フォト

おすすめ本

「神の家の災い」

ポール・ドハティー「神の家の災い」創元推理文庫

中世ロンドンが舞台の歴史ミステリ。
まじめなアセルスタン修道士と、大酒飲みのクランストン検死官のシリーズ~3作目。

年若い王の叔父が摂政として実権を握る時代。
摂政の開いた宴で、検死官クランストン卿は、主賓のクレモナ公ガレアッツォから挑戦を受ける羽目になります。
ある屋敷の密室で、食事も取らずに4人もの人物が次々に怪死したのは何故か?
期限は2週間。賭け金の千クラウンは払いきれる額ではなく、もし負けたら代わりに払ってくれるという摂政の紐付きのような立場になってしまう?

同じ頃、アセルスタン修道士の小さな教会では、改修中の床下から人骨が発見されたのです。
柩に触れた人の怪我が治ったと、聖人の秘蹟として大騒動になってしまいます。
きまじめなアセルスタンは、怒って見物人を追い出すのですが…

一方、アセルスタンがかって修行したこともある名高い修道院では、海外からの滞在客もある大事な時期に修道士が墜落死、ついでもう一人が行方不明に。
アセルスタンは、調査を依頼されます。
修行中に若気の至りで出奔して十字軍に参加した過去があるアセルスタンを、いまだに白い目で見る人もいる中での調査になります。

三つの難題を抱えて、修道院では緊張の高まる中、みごと謎は解けるのか…?
猥雑な中世のロンドン、クランストン卿には双子が生まれていて、いつもにましてにぎやかな展開。
修道士カドフェルや「薔薇の名前」をちょっと思い出すような要素もありますね。
謎解きの面白さはオーソドックスで、わかりやすいです。

「教会の悪魔」

ポール・ドハティ「教会の悪魔」早川書房

2008年4月発行のポケミス。原著は1986年。
歴史教師で大量の歴史小説を書いているドハティの一番人気シリーズらしい?
ヒュー・コーベット・シリーズの一作目。

王座裁判所書記のコーベットは、ペストで妻子を失って10年、気力を失いかけながらも真面目に勤めていました。才覚を見いだされ、王の勅命を受けることになります。
妹を誘惑されて激怒した男が相手の男を殺し、治外法権である教会に逃げ込んだがその中で自殺、そんな必要はなかったはずなのに?陰謀が感じられるという次第。

出だしは暗いんで、笑っちゃうほど。中世ですから…とはいえ読む人が減っちゃうよ。せっかく人気シリーズなら~もう少し取っつきよくすればいいのに!?
探りに行った酒場の女主人である美しいアリスと恋に落ちたコーベット。
絞首刑から救った若者レイナルフを助手にして、二人三脚が始まります。このへんは楽しく読める要素です。
この後、彼の人生は好調になっていくそうですし~先が楽しみ。

時は、イングランド王エドワード1世の御代。
シモン・ド・モンフォールの乱が鎮まって20年、いまだにロンドンには王に反感を抱く者が住んでいたというから驚きます。当時のイギリスはいわば征服王朝で、王妃も外国から来ているから、その辺が日本とはかけ離れていますね。
英語がうまく話せない王もよくいた時代だったんですね~。

教会の悪魔とは、とある教会が悪魔崇拝の巣窟でもあったという史実に基づく~というんですから!何とも荒けずりで不穏当な時代。悪魔というのはキリスト教以前の宗教ということらしい。
アキテーヌ公でもあるエドワードは、つまりアリエノール・ダキテーヌの子孫って事ですね。
リチャード獅子心王、ヘンリー3世の次。
巻末のイギリス史解説が親切です。

「毒杯の囀り」

ポール・ドハティ「毒杯の囀り」創元推理文庫

中世イングランドを舞台にしたミステリ。
若き修道士が探偵役で、当時の猥雑な様子がまざまざと描かれます。
フランスとの百年戦争が終わる頃、王太子と王が相次いで亡くなり、10歳の王子が跡を継いだばかりという時代~摂政の叔父が力を持つんですね。
エドワード王ってどのエドワード?って感じで~馴染みのない時代なので取っつきはそれほど良くないけど、人間像はわかりやすく、ミステリとしては本格の密室もので、予想より読みやすく整理されてました。

アセルスタン修道士は償いの一環として、特に貧しい地区の教会を担当する他に、検死官の書記も務めることになるのです。
アセルスタンはすっきりとした姿の真面目な好青年。
上司にあたる検死官クランストン卿は大酒飲みの巨漢で、おならや何やらをまき散らし~豪放でいささかだらしないけれど、内心は優しいんですね。
対照的な2人はすぐには理解し合えないけど、しだいに何となく良いバランスになっていくようです。
こういうコンビはいかにも英国的。
アセルスタンは若気の至りで修道院を飛び出して弟と戦地に赴き、弟を死なせてしまった過去を持っています。
修道士カドフェルが定年というほどの年齢まで十字軍の軍人だったことを思わせますね。こちらはぐっと若いですが。

邦訳一作目の「白薔薇と鎖」はかなり読みづらかったんで、歴史ミステリなら何でもむさぼり読むという人でないとオススメ出来にくかった…
こちらはずっと読みやすく、読後感も良いので、オススメ出来ます~。

「白薔薇と鎖」

ポール・ドハティ「白薔薇と鎖」ハヤカワ・ポケット・ミステリ

ヘンリー8世とエリザベス1世の時代を生き抜いた快男児ロジャー・シャロットの回想という形で語られる、連続殺人事件をめぐる歴史ミステリ。
ロジャーの主人ベンジャミンは枢機卿ウルジーの甥で、色々な任務を与えられますが何故かことごとく失敗、実はロジャーのちょっかいが原因のことも多いのですが~ロジャー無しではいられぬという友情を抱いている間柄。

ヨーク家のリチャード3世が敗れてテューダー朝になって2代目、若き日のヘンリーは英明と期待された王でした。(晩年は違うんですね)
ベンジャミンが話を聞き出すよう命じられていた証人が、謎の詩を残してロンドン塔の密室で殺されます。当時のロンドン塔はまだ牢獄ではなく宮殿の一つ。死体のそばに置かれていた白薔薇はヨーク家の印で、ヨーク家の残党が関係したかとも疑われます。

ヘンリー8世の姉マーガレットはスコットランドに嫁いだものの夫と仲が悪く、夫の死後も国には戻らず、各地を転々としている有様。
登場人物の関係は入り組んでいて、背景も知らないため話がわかりにくいのですが~マーガレットの悪評は事実だったそうです…
メアリー・スチュワートの曾祖母に当たるそうで、この辺から始まっているのねと興味深かったです。

ロジャーは隙あらば自分の取り分を余計にちょろまかそうとばかり考えている小悪党だが、それ以上の悪気はない。もともと幼馴染みでもあった主人のベンジャミンは対照的におっとりと誠実、坊ちゃん育ちに見えて底が深い。このベンジャミンに対してだけは忠実で良き友でありました。
シェイクスピアの同時代人というわけで、アイデアをやったという話も何度も出てきます。
90になってもあらゆる欲が衰えないロジャー爺さん、ほら混じりに威勢良く喋る口調で書かれているのがやや読みにくいですが、内容も時代色たっぷりで現代とはかけ離れているので、それがまた合ってることは合ってます。

ドハティはもと歴史教師の校長先生で既に50冊近い著作がある作家。こんな先生なら面白い授業だったでしょうね~。

その他のカテゴリー

bベスト本 | i本屋大賞候補作 | l本屋大賞 | l直木賞 | l芥川賞 | l:日本エッセイスト・クラブ賞 | mf:世界幻想文学大賞 | mf:日本ファンタジーノベル大賞 | m:CWA賞 | m:MWA賞 | m:このミステリーがすごい! | m:アガサ賞 | m:マカヴィティ賞 | name:あさのあつこ | name:万城目学 | name:三上延 | name:三浦しをん | name:上橋菜穂子 | name:上野千鶴子 | name:中島京子 | name:乾くるみ | name:五木寛之 | name:京極夏彦 | name:仁木英之 | name:今野敏 | name:伊坂幸太郎 | name:佐々木譲 | name:佐藤多佳子 | name:佐藤賢一 | name:佐野洋子 | name:勝間和代 | name:北村薫 | name:原田マハ | name:坂木司 | name:大島真寿美 | name:大崎梢 | name:太宰治 | name:姫野カオルコ | name:宇江佐真理 | name:宮下奈都 | name:宮部みゆき | name:小川洋子 | name:小川糸 | name:山之口洋 | name:山崎ナオコーラ | name:山田詠美 | name:島本理生 | name:島田荘司 | name:川上弘美 | name:恩田陸 | name:有川浩 | name:朝井リョウ | name:木内昇 | name:杉本苑子 | name:村上春樹 | name:村上龍 | name:村山早紀 | name:村山由佳 | name:東川篤哉 | name:東野圭吾 | name:松井今朝子 | name:林真理子 | name:柚木麻子 | name:柳広司 | name:栗田有起 | name:桜庭一樹 | name:梨木香歩 | name:森絵都 | name:森見登美彦 | name:森谷明子 | name:横山秀夫 | name:橋本治 | name:池上永一 | name:津村記久子 | name:海原純子 | name:海堂尊 | name:湊かなえ | name:町田康 | name:畠中恵 | name:百田尚樹 | name:矢崎存美 | name:磯崎憲一郎 | name:神田茜 | name:米村圭伍 | name:米澤穂信 | name:綿矢りさ | name:荻原規子 | name:菅野雪虫 | name:葉室麟 | name:角田光代 | name:誉田哲也 | name:貴志祐介 | name:辻村深月 | name:近藤史恵 | name:道尾秀介 | name:長野まゆみ | name:香山リカ | name:高田郁 | oその他の作家 | o海外作家:C.J.ボックス | o海外作家:M.C.ビートン | o海外作家:P.Gウッドハウス. | o海外作家:R.D.ウィングフィールド | o海外作家:S.J.ローザン | o海外作家:アガサ・クリスティ | o海外作家:アラン・ブラッドリー | o海外作家:アリアナ・フランクリン | o海外作家:アリス・マンロー | o海外作家:アレグザンダー・マコール・スミス | o海外作家:アンナ・マクリーン | o海外作家:アン・クリーヴス | o海外作家:アン・タイラー | o海外作家:アン・マキャフリイ | o海外作家:アーシュラ・K・ル=グウィン | o海外作家:アーロン・エルキンズ | o海外作家:エリザベス・ギルバート | o海外作家:エレイン・ヴィエッツ | o海外作家:エレン・カシュナー | o海外作家:カズオ・イシグロ | o海外作家:カミラ・レックバリ | o海外作家:カルロス・ルイス・サフォン | o海外作家:キャロル・オコンネル | o海外作家:キンバリー・ウィリス・ホルト | o海外作家:ギヨーム・ミュッソ | o海外作家:クリストファー・プリースト | o海外作家:クレイグ・ライス | o海外作家:クレオ・コイル | o海外作家:ケイト・キングズバリー | o海外作家:ケイト・モス | o海外作家:ケイト・モートン | o海外作家:ゲイル・キャリガー | o海外作家:コニス・リトル | o海外作家:コニー・ウィリス | o海外作家:コリン・ホルト・ソーヤー | o海外作家:コルネーリア・フンケ | o海外作家:サラ・ウォーターズ | o海外作家:サラ・スチュアート・テイラー | o海外作家:サラ・パレツキー | o海外作家:シャロン・フィファー | o海外作家:シャンナ・スウェンドソン | o海外作家:シャーリィ・ジャクスン | o海外作家:シャーレイン・ハリス | o海外作家:シャーロット・マクラウド | o海外作家:ジェイソン・グッドウィン | o海外作家:ジェイニー・ボライソー | o海外作家:ジェイン・オースティン | o海外作家:ジェフリー・ディーヴァー | o海外作家:ジェフリー・フォード | o海外作家:ジェラルディン・ブルックス | o海外作家:ジャニータ・シェリダン | o海外作家:ジャネット・イヴァノヴィッチ | o海外作家:ジュンパ・ラヒリ | o海外作家:ジョアン・フルーク | o海外作家:ジョナサン・キャロル | o海外作家:ジョン・ハート | o海外作家:ジョージ・R.R.マーティン | o海外作家:ジョー・ウォルトン | o海外作家:ジル・チャーチル | o海外作家:スティーグ・ラーソン | o海外作家:ステファニー・メイヤー | o海外作家:スーザン・プライス | o海外作家:スー・グラフトン | o海外作家:タニス・リー | o海外作家:ダイアナ・ウィン ジョーンズ | o海外作家:ダイアナ・ガバルドン | o海外作家:ダン・ブラウン | o海外作家:ディック・フランシス | o海外作家:デイヴィッド・アーモンド | o海外作家:デニス・ルヘイン | o海外作家:デボラ・クロンビー | o海外作家:トレイシー・シュヴァリエ | o海外作家:トーベ・ヤンソン | o海外作家:ドナ・アンドリューズ | o海外作家:ドナ・ジョー・ナポリ | o海外作家:ドミニク・シルヴァン | o海外作家:ドン・ウィンズロウ | o海外作家:ナンシー・ピカード | o海外作家:ネレ・ノイハウス | o海外作家:ノア・ゴードン | o海外作家:パウロ・コエーリョ | o海外作家:パトリシア・A.マキリップ | o海外作家:ピーター・キャメロン | o海外作家:ピーター・ディキンスン | o海外作家:ピーター・トレメイン | o海外作家:ピーター・ラヴゼイ | o海外作家:フランセス・ファイフィールド | o海外作家:フレッド・ヴァルガス | o海外作家:ヘイリー・リンド | o海外作家:ヘニング・マンケル | o海外作家:ベリンダ・バウアー | o海外作家:ベルンハルト・シュリンク | o海外作家:ポール・ドハティ | o海外作家:マイクル・コナリー | o海外作家:マーガレット・アトウッド | o海外作家:マーセデス・ラッキー | o海外作家:ミネット・ウォルターズ | o海外作家:ミュリエル・バルベリ | o海外作家:メアリ・W.ウォーカー | o海外作家:メグ・ガーディナー | o海外作家:メグ・キャボット | o海外作家:ユッシ・エーズラ・オールスン | o海外作家:リサ・クレイパス | o海外作家:リチャード・ノース・パタースン | o海外作家:リース・ボウエン | o海外作家:ルーシー・モード・モンゴメリ | o海外作家:レジナルド・ヒル | o海外作家:レスリー・メイヤー | o海外作家:レーネ・レヘトライネン | o海外作家:ロイス・マクマスター ビジョルド | o海外作家:ロビン・ホブ | o海外作家:ローズマリ・サトクリフ | o海外作家:ローズマリー・マーティン | o海外作家:ローナ・バレット | o海外作家:ローラ・チャイルズ | o海外作家:ローラ・リップマン | o海外作家:ローリー・キング | o海外作家:ローレンス・ブロック | o海外作家:ヴィヴェカ・ステン | o海外作家:ヴォンダ・N.マッキンタイア | お人形 | お人形着物 | お茶 | アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | コージー | ジェイドール | ジェニー | スイーツ | ドールmomoko | ドール:Misaki | ドール:SD | ドール:シドニー | ドール:ピュアニーモ | ドール:プーリップ | ドール:ユノアクルス・アズライト | バービー | ファッション | ファンタジー | フィギュアスケート | ベスト本 | ミステリ | リカちゃん | ロマンス | 介護 | 健康・ダイエット | 児童書・YA | 動物 | 国内作家:あ行 | 国内作家:か行 | 国内作家:さ行 | 国内作家:た行 | 国内作家:な行 | 国内作家:は行 | 国内作家:ま行 | 国内作家:や行 | 国内作家:ら行 | 国内作家:わ行 | 国内小説 | 家事 | 心と体 | 日記 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 歴史もの | 海外小説 | | 病気体験 | 着物 | 経済・政治・国際 | 絵本 | 舞台・バレエ | | 言葉・歌 | 評論・エッセイ | SF

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック