フォト

おすすめ本

「勝手に来やがれ」

ジャネット・イヴァノヴィッチ「勝手に来やがれ」集英社文庫

「お騒がせなクリスマス」に続く作品。
ステファニー・プラムもの番外編の、第二弾。
第三の男登場?という~こんな手まで出してくるとは。
大柄で金髪のディーゼルは見た目はいいんですが、超能力があるらしく、とんでもない面を持った人物。
セクシーではあるものの、今のところは~モレリやレンジャーのようには惹かれていない様子。

ステフが仕事のためにというか、保釈逃亡者のためにというか、ディーゼルと共に、なぜか他人の縁結びに精出す羽目になるという~ほのぼのユーモア編。
時あたかもバレンタインの時期。
あちらでは別に、女性が告白するわけではないんですよね。
恋の季節には違いないらしく~思いがけないカップル誕生は、楽しく読めます。

ステフの姉の結婚が、番外編で縁結びのついでに出来ちゃうとは。
姉の結婚をお膳立てするために、仮にディーゼルとステフが結婚する振りをするという手に。
これには、いつもは呑気なお父さんが、モレリもレンジャーもいないのを見回して、こいつだけはダメだと銃を持ち出そうとするのが笑えます。

本命モレリが出てこないのは、ある意味、お約束?
犬のボブは、モレリの留守中ということで預かっているので、一緒です。

「モーターマウスにご用心」

ジャネット・イヴァノヴィッチ「モーターマウスにご用心」ソフトバンク文庫

バーニーのシリーズ、2作目。
バーニーことアレグザンドラ・バーナビーはメカに強く、レーサーを目指したこともある女性。
1作目ではお堅い会社員でしたが、弟が巻き込まれた事件を追ううちに出社できないまま、クビに。
2作目の今では、レースのスポッター兼エンジニア。
レーサーのサム・フッカーの担当なのです。

サムとは1作目でロマンスが始まったのですが、フッカーが酔って浮気した所を報道されて以来、冷戦状態という出だし。
彼とは終わったというバーニーですが…?

スポッター仲間の気のいいゴブルズが、ウェボ・モータースポーツ社への疑惑を言い始めたかと思ったら、そのトップのオスカー・ウェボの死体が、なぜかフッカーのもとへ。
死体を移動して隠したりするうちに騒動は広がり、指名手配されつつ、真相を究明することになります。

逃走中にもサインを頼まれては、しっかりサインする人気者のフッカー。
追ってきたギャングをコーラ6缶で殴り倒す元気のいいバーニー。
フッカーと知り合う前にはこんな人間じゃなかったという~バーニーですが?

オスカーの未亡人で見るからにきつそうというブロンドのスザンヌも登場。
人工的な美人だけど、たくましくて、結構バーニーと気が合い、面白いキャラ。

サムが飼い始めたセント・バーナードのビーンズも大活躍。ここはステファニー物と近いかも。
ステファニーよりもややヒロインが若く、特技有りのしっかりお姉ちゃん。
舞台がフロリダのせいか、なんとなく大らかなムードが漂います。
本来は犯罪とはなんの関係もないはずの二人なのに、犯罪がついてくる?
というお笑い&ロマンス。

「あたしはメトロガール」

ジャネット・イヴァノヴィッチ「あたしはメトロガール」ソフトバンククリエイティブ

イヴァノヴィッチの新シリーズ1作目。
ヒロインのバーニーは、ボルチモアで育った30歳。
仕事は真面目な保険会社主任ですが、もともと父親の整備工場で仕込まれたので、メカに強く特にエンジンが大好き、レース出場の経験もあるという。
身長体重は標準、ピンクのミニスカートの似合う長い脚をしているそうで、健康美人かな。
意外な一面?婚約歴3回!と途中で弟に暴露されたり。

困った弟ビルからの電話で、救援のためにマイアミに駆けつけます。
思慮深い姉で通ってきたのは、この弟との比較から。
ワイルド・ビル(というあだ名)はいつも笑顔で気はいいが、いささか単細胞で困った羽目にはまりがち。

港で、ストックカー・レースのレーサーで、ハンサムなサム・フッカーに出会います!
ストックカーとは特注車ではない市販車の意味で、中身が市販部品で改造されていて、スピードは出るそう。
弟のビルは、このフッカーの豪華ヨットの船長で、勝手に運転して行方をくらませたとわかるのでした。

葉巻工場に勤めていた若いキューバ美女マリアが行方知れずになっていて、彼女を追う強面の男達も登場。
バーニーは、セレブでモテモテのフッカーに口説かれつつ惹かれつつ距離を置きつつ、珍道中を繰り広げることに。
捜査途中で知り合った強気のおばちゃんとおばあちゃんが出てきたり、ステファニーのシリーズとかなり共通性もありますが、どことなく初々しく?笑いとロマンス度が高め。
事件の後半はキューバを巡る陰謀で、かなり大がかり。

メトロガールとは、メトロセクシャルという都会のカッコイイ男性を指す言葉から来た造語で、男前な女っていう雰囲気なのだとか。
メカに強いのがカッコイイ。
毎度カーチェイスが出てくる話みたいですね。
2004年の作品。

「あたしの手元は10000ボルト」

ジャネット・イヴァノヴィッチ「あたしの手元は10000万ボルト」集英社文庫

ステファニー・プラムもの、快調です。
なぜか逃亡犯が増え、事務所ではバウンティハンターの新人を募集することになります。
面接に来るいかれた面々が、おかしい。
いつも協力してくれていた凄腕のレンジャーが、自分の仕事に忙しいためもあったのですが…

ところが、そのレンジャーが、若い頃に離婚した妻の元にいる10歳の娘を誘拐したかどで追われることに。
そういう子があるとは知っていたものの、誘拐とはあまりにもレンジャーらしくない?
連絡を取れないまま、レンジャーを助けようと、事情を探るステフ。
なぜか、ステフ自身が何者かにつけねらわれる羽目に…?

相棒ルーラも、めざましい存在感あります。
ストレスを抱えた女性逃亡犯(犯罪といっても夫婦げんか)を甘い物の店に連れて行き、うっとりさせる場面も笑えます。
ただ、そのままだと太っていくという問題が…?
美味しい食べ物がたくさん出てくる話だけど、ステファニーのお母さんが作る家庭料理なら身体にも良さそう。
レンジャーの方は身体を鍛えているので、ストイックなまでに健康的な食生活。せめてデザートをつけてくれないと耐えられない~と注文をつけるステフでした。

モレリとは悪くない関係なのに、レンジャーとも完全には切れない?
ミステリというよりはどたばた、スリルありのロマンス物って感じだけど~
ロマンスなら理想的な相手とおさまって終わりなのにそうならず、まだまだ続く?
シリーズ12作目。2006年の作品。
集英社に変わってからは3冊目。2009年3月発行。

「バスルームから気合いを込めて」

ジャネット・イヴァノヴィッチ「バスルームから気合いを込めて」集英社文庫

シリーズ11作目。
集英社文庫に変わって2冊目。
ステファニーがバウンティハンターの仕事で、保釈されて逃亡中の犯罪人を追いかけてゴミまみれになり、仕事を辞める決意をするのが発端。
バイトを転々とする顛末が、大いに笑えます。

恋人モレリとはいつものけんか?で同棲を中止しているステファニー。
妙な脅迫状が舞い込み、強気を装いつつも、だんだんと不安に。
結局、凄腕の危険な男レンジャーのもとでバイトをすることになり、それがまた微妙な緊張を生むわけです。

盛大に計画されている姉の結婚式も迫り来る中、花嫁も花婿も緊張しすぎてマリッジブルー。
もとは美人で優等生だったこの姉ですが、離婚してからは乱調気味で、今や花嫁衣装が似合わないほど~ふくらんじゃってるんだそうで。

家庭内の騒動をまじえながら、にぎやかに展開。
ミステリ色は薄いのかなと思っていると、おおっと…
全体として、楽しく読み終えられます。

「カスに向かって撃て」

ジャネット・イヴァノヴィッチ「カスに向かって撃て」集英社

表紙の感じが変わったと思ったら、今度から集英社文庫になったんですね。
ステファニー・プラムのシリーズ10作目で、いつものメンバーが再会。
ミステリとしてはそれほど大がかりな謎解きはなく、変わった場所での事件でもないけれど。
嵐を呼ぶ女?ステファニーらしく、のっけから地元のギャング団との危険な遭遇、命を狙われます。
ステファニーの命を心配して閉じこめておきたがる恋人のジョー・モレリとは大げんかに。
[すぐ読むつもりの方は、以下は読む必要ないかも~?]

例によって、あっという間に車が大破、レンジャーに借りた車で走るうちに、留守をしているレンジャーの住まいの一つに隠れ住むことに。
凄腕の危険な男レンジャーの秘密をこっそり探る妙な楽しさがありました。

ストレスでドーナツを食べ過ぎ、ダイエットする羽目になるステファニー。気持ち、わかるわぁcoldsweats01
同じ事務所の女たち~元娼婦で巨大なルーラとしっかり者の秘書のコニーと共に、事件を解決しようとしますが、これがまた一騒動に…

姉ヴァレリーは優等生だったが最近は迷走中、再婚騒動がかなり大きな比重になっています。衣裳選びに意外な人物が登場。
命を狙われながらもブライダルシャワーにはどうしても出なければならない!というわけで、出席するだけでも命がけ。
最後は大立ち回り~全体的にコミカルで、元気が出ます!
なかなか楽しい出来でした。

「気分はフル回転!」

ジャネット・イヴァノヴィッチ「気分はフル回転」扶桑社

「気分はフルハウス」の続編。イヴァノヴィッチのロマンチック・ミステリです。
ステファニー・プラム物より前にロマンス小説を書いていたことは知られていますが、よりミステリ度が低く、ちょっと違うタッチ。ドタバタしつつとんでもないキャラが活躍する点は似てるかな。

新聞社を経営するヒロインは堅実な結婚を決めつつも、生き甲斐である会社が倒産しそうな現状に悩み、結婚準備にも追われています。そこへ登場するのが前作の天才少年が大人になった大金持ち。
…前作のストーリーがなかなか思い出せなかったんですけど、20年もたっているという設定で、主人公は違うんですね。

ヒロインに感情移入出来そうで出来ないのが微妙。危険人物とわかっている元軍人に一人で会いに行こうとするあたり無謀すぎて~ね。危機を通じて恋仲が深まるのはお約束なんだけど。
大金持ちのディーディーの方が面白い。あれ、これはどっかで前作について書いたことがあるような…前作の方がロマンス物として定型だったような気がしますが。
頭を空っぽにして読めるというか、どたばたロマンスと割り切って楽しむしかない~(^^;
こういうのは貴重なんだけど、なかなか加減が難しいもんですね~。

「九死に一生ハンター稼業」

ジャネット・イヴァノヴィッチ「九死に一生ハンター稼業」扶桑社ミステリー

ステファニー・プラムもの、第九作(クリスマス特別編を除いて)。
3年ぶりの長編ということになりますね。
相変わらず元気なステファニー、危険な香りのする凄腕のレンジャーとも仕事を共にしながら、公式には別れた?ジョー・モレリとけっこう良い関係だったりして。ほんのちょっと大人になった気配もあり?

ステファニーは「私が愛したリボルバー」で登場した時、バツイチで30歳。
タイトルに似合わず、拳銃は大嫌い。失業したため、やむなく従兄がやっているバウンティハンターの仕事に就いたのでした。
バウンティハンターとは保釈された後に出頭せず逃亡した容疑者の逮捕を請け負うもので、俗に言う賞金稼ぎ。
相手は小物大物の違いはあれど、犯罪者なのだから、騒動が巻き起こるわけです。

今回の事件は失踪したインド人青年を探すうちに、ステファニー自身に不気味な脅迫状が届き、命の危険にさらされながらラスヴェガスまで追っていく。
新人の作品ならすごく怖いところだけど~かなりコミカルなこのシリーズの場合、強運のステファニーの命に別状があるわけはないので安心。
むしろ波乱が少なかったなぁ…という読後感は、ステフの家族や恋愛関係に急転がなかったせいなのでした。
そういえば、お約束の車大破もなかったしね?
笑える所は満載、十分に楽しめましたよ~。

その他のカテゴリー

bベスト本 | i本屋大賞候補作 | l本屋大賞 | l直木賞 | l芥川賞 | l:日本エッセイスト・クラブ賞 | mf:世界幻想文学大賞 | mf:日本ファンタジーノベル大賞 | m:CWA賞 | m:MWA賞 | m:このミステリーがすごい! | m:アガサ賞 | m:マカヴィティ賞 | name:あさのあつこ | name:万城目学 | name:三上延 | name:三浦しをん | name:上橋菜穂子 | name:上野千鶴子 | name:中島京子 | name:乾くるみ | name:五木寛之 | name:京極夏彦 | name:仁木英之 | name:今野敏 | name:伊坂幸太郎 | name:佐々木譲 | name:佐藤多佳子 | name:佐藤賢一 | name:佐野洋子 | name:勝間和代 | name:北村薫 | name:原田マハ | name:坂木司 | name:大島真寿美 | name:大崎梢 | name:太宰治 | name:姫野カオルコ | name:宇江佐真理 | name:宮下奈都 | name:宮部みゆき | name:小川洋子 | name:小川糸 | name:山之口洋 | name:山崎ナオコーラ | name:山田詠美 | name:島本理生 | name:島田荘司 | name:川上弘美 | name:恩田陸 | name:有川浩 | name:朝井リョウ | name:木内昇 | name:杉本苑子 | name:村上春樹 | name:村上龍 | name:村山早紀 | name:村山由佳 | name:東川篤哉 | name:東野圭吾 | name:松井今朝子 | name:林真理子 | name:柚木麻子 | name:柳広司 | name:栗田有起 | name:桜庭一樹 | name:梨木香歩 | name:森絵都 | name:森見登美彦 | name:森谷明子 | name:横山秀夫 | name:橋本治 | name:池上永一 | name:津村記久子 | name:海原純子 | name:海堂尊 | name:湊かなえ | name:町田康 | name:畠中恵 | name:百田尚樹 | name:矢崎存美 | name:磯崎憲一郎 | name:神田茜 | name:米村圭伍 | name:米澤穂信 | name:綿矢りさ | name:荻原規子 | name:菅野雪虫 | name:葉室麟 | name:角田光代 | name:誉田哲也 | name:貴志祐介 | name:辻村深月 | name:近藤史恵 | name:道尾秀介 | name:長野まゆみ | name:香山リカ | name:高田郁 | oその他の作家 | o海外作家:C.J.ボックス | o海外作家:M.C.ビートン | o海外作家:P.Gウッドハウス. | o海外作家:R.D.ウィングフィールド | o海外作家:S.J.ローザン | o海外作家:アガサ・クリスティ | o海外作家:アラン・ブラッドリー | o海外作家:アリアナ・フランクリン | o海外作家:アリス・マンロー | o海外作家:アレグザンダー・マコール・スミス | o海外作家:アンナ・マクリーン | o海外作家:アン・クリーヴス | o海外作家:アン・タイラー | o海外作家:アン・マキャフリイ | o海外作家:アーシュラ・K・ル=グウィン | o海外作家:アーロン・エルキンズ | o海外作家:エリザベス・ギルバート | o海外作家:エレイン・ヴィエッツ | o海外作家:エレン・カシュナー | o海外作家:カズオ・イシグロ | o海外作家:カミラ・レックバリ | o海外作家:カルロス・ルイス・サフォン | o海外作家:キャロル・オコンネル | o海外作家:キンバリー・ウィリス・ホルト | o海外作家:ギヨーム・ミュッソ | o海外作家:クリストファー・プリースト | o海外作家:クレイグ・ライス | o海外作家:クレオ・コイル | o海外作家:ケイト・キングズバリー | o海外作家:ケイト・モス | o海外作家:ケイト・モートン | o海外作家:ゲイル・キャリガー | o海外作家:コニス・リトル | o海外作家:コニー・ウィリス | o海外作家:コリン・ホルト・ソーヤー | o海外作家:コルネーリア・フンケ | o海外作家:サラ・ウォーターズ | o海外作家:サラ・スチュアート・テイラー | o海外作家:サラ・パレツキー | o海外作家:シャロン・フィファー | o海外作家:シャンナ・スウェンドソン | o海外作家:シャーリィ・ジャクスン | o海外作家:シャーレイン・ハリス | o海外作家:シャーロット・マクラウド | o海外作家:ジェイソン・グッドウィン | o海外作家:ジェイニー・ボライソー | o海外作家:ジェイン・オースティン | o海外作家:ジェフリー・ディーヴァー | o海外作家:ジェフリー・フォード | o海外作家:ジェラルディン・ブルックス | o海外作家:ジャニータ・シェリダン | o海外作家:ジャネット・イヴァノヴィッチ | o海外作家:ジュンパ・ラヒリ | o海外作家:ジョアン・フルーク | o海外作家:ジョナサン・キャロル | o海外作家:ジョン・ハート | o海外作家:ジョージ・R.R.マーティン | o海外作家:ジョー・ウォルトン | o海外作家:ジル・チャーチル | o海外作家:スティーグ・ラーソン | o海外作家:ステファニー・メイヤー | o海外作家:スーザン・プライス | o海外作家:スー・グラフトン | o海外作家:タニス・リー | o海外作家:ダイアナ・ウィン ジョーンズ | o海外作家:ダイアナ・ガバルドン | o海外作家:ダン・ブラウン | o海外作家:ディック・フランシス | o海外作家:デイヴィッド・アーモンド | o海外作家:デニス・ルヘイン | o海外作家:デボラ・クロンビー | o海外作家:トレイシー・シュヴァリエ | o海外作家:トーベ・ヤンソン | o海外作家:ドナ・アンドリューズ | o海外作家:ドナ・ジョー・ナポリ | o海外作家:ドミニク・シルヴァン | o海外作家:ドン・ウィンズロウ | o海外作家:ナンシー・ピカード | o海外作家:ネレ・ノイハウス | o海外作家:ノア・ゴードン | o海外作家:パウロ・コエーリョ | o海外作家:パトリシア・A.マキリップ | o海外作家:ピーター・キャメロン | o海外作家:ピーター・ディキンスン | o海外作家:ピーター・トレメイン | o海外作家:ピーター・ラヴゼイ | o海外作家:フランセス・ファイフィールド | o海外作家:フレッド・ヴァルガス | o海外作家:ヘイリー・リンド | o海外作家:ヘニング・マンケル | o海外作家:ベリンダ・バウアー | o海外作家:ベルンハルト・シュリンク | o海外作家:ポール・ドハティ | o海外作家:マイクル・コナリー | o海外作家:マーガレット・アトウッド | o海外作家:マーセデス・ラッキー | o海外作家:ミネット・ウォルターズ | o海外作家:ミュリエル・バルベリ | o海外作家:メアリ・W.ウォーカー | o海外作家:メグ・ガーディナー | o海外作家:メグ・キャボット | o海外作家:ユッシ・エーズラ・オールスン | o海外作家:リサ・クレイパス | o海外作家:リチャード・ノース・パタースン | o海外作家:リース・ボウエン | o海外作家:ルーシー・モード・モンゴメリ | o海外作家:レジナルド・ヒル | o海外作家:レスリー・メイヤー | o海外作家:レーネ・レヘトライネン | o海外作家:ロイス・マクマスター ビジョルド | o海外作家:ロビン・ホブ | o海外作家:ローズマリ・サトクリフ | o海外作家:ローズマリー・マーティン | o海外作家:ローナ・バレット | o海外作家:ローラ・チャイルズ | o海外作家:ローラ・リップマン | o海外作家:ローリー・キング | o海外作家:ローレンス・ブロック | o海外作家:ヴィヴェカ・ステン | o海外作家:ヴォンダ・N.マッキンタイア | お人形 | お人形着物 | お茶 | アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | コージー | ジェイドール | ジェニー | スイーツ | ドールmomoko | ドール:Misaki | ドール:SD | ドール:シドニー | ドール:ピュアニーモ | ドール:プーリップ | ドール:ユノアクルス・アズライト | バービー | ファッション | ファンタジー | フィギュアスケート | ベスト本 | ミステリ | リカちゃん | ロマンス | 介護 | 健康・ダイエット | 児童書・YA | 動物 | 国内作家:あ行 | 国内作家:か行 | 国内作家:さ行 | 国内作家:た行 | 国内作家:な行 | 国内作家:は行 | 国内作家:ま行 | 国内作家:や行 | 国内作家:ら行 | 国内作家:わ行 | 国内小説 | 家事 | 心と体 | 日記 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 歴史もの | 海外小説 | | 病気体験 | 着物 | 経済・政治・国際 | 絵本 | 舞台・バレエ | | 言葉・歌 | 評論・エッセイ | SF

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック