フォト

おすすめ本

「ビカミング・ジェイン・オースティン」

ジョン・スペンス「ビカミング・ジェイン・オースティン」キネマ旬報社

大勢の兄弟の中で育った娘・ジェインが、作家ジェイン・オースティンになるまで。
読書家で理知的な人の多い、筆の立つ一家だったとは。
数世代分の家族の歴史をまとめた人が親戚にいて、それを読み込んでいることや、身近で起きた結婚事情、自分の恋愛体験など、すべてが盛り込まれているのですね。

子だくさんの中流階級は、親類の遺産を当てにして生きるしかない面があり、オースティンの両親はなかなか上手に立ち回って、子供達それぞれに有力な親戚を後ろ盾に持ってこようとします。
ジェインの母の兄には子がなかったので、後々までこれを期待するようになるのでした。
ところが、この伯父の妻はけちで有名、おかしくなっちゃうぐらいで「マンスフィールド・パーク」の伯母のモデルなんですね。

兄ヘンリーの結婚のいきさつ、ジェインが反対をほのめかすような内容の小説を初期に書いているという、新事実も掘り下げられています。
後にヘンリーの妻になったイライザは年上の都会の女性で、最初はフランス貴族と結婚していたが死別(なんとフランス革命で処刑!)美しく社交的でしたが、牧師を目指していたヘンリーには似合わないと思っていたらしい。
「マンスフィールド・パーク」で、ヒロインが愛する従兄が都会の女性に恋する様子や、「ノーサンガー・アベイ」で、ヒロインの兄がはなやかな女性に浮気されて別れるのを思わせます。

中流階級で独身の女性には、体面を保てるような職業がなく、遺産を貰うか、余裕のある兄弟の助力を当てにするしかなかったとは。
ただ一人、最後までこれといった遺産の割り当てがなかったジェインは、ついに小説で収入を得るようになる…そうなる運命だったのでしょうねえ。

オースティンの小説は19世紀に発表されたのですが、堅苦しいヴィクトリア時代になる前なので、むしろ18世紀的な価値観があるとか。
「高慢と偏見」には自信があったらしいことや、主役二人の性格はオースティン自身の恋人とは男女がむしろ逆転しているという指摘も面白い。
つまり実人生では結ばれなかった恋人は、知的で口が悪く茶目っ気があり、オースティン自身は人見知りのために寡黙で高慢に見えたとか。
中身はそうでもなかったんでしょうけどね。

「ノーサンガー・アベイ」

ジェイン・オースティン「ノーサンガー・アベイ」キネマ旬報社

ジェイン・オースティンの初期の小説。
23歳の時に書き始めたもので、最初に出版される予定だったのが、なぜか買った出版社がいつまでも出さないままにしていたんだそうで。
のちに買い戻して発行したそうです。

ヒロインのキャサリン・モーランドは、田舎育ちで、子だくさんな家庭の長女。
小説好きで夢見がちな17歳の乙女です。
村の名士アレン夫妻にバースへ連れて行って貰い、都会の社交界を知ります。
話し上手で親切な若者ヘンリー・ティルニーと出会い、好感を持ちます。

一方、兄ジェイムズの友達の陽気なソープ兄妹とも出会って、そちらの付き合いが優先されるので、なかなか思うようには進展しないのでした。
明るく綺麗なイザベラ・ソープとはとても仲良くなり、兄のジェイムズと親友イザベラの婚約を喜ぶキャサリン。
ところがイザベラは、口では上手いことを言いながら、結婚に際して貰えるお金が少ないことに不満を示し、ヘンリーの兄とも急速に親しくなり始めます。

キャサリンは、ヘンリーの父・ティルニー将軍に思いがけなく自邸ノーサンガー・アベイに招待されます。
感じの良い妹エリナーとは楽しく過ごしますが‥
謎めいた古い屋敷に想像力を刺激されたキャサリンは、将軍の妻の死に疑いを抱いて、閉ざされた部屋に入り込もうとしてヘンリーに見とがめられ…?

広大なお屋敷の名前がアベイというのは、昔は修道院だったから。
そういう時代からの名門ということになるようです。
当時流行の小説のパロディ的要素を含むため、出版するタイミングが難しくなったらしいですね。
夢見るヒロインの妄想がコミカルで、楽しく読めます。
やっぱりオースティンは、ロマンス小説の王道ですね!

ドラマ化された物もDVDをレンタルして見ましたが、要領よくまとまっていて、面白かったですよ~。

「美しきカサンドラ」

ジェイン・オースティン「美しきカサンドラ」鷹書房弓プレス

ジェイン・オースティンが12~18歳頃に書いた小品を集めた物。
ほとんどが家族を楽しませるために書かれ、ごく短いのですが、こういう積み重ねがあって、ああいう作品になったのかと思うと、興味深い。
献辞がついているのも伝記的面白さがありますね。

お話を聞かせて、まわりを驚かせたり、呆れさせたりするのが面白かったんでしょうね。
とうとつに人が死んだり、いきなり終わったりしてますが~若さ故に、後年のものより過激かも。
観察力がある、やや辛辣な個性はすでに表れています。

書簡体小説で、書き手がうぬぼれた発言をしているおかしさが良く出てきます。すでに得意技だったんですね!?
長々と婚約している話などは、皮肉~案外モデルがあるのかも?
「三姉妹」で長女の結婚を巡る騒動などは、後年の作品にも通じます。
スコットランドのメアリがごひいきだったらしく、歴史の解釈をまとめたものでは、エリザベスを批判しているのも面白かったです。

生まれが1775年なので、書かれたのはフランス革命が起きている激動期なのに、そういうことは一切出てこないんですね。
ナポレオンの妹たちがいたって穏やかに成長したというのを思い出しました。暴動が起きていない地域では、フランスでさえそうだったんですものね。
1996年翻訳発行。

「分別と多感」

ジェイン・オースティン「分別と多感」筑摩書房

オースティン最初の長編、1811年発表。
2007年発行の新訳を読みました。

分別のある姉エリナーと多感な妹マリアンのダッシュウッド姉妹。
エリナーは兄嫁の弟で内気なエドワードに静かな思いをはぐくみます。
マリアンが激しい恋に落ちた伊達男のウィロビーは連絡をよこさなくなり…
それぞれに似合いのカップルなのだが、向こうの親の反対や恋敵の登場、異母兄夫婦の非協力など、さまざまな障害が。
似たような困難に直面したときの対照的な態度と、複雑な恋の顛末を描きます。

「いつか晴れた日に」という題で映画化されています。これも良かったですよ。
監督はアン・リー。姉役のエマ・トンプソンが脚色も担当。妹をケイト・ウィンスレット、姉の恋人をヒュー・グラント。

オースティンは、主に結婚話を題材にして皮肉とユーモアを持って描き、芸術作品にまで高めた、とこの本の紹介にあるとおり。
最初の作品にすべてが出ていますねえ。
主な6つの作品のヒロインがすべてタイプが違うとありました。そうですねえ… あ、あと一つだけ読んでないわ。
実際に姉と仲良しだったオースティンは、どのタイプだったのかしらね。
「分別と多感」の姉妹や「高慢と偏見」のおっとりした長女と利発な次女には少し~面影があるのかな?

「説きふせられて」

ジェイン・オースティン「説きふせられて」岩波文庫

1818年発表、ジェイン・オースティン最後の作品。
タイトルは、エリオット家の次女アンが、恋人との結婚を反対されて諦めたことから。

ケリンチ邸に住む従男爵ウォールター・エリオットは身分と器量を鼻にかけ、3人の娘のうち美人の長女エリザベスに期待していたのですが、狙った結婚はまとまらないまま。末娘メアリだけが結婚していました。
ヒロインは父に似ない大人しいアン。父と姉には冷遇され、亡き母の友達ラッセル夫人が頼り。
19の年に相愛の仲になったウェントワースとの結婚を反対され、引き裂かれてしまいますが、8年後に皮肉な出会いが…

実の3姉妹のうちで、人柄は一番良いのに損をしがちなアン。一家が零落しかける時期に、幸せをつかむまで。
南イングランドの広大なケリンチ邸、妹メアリ一家の家庭的な暮らし、海岸の保養地ライムでの意外な展開、転居先の街バースでの社交生活へと、舞台を変えながら、恋模様が展開します。

ヒロインの性格など、前作「マンスフィールド・パーク」に似たところがあり、ある意味では焼き直し感もありますが、動きの多い前作に比べて、大人っぽく落ち着いてまとまった印象です。
いかにもオースティンな世界は、読者も望む所かと。
ユニークなのは、高齢な男性なのに器量自慢の父親という設定。
それと、遠縁に当たる跡継ぎの若いエリオットや、長女と仲の良い女性のキャラクターもなかなか曲者。
従男爵の娘であるメアリが夫や姑よりも上座に着く、など言われなくては全く想像のつかない当時の身分意識が端々に出て、ほほ~と面白く感じました。

「マンスフィールド・パーク」

ジェイン・オースティン「マンスフィールド・パーク」中央公論社

ジェイン・オースティンの読んでいない作品を読んでみようかと。
オースティンの完成された長編は6作しかなく、すべて1810年代に発表されているんですね。なるほど~映画だとファッションが同じわけだわ。
これは1814年発表、最後から二番目の作品。モームに完成度が高いと評価されているだけあって、面白かったですよ。

パークというのは公園ではなくて、荘園というのか~広い庭園のあるお金持ちの屋敷のことだそう。
お金持ちの親戚に引き取られた内気なファニー・プライスが、中途半端な立場で忍耐強く暮らし、ひそかに想う従兄のエドマンドには想われず、想わぬ人に求愛されて苦悩しますが…

まったく違う結婚をした親世代の三姉妹は、長女がやかましやのノリス牧師夫人、これはかなり性格が悪い。
美人の誉れ高い次女がマンスフィールド・パークに住むサー・バートラムの令夫人となっています。おっとりして品は良いけど、至ってものぐさと喝破されています。

末がプライス海軍中尉夫人~財産もない相手と駆け落ちしたこの結婚は家名を汚したとキッパリ言われる有様。
当時の価値観て、そうなんでしょうね。
少々わがままな従兄姉たち、隣家の人々などの鮮やかでちょっと意地悪な描きわけがおみごと。

ヒロインは真面目すぎるほどで、ちょっと説教臭いとも言えますが~先を知りたくてたまらなくなる物語の書きっぷりに引き込まれます。
短期間だけ実の親のプライス家に里帰りしたファニーが、めちゃくちゃな暮らしぶりに閉口するあたりも何とも面白い。
貧しくても召使いを2人使っていて、でもその女中をちゃんと仕込めないのが主婦として問題らしい。食器がきれいに洗ってないので気持ちが悪くなって食べられないファニー、だったら自分で洗えよと言いたくなりますが~この場合そういうことをしてはいけないらしい!?

エドマンドが恋するメアリは、派手で魅力的だけど実は誠実さに欠け、堕落した所がある都会の女。でも、現代の感覚からすれば、そんなに悪くないんですよ。
牧師になろうというエドマンドとは、確かに似合わないですけどね。

「ジェイン・オースティンの読書会」再録

カレン・ジョイ・ファウラー「ジェイン・オースティンの読書会」白水社

ジェイン・オースティンは「エマ」「高慢と偏見」などで有名な(というか私が多分これしか読んでない)19世紀前半のイギリスの女性作家。
ロマンス小説の元祖みたいな作風で、村の中流家庭の男女の恋愛をいつも描いていて、当初軽く見られた面もあるけれど、現実味もあり、実に上手く書けているので~後の作家にもファンが多いんですね。

この小説は、現代アメリカのごく普通の町で、オースティンの読書会を開く6人の男女の物語。
月に一度、誰かの家に集まり、一つの作品について語り合う会を開くんですね。持ち回りでお茶とお菓子などを出すわけです。
こんな企画があり得るんですねえ…

言い出しっぺのジョスリンはお嬢様育ちで仕切りたがりという現代版のエマ50歳といった感じ。大型犬のブリーダーというのも面白い。
ジョスリンの長年の友達シルヴィアは司書で、夫に去られたばかり。
その娘で同性の恋人と揉めているアレグラ、唯一の男性でオースティン初心者のグリッグなど…
それぞれの状況の変化や、作品に関連して思い出される痛い思い出などを織り込みながら、数ヶ月の成り行きが語られます。
ユーモラスで皮肉をきかせた現実味がオースティンの作品を彷彿とさせ、結末もそれなりにハッピーエンドなのも倣っているようです。

オースティンを読んだことがなくとも、十分面白く読める内容になっています。
巻末には作品リストとあらすじに加え、オースティンについて語った有名人の評などもまとめられていて、これも楽しい。
女性だったらまず、オースティンの作品を読みたくなるんじゃないかなあ?
映画で見るのでもオッケーだと思います。

[追記]先日、たまたま検索ワードというのを見てみたら~なぜかこの作品名が着物に次いでトップ。不思議に思っていたら、映画が公開になるんですね!
自分の記事を探すのにえらく手間取ってしまったので~アマゾンの画像を左サイドに出し、ついでに再録ですが記事も上にしました。

映画「エマ」

ジェイン・オースティンつながりで~グウィネス・パルトロウ主演の映画をご紹介。

時は19世紀初頭のイギリス、ファッションはハイウエストでほっそりしたエンパイアスタイルの時代。
今より若かった華奢なパルトロウにこういったドレスはよく似合い、田園や屋敷など、とても綺麗な画面が続くので、気分よく見れます。

大きなお館に住むエマは優しい父に愛され、村の小さな世界ではちょっとした王女様的存在。
綺麗で悪気はなく可愛らしいが、まだ恋も知らないのに、身近な人たちの縁結びに夢中になっていて、これが世間知らずなために見当違いの波紋を巻き起こすというコメディです。
親友に薦めたいと思った牧師はエマに求婚してくるし、自分にふさわしいと少なからず思っていた若者には隠していたがとっくに別な相手があり、親友が好きな人も見当はずれ。
そして、エマが本当に愛していたのは…?
軽いノリですが~ユーモアと皮肉をまじえ、人生の真実をついている面もあります。

「ジェイン・オースティンの読書会」でエマはわがままだけど、タイトルが主人公の名前になっているのはこれだけなので、作者はエマが一番好きなのではないかという意見がありました。
そんな気もしないではありません。
「美しい娘が恥をかいて成長する、というストーリーは昔から好まれる」という意見もあり、へええと感心。
他にあまり心当たりがないんですけどね?

エマが兄のように信頼する紳士をジェレミー・ノーサム。
端正で当時の衣装がよく似合い、コスチュームプレイ(歴史劇という意味での)に良い役者が出てきたと、映画館で見た時に歴史物好きとしては感動したものでした。
エマに振り回される気の良い村娘の役だったトニ・コレットもなかなか個性的で、「シックスセンス」の母親役などで出世していきましたね。

「ジェイン・オースティンの読書会」

カレン・ジョイ・ファウラー「ジェイン・オースティンの読書会」白水社

ジェイン・オースティンは「エマ」「高慢と偏見」などで有名な(というか私が多分これしか読んでない)19世紀前半のイギリスの女性作家。
ロマンス小説の元祖みたいな作風で、村の中流家庭の男女の恋愛をいつも描いていて、当初軽く見られた面もあるけれど、現実味もあり、実に上手く書けているので~後の作家にもファンが多いんですね。

この小説は、現代アメリカのごく普通の町で、オースティンの読書会を開く6人の男女の物語。
月に一度、誰かの家に集まり、一つの作品について語り合う会を開くんですね。持ち回りでお茶とお菓子などを出すわけです。
こんな企画があり得るんですねえ…

言い出しっぺのジョスリンはお嬢様育ちで仕切りたがりという現代版のエマ50歳といった感じ。大型犬のブリーダーというのも面白い。
ジョスリンの長年の友達シルヴィアは司書で、夫に去られたばかり。
その娘で同性の恋人と揉めているアレグラ、唯一の男性でオースティン初心者のグリッグなど…
それぞれの状況の変化や、作品に関連して思い出される痛い思い出などを織り込みながら、数ヶ月の成り行きが語られます。
ユーモラスで皮肉をきかせた現実味がオースティンの作品を彷彿とさせ、結末もそれなりにハッピーエンドなのも倣っているようです。

オースティンを読んだことがなくとも、十分面白く読める内容になっています。
巻末には作品リストとあらすじに加え、オースティンについて語った有名人の評などもまとめられていて、これも楽しい。
女性だったらまず、オースティンの作品を読みたくなるんじゃないかなあ?
映画で見るのでもオッケーだと思います。

その他のカテゴリー

bベスト本 | i本屋大賞候補作 | l本屋大賞 | l直木賞 | l芥川賞 | l:日本エッセイスト・クラブ賞 | mf:世界幻想文学大賞 | mf:日本ファンタジーノベル大賞 | m:CWA賞 | m:MWA賞 | m:このミステリーがすごい! | m:アガサ賞 | m:マカヴィティ賞 | name:あさのあつこ | name:万城目学 | name:三上延 | name:三浦しをん | name:上橋菜穂子 | name:上野千鶴子 | name:中島京子 | name:乾くるみ | name:五木寛之 | name:京極夏彦 | name:仁木英之 | name:今野敏 | name:伊坂幸太郎 | name:佐々木譲 | name:佐藤多佳子 | name:佐藤賢一 | name:佐野洋子 | name:勝間和代 | name:北村薫 | name:原田マハ | name:坂木司 | name:大島真寿美 | name:大崎梢 | name:太宰治 | name:姫野カオルコ | name:宇江佐真理 | name:宮下奈都 | name:宮部みゆき | name:小川洋子 | name:小川糸 | name:山之口洋 | name:山崎ナオコーラ | name:山田詠美 | name:島本理生 | name:島田荘司 | name:川上弘美 | name:恩田陸 | name:有川浩 | name:朝井リョウ | name:木内昇 | name:杉本苑子 | name:村上春樹 | name:村上龍 | name:村山早紀 | name:村山由佳 | name:東川篤哉 | name:東野圭吾 | name:松井今朝子 | name:林真理子 | name:柚木麻子 | name:柳広司 | name:栗田有起 | name:桜庭一樹 | name:梨木香歩 | name:森絵都 | name:森見登美彦 | name:森谷明子 | name:横山秀夫 | name:橋本治 | name:池上永一 | name:津村記久子 | name:海原純子 | name:海堂尊 | name:湊かなえ | name:町田康 | name:畠中恵 | name:百田尚樹 | name:矢崎存美 | name:磯崎憲一郎 | name:神田茜 | name:米村圭伍 | name:米澤穂信 | name:綿矢りさ | name:荻原規子 | name:菅野雪虫 | name:葉室麟 | name:角田光代 | name:誉田哲也 | name:貴志祐介 | name:辻村深月 | name:近藤史恵 | name:道尾秀介 | name:長野まゆみ | name:香山リカ | name:高田郁 | oその他の作家 | o海外作家:C.J.ボックス | o海外作家:M.C.ビートン | o海外作家:P.Gウッドハウス. | o海外作家:R.D.ウィングフィールド | o海外作家:S.J.ローザン | o海外作家:アガサ・クリスティ | o海外作家:アラン・ブラッドリー | o海外作家:アリアナ・フランクリン | o海外作家:アリス・マンロー | o海外作家:アレグザンダー・マコール・スミス | o海外作家:アンナ・マクリーン | o海外作家:アン・クリーヴス | o海外作家:アン・タイラー | o海外作家:アン・マキャフリイ | o海外作家:アーシュラ・K・ル=グウィン | o海外作家:アーロン・エルキンズ | o海外作家:エリザベス・ギルバート | o海外作家:エレイン・ヴィエッツ | o海外作家:エレン・カシュナー | o海外作家:カズオ・イシグロ | o海外作家:カミラ・レックバリ | o海外作家:カルロス・ルイス・サフォン | o海外作家:キャロル・オコンネル | o海外作家:キンバリー・ウィリス・ホルト | o海外作家:ギヨーム・ミュッソ | o海外作家:クリストファー・プリースト | o海外作家:クレイグ・ライス | o海外作家:クレオ・コイル | o海外作家:ケイト・キングズバリー | o海外作家:ケイト・モス | o海外作家:ケイト・モートン | o海外作家:ゲイル・キャリガー | o海外作家:コニス・リトル | o海外作家:コニー・ウィリス | o海外作家:コリン・ホルト・ソーヤー | o海外作家:コルネーリア・フンケ | o海外作家:サラ・ウォーターズ | o海外作家:サラ・スチュアート・テイラー | o海外作家:サラ・パレツキー | o海外作家:シャロン・フィファー | o海外作家:シャンナ・スウェンドソン | o海外作家:シャーリィ・ジャクスン | o海外作家:シャーレイン・ハリス | o海外作家:シャーロット・マクラウド | o海外作家:ジェイソン・グッドウィン | o海外作家:ジェイニー・ボライソー | o海外作家:ジェイン・オースティン | o海外作家:ジェフリー・ディーヴァー | o海外作家:ジェフリー・フォード | o海外作家:ジェラルディン・ブルックス | o海外作家:ジャニータ・シェリダン | o海外作家:ジャネット・イヴァノヴィッチ | o海外作家:ジュンパ・ラヒリ | o海外作家:ジョアン・フルーク | o海外作家:ジョナサン・キャロル | o海外作家:ジョン・ハート | o海外作家:ジョージ・R.R.マーティン | o海外作家:ジョー・ウォルトン | o海外作家:ジル・チャーチル | o海外作家:スティーグ・ラーソン | o海外作家:ステファニー・メイヤー | o海外作家:スーザン・プライス | o海外作家:スー・グラフトン | o海外作家:タニス・リー | o海外作家:ダイアナ・ウィン ジョーンズ | o海外作家:ダイアナ・ガバルドン | o海外作家:ダン・ブラウン | o海外作家:ディック・フランシス | o海外作家:デイヴィッド・アーモンド | o海外作家:デニス・ルヘイン | o海外作家:デボラ・クロンビー | o海外作家:トレイシー・シュヴァリエ | o海外作家:トーベ・ヤンソン | o海外作家:ドナ・アンドリューズ | o海外作家:ドナ・ジョー・ナポリ | o海外作家:ドミニク・シルヴァン | o海外作家:ドン・ウィンズロウ | o海外作家:ナンシー・ピカード | o海外作家:ネレ・ノイハウス | o海外作家:ノア・ゴードン | o海外作家:パウロ・コエーリョ | o海外作家:パトリシア・A.マキリップ | o海外作家:ピーター・キャメロン | o海外作家:ピーター・ディキンスン | o海外作家:ピーター・トレメイン | o海外作家:ピーター・ラヴゼイ | o海外作家:フランセス・ファイフィールド | o海外作家:フレッド・ヴァルガス | o海外作家:ヘイリー・リンド | o海外作家:ヘニング・マンケル | o海外作家:ベリンダ・バウアー | o海外作家:ベルンハルト・シュリンク | o海外作家:ポール・ドハティ | o海外作家:マイクル・コナリー | o海外作家:マーガレット・アトウッド | o海外作家:マーセデス・ラッキー | o海外作家:ミネット・ウォルターズ | o海外作家:ミュリエル・バルベリ | o海外作家:メアリ・W.ウォーカー | o海外作家:メグ・ガーディナー | o海外作家:メグ・キャボット | o海外作家:ユッシ・エーズラ・オールスン | o海外作家:リサ・クレイパス | o海外作家:リチャード・ノース・パタースン | o海外作家:リース・ボウエン | o海外作家:ルーシー・モード・モンゴメリ | o海外作家:レジナルド・ヒル | o海外作家:レスリー・メイヤー | o海外作家:レーネ・レヘトライネン | o海外作家:ロイス・マクマスター ビジョルド | o海外作家:ロビン・ホブ | o海外作家:ローズマリ・サトクリフ | o海外作家:ローズマリー・マーティン | o海外作家:ローナ・バレット | o海外作家:ローラ・チャイルズ | o海外作家:ローラ・リップマン | o海外作家:ローリー・キング | o海外作家:ローレンス・ブロック | o海外作家:ヴィヴェカ・ステン | o海外作家:ヴォンダ・N.マッキンタイア | お人形 | お人形着物 | お茶 | アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | コージー | ジェイドール | ジェニー | スイーツ | ドールmomoko | ドール:Misaki | ドール:SD | ドール:シドニー | ドール:ピュアニーモ | ドール:プーリップ | ドール:ユノアクルス・アズライト | バービー | ファッション | ファンタジー | フィギュアスケート | ベスト本 | ミステリ | リカちゃん | ロマンス | 介護 | 健康・ダイエット | 児童書・YA | 動物 | 国内作家:あ行 | 国内作家:か行 | 国内作家:さ行 | 国内作家:た行 | 国内作家:な行 | 国内作家:は行 | 国内作家:ま行 | 国内作家:や行 | 国内作家:ら行 | 国内作家:わ行 | 国内小説 | 家事 | 心と体 | 日記 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 歴史もの | 海外小説 | | 病気体験 | 着物 | 経済・政治・国際 | 絵本 | 舞台・バレエ | | 言葉・歌 | 評論・エッセイ | SF

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック