パレツキー | o海外作家:シャロン・フィファー | o海外作家:シャンナ・スウェンドソン | o海外作家:シャーリィ・ジャクスン | o海外作家:シャーレイン・ハリス | o海外作家:シャーロット・マクラウド | o海外作家:ジェイソン・グッドウィン | o海外作家:ジェイニー・ボライソー | o海外作家:ジェイン・オースティン | o海外作家:ジェフリー・ディーヴァー | o海外作家:ジェフリー・フォード | o海外作家:ジェラルディン・ブルックス | o海外作家:ジャニータ・シェリダン | o海外作家:ジャネット・イヴァノヴィッチ | o海外作家:ジュンパ・ラヒリ | o海外作家:ジョアン・フルーク | o海外作家:ジョナサン・キャロル | o海外作家:ジョン・ハート | o海外作家:ジョージ・R.R.マーティン | o海外作家:ジョー・ウォルトン | o海外作家:ジル・チャーチル | o海外作家:スティーグ・ラーソン | o海外作家:ステファニー・メイヤー | o海外作家:スーザン・プライス | o海外作家:スー・グラフトン | o海外作家:タニス・リー | o海外作家:ダイアナ・ウィン ジョーンズ | o海外作家:ダイアナ・ガバルドン | o海外作家:ダン・ブラウン | o海外作家:ディック・フランシス | o海外作家:デイヴィッド・アーモンド | o海外作家:デニス・ルヘイン | o海外作家:デボラ・クロンビー | o海外作家:トレイシー・シュヴァリエ | o海外作家:トーベ・ヤンソン | o海外作家:ドナ・アンドリューズ | o海外作家:ドナ・ジョー・ナポリ | o海外作家:ドミニク・シルヴァン | o海外作家:ドン・ウィンズロウ | o海外作家:ナンシー・ピカード | o海外作家:ネレ・ノイハウス | o海外作家:ノア・ゴードン | o海外作家:パウロ・コエーリョ | o海外作家:パトリシア・A.マキリップ | o海外作家:ピーター・キャメロン | o海外作家:ピーター・ディキンスン | o海外作家:ピーター・トレメイン | o海外作家:ピーター・ラヴゼイ | o海外作家:フランセス・ファイフィールド | o海外作家:フレッド・ヴァルガス | o海外作家:ヘイリー・リンド | o海外作家:ヘニング・マンケル | o海外作家:ベリンダ・バウアー | o海外作家:ベルンハルト・シュリンク | o海外作家:ポール・ドハティ | o海外作家:マイクル・コナリー | o海外作家:マーガレット・アトウッド | o海外作家:マーセデス・ラッキー | o海外作家:ミネット・ウォルターズ | o海外作家:ミュリエル・バルベリ | o海外作家:メアリ・W.ウォーカー | o海外作家:メグ・ガーディナー | o海外作家:メグ・キャボット | o海外作家:ユッシ・エーズラ・オールスン | o海外作家:リサ・クレイパス | o海外作家:リチャード・ノース・パタースン | o海外作家:リース・ボウエン | o海外作家:ルーシー・モード・モンゴメリ | o海外作家:レジナルド・ヒル | o海外作家:レスリー・メイヤー | o海外作家:レーネ・レヘトライネン | o海外作家:ロイス・マクマスター ビジョルド | o海外作家:ロビン・ホブ | o海外作家:ローズマリ・サトクリフ | o海外作家:ローズマリー・マーティン | o海外作家:ローナ・バレット | o海外作家:ローラ・チャイルズ | o海外作家:ローラ・リップマン | o海外作家:ローリー・キング | o海外作家:ローレンス・ブロック | o海外作家:ヴィヴェカ・ステン | o海外作家:ヴォンダ・N.マッキンタイア | お人形 | お人形着物 | お茶 | アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | コージー | ジェイドール | ジェニー | スイーツ | ドールmomoko | ドール:Misaki | ドール:SD | ドール:シドニー | ドール:ピュアニーモ | ドール:プーリップ | ドール:ユノアクルス・アズライト | バービー | ファッション | ファンタジー | フィギュアスケート | ベスト本 | ミステリ | リカちゃん | ロマンス | 介護 | 健康・ダイエット | 児童書・YA | 動物 | 国内作家:あ行 | 国内作家:か行 | 国内作家:さ行 | 国内作家:た行 | 国内作家:な行 | 国内作家:は行 | 国内作家:ま行 | 国内作家:や行 | 国内作家:ら行 | 国内作家:わ行 | 国内小説 | 家事 | 心と体 | 日記 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 歴史もの | 海外小説 | | 病気体験 | 着物 | 経済・政治・国際 | 絵本 | 舞台・バレエ | | 言葉・歌 | 評論・エッセイ | SF