フォト

おすすめ本

「褐色の文豪」

佐藤賢一「褐色の文豪」文藝春秋

アレクサンドル・デュマ3部作の真ん中。
波乱の人生を送った同じ名前の三世代を描いたもの。
伝記的な小説です。
一番有名な大デュマから読んでみました。

ナポレオンの時代に将軍にまでなった父アレクサンドルは、カリブ海の植民地(今のハイチ)人を母に持つ黒い肌の大男。
その息子アレクサンドルは、幼い頃に父をなくし、女手ひとつで育てられます。
父よりは薄い色ですが~褐色の肌にちりちりの髪、ぎょろりと大きな目、エネルギッシュな性格は父譲り。
母には溺愛され、そのせいか楽天的な性格に育ちます。
亡き父の話を理想化して思い描いていて、それが幸せでもあったのですが、父にはかなわないという葛藤もどこかに抱いていたらしい。

ナポレオンが敗走してくるのを目撃、英雄の時代は終わったと子供心に思います。
公証人事務所の助手になりますが、身が入らない。
4歳年上の女性と恋仲になっても、双方の親の猛反対で引き裂かれます。

友人ルーヴァンと語り合い、パリに出て劇作家になろうと夢見ます。
当初はそれほど文学青年というわけでもなかったようなのですが。
達筆だったので、オルレアン公の事務所の秘書という仕事口を紹介してもらえます。オルレアン公の図書室の本が読み放題でした。
当時の有名作家ノディエに脚本を持ち込み、面白く描写する天性の才能を見出され、劇作家として成功。
パリでもカトリーヌという年上の恋人が出来ますが、母の反対を恐れて愛人のまま。最初の子供アレクサンドルのことはすごく可愛がるのですが。
母をパリに呼び寄せた後も隠し通します。こういういきさつだったのね‥
周りの人間がデュマを心配したり、嫉妬したり、ああでもないこうでもないと悩むシーンが多く、それも読みどころ。

同じ年齢で早くから天才詩人と認められていたヴィクトル・ユゴーが、突然出てきたデュマの活躍に、プライドを刺激される様子も。
あの「レ・ミゼラブル」を描く前の段階ですね。
「三銃士」のアラミスのモデルが、ユゴーというのは、どうなんでしょう?
理屈っぽくてプライドが高いが、けっこう女好きという‥(笑)

革命後の19世紀フランスは、体制が二転三転していました。
それも時代を追って描かれるので、わかりやすいですよ。
血の気が多いデュマは、将軍だった父の息子だという思いもあって、何かあると参加したがります。
危地に飛び込んでの活躍も、実際にあったのは驚き!

産業革命が進む時代でもあり、新聞が出始めた時代だったというのも、そうだったのかと。
識字率があがったため、新聞を読める人間が増えましたが、あまり固い内容や難しいものは読みこなせない。そこで新聞小説に人気が集まり、そこでデュマの「三銃士」と「モンテクリスト伯」が大ヒット。
モンテクリスト伯が住んでいたような宮殿を手に入れるまでになります。

デュマは歴史資料の下調べを助手に頼んだり、売れない若い作家の原稿に手を入れて世に出したりしていました。デュマが2割ほど手を加えると、魔法のように面白くなるのです。
それはしまいに、デュマ工房というべき体制に。
盗作疑惑の本まで出ますが、助手達は自分の担当だけしていればいいのでデュマの御殿でのんびり飲み食いし、好きなだけ金を持ち出す暮らしぶり。
デュマのほうは、寝る間を惜しんで加筆し続ける状態だったという。

イタリア統一をめぐってガリバルディに協力、充実感を味わったらしい。
ガリバルディの失脚後もしばらくはイタリアにとどまり、ガリバルディとの約束を果たそうとしていたほど。帰国後は力尽きたようにパワーが衰えてしまったそう。それまでの破天荒な活躍で、十分生ききったのだろうとは思いますが。
息子の小デュマは、あちこちにいる愛人の子供達の世話をし続けたそうです。
自分は父に愛されたからと。

地元の友人でともにパリに出てきたルーヴァンは、スウェーデン貴族の末裔。文学の素養はデュマよりもありましたが、作家としてはあまり成功せずじまい。晩年にデュマのところを訪れるシーンも面白い。
デュマの息子とはずっと親しくしていたそうで、ほほえましい。

ドラマチックで、読み応えがありました!

「女信長」

佐藤賢一「女信長」毎日新聞社

織田信長が実は女だったという歴史改変もの。

父の正室だった母・土田御前が、側室に男の子が生まれた悔しさから、最初の子を男だということにしたのです。
父は御長と名付けた娘に見込みを感じ、そのまま信長として跡取りに据えます。
母は弟のほうを跡継ぎに望むのでしたが。
女だから守りに入らない自由な発想で大胆に世の中を変えていき、天下泰平を構想するようになります。
むろん公表は出来ない極秘のことですが、実は女だと明かせば男は言いなりになると覚えていくのでした。

浅井長政は、年下の恋人。
妹のお市を嫁がせてからも、関係は続き、むしろ中身は空っぽだが外見は似た女を側にやって、忘れさせないというぐらいのつもりだったという。
浅井の離反に怒り、お市がそそのかしたと思うのですが、実際には長政が野心から女を見捨てて寝返ったのだと知ることに。

斎藤道三の娘・帰蝶(お濃)は女と結婚してしまったわけだけど、信長とは友達として暮らし、けっこう仲が良かったという設定。
浅井が離反すると、お濃の方に、女を使うのは年齢的にもうそろそろ無理だとさとされてしまいます。

明智光秀は、お濃にとっては従兄で、初恋の男でもありました。
教養があり、女の若さだけではない魅力にも気づいてくれる度量があり、そして自分の出世だけではない~天下泰平を考えている男でした。
信長が、お濃の侍女・御長として光秀と付き合うようになると、お濃とは気まずくなりますが…

無理を重ねて、ヒステリックになっていく信長。
いささか下世話な書き方ですが~
光秀が酷い仕打ちを受けるままになっていた有様というのが、実は女のわがままを受け入れている姿だった?
歴史の上で、いくつか疑問に思っていたような点(信長の死体が発見されなかったこと、秀吉の大返しが早すぎたことなど)が解釈されていくのが面白い。
秀吉ははしっこい男で信長に目をかけられるが、どっちかというと悪役。
あ、蘭丸出てこなかった。
女性ならではの大胆さ、というのは夢がありますね。
ドラマ化されるそうです。

その他のカテゴリー

bベスト本 i本屋大賞候補作 l本屋大賞 l直木賞 l芥川賞 l:日本エッセイスト・クラブ賞 mf:世界幻想文学大賞 mf:日本ファンタジーノベル大賞 m:CWA賞 m:MWA賞 m:このミステリーがすごい! m:アガサ賞 m:マカヴィティ賞 name:あさのあつこ name:万城目学 name:三上延 name:三浦しをん name:上橋菜穂子 name:上野千鶴子 name:中島京子 name:乾くるみ name:五木寛之 name:京極夏彦 name:仁木英之 name:今野敏 name:伊坂幸太郎 name:佐々木譲 name:佐藤多佳子 name:佐藤賢一 name:佐野洋子 name:勝間和代 name:北村薫 name:原田マハ name:坂木司 name:大島真寿美 name:大崎梢 name:太宰治 name:姫野カオルコ name:宇江佐真理 name:宮下奈都 name:宮部みゆき name:小川洋子 name:小川糸 name:山之口洋 name:山崎ナオコーラ name:山田詠美 name:島本理生 name:島田荘司 name:川上弘美 name:恩田陸 name:有川浩 name:朝井リョウ name:木内昇 name:杉本苑子 name:村上春樹 name:村上龍 name:村山早紀 name:村山由佳 name:東川篤哉 name:東野圭吾 name:松井今朝子 name:林真理子 name:柚木麻子 name:柳広司 name:栗田有起 name:桜庭一樹 name:梨木香歩 name:森絵都 name:森見登美彦 name:森谷明子 name:横山秀夫 name:橋本治 name:池上永一 name:津村記久子 name:海原純子 name:海堂尊 name:湊かなえ name:町田康 name:畠中恵 name:百田尚樹 name:矢崎存美 name:碧野圭 name:磯崎憲一郎 name:神田茜 name:米村圭伍 name:米澤穂信 name:綿矢りさ name:荻原規子 name:菅野雪虫 name:葉室麟 name:西加奈子 name:角田光代 name:誉田哲也 name:貴志祐介 name:辻村深月 name:近藤史恵 name:道尾秀介 name:長野まゆみ name:香山リカ name:高田郁 oその他の作家 o海外作家:C.J.ボックス o海外作家:M.C.ビートン o海外作家:P.Gウッドハウス. o海外作家:R.D.ウィングフィールド o海外作家:S.J.ローザン o海外作家:アガサ・クリスティ o海外作家:アラン・ブラッドリー o海外作家:アリアナ・フランクリン o海外作家:アリス・マンロー o海外作家:アレグザンダー・マコール・スミス o海外作家:アンナ・マクリーン o海外作家:アン・クリーヴス o海外作家:アン・タイラー o海外作家:アン・マキャフリイ o海外作家:アーシュラ・K・ル=グウィン o海外作家:アーロン・エルキンズ o海外作家:エミリー・ブライトウェル o海外作家:エリザベス・ギルバート o海外作家:エレイン・ヴィエッツ o海外作家:エレン・カシュナー o海外作家:カズオ・イシグロ o海外作家:カミラ・レックバリ o海外作家:カルロス・ルイス・サフォン o海外作家:キャロル・オコンネル o海外作家:キンバリー・ウィリス・ホルト o海外作家:ギヨーム・ミュッソ o海外作家:クリストファー・プリースト o海外作家:クレイグ・ライス o海外作家:クレオ・コイル o海外作家:ケイト・キングズバリー o海外作家:ケイト・モス o海外作家:ケイト・モートン o海外作家:ゲイル・キャリガー o海外作家:コニス・リトル o海外作家:コニー・ウィリス o海外作家:コリン・ホルト・ソーヤー o海外作家:コルネーリア・フンケ o海外作家:サラ・ウォーターズ o海外作家:サラ・スチュアート・テイラー o海外作家:サラ・パレツキー o海外作家:シャロン・フィファー o海外作家:シャンナ・スウェンドソン o海外作家:シャーリィ・ジャクスン o海外作家:シャーレイン・ハリス o海外作家:シャーロット・マクラウド o海外作家:ジェイソン・グッドウィン o海外作家:ジェイニー・ボライソー o海外作家:ジェイン・オースティン o海外作家:ジェフリー・ディーヴァー o海外作家:ジェフリー・フォード o海外作家:ジェラルディン・ブルックス o海外作家:ジャニータ・シェリダン o海外作家:ジャネット・イヴァノヴィッチ o海外作家:ジュンパ・ラヒリ o海外作家:ジョアン・フルーク o海外作家:ジョナサン・キャロル o海外作家:ジョン・ハート o海外作家:ジョージ・R.R.マーティン o海外作家:ジョー・ウォルトン o海外作家:ジル・チャーチル o海外作家:スティーグ・ラーソン o海外作家:ステファニー・メイヤー o海外作家:スーザン・イーリア・マクニール o海外作家:スーザン・プライス o海外作家:スー・グラフトン o海外作家:タニス・リー o海外作家:ダイアナ・ウィン ジョーンズ o海外作家:ダイアナ・ガバルドン o海外作家:ダン・ブラウン o海外作家:ディック・フランシス o海外作家:デイヴィッド・アーモンド o海外作家:デニス・ルヘイン o海外作家:デボラ・クロンビー o海外作家:トレイシー・シュヴァリエ o海外作家:トーベ・ヤンソン o海外作家:ドナ・アンドリューズ o海外作家:ドナ・ジョー・ナポリ o海外作家:ドミニク・シルヴァン o海外作家:ドン・ウィンズロウ o海外作家:ナンシー・ピカード o海外作家:ネレ・ノイハウス o海外作家:ノア・ゴードン o海外作家:パウロ・コエーリョ o海外作家:パトリシア・A.マキリップ o海外作家:ピーター・キャメロン o海外作家:ピーター・ディキンスン o海外作家:ピーター・トレメイン o海外作家:ピーター・ラヴゼイ o海外作家:フェイ・ケラーマン o海外作家:フランセス・ファイフィールド o海外作家:フレッド・ヴァルガス o海外作家:ヘイリー・リンド o海外作家:ヘニング・マンケル o海外作家:ベリンダ・バウアー o海外作家:ベルンハルト・シュリンク o海外作家:ポール・ドハティ o海外作家:マイクル・コナリー o海外作家:マーガレット・アトウッド o海外作家:マーセデス・ラッキー o海外作家:ミネット・ウォルターズ o海外作家:ミュリエル・バルベリ o海外作家:メアリ・W.ウォーカー o海外作家:メグ・ガーディナー o海外作家:メグ・キャボット o海外作家:ユッシ・エーズラ・オールスン o海外作家:リサ・クレイパス o海外作家:リチャード・ノース・パタースン o海外作家:リース・ボウエン o海外作家:ルーシー・モード・モンゴメリ o海外作家:レジナルド・ヒル o海外作家:レスリー・メイヤー o海外作家:レーネ・レヘトライネン o海外作家:ロイス・マクマスター ビジョルド o海外作家:ロビン・ホブ o海外作家:ローズマリ・サトクリフ o海外作家:ローズマリー・マーティン o海外作家:ローナ・バレット o海外作家:ローラ・チャイルズ o海外作家:ローラ・リップマン o海外作家:ローリー・キング o海外作家:ローレンス・ブロック o海外作家:ヴィヴェカ・ステン o海外作家:ヴォンダ・N.マッキンタイア お人形 お人形着物 お茶 アニメ・コミック ウェブログ・ココログ関連 グルメ・クッキング コージー ジェイドール ジェニー スイーツ ドールmomoko ドール:Misaki ドール:SD ドール:シドニー ドール:ピュアニーモ ドール:プーリップ ドール:ユノアクルス・アズライト バービー ファッション ファンタジー フィギュアスケート ベスト本 ミステリ リカちゃん ロマンス 介護 作品 健康・ダイエット 児童書・YA 動物 国内作家:あ行 国内作家:か行 国内作家:さ行 国内作家:た行 国内作家:な行 国内作家:は行 国内作家:ま行 国内作家:や行 国内作家:ら行 国内作家:わ行 国内小説 家事 心と体 日記 映画・テレビ 書籍・雑誌 歴史もの 海外小説 病気体験 着物 経済・政治・国際 絵本 舞台・バレエ 言葉・歌 評論・エッセイ SF

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック