フォト

おすすめ本

「メッセージ そして、愛が残る」

ギヨーム・ミュッソ「メッセージ そして愛が残る」

映画化されて、日本でも公開されましたね。
7冊の作品がほとんど映画化予定されているというベストセラー作家の、事実上の~デビュー作です。
読んだのは3冊目になりましたが、書かれたのはこれが一番早い。
一貫して生と死を扱っています。

この話が一番、導入はゆったりしているかも。
仕事はやり手だけれど、妻マロリーに去られてしまった主人公の弁護士・ネイサン・デル=アミーコ。
幼い少女マロリーの住む豪邸の~家政婦の息子だった彼。
池で溺れた彼女を助けて一度死にかけ、トンネルの向こうの白い光を見たことがありました。

二人は次第に強く惹かれあい、マロリーは親に反対されても恋を貫きました。
あれほど愛し合った夫婦だったのに、どこで歯車が狂ったのか。
ネイサンは義父ジェフリーに味あわされた屈辱を跳ね返すために成功を求め、敏腕弁護士として認められますが、家族と暮らす時間がほとんど無くなっていきます。
マロリーは、ボランティアに熱中することに。
ネイサンにはそれが、金に困ったことのない人間の余裕に思えるのでした。純粋なマロリーは、関心を示さないネイサンに苛立つようになり、二人の心は離れていきます。

ある日ネイサンは、迫り来る死の前に、後悔しないような行動を取れと勧める「使者」に出会い‥?
反発を覚えながらも、人間的な魅力に引きこまれて、話を聞くようになります。
まず、娘のボニーとの時間を取り戻そうと決意するネイサンですが‥
一枚ずつ秘密の扉を開けるように、人の心が見えてきます。

終末医療に携わる医師ギャレット・グッドリッチが「使者」でもあるのです。
魅力的な謎の人物をマルコヴィッチがやりたがったというのは、理解できますね。

「天国からの案内人」

ギヨーム・ミュッソ「天国からの案内人」

ロマンチックSFとでもいうか~ベストセラー作家の、映画的なスピード感のある小説。
運命の恋に落ちたとき、死すべき運命といかに闘うかというテーマ?

ニューヨ-クで俳優を目指した夢やぶれて、フランスへ帰国しようとしているジュリエット。
冒険心があり、いきいきとした女性です。
一方、1年前に妻に自殺された小児科医サム。
荒れた街で育った幼なじみの妻は、過去の苦しみから脱しきれなかったのでした…

偶然の出会いから、思いがけなく恋に落ちた二人。
しかし、小さな嘘から、すぐに離ればなれになりそうになります。
ところが…
サムの前には、謎めいた女性グレース・コステロが現れ、ジュリエットは飛行機事故で死ぬはずだったので迎えに来たという…
サムが調べると、その女性は10年前に死んだはずの警官だった?

当時の写真が全く出会ったときの姿そのままで、実は生きていて10年たったとも思えない。
グレースのパートナーだったルテッリ巡査が、グレースを愛していたのに告白も出来ないまま死なれて後悔していると話しますが…
グレース自身、死ぬ直前から記憶はなく、ただ使命があることを理解しているだけだという。
頭がおかしい女だと最初は思うサムですが…?

グレースの娘ジョディは、母の死後、一人になってしまい、15になった今では麻薬中毒になっていました。
偶然にジョディに出会うグレース。一瞬の出会いなのですが…
これには意味があるのか?
グレース自身がこの世に戻った理由があるとしたら?
奇想天外だけれど、筆致はリアル。
スリリングな展開で、読ませます。
ロマンスものと言っていいかなあ。
「時空を超えて」よりも軽め。

「時空を超えて」

ギヨーム・ミュッソ「時空を超えて」小学館文庫

30年前に失った女性、ずっと忘れられずにいる彼女にもう一度会うことが出来たら…?
タイムトラベル物で、すごく面白かった!

2006年、カンボジアで、ボランティアの医療活動をしていた~60歳の医師エリオット。
子供を救ったお礼に「望みを叶えよう」と、老人から謎の錠剤を渡されます。
癌で余命幾ばくもないと知り、半信半疑で飲んでみると、30年前にタイムスリップしていました。

この時点では、彼女イレナ・クルスは、まだ生きているのです。
海洋動物専門の獣医で、輝くばかりに美しいイレナ。
結婚を考えてもいい仲なのに、ただエリオットが子供を欲しい気持ちになれないために、二人の間にはヒビが入りかけていました。
一目見ることが出来ればとだけ願ったエリオットでしたが、命を助けられないかと思い始めます。

すぐに時間切れになってしまうようですが、錠剤は10個あるのです。
だが、彼女を救えば、その後の人生も変わってくるかもしれない。
のちに他の女性との間に出来た~20歳になる娘のアンジー。最愛の彼女を失うわけにはいかないのです。
30年前の自分に接触するエリオット。
当然すぐには信じない若いエリオットですが、イレナの命が自分のために失われると知り、それを避けようと‥

イレナを救うための行動で、陽気な親友のマットとの間柄も、変わってくることに。
60歳まで親しく付き合ったはずなのに?
30年後に戻ったエリオットは、起きている変化に愕然としますが‥

若い方のというか過去のエリオットが、未来のエリオットに連絡を取ろうと仕掛けてきたり、この時とばかりマットが動いたり、予想外の反応が面白い。
リズミカルにいきいきと描かれていて、ノンストップで読んでしまいました。
苦しみも多い展開ですが、救いのある結末が鮮やか。

作者は、1974年、フランス生まれ。
19歳でアメリカ旅行をしたときから、構想があったとか。
2004年からヒットを飛ばし続けているベストセラー作家です。

その他のカテゴリー

bベスト本 | i本屋大賞候補作 | l本屋大賞 | l直木賞 | l芥川賞 | l:日本エッセイスト・クラブ賞 | mf:世界幻想文学大賞 | mf:日本ファンタジーノベル大賞 | m:CWA賞 | m:MWA賞 | m:このミステリーがすごい! | m:アガサ賞 | m:マカヴィティ賞 | name:あさのあつこ | name:万城目学 | name:三上延 | name:三浦しをん | name:上橋菜穂子 | name:上野千鶴子 | name:中島京子 | name:乾くるみ | name:五木寛之 | name:京極夏彦 | name:仁木英之 | name:今野敏 | name:伊坂幸太郎 | name:佐々木譲 | name:佐藤多佳子 | name:佐藤賢一 | name:佐野洋子 | name:勝間和代 | name:北村薫 | name:原田マハ | name:坂木司 | name:大島真寿美 | name:大崎梢 | name:太宰治 | name:姫野カオルコ | name:宇江佐真理 | name:宮下奈都 | name:宮部みゆき | name:小川洋子 | name:小川糸 | name:山之口洋 | name:山崎ナオコーラ | name:山田詠美 | name:島本理生 | name:島田荘司 | name:川上弘美 | name:恩田陸 | name:有川浩 | name:朝井リョウ | name:木内昇 | name:杉本苑子 | name:村上春樹 | name:村上龍 | name:村山早紀 | name:村山由佳 | name:東川篤哉 | name:東野圭吾 | name:松井今朝子 | name:林真理子 | name:柚木麻子 | name:柳広司 | name:栗田有起 | name:桜庭一樹 | name:梨木香歩 | name:森絵都 | name:森見登美彦 | name:森谷明子 | name:横山秀夫 | name:橋本治 | name:池上永一 | name:津村記久子 | name:海原純子 | name:海堂尊 | name:湊かなえ | name:町田康 | name:畠中恵 | name:百田尚樹 | name:矢崎存美 | name:磯崎憲一郎 | name:神田茜 | name:米村圭伍 | name:米澤穂信 | name:綿矢りさ | name:荻原規子 | name:菅野雪虫 | name:葉室麟 | name:角田光代 | name:誉田哲也 | name:貴志祐介 | name:辻村深月 | name:近藤史恵 | name:道尾秀介 | name:長野まゆみ | name:香山リカ | name:高田郁 | oその他の作家 | o海外作家:C.J.ボックス | o海外作家:M.C.ビートン | o海外作家:P.Gウッドハウス. | o海外作家:R.D.ウィングフィールド | o海外作家:S.J.ローザン | o海外作家:アガサ・クリスティ | o海外作家:アラン・ブラッドリー | o海外作家:アリアナ・フランクリン | o海外作家:アリス・マンロー | o海外作家:アレグザンダー・マコール・スミス | o海外作家:アンナ・マクリーン | o海外作家:アン・クリーヴス | o海外作家:アン・タイラー | o海外作家:アン・マキャフリイ | o海外作家:アーシュラ・K・ル=グウィン | o海外作家:アーロン・エルキンズ | o海外作家:エリザベス・ギルバート | o海外作家:エレイン・ヴィエッツ | o海外作家:エレン・カシュナー | o海外作家:カズオ・イシグロ | o海外作家:カミラ・レックバリ | o海外作家:カルロス・ルイス・サフォン | o海外作家:キャロル・オコンネル | o海外作家:キンバリー・ウィリス・ホルト | o海外作家:ギヨーム・ミュッソ | o海外作家:クリストファー・プリースト | o海外作家:クレイグ・ライス | o海外作家:クレオ・コイル | o海外作家:ケイト・キングズバリー | o海外作家:ケイト・モス | o海外作家:ケイト・モートン | o海外作家:ゲイル・キャリガー | o海外作家:コニス・リトル | o海外作家:コニー・ウィリス | o海外作家:コリン・ホルト・ソーヤー | o海外作家:コルネーリア・フンケ | o海外作家:サラ・ウォーターズ | o海外作家:サラ・スチュアート・テイラー | o海外作家:サラ・パレツキー | o海外作家:シャロン・フィファー | o海外作家:シャンナ・スウェンドソン | o海外作家:シャーリィ・ジャクスン | o海外作家:シャーレイン・ハリス | o海外作家:シャーロット・マクラウド | o海外作家:ジェイソン・グッドウィン | o海外作家:ジェイニー・ボライソー | o海外作家:ジェイン・オースティン | o海外作家:ジェフリー・ディーヴァー | o海外作家:ジェフリー・フォード | o海外作家:ジェラルディン・ブルックス | o海外作家:ジャニータ・シェリダン | o海外作家:ジャネット・イヴァノヴィッチ | o海外作家:ジュンパ・ラヒリ | o海外作家:ジョアン・フルーク | o海外作家:ジョナサン・キャロル | o海外作家:ジョン・ハート | o海外作家:ジョージ・R.R.マーティン | o海外作家:ジョー・ウォルトン | o海外作家:ジル・チャーチル | o海外作家:スティーグ・ラーソン | o海外作家:ステファニー・メイヤー | o海外作家:スーザン・プライス | o海外作家:スー・グラフトン | o海外作家:タニス・リー | o海外作家:ダイアナ・ウィン ジョーンズ | o海外作家:ダイアナ・ガバルドン | o海外作家:ダン・ブラウン | o海外作家:ディック・フランシス | o海外作家:デイヴィッド・アーモンド | o海外作家:デニス・ルヘイン | o海外作家:デボラ・クロンビー | o海外作家:トレイシー・シュヴァリエ | o海外作家:トーベ・ヤンソン | o海外作家:ドナ・アンドリューズ | o海外作家:ドナ・ジョー・ナポリ | o海外作家:ドミニク・シルヴァン | o海外作家:ドン・ウィンズロウ | o海外作家:ナンシー・ピカード | o海外作家:ネレ・ノイハウス | o海外作家:ノア・ゴードン | o海外作家:パウロ・コエーリョ | o海外作家:パトリシア・A.マキリップ | o海外作家:ピーター・キャメロン | o海外作家:ピーター・ディキンスン | o海外作家:ピーター・トレメイン | o海外作家:ピーター・ラヴゼイ | o海外作家:フランセス・ファイフィールド | o海外作家:フレッド・ヴァルガス | o海外作家:ヘイリー・リンド | o海外作家:ヘニング・マンケル | o海外作家:ベリンダ・バウアー | o海外作家:ベルンハルト・シュリンク | o海外作家:ポール・ドハティ | o海外作家:マイクル・コナリー | o海外作家:マーガレット・アトウッド | o海外作家:マーセデス・ラッキー | o海外作家:ミネット・ウォルターズ | o海外作家:ミュリエル・バルベリ | o海外作家:メアリ・W.ウォーカー | o海外作家:メグ・ガーディナー | o海外作家:メグ・キャボット | o海外作家:ユッシ・エーズラ・オールスン | o海外作家:リサ・クレイパス | o海外作家:リチャード・ノース・パタースン | o海外作家:リース・ボウエン | o海外作家:ルーシー・モード・モンゴメリ | o海外作家:レジナルド・ヒル | o海外作家:レスリー・メイヤー | o海外作家:レーネ・レヘトライネン | o海外作家:ロイス・マクマスター ビジョルド | o海外作家:ロビン・ホブ | o海外作家:ローズマリ・サトクリフ | o海外作家:ローズマリー・マーティン | o海外作家:ローナ・バレット | o海外作家:ローラ・チャイルズ | o海外作家:ローラ・リップマン | o海外作家:ローリー・キング | o海外作家:ローレンス・ブロック | o海外作家:ヴィヴェカ・ステン | o海外作家:ヴォンダ・N.マッキンタイア | お人形 | お人形着物 | お茶 | アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | コージー | ジェイドール | ジェニー | スイーツ | ドールmomoko | ドール:Misaki | ドール:SD | ドール:シドニー | ドール:ピュアニーモ | ドール:プーリップ | ドール:ユノアクルス・アズライト | バービー | ファッション | ファンタジー | フィギュアスケート | ベスト本 | ミステリ | リカちゃん | ロマンス | 介護 | 健康・ダイエット | 児童書・YA | 動物 | 国内作家:あ行 | 国内作家:か行 | 国内作家:さ行 | 国内作家:た行 | 国内作家:な行 | 国内作家:は行 | 国内作家:ま行 | 国内作家:や行 | 国内作家:ら行 | 国内作家:わ行 | 国内小説 | 家事 | 心と体 | 日記 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 歴史もの | 海外小説 | | 病気体験 | 着物 | 経済・政治・国際 | 絵本 | 舞台・バレエ | | 言葉・歌 | 評論・エッセイ | SF

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック