フォト

おすすめ本

「No.1レディース探偵社、本日開業」

アレグザンダー・マコール・スミス「No.1レディース探偵社、本日開業ーミス・ラモツエの事件簿<1>

アフリカの国ボツワナの女探偵もの。
作者はスコットランド人ですが、ジンバブエの生まれとか。
マ・ラモツエは、人呼んでサバンナのミス・マープル。
(マというのは女性への尊称)
探偵社を開いた話から、父の人生、主人公の育ちへと戻り、また事件物へと進む短編連作。

プレシャス・ラモツエは愛されて育った一人娘でした。
母を早くなくしましたが、父の従妹に可愛がられます。
恋をした相手ノテと結婚したのですが、これはあまりたちが良くない相手で、じきに去られ、父の元へ戻ることに。
父の死後、残してくれた牛を売って、首都で探偵社を開くのです。
女性に探偵が出来るかという疑問を持たれますが、アガサ・クリスティを知らないのかと問い返すのでした。

機転が利き、押し出しも立派な、アフリカ女性の伝統的体型の34歳。
秘書の女性マ・マクチとも名コンビになっていきます。
行方不明の夫を捜して、意外な顛末を証明したり。
夫の浮気を確認してやったら、かえって依頼人にくってかかられたり。
小型の白いバンを独りで乗り回してどこへでも行き、時には鰐やコブラとも渡り合う。
車の修理工場をやっている男性マテコニとは親友で、ついにプロポーズもされますが…?

ボツワナというのは、アフリカではかなり平和なほうの国らしいですね。
独特なテンポ、住んでいる家や食べ物、知らない土地の雰囲気が伝わってきて、新鮮で面白いです。
呪術の話なども出てきます。一般の人は関わりにはならないようなものではあるのですが。
哀切な少年の話が解決して、ほっとしました。

作者は1948年生まれ。
アフリカ、イギリスの大学で学んだ後、スコットランドで教授に。
一時アフリカに戻り、ボツワナで最初のロー・スクール設立に尽力。ユネスコの議長などを務める傍ら、子供向けの本から学術書まで幅広く活動。
本書は1998年発行。
口コミで火がつき、のちにブッカー賞の審査員特別賞を受賞。

「友だち、恋人、チョコレート」

アレグザンダー・マコール・スミス「友だち、恋人、チョコレート」創元推理文庫

哲学誌の編集長イザベルの素人探偵シリーズ2作目。
タイトルがオシャレですね。
デリカテッセンを経営する姪のキャットが、友達が結婚するのでイタリアに行く間、代わりに店に入ってくれるかと聞きに来ます。
イザベルの仕事は融通がきくし、キャットの店は前にも手伝ったことがあるので、すぐ承知するのでした。

そこで出会った男性イアンに、意外な話を打ち明けられます。
心臓移植を受けて以来、知らない男の顔が頭に浮かんで、とても苦しい気がするのだという。
内臓に記憶はあるのか?
まさかドナーを殺した犯人の顔では‥?!
放っておけないものを感じたイザベルは…
ドナーを捜し当てて、訪ねると、その身近にいた男性の顔が?!

ジェイミーは心配して関わり過ぎるのを反対しますが、そういうイザベルのことが好きでもあるのです。
キャットの元恋人のジェイミーはバスーン奏者で、今ではイザベルの親友に近い~友達以上恋人未満の存在。
15歳も下なので恋愛対象にはならないと自戒しつつ、ジェイミーに恋人が出来た様子に動揺するイザベルでしたが‥

キャットに接近する男性トマッソの意外な展開も。
キャットには年齢が上すぎると聞いて、自分とあまり違わない彼を見て考え込むイザベル。
トマッソの方もイタリア男らしく慇懃にイザベルに誘いをかけるのですが、実は女性としては見ていないらしい?微妙な駆け引き。
トマッソがスコットランドに来た用件には、ビックリ。

表紙の狐は、エディンバラの街中にも出没するそうで~イザベルの家の庭にも現れるのにミスター・フォックスとあだ名を付け、ちょっと鳥の骨など置いてやっているのです。
目が合うと、敵ではないなと認知して歩み去っていく。

問題は刑事事件まではいかない微妙なところだけど、日常の謎というには大きいかな。
知的できまじめで親切な~ユニークな大人の女性が、やや不器用な行動を取りながら、いろいろなことに真摯に考えを巡らせていく様子を描いた、ゆとりある小説。
チョコレートについての考察も微笑ましい。

「日曜哲学クラブ」

アレグザンダー・マコール・スミス「日曜哲学クラブ」創元推理文庫

スコットランドの作家による、古都エディンバラが舞台のコージー・ミステリ。
1作目。

哲学ジャーナルの編集者という~教養ある40代の女性、イザベル・ダルハウジーが主人公。
日曜哲学クラブというのは、彼女が主催しているクラブ。
といっても~実際には日曜に哲学する気には誰もなれないために活動は行っていない、読者のあなたが会員ですよ、という。

劇場へ行って友人と話しているときに、上の席から青年が転落。
驚愕した彼の顔を目撃し、自分は彼が最後に見た人物かと思うと放っておけなくなるのです。
探偵としては素人だけど、知的で考え深く、好奇心も強い。いささか考え過ぎかも知れませんけどね。

今は一人暮らしのイザベルですが~若い頃にカリスマ性のあるアイルランド人学者と激しい恋をした経験があります。相手が浮気性だったために離婚という結末に。
近くで喫茶店を経営している姪のキャットが、最愛の存在です。
ただキャットの今の恋人トビーは気に入らないので、その気持ちを隠しきれずに衝突することも。

キャットの別れた恋人のジェイミーのほうがずっとイザベルとは気が合い、時には一緒に演奏したりもしています。
キャットが復縁すればいいのにと思いつつ、実は自分が惹かれている面もあるような。
紳士的で献身的なジェイミーが、キャットにとってはセクシーじゃないという考察もあったりして。
家政婦のグレースも、強い味方。
実際的で古風で頑固なグレースは、イザベルの付き合う仲間達とは、全く違う~エディンバラの別な面を代表しているとか。

コージー系というか~
ドロシー・セイヤーズみたいな教養系?
知的とはいえ超人的なわけではなく、日常を静かに楽しんでいる女性。
時には脅えたり迷ったりもしながらも~融通を利かせて行動を選んでいきます。
味わいのある結末。
へたくそな演奏のメンバーが集まっているテリブル・オーケストラが出てくるシーンがおかしいんですが、これは実在して、作者も参加しているのだそうですよ。

その他のカテゴリー

bベスト本 i本屋大賞候補作 l本屋大賞 l直木賞 l芥川賞 l:日本エッセイスト・クラブ賞 mf:世界幻想文学大賞 mf:日本ファンタジーノベル大賞 m:CWA賞 m:MWA賞 m:このミステリーがすごい! m:アガサ賞 m:マカヴィティ賞 name:あさのあつこ name:万城目学 name:三上延 name:三浦しをん name:上橋菜穂子 name:上野千鶴子 name:中島京子 name:乾くるみ name:五木寛之 name:京極夏彦 name:仁木英之 name:今野敏 name:伊坂幸太郎 name:佐々木譲 name:佐藤多佳子 name:佐藤賢一 name:佐野洋子 name:勝間和代 name:北村薫 name:原田マハ name:坂木司 name:大島真寿美 name:大崎梢 name:太宰治 name:姫野カオルコ name:宇江佐真理 name:宮下奈都 name:宮部みゆき name:小川洋子 name:小川糸 name:山之口洋 name:山崎ナオコーラ name:山田詠美 name:島本理生 name:島田荘司 name:川上弘美 name:恩田陸 name:有川浩 name:朝井リョウ name:木内昇 name:杉本苑子 name:村上春樹 name:村上龍 name:村山早紀 name:村山由佳 name:東川篤哉 name:東野圭吾 name:松井今朝子 name:林真理子 name:柚木麻子 name:柳広司 name:栗田有起 name:桜庭一樹 name:梨木香歩 name:森絵都 name:森見登美彦 name:森谷明子 name:横山秀夫 name:橋本治 name:池上永一 name:津村記久子 name:海原純子 name:海堂尊 name:湊かなえ name:町田康 name:畠中恵 name:百田尚樹 name:矢崎存美 name:碧野圭 name:磯崎憲一郎 name:神田茜 name:米村圭伍 name:米澤穂信 name:綿矢りさ name:荻原規子 name:菅野雪虫 name:葉室麟 name:西加奈子 name:角田光代 name:誉田哲也 name:貴志祐介 name:辻村深月 name:近藤史恵 name:道尾秀介 name:長野まゆみ name:香山リカ name:高田郁 oその他の作家 o海外作家:C.J.ボックス o海外作家:M.C.ビートン o海外作家:P.Gウッドハウス. o海外作家:R.D.ウィングフィールド o海外作家:S.J.ローザン o海外作家:アガサ・クリスティ o海外作家:アラン・ブラッドリー o海外作家:アリアナ・フランクリン o海外作家:アリス・マンロー o海外作家:アレグザンダー・マコール・スミス o海外作家:アンナ・マクリーン o海外作家:アン・クリーヴス o海外作家:アン・タイラー o海外作家:アン・マキャフリイ o海外作家:アーシュラ・K・ル=グウィン o海外作家:アーロン・エルキンズ o海外作家:エミリー・ブライトウェル o海外作家:エリザベス・ギルバート o海外作家:エレイン・ヴィエッツ o海外作家:エレン・カシュナー o海外作家:カズオ・イシグロ o海外作家:カミラ・レックバリ o海外作家:カルロス・ルイス・サフォン o海外作家:キャロル・オコンネル o海外作家:キンバリー・ウィリス・ホルト o海外作家:ギヨーム・ミュッソ o海外作家:クリストファー・プリースト o海外作家:クレイグ・ライス o海外作家:クレオ・コイル o海外作家:ケイト・キングズバリー o海外作家:ケイト・モス o海外作家:ケイト・モートン o海外作家:ゲイル・キャリガー o海外作家:コニス・リトル o海外作家:コニー・ウィリス o海外作家:コリン・ホルト・ソーヤー o海外作家:コルネーリア・フンケ o海外作家:サラ・ウォーターズ o海外作家:サラ・スチュアート・テイラー o海外作家:サラ・パレツキー o海外作家:シャロン・フィファー o海外作家:シャンナ・スウェンドソン o海外作家:シャーリィ・ジャクスン o海外作家:シャーレイン・ハリス o海外作家:シャーロット・マクラウド o海外作家:ジェイソン・グッドウィン o海外作家:ジェイニー・ボライソー o海外作家:ジェイン・オースティン o海外作家:ジェフリー・ディーヴァー o海外作家:ジェフリー・フォード o海外作家:ジェラルディン・ブルックス o海外作家:ジャニータ・シェリダン o海外作家:ジャネット・イヴァノヴィッチ o海外作家:ジュンパ・ラヒリ o海外作家:ジョアン・フルーク o海外作家:ジョナサン・キャロル o海外作家:ジョン・ハート o海外作家:ジョージ・R.R.マーティン o海外作家:ジョー・ウォルトン o海外作家:ジル・チャーチル o海外作家:スティーグ・ラーソン o海外作家:ステファニー・メイヤー o海外作家:スーザン・イーリア・マクニール o海外作家:スーザン・プライス o海外作家:スー・グラフトン o海外作家:タニス・リー o海外作家:ダイアナ・ウィン ジョーンズ o海外作家:ダイアナ・ガバルドン o海外作家:ダン・ブラウン o海外作家:ディック・フランシス o海外作家:デイヴィッド・アーモンド o海外作家:デニス・ルヘイン o海外作家:デボラ・クロンビー o海外作家:トレイシー・シュヴァリエ o海外作家:トーベ・ヤンソン o海外作家:ドナ・アンドリューズ o海外作家:ドナ・ジョー・ナポリ o海外作家:ドミニク・シルヴァン o海外作家:ドン・ウィンズロウ o海外作家:ナンシー・ピカード o海外作家:ネレ・ノイハウス o海外作家:ノア・ゴードン o海外作家:パウロ・コエーリョ o海外作家:パトリシア・A.マキリップ o海外作家:ピーター・キャメロン o海外作家:ピーター・ディキンスン o海外作家:ピーター・トレメイン o海外作家:ピーター・ラヴゼイ o海外作家:フェイ・ケラーマン o海外作家:フランセス・ファイフィールド o海外作家:フレッド・ヴァルガス o海外作家:ヘイリー・リンド o海外作家:ヘニング・マンケル o海外作家:ベリンダ・バウアー o海外作家:ベルンハルト・シュリンク o海外作家:ポール・ドハティ o海外作家:マイクル・コナリー o海外作家:マーガレット・アトウッド o海外作家:マーセデス・ラッキー o海外作家:ミネット・ウォルターズ o海外作家:ミュリエル・バルベリ o海外作家:メアリ・W.ウォーカー o海外作家:メグ・ガーディナー o海外作家:メグ・キャボット o海外作家:ユッシ・エーズラ・オールスン o海外作家:リサ・クレイパス o海外作家:リチャード・ノース・パタースン o海外作家:リース・ボウエン o海外作家:ルーシー・モード・モンゴメリ o海外作家:レジナルド・ヒル o海外作家:レスリー・メイヤー o海外作家:レーネ・レヘトライネン o海外作家:ロイス・マクマスター ビジョルド o海外作家:ロビン・ホブ o海外作家:ローズマリ・サトクリフ o海外作家:ローズマリー・マーティン o海外作家:ローナ・バレット o海外作家:ローラ・チャイルズ o海外作家:ローラ・リップマン o海外作家:ローリー・キング o海外作家:ローレンス・ブロック o海外作家:ヴィヴェカ・ステン o海外作家:ヴォンダ・N.マッキンタイア お人形 お人形着物 お茶 アニメ・コミック ウェブログ・ココログ関連 グルメ・クッキング コージー ジェイドール ジェニー スイーツ ドールmomoko ドール:Misaki ドール:SD ドール:シドニー ドール:ピュアニーモ ドール:プーリップ ドール:ユノアクルス・アズライト バービー ファッション ファンタジー フィギュアスケート ベスト本 ミステリ リカちゃん ロマンス 介護 作品 健康・ダイエット 児童書・YA 動物 国内作家:あ行 国内作家:か行 国内作家:さ行 国内作家:た行 国内作家:な行 国内作家:は行 国内作家:ま行 国内作家:や行 国内作家:ら行 国内作家:わ行 国内小説 家事 心と体 日記 映画・テレビ 書籍・雑誌 歴史もの 海外小説 病気体験 着物 経済・政治・国際 絵本 舞台・バレエ 言葉・歌 評論・エッセイ SF

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック