フォト

おすすめ本

「雨の浜辺で見たものは」

ジェイニー・ボライソー「雨の浜辺で見たものは」創元推理文庫

コーンウォール・ミステリの7作目で最終作。

ローズ・トレヴェリアンは40代の未亡人で、画家兼写真家。
コーンウォール生まれではないが、学生時代に魅了されて卒業後すぐに住み着きました。
20年の幸せな結婚生活を送ったが、夫を病気で失って4年後、少しずつ第二の人生を歩き出したというのがシリーズの発端。

雨の海辺で、幼女を抱き上げる男性を見かけたローズ。
誘拐事件の目撃者となり、事件に関わっていきます。
離婚して別れて住んでいた父親が連れ去ったのかと思われたのですが‥?!
ローズは地元に根を張り、事件の関係者とどこかで知り合いで、初めて会う人にも打ち明け話をされるタイプ。つらい経験を秘めているため、困った人が寄ってくるようです。
恋人のジャックいわく小柄で純朴そのものの外見。好奇心と親切心で物事を放っておけない性格でもあるんですね。

事件で出会ったジャック・ピアース警部と一度は別れましたが、今は結婚こそしないものの何とか安定した仲に。
ジャックが強引でなければ上手くいくと見ましたね。
離婚後10年のジャックと死別4年のローズでは、再婚についての温度差が違うのは無理からぬところ。
ローズは信頼できる仕事仲間のバリーにもほのかな好意を寄せられていましたが、内気で決まりきった生活をしていたバリーも今では考え方を変え、他の女性と付き合うようになっています。
前作でまだ若々しかったローズの母が急死、それでお父さんのほうは近くに越して来ました。
それぞれに何かを抱えた大人が、希望を見出していく物語だったように思います。

シリーズが終わったのは、作者がガンで急逝したためだったんですね。
はっきりした終わらせ方ではないですが~友達がカップルで集まっての幸福感溢れるパーティなので、作者は終わる可能性を意識していたのでは。

日本では2004年発行の「容疑者たちの事情」でスタート。
「しっかりものの老女の死」「クリスマスに死体がふたつ」「待ちに待った個展の夜に」「ムーアに住む姉妹」「夏の夜のわるい夢」と続いたシリーズ。
最初に1作目を読んだときにはピンと来なかったのですが~数年後(2010年)に続きを読んだらすっかり気に入ってしまい、最初から嬉々として読み返しました。
大切な夫を失った後、イラストレーターから画家へ仕事を広げていく心境の女性に(具体的には違うけど通じるところがあって)共感したのかも。

あちこちでレビューを読むと、日本人にはやや気が強く感じられるのかな? 考えてみると、常に主人公の気持ちを描いているわけじゃないので~同情しやすい描き方じゃないのかも。
こういうタイプの作品があまり他にないので、中途半端に見られるのかもね。
ミステリというには軽く、コージーというには主婦目線でないし、ユーモアというにはドタバタも少ないので。
普通に読みやすい小説でした☆

「夏の夜のわるい夢」

ジェイニー・ボライソー「夏の夜の悪い夢」創元推理文庫

コーンウォールに住む女流画家ローズのシリーズ。
若々しくて気取らない、誰もが打ち明け話をしたくなるような親切で偏見のない人柄。
卒業してすぐにコーンウォールに魅せられて住み着き、写真やイラストの仕事をしていました。
20年幸せな結婚生活を送りましたが、夫が亡くなり、落ちついてから改めて本格的に画家デビューしていくことに。

デニムのスカートでスケッチをして歩き、日焼けしているローズ。
あまりオシャレな方ではないので、重い腰を上げて長い赤毛をカットに美容院へ行きます。
裏庭の剪定を頼むために、推薦された男に電話したり。
親友のローラと飲みに行ったり、慈善バザーに顔を出したりという日常。

地元で事件が起きると、ローズは関係者のすべてをどこかで知っていたりするため、何かと相談を持ち込まれます。
今回は、レイプ事件。絵画教室で教えている才能ある女性ジョイスの娘サムが、何か知っている?
悩んでいる様子に、話を聞いてみようかと思わず言うローズ。

一度は別れた恋人のジャック・ピアース警部とよりを戻したのですが、互いに距離のとり方に気をつかっている段階。
長年愛した夫と比較しそうになって、それが嫌だと思ったり。
もう若くはないけれど、ぜんぜん年寄りでもない~揺れる年代。
男らしい性格のジャックは、危険に巻き込まれがちなローズが心配で口うるさくなりがちで、ローズも意地を張り、すぐにケンカになってしまうのですが。
ローズの母の急病という事態もあり、夏の夜に思いがけない出来事が…

コーンウォールの風物が、魅力的。
長く住み着いている人間たちと、観光地としての側面が絡み合い、大人の視点で展開します。
美味しそうなお料理も。
ロマンスがあり、女性らしい日常的な描写も多いので、コージー系に分類されると思いますが、ほのぼのというよりは普通にリアル。

原著は2002年発表。
次作で最終巻らしいです。
残念~!
新シリーズでも良いけど、読みたいです。

「ムーアに住む姉妹」

予約投稿してあった本も少し日延べしていましたが、内容を選びつつ、少しアップすることにいたします。
重すぎず、読んで元気が出るような物をね。
こちらは去年立て続けに読んだ~大のお気に入りのシリーズです。

ジェイニー・ボライソー「ムーアに住む姉妹」創元推理文庫

コーンウォールに住む女性画家ローズのシリーズ。5冊目。
画廊の隣にある絵画教室でもクラスを持って教え始めるなど、活動を広げているところです。

ボドミン・ムーアに住むルイーザ・ジョーダンとその姉から、肖像画の依頼が来ました。
ローズは大乗り気になったのですが、荒涼とした土地にある古い花崗岩の家には、ガスも電気も来ていない。
意外に中の調度は立派で、曰くありげな姉妹の様子にやや不審を抱きます。

絵画教室の生徒ジョエル・ペンハリゴンに相談を受けましたが、美術学校に行くことを親に反対されているという。両親と話しに行く日、彼はあの姉妹の甥だったとわかります。
ルイーザの夫フランクと娘のミランダが1年前に急に姿を消すという謎の出来事が起きていたのです。そのほうが気になるローズ。
ジョエルの両親は、意外に頭から反対というわけでもないのですが…

ロンドンで働いているミランダの視点からも描かれます。
何かに脅えて姿をくらませ、誰にも連絡を取らなかったのですが、一体何が‥?
ミランダは大学へ行くと決まっていて、ルイーザはフランクと離婚の話を決めていたため、フランクがふらりと女の元へ去ったと解釈していたらしいのですが‥?
じわじわといろんな角度から描かれ、奇妙な出来事の全貌が現れるのがなかなか面白いです。

ジャック・ピアース警部は、別れたローズと友達付き合いという関係に耐えきれず、知り合った女性アンナとデートすることに。
動揺するローズ。
自分がわがままだったとも感じるのですが‥さて?
ジャックにはクリスマスプレゼントを用意するのは変だろうと考えつつ、アンナも呼ぶべきか、どのパーティなら招いてもいいかと悩んだりするんですね。
親切で料理上手なローズのパーティ準備も楽しい。
2001年発表。2009年飜訳発行。

「クリスマスに死体がふたつ」

ジェイニー・ボライソー「クリスマスに死体がふたつ」創元推理文庫

シリーズ3作目。
大人の女性が主人公で、すっかりお気に入りのシリーズです。
こちらをクリスマス頃にアップすれば、ちょうどいいと思っていたのに~
間違えて、4作目のほうを先にご紹介してしまいました。延ばしても季節はずれがひどくなるばかりなので…ご紹介しときますcoldsweats01

コーンウォールで一人暮らしのローズは画家で、40代後半の未亡人。
すらりとして若々しく実は美人ですが、ふだんは気楽な格好で全然オシャレをしない。
人が打ち明け話をしたくなるような人柄なのです。

今回は、クリスマス前からの寒い時期。
2作目でジャック・ピアース警部とは別れましたが、ジャックの方の気持ちは変わっていません。
夫を失った悲しみからやっと立ち直ったローズは、束縛されたくないので、すぐケンカになってしまうジャックとは、友達としてなら付き合いたいという考え。

ローズが絵を描きに人気のない海辺へ出かけたとき、女性の悲鳴を聞いて驚き、警察へ通報します。
レスキュー隊が駆けつけますが何も発見されずに、大恥をかくことに。
空耳?とは思えないのですが‥

芸術家仲間のパーティーで出会ったハンサムな画家のニックと、何度かデートに出かけますが、盛り上がるには至りませんでした。
売れている画家で個性的な美女ステラの個展が開かれます。
招かれてきていたモデルのジェニーが、ニックの元恋人だったと、ローズは初めて耳に挟みます。
豊満で美貌のジェニーですが、ややトラブルメーカーで、実際には不安定な生活。3年同棲したニックと別れてからは、不運だったのです。
このとき同席したマディは陶芸家で、かわいい手作りの品の店を持っています。彼女は、ローズがもっと親しくなれそうな予感のあった女性。
芸術家仲間との交流を楽しみにしていたローズでしたが…?!

ジェニーが行方不明になり、次いで死体が発見されて、ローズも容疑者の一人になってしまいます。
ジャックも落ち着いていられない。
しかも、古い白骨死体までが‥?!
コーンウォールの美しい景色を背景に、個性的な登場人物、意外な展開で、目が離せません。

「待ちに待った個展の夜に」

ジェイニー・ボライソー「待ちに待った個展の夜に」創元推理文庫

シリーズ4作目。
コーンウォールに住む女性画家ローズは、未亡人。
40代後半だが若く見え、永遠の画学生と亡き夫には言われていました。
個展を間近に控え、画家としていよいよ本格的に出発しようとしています。

ある日、未亡人という共通点のある友人エッタから、相談の電話がかかってきます。
漁師をしている息子ジョーは素直で頼りになるのですが、娘サラが10代の反抗期で、何を考えているのかわからない。ひょっとしたら、悩みがあるのではないかと。
ローズもサラとは気が合うからと、いつもの親切心で今度、話を聞いておいてあげると言うのでしたが‥

個展の内覧会のために、ローズの両親もやってきます。
もとは農業をやっていましたが今は悠々自適の身で、仲のよい初老の夫婦が魅力的。
ローズの生き方を尊重してくれていますが、綺麗な娘がなぜあまり身なりにかまわないのか理解できなかったり、ジャックとお似合いなのにと思ったりしているのが微笑ましい。

家族や友人に囲まれた幸せな個展の夜に、思いがけない事態が進行していました。
ジャック・ピアース警部とは別れたのですが、友人として付き合っています。
ジャックとは気まずさもあるけれど、友達が深く関わっている事件とあってはローズも見過ごせない。

口が悪いジャックですが、風邪をひきつつ、ふられた相手のローズのために命がけで奮闘とは、けなげ‥?!
これが後々報いられるのかどうか?というあたりも~シリーズのお楽しみのようですね。

[追記]シリーズ3作目と間違えて先にアップしてしまいました! 
飜訳は2年開いてるんですが、どちらもこの秋に立て続けに読んだの。
「クリスマスに死体が二つ」のほうが3冊目。クリスマスでちょうど良かったのになぁ…coldsweats01

「しっかりものの老女の死」

ジェイニー・ボライソー「しっかりものの老女の死」創元推理文庫

コーンウォールの女性画家ローズが主人公のライトミステリ。
シリーズ2作目。
ローズは、未亡人になって5年の~40代半ばの女性。
年よりはだいぶ若く見え、気どらない人柄の良さでも周囲から信頼されています。
1作目で知り合ったジャック・ピアース警部と恋愛関係になりましたが、何かとケンカばかりで、最近はやや距離を置こうとしているという出だし。

ローズと、近所に住む年上のドロシー・ペンジェリーとは、良い友達という以上にぴったり気の合う間柄でした。
ドロシーは古い屋敷で質素に暮らしつつ、実は絵や骨董はいい物を持っていました。
ドロシーの長男は街へ出て勤め、遺産を待ちこがれている嫁グウェンの言うままになって、あまり実家には寄りつかない。
ドロシーの次男マーティンは、やや頭の回転が鈍いのですが、とても気だてのいい青年。
ドロシーが突然亡くなり、薬の過剰摂取で自殺か事故と思われます。

納得のいかないローズは、持ち前の好奇心と、嘆き悲しむマーティンへの親切心から事情を調べ始めるのです。
マーティンは自分のせいだと口走ったので、下手をすると犯人に仕立て上げられかねない。
ドロシーが生前、自分へ何か伝えようとヒントを出していたような気もするのでしたが…?
止めようとするジャックとは、またケンカになってしまいます。

確かにしっかりしたドロシーの個性。
それよりは若く迷いもあるけれど、これからまた画家として花開こうとする、さわやかなローズの生き方、どちらも魅力的です。
コーンウォールの風景も美しく、いきいきと描写され、こんな所に住んでみたいと思わせます。
1998年の作品。

「容疑者たちの事情」

ジェイニー・ボライソー「容疑者たちの事情」創元推理文庫

2004年発行のシリーズ1作目。
近作を読んだら面白くて、これから読み直しました。再読ですが、ご紹介していなかったので。
コーンウォールの女性画家ローズ・トレヴェリアンが主人公の~ライトミステリ。

若く見えるけれど40代半ばのローズは、未亡人。
大学卒業後すぐにコーンウォールに引っ越し、夫になるデイヴィッドと出会いました。
花や風景の絵をグリーティングカードにするために描いて、肖像写真や風景写真も手がけ、暮らしには困らないのですが、もともと好きだった油絵を再開することも考え始めています。

最愛の夫を失って4年。
そろそろ新しい生活を始めようと思った矢先、仕事で知り合った女性ガブリエル・ミルトンにパーティーに招かれます。
いかにも都会的な美女だが、どこか孤独な影のあるガブリエル。
ローズは楽しみに出かけましたが、なんとそのガブリエルが自宅バルコニーから転落死。
半年前に家を買ったばかりで、地元に知り合いの少ないミルトン一家に同情したローズは、力になろうとしますが‥

英国最南西端に突き出た半島コーンウォールの美しい風景、変わりやすい天気、おいしい物など、たくさん地元ならではの描写が出てきます。
荒々しい風景や野の花を描くのにも適しているし、地元の漁師のほとんどと知り合いで、新鮮な魚を届けて貰える暮らし。
ローズの家はリビングから海を見ることの出来る家で、屋根には鳥が巣を作っているとか。いかにも居心地が良さそうです。

コーンウォールは、昔から画家には愛された土地。
イギリスでは南の方で暖かく、人々の気質も南ヨーロッパに通じる所があるのだとか。
そんな地域にいる人々が、個性的で鮮やか。
気のおけないお喋りの出来る親友ローラは、漁師の妻。
心配性だが忠実な友人バリー・ロウもいます。
ミルトン邸の家政婦ドリーンも、相談を持ちかけてきます。
そして、事件の捜査で知り合ったジャック・ピアース警部とは、恋が芽生えそう~!
第一印象では警部のことを死んだ魚のような目などと、あまりよくないようですけどね~最初は反発するってやつでしょうかwink

その他のカテゴリー

bベスト本 | i本屋大賞候補作 | l本屋大賞 | l直木賞 | l芥川賞 | l:日本エッセイスト・クラブ賞 | mf:世界幻想文学大賞 | mf:日本ファンタジーノベル大賞 | m:CWA賞 | m:MWA賞 | m:このミステリーがすごい! | m:アガサ賞 | m:マカヴィティ賞 | name:あさのあつこ | name:万城目学 | name:三上延 | name:三浦しをん | name:上橋菜穂子 | name:上野千鶴子 | name:中島京子 | name:乾くるみ | name:五木寛之 | name:京極夏彦 | name:仁木英之 | name:今野敏 | name:伊坂幸太郎 | name:佐々木譲 | name:佐藤多佳子 | name:佐藤賢一 | name:佐野洋子 | name:勝間和代 | name:北村薫 | name:原田マハ | name:坂木司 | name:大島真寿美 | name:大崎梢 | name:太宰治 | name:姫野カオルコ | name:宇江佐真理 | name:宮下奈都 | name:宮部みゆき | name:小川洋子 | name:小川糸 | name:山之口洋 | name:山崎ナオコーラ | name:山田詠美 | name:島本理生 | name:島田荘司 | name:川上弘美 | name:恩田陸 | name:有川浩 | name:朝井リョウ | name:木内昇 | name:杉本苑子 | name:村上春樹 | name:村上龍 | name:村山早紀 | name:村山由佳 | name:東川篤哉 | name:東野圭吾 | name:松井今朝子 | name:林真理子 | name:柚木麻子 | name:柳広司 | name:栗田有起 | name:桜庭一樹 | name:梨木香歩 | name:森絵都 | name:森見登美彦 | name:森谷明子 | name:横山秀夫 | name:橋本治 | name:池上永一 | name:津村記久子 | name:海原純子 | name:海堂尊 | name:湊かなえ | name:町田康 | name:畠中恵 | name:百田尚樹 | name:矢崎存美 | name:磯崎憲一郎 | name:神田茜 | name:米村圭伍 | name:米澤穂信 | name:綿矢りさ | name:荻原規子 | name:菅野雪虫 | name:葉室麟 | name:角田光代 | name:誉田哲也 | name:貴志祐介 | name:辻村深月 | name:近藤史恵 | name:道尾秀介 | name:長野まゆみ | name:香山リカ | name:高田郁 | oその他の作家 | o海外作家:C.J.ボックス | o海外作家:M.C.ビートン | o海外作家:P.Gウッドハウス. | o海外作家:R.D.ウィングフィールド | o海外作家:S.J.ローザン | o海外作家:アガサ・クリスティ | o海外作家:アラン・ブラッドリー | o海外作家:アリアナ・フランクリン | o海外作家:アリス・マンロー | o海外作家:アレグザンダー・マコール・スミス | o海外作家:アンナ・マクリーン | o海外作家:アン・クリーヴス | o海外作家:アン・タイラー | o海外作家:アン・マキャフリイ | o海外作家:アーシュラ・K・ル=グウィン | o海外作家:アーロン・エルキンズ | o海外作家:エリザベス・ギルバート | o海外作家:エレイン・ヴィエッツ | o海外作家:エレン・カシュナー | o海外作家:カズオ・イシグロ | o海外作家:カミラ・レックバリ | o海外作家:カルロス・ルイス・サフォン | o海外作家:キャロル・オコンネル | o海外作家:キンバリー・ウィリス・ホルト | o海外作家:ギヨーム・ミュッソ | o海外作家:クリストファー・プリースト | o海外作家:クレイグ・ライス | o海外作家:クレオ・コイル | o海外作家:ケイト・キングズバリー | o海外作家:ケイト・モス | o海外作家:ケイト・モートン | o海外作家:ゲイル・キャリガー | o海外作家:コニス・リトル | o海外作家:コニー・ウィリス | o海外作家:コリン・ホルト・ソーヤー | o海外作家:コルネーリア・フンケ | o海外作家:サラ・ウォーターズ | o海外作家:サラ・スチュアート・テイラー | o海外作家:サラ・パレツキー | o海外作家:シャロン・フィファー | o海外作家:シャンナ・スウェンドソン | o海外作家:シャーリィ・ジャクスン | o海外作家:シャーレイン・ハリス | o海外作家:シャーロット・マクラウド | o海外作家:ジェイソン・グッドウィン | o海外作家:ジェイニー・ボライソー | o海外作家:ジェイン・オースティン | o海外作家:ジェフリー・ディーヴァー | o海外作家:ジェフリー・フォード | o海外作家:ジェラルディン・ブルックス | o海外作家:ジャニータ・シェリダン | o海外作家:ジャネット・イヴァノヴィッチ | o海外作家:ジュンパ・ラヒリ | o海外作家:ジョアン・フルーク | o海外作家:ジョナサン・キャロル | o海外作家:ジョン・ハート | o海外作家:ジョージ・R.R.マーティン | o海外作家:ジョー・ウォルトン | o海外作家:ジル・チャーチル | o海外作家:スティーグ・ラーソン | o海外作家:ステファニー・メイヤー | o海外作家:スーザン・プライス | o海外作家:スー・グラフトン | o海外作家:タニス・リー | o海外作家:ダイアナ・ウィン ジョーンズ | o海外作家:ダイアナ・ガバルドン | o海外作家:ダン・ブラウン | o海外作家:ディック・フランシス | o海外作家:デイヴィッド・アーモンド | o海外作家:デニス・ルヘイン | o海外作家:デボラ・クロンビー | o海外作家:トレイシー・シュヴァリエ | o海外作家:トーベ・ヤンソン | o海外作家:ドナ・アンドリューズ | o海外作家:ドナ・ジョー・ナポリ | o海外作家:ドミニク・シルヴァン | o海外作家:ドン・ウィンズロウ | o海外作家:ナンシー・ピカード | o海外作家:ネレ・ノイハウス | o海外作家:ノア・ゴードン | o海外作家:パウロ・コエーリョ | o海外作家:パトリシア・A.マキリップ | o海外作家:ピーター・キャメロン | o海外作家:ピーター・ディキンスン | o海外作家:ピーター・トレメイン | o海外作家:ピーター・ラヴゼイ | o海外作家:フランセス・ファイフィールド | o海外作家:フレッド・ヴァルガス | o海外作家:ヘイリー・リンド | o海外作家:ヘニング・マンケル | o海外作家:ベリンダ・バウアー | o海外作家:ベルンハルト・シュリンク | o海外作家:ポール・ドハティ | o海外作家:マイクル・コナリー | o海外作家:マーガレット・アトウッド | o海外作家:マーセデス・ラッキー | o海外作家:ミネット・ウォルターズ | o海外作家:ミュリエル・バルベリ | o海外作家:メアリ・W.ウォーカー | o海外作家:メグ・ガーディナー | o海外作家:メグ・キャボット | o海外作家:ユッシ・エーズラ・オールスン | o海外作家:リサ・クレイパス | o海外作家:リチャード・ノース・パタースン | o海外作家:リース・ボウエン | o海外作家:ルーシー・モード・モンゴメリ | o海外作家:レジナルド・ヒル | o海外作家:レスリー・メイヤー | o海外作家:レーネ・レヘトライネン | o海外作家:ロイス・マクマスター ビジョルド | o海外作家:ロビン・ホブ | o海外作家:ローズマリ・サトクリフ | o海外作家:ローズマリー・マーティン | o海外作家:ローナ・バレット | o海外作家:ローラ・チャイルズ | o海外作家:ローラ・リップマン | o海外作家:ローリー・キング | o海外作家:ローレンス・ブロック | o海外作家:ヴィヴェカ・ステン | o海外作家:ヴォンダ・N.マッキンタイア | お人形 | お人形着物 | お茶 | アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | コージー | ジェイドール | ジェニー | スイーツ | ドールmomoko | ドール:Misaki | ドール:SD | ドール:シドニー | ドール:ピュアニーモ | ドール:プーリップ | ドール:ユノアクルス・アズライト | バービー | ファッション | ファンタジー | フィギュアスケート | ベスト本 | ミステリ | リカちゃん | ロマンス | 介護 | 健康・ダイエット | 児童書・YA | 動物 | 国内作家:あ行 | 国内作家:か行 | 国内作家:さ行 | 国内作家:た行 | 国内作家:な行 | 国内作家:は行 | 国内作家:ま行 | 国内作家:や行 | 国内作家:ら行 | 国内作家:わ行 | 国内小説 | 家事 | 心と体 | 日記 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 歴史もの | 海外小説 | | 病気体験 | 着物 | 経済・政治・国際 | 絵本 | 舞台・バレエ | | 言葉・歌 | 評論・エッセイ | SF

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック