フォト

おすすめ本

「ルリユール」

村山早紀「ルリユール」ポプラ社

ルリユールとは、本の装丁や修復をする仕事。
風早の街で、少女が出会った不思議な造本師の女性とは。
繊細で心洗われるような物語です。

瑠璃は叔母の新盆のために、母や姉より一足早く、おばあちゃんの住む街へやってきました。
ところが、祖母は怪我で入院、瑠璃は数日を一人で過ごすことに。
犬の次郎さんの散歩をしていて、街外れにある不思議なルリユール黒猫工房にたどり着き、クラウディアに出会います。

赤い髪で青い目のクラウディアは、チキンラーメンが好きというチャーミングな女性ですが、ルリユールの腕前は素晴らしく、不可能に思えるほど。
‥もしかして魔女?
黒猫工房の前には、喋る7匹の黒猫が。
相当な思い入れのある人しか、この場所までたどり着けないらしいのです。

子供の頃に借りたままになって傷んでしまった本を修復して欲しいという男性。
思い出の写真は1枚しかないのに、アルバムを作って欲しいという老婦人みよ子の依頼。
家族も家も失われても、幸福な笑顔ばかりの写真が本当はあったことを見て欲しい‥幸せだったのだと。
このエピソードがとくに悲しみを癒されるようで、心温まります。

さらに、クラウディア自身の身の上に遠い昔に起きたこと。この国に来た理由とは‥
出だしの雰囲気からの予想以上に、ファンタジーでした。

クラウディアに頼んで修復の仕事を習い始める瑠璃。
図書館に勤めている母が持ち帰った本の修理を手伝い、本の痛みがわかるみたい、本の声が聞こえるようだといわれたこともあるのです。
瑠璃はやたら家事が出来て、出てくる食べ物は美味しそう! 食べてみたくなりますね。
そんな瑠璃もまた、子供には重すぎる悲しみを抱えていました。
遠い海で亡くなった叔母とは‥

ルリユールという一般名詞がタイトルというのはどうなのか?という気もするけれど。
人は生きている本なのだ、という言葉にこめられた思い。
丁寧な文章で、女性好みの綺麗なイメージが重ねられ、その内容は哀しみをすくい取るようにあたたかく切ない、祈りのこめられた作品という印象でした。

「コンビニたそがれ堂 星に願いを」

村山早紀「コンビニたそがれ堂 星に願いを」ポプラ文庫ピュアフル

シリーズ3作目。
短編集で、1話ごとに独立しているので、この本から読んでも大丈夫です。

海辺にある風早町の駅前商店街の外れ。
赤い鳥居が並ぶあたり。
たそがれ時に、不思議なコンビニが現れる…
大事な探し物がある人は、そこで見つけられるという。

「星に願いを」
素敵なお弁当箱を飼いたくて探し歩く少女・愛。
ダッフルコートが大きすぎる小学6年生。
真夜中に、お隣のお兄ちゃんの家の庭で流星群を見る約束をしていました。
お隣はもう引っ越してしまうので、4歳年上のお兄ちゃんと一緒に過ごせるのもこれが最後。
お弁当を作って、告白しようと思ったのです。
でも、お料理は大苦戦!
不思議なコンビニで買ったお弁当箱と万年筆が見かねてガタガタ言い出します。それぞれに、つくも神がついていて…
お弁当作りに協力するために、思いがけない登場もあります。

「喫茶店コスモス」
宗一郎さんがある朝目覚めると、奥さんの鳩子さんは喫茶店を開ける準備もせず、口もききません。
毎年、一緒に海辺のコスモス畑を見に行っていたのに、今年は宗一郎さんがゴルフなどの予定を入れてしまい、時季を逃したのです。
一面に広がったコスモスの群れは、実は二人が若いときに何度も種をまいたもの。
ちょっと喧嘩してしまったのを反省しつつ、宗一郎さんが気づいたことは…
そして、たそがれ堂での買い物は、鳩子さんに届きます。

「本物の変身ベルト」
新入社員の良太は、8月の暑い日、失恋してしまいます。
急に何もかもが空しくなり、会社を休んでしまう。
アパートの人間関係はゆるいけど快適でしたが、一人暮らしなので、落ち込むときりがありません。
ネットでツイッターをやるのが楽しみだったのに、「失恋しました」と書き込んだきり。
パソコンの画面には、子どもの頃考えた正義の味方「ヒラタマン」の画像があります。
同じアパートの隣の部屋に住む女の子・ののちゃんにはヒラタマンの話をしてあげたこともありました。
風早三郎神社の大祭が行われるという日。
神社といっても小さいのですが、それには理由がありました。
事件を起こそうとしているネットの書き込みを見た良太は、駆けつけます。
そして…

ごく普通の会社員の良太が見本だからと貰った「本物の変身ベルト」
これがなかなか面白いお話でした。
特殊じゃない人だから、良かったのかな。
風早町の戦後の復興の話までが出てきて、宗一郎さんの思い出から繋がりますね。

宗一郎さんを出迎えてくれたシェパードには、もう…
泣きました。

どこまでも優しい雰囲気に包まれた作品です。
何気ない日常生活や可愛らしいモチーフの奥にある、響きあう心と心は熱いのです。
急いで読まないで。
ゆっくりしたペースで、読み終わったら目を閉じて、お茶を飲むように、味わってみて下さい。

「コンビニたそがれ堂―奇跡の招待状」

村山早紀「コンビニたそがれ堂―奇跡の招待状」ポプラ社

1作目でとても好きになった「コンビニたそがれ堂」
シリーズ2作目です。4話収録。

子どもに読み聞かせしても良いような、わかりやすくて、素直な文章。
そして、自然に気持ちを引きこんでいく…
ちょっとくたびれた大人にもオススメ。

1作目よりはホラー色が強いというか~ややドラマチックな展開で、中高校生向けみたいな色彩が感じられます。

風早町の駅前商店街の外れ、赤い鳥居が立つ路地のあたり。
たそがれ時に、不思議なコンビニが現れることがあるのです。
カウンターの向こうには、長い銀色の髪に金の瞳をした美しい青年がいて、にこやかに出迎えてくれます。
大事な探し物がある人は、どんな物でも、そこで見つけることが出来るという…

10歳のさゆきは、風早町に越してきて1週間。
冬休みは祖父母の住む田舎~つまり、亡くなった母の両親の元で過ごしました。
雪の積もった森の中の空き地で、雪だるまと雪ウサギを作り、楽しく過ごしたのですが。
まだ風早町にはなじんでいませんでした。
おつかいを買って出たさゆきは道に迷い、帰りが遅くなってしまいました。
最近一緒に暮らし始めたばかりの継母に、誤解されるのではないかと心配し始めます。
友達のいないさゆきが、願ったことは…?

「エンドレス・オンライン」というゲームの中では勇者の真衣は、17歳の少女。
リアルではひきこもりで、身体も弱いのです。
学校でいじめに遭っていたが、遠い岩手に住む従姉妹の秋姫(あき)が、支えとなってくれていました。
秋姫は、明るくて、綺麗で、はっきりした性格。
真衣に会いに来てくれようとした矢先に…

ライターの佐藤薫子は、「クリスマスの思い出」というテーマのエッセイを書こうとして苦労していました。
10年前のクリスマス。
学生時代からの友達で名前が一字違いの佐藤薫と、クリスマスに一緒にディナーを食べようと約束し、薫子はドレスを買って用意していたのです。
ところが薫は現れず、以来消息もわからないまま。旅行が好きで、各地を飛び歩いていた薫ではありましたが…

戦国時代。
海辺にある小さな国は、知力に優れた殿様と慈愛深い奥方、両親の良い所を受け継いだ若君に恵まれました。
お城には小さな黒い子猫がいて「ねここ」と名付けられ、可愛がられていたのです。
奇跡のような国に人は集まってきましたが、恐ろしい病が流行るようになります。それは何かの呪法によるものでした。
火の手が上がった城の中で若君をみとったねここは妖怪となり、まだ生きています。
ある日…

何を探しに行って、何を見つけるのか。
そして…?
それは読んでのお楽しみ。

かけがえのない大事なものを失った悲しみ。
寄る辺ない思い。
失ったものがすっかり元に戻ることはない。それでも…
切なくて胸が痛くなりますが…
思いのこもった不思議な出来事の連鎖に、心洗われるようです。
2010年1月、文庫書きおろしで発行。

「コンビニたそがれ堂」

村山早紀「コンビニたそがれ堂」ポプラ文庫ピュアフル

薄い文庫で、優しい雰囲気。
子どもに読み聞かせしても良いような、わかりやすい文章で、素直に心に染み入るよう。
ちょっと疲れている大人にも。心地良く読めます。
児童文学の作家さんなんですね。

風早(かざはや)の町の、駅前商店街のはずれ。
夕暮れ時に歩くと、古い路地に赤い鳥居があるあたりで、いつもは見かけない不思議なコンビニを見つけることがあるという。
おでんが煮えていて、作りたてのお稲荷さんの甘い匂いもします。
レジの中には、長い銀色の髪に、金色の目をしたお兄さんがいて、にっこりしているのでした。
「何をお探しですか?」
大事な探し物がある人は、ここで見つけられるという…

「コンビニたそがれ堂」
小学5年の雄太は、無口で、子どもながら男らしい。
実は動物好きで涙もろい面もあったのですが、それは隠していました。
猫を助けたときに同級生の美音という女の子と、仲良くなります。
ある時、皆の前で、意地を張って冷たくしてしまい…?

「手をつないで」
ある寒い日、えりかのママは不機嫌でした。
突然機嫌が悪くなるときがあり、何故なのか理由もわからない。
リカちゃんを捨てたといわれ、町中を探し回ります。
そして、見つけたのは…?

「桜の声」
ラジオのアナウンサーをしている桜子。
仕事に行き詰まりを感じていましたが、ある日、不思議な出来事が…?

「あんず」
あんずは、小さな猫。
高校生の男の子に拾われて、家族に可愛がられていました。
一度だけ、人間になりたいと思うようになり…

2006年にポプラ社から刊行。
2008年に文庫化。
2010年に新装版が出ました。
著者は1963年、長崎県生まれ。
「シェーラひめのぼうけん」など、著書多数。

その他のカテゴリー

bベスト本 | i本屋大賞候補作 | l本屋大賞 | l直木賞 | l芥川賞 | l:日本エッセイスト・クラブ賞 | mf:世界幻想文学大賞 | mf:日本ファンタジーノベル大賞 | m:CWA賞 | m:MWA賞 | m:このミステリーがすごい! | m:アガサ賞 | m:マカヴィティ賞 | name:あさのあつこ | name:万城目学 | name:三上延 | name:三浦しをん | name:上橋菜穂子 | name:上野千鶴子 | name:中島京子 | name:乾くるみ | name:五木寛之 | name:京極夏彦 | name:仁木英之 | name:今野敏 | name:伊坂幸太郎 | name:佐々木譲 | name:佐藤多佳子 | name:佐藤賢一 | name:佐野洋子 | name:勝間和代 | name:北村薫 | name:原田マハ | name:坂木司 | name:大島真寿美 | name:大崎梢 | name:太宰治 | name:姫野カオルコ | name:宇江佐真理 | name:宮下奈都 | name:宮部みゆき | name:小川洋子 | name:小川糸 | name:山之口洋 | name:山崎ナオコーラ | name:山田詠美 | name:島本理生 | name:島田荘司 | name:川上弘美 | name:恩田陸 | name:有川浩 | name:朝井リョウ | name:木内昇 | name:杉本苑子 | name:村上春樹 | name:村上龍 | name:村山早紀 | name:村山由佳 | name:東川篤哉 | name:東野圭吾 | name:松井今朝子 | name:林真理子 | name:柚木麻子 | name:柳広司 | name:栗田有起 | name:桜庭一樹 | name:梨木香歩 | name:森絵都 | name:森見登美彦 | name:森谷明子 | name:横山秀夫 | name:橋本治 | name:池上永一 | name:津村記久子 | name:海原純子 | name:海堂尊 | name:湊かなえ | name:町田康 | name:畠中恵 | name:百田尚樹 | name:矢崎存美 | name:磯崎憲一郎 | name:神田茜 | name:米村圭伍 | name:米澤穂信 | name:綿矢りさ | name:荻原規子 | name:菅野雪虫 | name:葉室麟 | name:角田光代 | name:誉田哲也 | name:貴志祐介 | name:辻村深月 | name:近藤史恵 | name:道尾秀介 | name:長野まゆみ | name:香山リカ | name:高田郁 | oその他の作家 | o海外作家:C.J.ボックス | o海外作家:M.C.ビートン | o海外作家:P.Gウッドハウス. | o海外作家:R.D.ウィングフィールド | o海外作家:S.J.ローザン | o海外作家:アガサ・クリスティ | o海外作家:アラン・ブラッドリー | o海外作家:アリアナ・フランクリン | o海外作家:アリス・マンロー | o海外作家:アレグザンダー・マコール・スミス | o海外作家:アンナ・マクリーン | o海外作家:アン・クリーヴス | o海外作家:アン・タイラー | o海外作家:アン・マキャフリイ | o海外作家:アーシュラ・K・ル=グウィン | o海外作家:アーロン・エルキンズ | o海外作家:エリザベス・ギルバート | o海外作家:エレイン・ヴィエッツ | o海外作家:エレン・カシュナー | o海外作家:カズオ・イシグロ | o海外作家:カミラ・レックバリ | o海外作家:カルロス・ルイス・サフォン | o海外作家:キャロル・オコンネル | o海外作家:キンバリー・ウィリス・ホルト | o海外作家:ギヨーム・ミュッソ | o海外作家:クリストファー・プリースト | o海外作家:クレイグ・ライス | o海外作家:クレオ・コイル | o海外作家:ケイト・キングズバリー | o海外作家:ケイト・モス | o海外作家:ケイト・モートン | o海外作家:ゲイル・キャリガー | o海外作家:コニス・リトル | o海外作家:コニー・ウィリス | o海外作家:コリン・ホルト・ソーヤー | o海外作家:コルネーリア・フンケ | o海外作家:サラ・ウォーターズ | o海外作家:サラ・スチュアート・テイラー | o海外作家:サラ・パレツキー | o海外作家:シャロン・フィファー | o海外作家:シャンナ・スウェンドソン | o海外作家:シャーリィ・ジャクスン | o海外作家:シャーレイン・ハリス | o海外作家:シャーロット・マクラウド | o海外作家:ジェイソン・グッドウィン | o海外作家:ジェイニー・ボライソー | o海外作家:ジェイン・オースティン | o海外作家:ジェフリー・ディーヴァー | o海外作家:ジェフリー・フォード | o海外作家:ジェラルディン・ブルックス | o海外作家:ジャニータ・シェリダン | o海外作家:ジャネット・イヴァノヴィッチ | o海外作家:ジュンパ・ラヒリ | o海外作家:ジョアン・フルーク | o海外作家:ジョナサン・キャロル | o海外作家:ジョン・ハート | o海外作家:ジョージ・R.R.マーティン | o海外作家:ジョー・ウォルトン | o海外作家:ジル・チャーチル | o海外作家:スティーグ・ラーソン | o海外作家:ステファニー・メイヤー | o海外作家:スーザン・プライス | o海外作家:スー・グラフトン | o海外作家:タニス・リー | o海外作家:ダイアナ・ウィン ジョーンズ | o海外作家:ダイアナ・ガバルドン | o海外作家:ダン・ブラウン | o海外作家:ディック・フランシス | o海外作家:デイヴィッド・アーモンド | o海外作家:デニス・ルヘイン | o海外作家:デボラ・クロンビー | o海外作家:トレイシー・シュヴァリエ | o海外作家:トーベ・ヤンソン | o海外作家:ドナ・アンドリューズ | o海外作家:ドナ・ジョー・ナポリ | o海外作家:ドミニク・シルヴァン | o海外作家:ドン・ウィンズロウ | o海外作家:ナンシー・ピカード | o海外作家:ネレ・ノイハウス | o海外作家:ノア・ゴードン | o海外作家:パウロ・コエーリョ | o海外作家:パトリシア・A.マキリップ | o海外作家:ピーター・キャメロン | o海外作家:ピーター・ディキンスン | o海外作家:ピーター・トレメイン | o海外作家:ピーター・ラヴゼイ | o海外作家:フランセス・ファイフィールド | o海外作家:フレッド・ヴァルガス | o海外作家:ヘイリー・リンド | o海外作家:ヘニング・マンケル | o海外作家:ベリンダ・バウアー | o海外作家:ベルンハルト・シュリンク | o海外作家:ポール・ドハティ | o海外作家:マイクル・コナリー | o海外作家:マーガレット・アトウッド | o海外作家:マーセデス・ラッキー | o海外作家:ミネット・ウォルターズ | o海外作家:ミュリエル・バルベリ | o海外作家:メアリ・W.ウォーカー | o海外作家:メグ・ガーディナー | o海外作家:メグ・キャボット | o海外作家:ユッシ・エーズラ・オールスン | o海外作家:リサ・クレイパス | o海外作家:リチャード・ノース・パタースン | o海外作家:リース・ボウエン | o海外作家:ルーシー・モード・モンゴメリ | o海外作家:レジナルド・ヒル | o海外作家:レスリー・メイヤー | o海外作家:レーネ・レヘトライネン | o海外作家:ロイス・マクマスター ビジョルド | o海外作家:ロビン・ホブ | o海外作家:ローズマリ・サトクリフ | o海外作家:ローズマリー・マーティン | o海外作家:ローナ・バレット | o海外作家:ローラ・チャイルズ | o海外作家:ローラ・リップマン | o海外作家:ローリー・キング | o海外作家:ローレンス・ブロック | o海外作家:ヴィヴェカ・ステン | o海外作家:ヴォンダ・N.マッキンタイア | お人形 | お人形着物 | お茶 | アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | コージー | ジェイドール | ジェニー | スイーツ | ドールmomoko | ドール:Misaki | ドール:SD | ドール:シドニー | ドール:ピュアニーモ | ドール:プーリップ | ドール:ユノアクルス・アズライト | バービー | ファッション | ファンタジー | フィギュアスケート | ベスト本 | ミステリ | リカちゃん | ロマンス | 介護 | 健康・ダイエット | 児童書・YA | 動物 | 国内作家:あ行 | 国内作家:か行 | 国内作家:さ行 | 国内作家:た行 | 国内作家:な行 | 国内作家:は行 | 国内作家:ま行 | 国内作家:や行 | 国内作家:ら行 | 国内作家:わ行 | 国内小説 | 家事 | 心と体 | 日記 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 歴史もの | 海外小説 | | 病気体験 | 着物 | 経済・政治・国際 | 絵本 | 舞台・バレエ | | 言葉・歌 | 評論・エッセイ | SF

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック