「黄金の狩人」

ロビン・ホブ「黄金の狩人」創元推理文庫

ファーシーアの一族3部作の続編。
王家の庶子という生まれのフィッツも、30代半ばになっています。
トム・バジャロックと名乗り、田舎の農場で静かに隠遁生活を送っていました。
狼のナイトアイズのことはよく狼に間違えられるが飼い犬と説明しています。
が…恩師シェイドが訪ねてきて?

六公国を襲った外島人の「赤い船団」が撃退されて、15年。
国王ヴェリティが世を去った後、王妃が一粒種の王子を育てながら、六公国を統治していました。
ヴェリティの兄の庶子であるフィッツは、陰の存在としてシェイドに教育され、時には暗殺者として働いた過去が。
シェイドは今や王妃ケトリッケンの顧問として、表に出ている立場。
王子デューティフルの教育をフィッツに依頼に来ます。

しかし、フィッツは表向きは処刑されているのです。<気>をあやつった咎で。
この15年の間に、<気>はいちだんと疎まれ、リンチで八つ裂きにされるという事件さえ起きていました。
動物と絆を結ぶことは、一歩間違えば獣同然になってしまう可能性もあったのです。
フィッツは狼のナイトアイズと絆を結び、時には共に狩りをし、共感する部分を持っています。

そんなとき、かって王の道化だった不思議な人物が訪ねてきます。
白の道化と知られていたのですが、なぜか肌の色が濃くなり髪も金髪に。
異国の貴族ゴールデン卿と名を変えて、華やかな宮廷人となっていました。
ゴールデン卿の従僕兼用心棒としてバックキープ城に戻ることにしたフィッツ。
ゴールデン卿とフィッツの友情も楽しい。

デューティフル王子には、仇敵と和平を結ぶための婚約が持ち上がっていました。ところが王子が行方不明になってしまったという。
誘拐か、家出か?
婚約までに戻らなければ、和平も破綻する‥
ゴールデン卿とフィッツは怪しいと思われる貴族の領地を訪ねますが‥?!

フィッツは行方不明の王子を追って、山を行くことに。
王子は<気>を持つ古き血族の狩猟猫に取り込まれ、反乱の徒パイボルドに利用されている様子。
王家ファーシーア一族は遠視能力で国を守ってきましたが、古き血族の<気>とは全く別ものとされていました。
実際にはこの世界の超能力のたぐいは皆どこかで繋がっていた物なのだろうが、記録も不完全で、すべてを知る者はもはやいない。

意識を絡め取られている王子に説明する暇もなく、強引に奪い返すフィッツ。
王子は当然ながら、見も知らぬ従僕に過ぎないフィッツの無礼な態度に反発しますが…
次第に心を開いていくのですね。

半端でない危機を通り抜け、哀しみと衝撃をこらえつつ、いずれは前に進もうと思い定める人々。
バックキープの都に住む<俗>のまじない師の女性ジンナも、孤独がちなフィッツの良き理解者になりそう。
面白かったです。

「真実の帰還」

ロビン・ホブ「真実(ヴェリティ)の帰還」創元推理文庫

ファーシーアの一族・3部作の最終作(上下巻)です。
2作目「帝王(リーガル)の陰謀」後半の急展開の意味が今一つ納得いかないまま、どう結末をつけるのか!?手に汗を握る感じでした。
それが…… おお~なるほどね!

六公国を統べてきた王には3人の王子があり、長男はシヴァルリ、次男がヴェリティ、三男がリーガル。
跡を継ぐべく育てられた長男のシヴァルリ(騎士という意味)は高潔で統率力がありましたが、結婚に関してだけは期待を裏切って政略的に意義のない恋愛結婚で風変わりなペイシェンスを妃としました。
結婚前に庶子がいたことが発覚した時、跡継ぎ争いにならないよう、王位継承権を放棄して田舎に隠棲、子供は厩舎長のブリッチにゆだねます。

主人公はこの子供フィッツ(庶子という意味)。
母方の祖父に城に連れて行かれ、一人残される所から物語は始まりました。
おそらくは母に捨てられたという思いから、それ以前の記憶を失っているフィッツ。
実父には一度も会うことすらなく、中途半端な立場で孤独を抱えたまま育った少年が何度となく危機に晒されて、思い詰めて無謀な行動に走る若者になっていきます。
が、しだいに周りの人の深い思いに気づいていくあたりは、非常に良く描かれている作品です。

王の次男ヴェリティ(真実)はシヴァルリの補佐となるべく育てられた誠実な人で、一族に伝わる遠視能力を駆使して、海賊と闘っていました。不気味な海賊「赤い船団」は沿岸の村を襲い、捕虜にした村人の心を破壊して返すという異様な手口を使い、公国を荒廃に追い込むのです。
赤い船団と決着をつけるためにヴェリティが伝説の「旧きもの」を探索しに赴いたまま消息を絶ったのをいいことに、三男のリーガルが王位を簒奪、都を内陸へ移すことに。
フィッツはリーガルの拷問で命を落としかけ、ブリッチらの奇策で辛くも生き返ったものの、もはや公然と生きる道は閉ざされていました。
リーガルへの復讐のために正体を隠しながら単身、内陸へ向かうフィッツ。
この旅の途中の有様や出会う人々などの描写も面白いです。

孤独な旅の間も、「気」で結ばれたかけがえのない相棒の狼ダークアイズはもちろん、大活躍。
山の王国で変貌を遂げた王の道化との再会もあり、友情が深まります。
上巻の表紙の美形はこの道化でしょう。
禁忌とされながらも今に伝わる「気」で繋がる人々や謎の「旧きもの」の存在もしだいに明らかに…!
(このあたりは大きいのですが、ネタばれしたくないので伏せておきます)
リーガルの魔手を逃れて夫を探すヴェリティの妃ケトリッケンや、捨てられた城を守るペイシェンス、たくましく生き延びるモリー、吟遊詩人として名をなそうとするスターリングなど、女性達が皆りりしく生き生きとしていて、魅力的です。

毎回暗い出だしなんですが、そこでめげないで読んで下さい(@@;
フィッツがよほど老いてからの回想かと思えるのですが~違うんです!
独特な重厚感とスリル溢れるリアリティはなかなかのもの。
3作全体の相乗効果というか、この世界の濃さにどっぷり漬かっていた頭がまだぼーっとしております。
あちらでは15年後の続編が出ているとのこと!早く読みたいものです~。

「帝王の陰謀」

ロビン・ホブ「帝王(リーガル)の陰謀」(上・下)創元推理文庫

「騎士(シヴァルリ)の息子」に続くファーシーアの一族の二作目です。
六公国が未曾有の危機に襲われる中、大人の世界に足を踏み入れていく少年フィッツの物語。
波瀾万丈です~。
無邪気な犬たちに代わって狼の子ダークアイズも登場、良き相棒となり、不良少年のミ・アミーゴといった雰囲気。

シュルード王は高齢で病み衰え、第一王子シヴァルリは庶子のフィッツを残して既に亡くなっています。
世継ぎとなって実質的に政務を執る第二王子ヴェリティは遠視能力を使って赤い船団と戦い続け、すっかり疲弊している状態。

フィッツは前作の終わりで、叔父のヴェリティの婚約をまとめるために赴いた山の部族の土地で、第三王子リーガルのたくらみを退ける大活躍をしたものの毒に倒れ、療養しています。
リーガルは美貌で口が上手く、上の二人とは違う母親の扇動もあって誇り高く、王位を狙い、フィッツを敵視して命をも狙っていました。

幼馴染みのモリーの危機を救おうと病んだ身体で帰国したフィッツは、思いがけなくモリーが城に来て雇われていることを知ります。
庶子とはいえ王族のフィッツの結婚はままにならず、恋に落ちた二人は苦しむことに…
宮廷で浮いていたヴェリティの妃ケトリッケンに協力するようになったフィッツ。このケトリッケンがカッコいいんですよ~。
予言めいた言葉を吐く王の道化など、脇役もなかなか魅力的。
両親に捨てられたも同然で、人の愛を信じ切ることの出来なかったフィッツですが、最初から肉親として自然な情を傾けてくれた唯一の存在であるヴェリティがフィッツの仕える真の王となり、絆を深めていきます。

とはいえ、公国の運命は凄くなるばかり、旧き者の探索へ旅だったヴェリティは雪の中で消息を絶ち、生存を信じる者はごく僅か。リーガルが権勢を伸ばします。
フィッツは絶体絶命の危機を土壇場で脱しますが…
最終巻は一体どうなるのやら~はらはらです!

「騎士の息子」

ロビン・ホブ「騎士(シヴァルリ)の息子」上・下(創元推理文庫)

ファーシーアの一族3部作の第一作。
中世風の異世界ファンタジー。
「技」という遠視能力を持つ一族が治める国で、王子の庶子として城に引き取られた主人公の一人称による回想で、少年時代が描かれます。
あまりにストレートな題で、ありがちな話かな?とすぐ手が出ませんでしたが~描写は丁寧で読みごたえのある作品です。

名前はその人の資質を示すと考えられている国で、シュルード(賢明)という名の王のもと、第一王子シヴァルリの庶子として城に引き取られた主人公は正式な名前もないままフィッツ(庶子)と呼ばれ、厩舎で暮らし始めます。
実の父のシヴァルリはフィッツの登場で高潔なイメージが損なわれたため即座に王位継承を放棄して妃と共に地方に隠棲してしまい、フィッツに会うことすらなかったという哀しい境遇。
シヴァルリの旧臣で無骨な厩番のブリッチに育てられ、やがて王家の影の存在として訓練を受けるようになります。
そうなると意外な有能さを示し始め、厳しい訓練に耐えて波乱の人生をたどります。
苦労が多いのでこっちもハラハラし通しですが、その分、報われることもあり…
いや~面白いですよ!

フィッツには動物と共感する能力があるのですが、これは「技」とは似て非なる邪道としてブリッチには激しく疎まれ、幼い頃の唯一の友達だった愛犬とも引き裂かれます。
けれども、犬たちは常にけなげで暖かく、最後までほろりとさせられます。

原著発行は95年。
3人の王子の個性や異様な外敵の存在など、マーティンの「氷と炎の歌」と似た構図が時々あるのですが~まあファンタジーとしては古典的な枠組みかな…違いを見るのも興味深いです。
原題は「暗殺者の弟子」という意味で、これもストレートですね。

その他のカテゴリー

bベスト本 | i本屋大賞候補作 | l本屋大賞 | l直木賞 | l芥川賞 | l:日本エッセイスト・クラブ賞 | mf:世界幻想文学大賞 | mf:日本ファンタジーノベル大賞 | m:CWA賞 | m:MWA賞 | m:このミステリーがすごい! | m:アガサ賞 | m:マカヴィティ賞 | name:あさのあつこ | name:万城目学 | name:三上延 | name:三浦しをん | name:上橋菜穂子 | name:上野千鶴子 | name:中島京子 | name:乾くるみ | name:五木寛之 | name:京極夏彦 | name:仁木英之 | name:今野敏 | name:伊坂幸太郎 | name:佐々木譲 | name:佐藤多佳子 | name:佐藤賢一 | name:佐野洋子 | name:勝間和代 | name:北村薫 | name:原田マハ | name:坂木司 | name:大島真寿美 | name:大崎梢 | name:太宰治 | name:姫野カオルコ | name:宇江佐真理 | name:宮下奈都 | name:宮部みゆき | name:小川洋子 | name:小川糸 | name:山之口洋 | name:山崎ナオコーラ | name:山田詠美 | name:島本理生 | name:島田荘司 | name:川上弘美 | name:恩田陸 | name:有川浩 | name:朝井リョウ | name:木内昇 | name:杉本苑子 | name:村上春樹 | name:村上龍 | name:村山早紀 | name:村山由佳 | name:東川篤哉 | name:東野圭吾 | name:松井今朝子 | name:林真理子 | name:柚木麻子 | name:柳広司 | name:栗田有起 | name:桜庭一樹 | name:梨木香歩 | name:森絵都 | name:森見登美彦 | name:森谷明子 | name:横山秀夫 | name:橋本治 | name:池上永一 | name:津村記久子 | name:海原純子 | name:海堂尊 | name:湊かなえ | name:町田康 | name:畠中恵 | name:百田尚樹 | name:矢崎存美 | name:磯崎憲一郎 | name:神田茜 | name:米村圭伍 | name:米澤穂信 | name:綿矢りさ | name:荻原規子 | name:菅野雪虫 | name:葉室麟 | name:角田光代 | name:誉田哲也 | name:貴志祐介 | name:辻村深月 | name:近藤史恵 | name:道尾秀介 | name:長野まゆみ | name:香山リカ | name:高田郁 | oその他の作家 | o海外作家:C.J.ボックス | o海外作家:M.C.ビートン | o海外作家:P.Gウッドハウス. | o海外作家:R.D.ウィングフィールド | o海外作家:S.J.ローザン | o海外作家:アガサ・クリスティ | o海外作家:アラン・ブラッドリー | o海外作家:アリアナ・フランクリン | o海外作家:アリス・マンロー | o海外作家:アレグザンダー・マコール・スミス | o海外作家:アンナ・マクリーン | o海外作家:アン・クリーヴス | o海外作家:アン・タイラー | o海外作家:アン・マキャフリイ | o海外作家:アーシュラ・K・ル=グウィン | o海外作家:アーロン・エルキンズ | o海外作家:エリザベス・ギルバート | o海外作家:エレイン・ヴィエッツ | o海外作家:エレン・カシュナー | o海外作家:カズオ・イシグロ | o海外作家:カミラ・レックバリ | o海外作家:カルロス・ルイス・サフォン | o海外作家:キャロル・オコンネル | o海外作家:キンバリー・ウィリス・ホルト | o海外作家:ギヨーム・ミュッソ | o海外作家:クリストファー・プリースト | o海外作家:クレイグ・ライス | o海外作家:クレオ・コイル | o海外作家:ケイト・キングズバリー | o海外作家:ケイト・モス | o海外作家:ケイト・モートン | o海外作家:ゲイル・キャリガー | o海外作家:コニス・リトル | o海外作家:コニー・ウィリス | o海外作家:コリン・ホルト・ソーヤー | o海外作家:コルネーリア・フンケ | o海外作家:サラ・ウォーターズ | o海外作家:サラ・スチュアート・テイラー | o海外作家:サラ・パレツキー | o海外作家:シャロン・フィファー | o海外作家:シャンナ・スウェンドソン | o海外作家:シャーリィ・ジャクスン | o海外作家:シャーレイン・ハリス | o海外作家:シャーロット・マクラウド | o海外作家:ジェイソン・グッドウィン | o海外作家:ジェイニー・ボライソー | o海外作家:ジェイン・オースティン | o海外作家:ジェフリー・ディーヴァー | o海外作家:ジェフリー・フォード | o海外作家:ジェラルディン・ブルックス | o海外作家:ジャニータ・シェリダン | o海外作家:ジャネット・イヴァノヴィッチ | o海外作家:ジュンパ・ラヒリ | o海外作家:ジョアン・フルーク | o海外作家:ジョナサン・キャロル | o海外作家:ジョン・ハート | o海外作家:ジョージ・R.R.マーティン | o海外作家:ジョー・ウォルトン | o海外作家:ジル・チャーチル | o海外作家:スティーグ・ラーソン | o海外作家:ステファニー・メイヤー | o海外作家:スーザン・プライス | o海外作家:スー・グラフトン | o海外作家:タニス・リー | o海外作家:ダイアナ・ウィン ジョーンズ | o海外作家:ダイアナ・ガバルドン | o海外作家:ダン・ブラウン | o海外作家:ディック・フランシス | o海外作家:デイヴィッド・アーモンド | o海外作家:デニス・ルヘイン | o海外作家:デボラ・クロンビー | o海外作家:トレイシー・シュヴァリエ | o海外作家:トーベ・ヤンソン | o海外作家:ドナ・アンドリューズ | o海外作家:ドナ・ジョー・ナポリ | o海外作家:ドミニク・シルヴァン | o海外作家:ドン・ウィンズロウ | o海外作家:ナンシー・ピカード | o海外作家:ネレ・ノイハウス | o海外作家:ノア・ゴードン | o海外作家:パウロ・コエーリョ | o海外作家:パトリシア・A.マキリップ | o海外作家:ピーター・キャメロン | o海外作家:ピーター・ディキンスン | o海外作家:ピーター・トレメイン | o海外作家:ピーター・ラヴゼイ | o海外作家:フランセス・ファイフィールド | o海外作家:フレッド・ヴァルガス | o海外作家:ヘイリー・リンド | o海外作家:ヘニング・マンケル | o海外作家:ベリンダ・バウアー | o海外作家:ベルンハルト・シュリンク | o海外作家:ポール・ドハティ | o海外作家:マイクル・コナリー | o海外作家:マーガレット・アトウッド | o海外作家:マーセデス・ラッキー | o海外作家:ミネット・ウォルターズ | o海外作家:ミュリエル・バルベリ | o海外作家:メアリ・W.ウォーカー | o海外作家:メグ・ガーディナー | o海外作家:メグ・キャボット | o海外作家:ユッシ・エーズラ・オールスン | o海外作家:リサ・クレイパス | o海外作家:リチャード・ノース・パタースン | o海外作家:リース・ボウエン | o海外作家:ルーシー・モード・モンゴメリ | o海外作家:レジナルド・ヒル | o海外作家:レスリー・メイヤー | o海外作家:レーネ・レヘトライネン | o海外作家:ロイス・マクマスター ビジョルド | o海外作家:ロビン・ホブ | o海外作家:ローズマリ・サトクリフ | o海外作家:ローズマリー・マーティン | o海外作家:ローナ・バレット | o海外作家:ローラ・チャイルズ | o海外作家:ローラ・リップマン | o海外作家:ローリー・キング | o海外作家:ローレンス・ブロック | o海外作家:ヴィヴェカ・ステン | o海外作家:ヴォンダ・N.マッキンタイア | お人形 | お人形着物 | お茶 | アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | コージー | ジェイドール | ジェニー | スイーツ | ドールmomoko | ドール:Misaki | ドール:SD | ドール:シドニー | ドール:ピュアニーモ | ドール:プーリップ | ドール:ユノアクルス・アズライト | バービー | ファッション | ファンタジー | フィギュアスケート | ベスト本 | ミステリ | リカちゃん | ロマンス | 介護 | 健康・ダイエット | 児童書・YA | 動物 | 国内作家:あ行 | 国内作家:か行 | 国内作家:さ行 | 国内作家:た行 | 国内作家:な行 | 国内作家:は行 | 国内作家:ま行 | 国内作家:や行 | 国内作家:ら行 | 国内作家:わ行 | 国内小説 | 家事 | 心と体 | 日記 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 歴史もの | 海外小説 | | 病気体験 | 着物 | 経済・政治・国際 | 絵本 | 舞台・バレエ | | 言葉・歌 | 評論・エッセイ | SF