「横断」

ディック・フランシス「横断」ハヤカワ・ミステリ文庫

ディック・フランシスのエンタテインメント「競馬ミステリ・シリーズ」
後期の充実した一作といえるでしょう。
ほどよく忘れかけているのに気づいて、読み返しました。

今回の主人公は、英国ジョッキー・クラブの保安員トー・ケルジイ。
まだ29歳のイギリス人ですが、18で財産を継いだと同時に天涯孤独となった大金持ちで、世界中を放浪し、馬に関係のある仕事を転々としてきた後に、スカウトされたのです。
競馬界を管理する権威ある組織に属する諜報部員のような存在。
もともとあまり目立たない外見で、少し変装するだけでまったく人に気づかれない特技を持つ。

イギリスで大きな不正を行ったと思われる危険人物フィルマーが、裁判では無罪となりました。
フィルマーがカナダの競馬界に食い込もうとしている様子で、企画旅行「大陸横断ミステリ競馬列車」に参加するとわかり、同じ列車に潜入することに。
豪華列車で馬主と競馬ファンがカナダを横断して、大きな競馬に参加しながら旅行を楽しむという企画なのです。
雄大なカナダの風景がいかにも綺麗そうで、見てみたくなります。

この旅行はミステリ・ツアーでもあって、俳優が乗客に混じって乗り込み、みんなの前で事件を演じてみせるという催しも。
当初は馬主に混じっても違和感のない育ちのよさを見込まれたケルジイ。俳優の一員という触れ込みで、実際にはウェイターとして乗車することに。
慣れない仕事を手伝いつつ、仲間と打ち解け、運命の女性らしい相手ネルとも知り合います。
デートには誘えないけど、旅行中の業務の中で、少しずつ惹かれあっていくのを確かめるのが微笑ましい。

カナダでは有数の富豪一家ロリモア家も特別車両にいましたが、何か問題を抱えている様子。
あちこちで手を貸しつつ、列車に仕掛けられる陰謀に立ち向かうケルジイ。
1988年の作品なので、携帯も今のようなネットもなし。
秘密の電話連絡を仲介する大事な役目に、保安部長の寝たきりの母親ミセス・ボードレアが登場。
若々しい声としっかりした存在感で、ケルジイとひととき心通わせます。

背景にある事件は深刻だけど、目の前にあるのは主にお金持ちが楽しむ旅行のシーンなので、比較的軽い読み心地。
いつもの一人称が生かされていて、誰にも気づかれないケルジイが平静そうでいて何をどう見ているか、面白い内容になっています。

イギリスの有名な競馬騎手だったディック・フランシスが引退後に作家となり、競馬界についての知識や騎手としての実感を交えた描写もさることながら、元騎手とは思えないほどの文才とセンスで魅了する作品群。
長編はすべて男性主人公の一人称で語られ、年齢や境遇はさまざま。
何らかの特別な経験や才能があるが謙虚で、観察力と思いやりがあり、意志強く事件に立ち向かう人間像は共通しています。
女性がそれぞれ存在感があり、ファッションも個性的なのも特徴。
フランシスの奥さんが執筆協力し清書していたので、奥さんの見る目も生かされているのでしょう。性格も男性主人公より変化に富んでいるし、実際にいそうで好感の持てるヒロインが多いですね

「矜恃」

ディック・フランシス&フェリックス・フランシス「矜恃」早川書房

ディック・フランシス最後の作品。
最近は息子のフェリックスと共著になっていて、フェリックスだけでも?けっこう十分続きそう。
今回の主人公は、アフガニスタンで負傷して帰国したという設定。
英国陸軍近衛歩兵グレナディア連隊大尉って、ウィリアムの結婚式で聞きましたね。大尉ってハリー王子と同じ?あ、近衛騎兵だったかな。
これが、フェリックスの息子がアフガニスタンにいた軍人だというのだから…描写にリアルさがあるわけです。
フランシスの意志が強い主人公で、そのうえ軍人て~
悪党は、すぐさま改心して逃げた方が良いんじゃ?

語りはソフトですが、中身はなかなかにハード。
母親が有名な調教師という設定は、新鮮。
二度離婚している猛女。
息子のトマス・フォーサイスはあまりかまわれずに育ちました。十代の頃は義父とも反りが合わず、17歳でケンカして家を出てすぐ軍隊に入ったのです。
以来15年。
戦場で足を吹き飛ばされて、入院。軍隊で衣食住をまかなっていたため、病院を出ても帰る場所がない。
久しぶりに帰った家で、幼なじみイザベラに再会したり、懐かしいような不思議な感覚を覚えたり。

競馬界ではファースト・レディとあだ名される有名な母親ジョセフィン・カウリ。
だが最近は有望な馬が不審な負け方をし、魔力を失ったと新聞に書かれていました。
母と義父の口論を立ち聞いて、経済的にも困っていると知るトマス。
節税対策の勧めに乗せられて脱税し、しかもファンドに投資して丸損。事情を知る何者かに脅迫を受けていたのです…
意を決して、軍隊式に行動方針を固めるトマス。
しかし調査を始めた途端に、トマスは誘拐され…?

多彩な登場人物は、フランシスらしいレベルに達しています。
こういうモチーフは、あの作品のあのあたりに似ているかも…とか思いつつ。
悪くない意味で、フェリックスの作風には、軽さと若さがありますね。
初期のスタイリッシュな雰囲気は、ディック・フランシスの亡き奥さんがブラッシュアップしていたものなのだと思うけれど。
傑作とまでは言わないけど~申し分ないスリルで、ひとときをわくわく楽しめました。

「拮抗」

ディック・フランシス、フェリックス・フランシス「拮抗」早川書房

大好きな作家・フランシスの新作です。
惜しくも亡くなってしまわれましたが…
これは息子のフェリックスと共著という名義になって「祝宴」「審判」に続く3作目。内容的には「再起」から4作目なのかな。
フェリックスのみの新作に引き継がれるのでしょうか。

主人公ネッド・タルボットは、ブックメーカーという競馬の賭け屋。
祖父から受け継いだ仕事で、アスコットにもいい売り場を占めています。
個人営業ですが、アシスタントのルカが有能で、コンピュータの扱いはほとんど任せるようになっていました。

賭け率が日本とは違うんですよね。
どんどん変動するので、いぜんは芸術といわれたやりとりも、現在はコンピュータでかなりの部分が制御され、大損はしないようになっているという。
ところが、出走直前に5分間ネットがダウン。
最初は、偶然の事故と思われるが…?

ネッドに両親はなく、祖父母に育てられましたが、ある日売り場に現れた男が父だと名乗ります。
しかも、その夕暮れ、何者かに襲われて目の前で刺されてしまう。
交通事故で死んだと聞かされていた自分の親は、どういう人間だったのか?
1歳の自分を捨てたとは。父は母の死に関係していた?
しだいに明らかになる真実。そして、ネッドの身に迫る脅迫…?!

一方、ネッドの家庭は…
愛し合って結婚した妻ソフィは、10年も躁鬱病で入退院を繰り返しているのでした。
今は、5ヶ月の入院中。
妻の両親には、賭け屋という職業のために強く結婚を反対され、結婚後も悪く言われ続けているのが、発病の要因らしいのです。
両親以外の家族とは仲良くしているソフィなのですが、味方になってくれている妹も、親には逆らいきれない。
家族とは何か、ちょっと考えさせられます。

人生を揺るがす大事件に、忍耐強い主人公がやがて孤独な戦いを挑み、中盤の暗さを一掃!
フランシスらしい要素を揃えてあります。嫌われ者の賭け屋の実情も面白い。
やや説明部分が多くなっていて、面白く引き込まれそうな所をもっと強く書いたほうが傑作になったのでは。
エピローグもあり、結末の読後感は、なかなかいいですよ~。

「審判」

ディック・フランシス、フェリックス・フランシス「審判」早川書房

2009年翻訳発行されたばかり、2008年発表の新作です。
息子フェリックスと共同で書いている作品のため、どことなく雰囲気が若いようです。
主人公にいぜんほど厳しさが感じられなくて、やや人間の出来が甘いような…
翻訳者も違うので~それがちょうど良いのかもね?

アマチュア騎手のジェフリイ・メイスンは、弁護士でもあるという設定。
父は事務弁護士なので自然にその道を目指していたのですが、どうしても騎手を捨てられず、かといって騎手だけ始めてみたら物足りなさを感じ、法廷弁護士になったという経歴。
メイスンという名字の法廷弁護士なので、ペリイとあだ名で呼ばれるという。
まだ若いのに7年前に妻を病気で失っていて、なかなかその悲しみを乗り越えられず、それ以後は女性と深く付き合ったことはなかったのですが、ある時運命の出会いが…!
そのへんは若々しく~きれいに描けています。

トップ騎手が刺し殺される事件が起き、ライバル騎手が逮捕されます。
何かと確執があったのは確かなのですが、証拠は歴然とし過ぎていて、でっち上げの可能性が。
どちらのこともよく知っているジェフリイ。
なぜか「弁護を担当して、負けろ」と電話で脅迫されます。
放っておけば負けそうな流れなのですが、かっての事件でも脅迫があったらしいとわかってきて、しだいに闘う意志を固めるのでした。

アマチュア騎手と二足のわらじとか、脅迫された人々を訪ねていくあたりとか、レースの日に馬主たちの集まる所に招待されるとか、いかにもフランシスらしい要素は満載!

「祝宴」

ディック・フランシス、フェリックス・フランシス「祝宴」早川書房

「再起」で復活したフランシス、今度は息子のフェリックスとの共著という形での新作です。
子供の頃から父と母が自作について語り合うのを聞いて暮らし、何年か前から一家全体のマネージャーという仕事をこなしてきたんだそうです。
家庭が小説工房だったんですねえ。

さて今回の主人公はマックス・モアトン。
若い時にミシュランの一つ星を史上最年少で受けたという栄誉もある、若手のシェフ。
ニューマーケット競馬場の近くに店を出しています。

ある日、食中毒が発生、店は閉鎖の危機に見舞われます。
翌日、競馬場で豪華なランチを出していた時に、近くの座席が爆破され、テロ行為と思われたのでしたが…
食中毒の方は身に覚えのないインゲンの害(生だと毒なんだそうです)が報告され、何者かが混入したかと自ら調査に乗り出します。
雇っている人間が東欧からの難民など多彩なのは~時代ですね。

主人公の外見ははっきりした描写がないんですが、ハンサムなんでしょう!?
ヴィオラ奏者の美女も登場、最初は食中毒で訴えられるという出会いですが、軽口をたたき合いながら順調に恋が進展します。
まだ30で人生はこれからが本番という空気、全体に若々しく、読者を楽しませようというムードですね。

家族が競馬関係で本人は違うというのは、フェリックスの視点に合わせているのかも。
危険を察知してからの行動がやや無防備なような気もするが、探偵の専門家ではないし、あのシッド・ハレーですら隙があったんですからねえ(^^;
特別な傑作ではないけれど、水準は行っています。
次回作も楽しみに待てそうです。

「再起」

ディック・フランシス「再起」早川書房

2000年に奥さんを喪い、断筆宣言をしていたフランシス、6年ぶりの新作。
86歳にしての復活です。
名翻訳者の菊池光氏も亡くなってしまったので、何とも寂しい心持ちがしておりました。
弟子筋の翻訳者さんらしく、違和感はありません。びみょう~に菊池節ではないような気はするけど。
「再起」というタイトルが良いですね。

フランシスの作品は一作ずつ完結していて、主人公が違うのが基本なのですが、例外中の例外がシッド・ハレー。
成功した元騎手で今は私立探偵という典型的な設定で「大穴」「利腕」「敵手」と3回登場して活躍。
3作目がやや印象が弱いので、確かにここで登場は納得です。

一作で完結する話の場合、恋愛も成就する方が多いんですが、シッド・ハレーの場合、けっこうもてはするものの、離婚した奥さんの印象が強く、夢中で恋し合ったのに激しく争い憎み合って別れたことがトラウマのようになっています。
妻の父親とは絆が出来ていて離婚後も親友のように信頼し合っているのも独特ですが、そのためにかえって元妻とも顔を合わせてしまう。
今回、遂に心から愛する恋人が出来るのです。そのために彼の話の中ではマイルドな雰囲気になっていますね。
それが危険を伴う仕事をするハレーにとって最大の弱みともなる。いかにしてそれを乗り越えるか?といった展開です。
ベテランにしてはちょっと用心が足りない気はするけどねえ…
それがスリルのあるシーンに繋がっているので。
いかにもフランシスらしいモチーフをちりばめ、満足のいく出来でした。

執筆協力者でもあった奥さんをなくした後は書けなくなる気持ちもわかりますが、そのために実は奥さんが書いていたのではというデマも出たそう。
奥さんの方が大学出なのでスペルを直していたそうですけどね。盗作みたいに言われるようなことはあり得ない~。
秘書や資料集めのスタッフなどのいるチームで書いていても別に差し支えないわけですし、最初に読んで励ましてくれる家族は貴重でしょう。
息子さんのフェリックスの励ましで書き始めたそうなので、息子さんに感謝!ですわ。
シッドの恋人マリーナは、フランシスの前に現れた60歳の金髪美人の面影があるらしいです。そのへん、運命的だったのかも?

「黄金」

ディック・フランシス「黄金」ハヤカワ文庫

フランシスの作品の中でも、お気に入りの一冊。
フランシスには珍しく、大家族の中の殺人という古典的ミステリを思わせる設定になっていて、円熟した味わい。
この家族がまた~強烈な面々で面白いのです。

父のマルカムは大金持ちで5回も結婚しているという、見るからにエネルギッシュで人を惹きつけるオーラのある初老の男性。
主人公のイアンはアマチュア騎手で、気楽な独身生活を楽しむ物静かな32歳。
2番目の妻の息子で、離婚後もずっと父の家に住んだただ一人の子だったために他の家族からは嫉妬されることになります。
4番目の妻が良い人だったので、10代を共に暮らした彼女が真の母親のような存在でした。
その彼女が事故死した後に5番目の結婚に反対したために、父と疎遠になっていました。

ところが3年後の今、5番目の妻が何者かに殺されてしまいます。
警察には疑いをかけられた父自身も命を狙われる事態に。
疎遠になっていたとはいえ、唯一信頼出来ると感じたイアンに、父が護衛を依頼してきます。
父親と大人になった息子が改めて向き合うという物語にもなっています。

財産を狙う容疑者は、3人の魔女こと別れた3人の妻、9人もの子供とその配偶者…
妻たちがなかなか美人揃いなのは父が面食いのせいでしょうかね。
警察の捜査は実効が上がらず、度重なる危機に、イアンがついに自分だからこそ出来ると家族の性格と心境を調べていくことを決意をします。このあたりポワロさんの探偵法を思わせます。
イアンの控え目な性格は、親たちの嵐のような結婚生活を見ていて物ごとに動じなくなったためというのが第一。第二は結婚して失敗するようなことがないように深い関わりを何に対しても持つのをためらっているためと自分で気づいてショックを受けるのでした。
家族の窮境や妄執も鮮やかに描かれていますが、その後にだんだんとそれぞれの心境が変化していくところがとても良くて、何度読んでも心地良いのです。

命を狙われるぐらいなら金を使ってしまおうと考えた父マルカムと凱旋門賞をはじめとする世界の競馬場を回る旅行も、思いっ切り景気が良くて楽しいですよ。
父親が黄金と為替を扱う大金持ちなので「黄金」というタイトルもピッタリなのですが、原題はHOT MONEY。
競馬用語で賭け金が大量に集まるあたりを指すらしく、競馬にはまっていくマルカムの様子からして、こちらもピッタリですね。

「直線」

ディック・フランシス「直線」ハヤカワ文庫

ちょっと夏風邪ぎみで頭が重いので~安らぎを求めて、お馴染みの作品を読み返しました。
文庫発行は95年、原著は89年の作品です。

騎手デリックは足首骨折で休業中、事故で急死した兄から宝石の輸入会社をはじめとする全てを受け継ぐことになります。
年の離れた兄グレヴィルとは一緒に暮らしたことがなく、大人になってから新たに知り合い始めたばかりのようなもの。
畑違いの仕事に戸惑いながらも、周囲の不信の目を跳ね返し、兄が大量に買い付けたダイヤが行方不明になっている謎を追求していくと、なぜか命を狙われる羽目に…!?

今回のヒーローは成功している現役の騎手でもあるので競馬がらみのシーンもありますが、怪我で休業中ということもあってか、デリックの性格はフランシスの作品の中でも物静かな方でしょう。
淡々としていてやや孤独がちだが内面は真っ直ぐなところが兄弟で共通しているようで、兄の人柄を再発見していく様子がさわやかな雰囲気を醸しだしています。

兄の愛人との出会いは一捻りしてあり、会社に勤めている女性達も個性的で、ジューンが可愛い。
兄というのが小道具好きで、最新の機器を取りそろえ、本は中が空になって物が入るようになっているし、床にも机にも隠し戸棚、パソコンには謎々のファイルと遊び心旺盛なのが面白く、古き良き探偵物みたいな楽しさもありますよ。
解説が池澤夏樹氏です。

「帰還」

ディック・フランシス「帰還」ハヤカワ文庫

若手外交官のピーター・ダーウィンが主人公。
フランシスの競馬ミステリ・シリーズの30作目。
競馬シリーズは一作ごとに完結していて、主人公も違います。競馬界が舞台とは限りませんが、どこかで絡んできます。
フランシスが若い頃騎手だった経験を生かして、馬に関してはとりわけ臨場感ある描写が光ります。

ピーターが日本での勤務を終え、次の赴任地の本国へ戻る途中、知り合ったクラブ歌手のヴィッキイ夫妻の窮地を助けたことから、娘の結婚式のためにグロースターシャーへ向かう夫妻を送っていくことになります。
グロースターシャーは偶然にもピーターが12歳までを過ごした土地。
娘の婚約者ケンは大きな動物病院の優秀な医師なのに、手術を施した馬が次々に死亡して信頼を失い、病院は火事で半焼という大変な危機に見舞われます。
友情から、調査に乗り出すピーター。
事件の鍵は彼自身の幼い頃の記憶の中に…!?

病院が舞台で緊迫したシーンの多い、事件性の高いミステリです。
ピーターが直接の被害者でなく、本人はかなり安定した状況にあって、好もしい女性にも出会う、休暇中の出来事というのが捻っています。
ヴィッキイ夫妻の善良さに魅せられて思う「もともと私は、邪悪さより善良さに興味を感じるのだが、それが世間一般の見方でないのは承知している」という18頁の述懐は、作者の本心ではないでしょうか。
知り合ったばかりの人たちのために尽力するメチャ良い奴~! 彼が幼い頃を思い出しながら推理していくのが面白い趣向となっていますね。

原著は91年の作品で、日本での文庫発行は97年。
bk1では既にお取り扱いしていないとのことで~古本で探すしかないらしい?
十年一昔って感じでしょうか。ちょっと寂しいなぁ。図書館にあると思いますけどね。
ベスト5に入ることはないと思うけど~真ん中へんぐらいの出来だと思います。
巻末の赤木かん子氏のあとがきは、女性向けの紹介として一読の価値あり!

「混戦」

ディック・フランシス「混戦」ハヤカワ・ミステリ文庫(菊池光・訳)

今年の初読みです。
2日にくつろいで休むために、懐かしい本を引っ張り出して読みました。

主人公はパイロットのマット・ショア。
かってはエリートだったのが、妻のために忙しい国際線を辞めたところからケチがつきだし、現在は落ちぶれかけたデリイダウン社でチャーター仕事を始めたばかりで、離婚手当にも苦労する毎日。
イギリスで大人気の騎手コリン・ロスを含めた数人を競馬場へ運ぶ仕事を引き受けたところ、飛行機に不審なきしみを感じて乗客の抗議を押して臨時に着陸。降り立った途端、その機が爆発炎上…

競馬界を知らなかったマットがコリンとの友情とその妹との出会いによって、事件に巻き込まれると同時に、新たな人生を見つけていきます。
もとチャンピオン騎手で、パイロットとして従軍したフランシスの経歴が生かされた、臨場感溢れる展開になっています。

日本での発行当時は誰でも知っている超有名騎手というのは存在しなかったので~王選手みたいなもの?って感じでしたが、今なら武豊でしょうね(^^)

文庫では10冊目で、昭和52年の発行になっています。
新書版のハヤカワ・ポケット・ミステリで最初に読んだ時には、3冊目の発行だったような気がしますね。
学生時代に、友達がこの本に出てくるチェロキイという小型機のプラモデルを作ってプレゼントしてくれました。(正確には同じ型番はなかったので、ごく似たタイプ)
もちろん、今でも大事に持っています(^^)

原著は1970年! それほどの古さは感じられませんが~決まり過ぎなぐらいカッコイイ文章に、作家として自信を持ってノリノリになっていくフランシスの初期の勢いが感じられますね。
ファッションは当時流行のものを想像した方が楽しいかな(^^)

思い出もあって、お薦めしたい作品なのですが~現在、文庫は入手困難のようですね。図書館かusedで?(^^)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

bベスト本 | i本屋大賞候補作 | l本屋大賞 | l直木賞 | l芥川賞 | l:日本エッセイスト・クラブ賞 | mf:世界幻想文学大賞 | mf:日本ファンタジーノベル大賞 | m:CWA賞 | m:MWA賞 | m:このミステリーがすごい! | m:アガサ賞 | m:マカヴィティ賞 | name:あさのあつこ | name:万城目学 | name:三上延 | name:三浦しをん | name:上橋菜穂子 | name:上野千鶴子 | name:中島京子 | name:乾くるみ | name:五木寛之 | name:京極夏彦 | name:仁木英之 | name:今野敏 | name:伊坂幸太郎 | name:佐々木譲 | name:佐藤多佳子 | name:佐藤賢一 | name:佐野洋子 | name:勝間和代 | name:北村薫 | name:原田マハ | name:坂木司 | name:大島真寿美 | name:大崎梢 | name:太宰治 | name:姫野カオルコ | name:宇江佐真理 | name:宮下奈都 | name:宮部みゆき | name:小川洋子 | name:小川糸 | name:山之口洋 | name:山崎ナオコーラ | name:山田詠美 | name:島本理生 | name:島田荘司 | name:川上弘美 | name:恩田陸 | name:有川浩 | name:朝井リョウ | name:木内昇 | name:杉本苑子 | name:村上春樹 | name:村上龍 | name:村山早紀 | name:村山由佳 | name:東川篤哉 | name:東野圭吾 | name:松井今朝子 | name:林真理子 | name:柚木麻子 | name:柳広司 | name:栗田有起 | name:桜庭一樹 | name:梨木香歩 | name:森絵都 | name:森見登美彦 | name:森谷明子 | name:横山秀夫 | name:橋本治 | name:池上永一 | name:津村記久子 | name:海原純子 | name:海堂尊 | name:湊かなえ | name:町田康 | name:畠中恵 | name:百田尚樹 | name:矢崎存美 | name:磯崎憲一郎 | name:神田茜 | name:米村圭伍 | name:米澤穂信 | name:綿矢りさ | name:荻原規子 | name:菅野雪虫 | name:葉室麟 | name:角田光代 | name:誉田哲也 | name:貴志祐介 | name:辻村深月 | name:近藤史恵 | name:道尾秀介 | name:長野まゆみ | name:香山リカ | name:高田郁 | oその他の作家 | o海外作家:C.J.ボックス | o海外作家:M.C.ビートン | o海外作家:P.Gウッドハウス. | o海外作家:R.D.ウィングフィールド | o海外作家:S.J.ローザン | o海外作家:アガサ・クリスティ | o海外作家:アラン・ブラッドリー | o海外作家:アリアナ・フランクリン | o海外作家:アリス・マンロー | o海外作家:アレグザンダー・マコール・スミス | o海外作家:アンナ・マクリーン | o海外作家:アン・クリーヴス | o海外作家:アン・タイラー | o海外作家:アン・マキャフリイ | o海外作家:アーシュラ・K・ル=グウィン | o海外作家:アーロン・エルキンズ | o海外作家:エリザベス・ギルバート | o海外作家:エレイン・ヴィエッツ | o海外作家:エレン・カシュナー | o海外作家:カズオ・イシグロ | o海外作家:カミラ・レックバリ | o海外作家:カルロス・ルイス・サフォン | o海外作家:キャロル・オコンネル | o海外作家:キンバリー・ウィリス・ホルト | o海外作家:ギヨーム・ミュッソ | o海外作家:クリストファー・プリースト | o海外作家:クレイグ・ライス | o海外作家:クレオ・コイル | o海外作家:ケイト・キングズバリー | o海外作家:ケイト・モス | o海外作家:ケイト・モートン | o海外作家:ゲイル・キャリガー | o海外作家:コニス・リトル | o海外作家:コニー・ウィリス | o海外作家:コリン・ホルト・ソーヤー | o海外作家:コルネーリア・フンケ | o海外作家:サラ・ウォーターズ | o海外作家:サラ・スチュアート・テイラー | o海外作家:サラ・パレツキー | o海外作家:シャロン・フィファー | o海外作家:シャンナ・スウェンドソン | o海外作家:シャーリィ・ジャクスン | o海外作家:シャーレイン・ハリス | o海外作家:シャーロット・マクラウド | o海外作家:ジェイソン・グッドウィン | o海外作家:ジェイニー・ボライソー | o海外作家:ジェイン・オースティン | o海外作家:ジェフリー・ディーヴァー | o海外作家:ジェフリー・フォード | o海外作家:ジェラルディン・ブルックス | o海外作家:ジャニータ・シェリダン | o海外作家:ジャネット・イヴァノヴィッチ | o海外作家:ジュンパ・ラヒリ | o海外作家:ジョアン・フルーク | o海外作家:ジョナサン・キャロル | o海外作家:ジョン・ハート | o海外作家:ジョージ・R.R.マーティン | o海外作家:ジョー・ウォルトン | o海外作家:ジル・チャーチル | o海外作家:スティーグ・ラーソン | o海外作家:ステファニー・メイヤー | o海外作家:スーザン・プライス | o海外作家:スー・グラフトン | o海外作家:タニス・リー | o海外作家:ダイアナ・ウィン ジョーンズ | o海外作家:ダイアナ・ガバルドン | o海外作家:ダン・ブラウン | o海外作家:ディック・フランシス | o海外作家:デイヴィッド・アーモンド | o海外作家:デニス・ルヘイン | o海外作家:デボラ・クロンビー | o海外作家:トレイシー・シュヴァリエ | o海外作家:トーベ・ヤンソン | o海外作家:ドナ・アンドリューズ | o海外作家:ドナ・ジョー・ナポリ | o海外作家:ドミニク・シルヴァン | o海外作家:ドン・ウィンズロウ | o海外作家:ナンシー・ピカード | o海外作家:ネレ・ノイハウス | o海外作家:ノア・ゴードン | o海外作家:パウロ・コエーリョ | o海外作家:パトリシア・A.マキリップ | o海外作家:ピーター・キャメロン | o海外作家:ピーター・ディキンスン | o海外作家:ピーター・トレメイン | o海外作家:ピーター・ラヴゼイ | o海外作家:フランセス・ファイフィールド | o海外作家:フレッド・ヴァルガス | o海外作家:ヘイリー・リンド | o海外作家:ヘニング・マンケル | o海外作家:ベリンダ・バウアー | o海外作家:ベルンハルト・シュリンク | o海外作家:ポール・ドハティ | o海外作家:マイクル・コナリー | o海外作家:マーガレット・アトウッド | o海外作家:マーセデス・ラッキー | o海外作家:ミネット・ウォルターズ | o海外作家:ミュリエル・バルベリ | o海外作家:メアリ・W.ウォーカー | o海外作家:メグ・ガーディナー | o海外作家:メグ・キャボット | o海外作家:ユッシ・エーズラ・オールスン | o海外作家:リサ・クレイパス | o海外作家:リチャード・ノース・パタースン | o海外作家:リース・ボウエン | o海外作家:ルーシー・モード・モンゴメリ | o海外作家:レジナルド・ヒル | o海外作家:レスリー・メイヤー | o海外作家:レーネ・レヘトライネン | o海外作家:ロイス・マクマスター ビジョルド | o海外作家:ロビン・ホブ | o海外作家:ローズマリ・サトクリフ | o海外作家:ローズマリー・マーティン | o海外作家:ローナ・バレット | o海外作家:ローラ・チャイルズ | o海外作家:ローラ・リップマン | o海外作家:ローリー・キング | o海外作家:ローレンス・ブロック | o海外作家:ヴィヴェカ・ステン | o海外作家:ヴォンダ・N.マッキンタイア | お人形 | お人形着物 | お茶 | アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | コージー | ジェイドール | ジェニー | スイーツ | ドールmomoko | ドール:Misaki | ドール:SD | ドール:シドニー | ドール:ピュアニーモ | ドール:プーリップ | ドール:ユノアクルス・アズライト | バービー | ファッション | ファンタジー | フィギュアスケート | ベスト本 | ミステリ | リカちゃん | ロマンス | 介護 | 健康・ダイエット | 児童書・YA | 動物 | 国内作家:あ行 | 国内作家:か行 | 国内作家:さ行 | 国内作家:た行 | 国内作家:な行 | 国内作家:は行 | 国内作家:ま行 | 国内作家:や行 | 国内作家:ら行 | 国内作家:わ行 | 国内小説 | 家事 | 心と体 | 日記 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 歴史もの | 海外小説 | | 病気体験 | 着物 | 経済・政治・国際 | 絵本 | 舞台・バレエ | | 言葉・歌 | 評論・エッセイ | SF