フォト

おすすめ本

「異邦人」

原田マハ「異邦人(いりびと)」PHP研究所

京都を舞台に、逗留していた資産家の若妻と画家や画廊をめぐる物語。
美術界を扱うのはお手の物ですが、ドラマとしては新境地のようです。

画廊経営者の息子で専務の篁一輝は、資産家の令嬢・菜穂と結婚しました。
東日本大震災後で原発の事故が起き、妊娠中の菜穂は、京都に一時避難することに。
菜穂は美術には目利きで、祖父のコレクションを有する有吉美術館の副館長でもあります。
震災の後の先が見えない空気の中、身重でうつうつと過ごしていた菜穂はある日、老舗画廊で小品『青葉』を発見します。
その絵の作者は、まだ無名の若い娘・白根樹でした。
京都に馴染み、謎めいた白根樹の作品にのめりこんでいく菜穂。
ところが、東京では画廊と有吉不動産の経営は危機に陥っていた‥

最初は、お金持ちのわがままなお嬢さんという印象だった菜穂ですが、じつは美術への感性が鋭く、真摯な気持ちを抱いていることが次第に伝わってきます。
ある意味では、東京の家族に何もわからない小娘のように不当に扱われていて‥そのへんをひっくり返して反逆していく話かも。
鷹野せんの家に預けられてからは、素直な感じに。
ただの観光客ではなく、信頼される人の紹介で、扉が開かれていく醍醐味。
こういう京都なら、知りたいと思いますよね。

悪気はないけど周りに押され気味な夫の困惑。
菜穂の母は、自分を押し通しているけど、その陰には以前からの事情も実はあったのです。
京都画壇の重鎮や、老舗の画商。
どろどろした人間関係は、さわやかな印象が強い原田マハにしては、ねっとりしたストーリー。
ただその描写はあまり突っ込んではいないので、修羅場は追っていません。その辺が原田さんらしい、抑制したタッチになっています。

画家の樹も神秘的な面があっていいけれど、最後に明かされる点は、‥え?
まとまるような、まとまらないような。
芸術家と作品への尊敬が何より輝いているので、他の面が出てくると意外な落ちに感じるようです。

「ジヴェルニーの食卓」

原田マハ「ジヴェルニーの食卓」集英社

印象派の画家のことを身近な女性の視点から描いた短編集。
画家への尊敬と芸術への愛情が感じられて、とてもさわやか。

「うつくしい墓」「エトワール」「タンギー爺さん」「ジヴェルニーの食卓」の4編で、マティス、ピカソ、ドガ、セザンヌ、ゴッホ、モネなどが語られます。

「うつくしい墓」は、アンリ・マティス。
短期間、家政婦を務めた若い女性が、マティスのもとへマグノリア(日本でいうタイサンボク)の花を届けるエピソードから。
うつくしい墓とは、マティスが絵を描いたヴァンスの礼拝堂のことですね。
芸術の生まれる一目惚れの瞬間を常に待ち続けていたマティス。
烈しい性格だったピカソが、マティスとの友情を大事にしていたことも印象に残りました。

「エトワール」とは、バレエ・ダンサーのトップのこと。
バレリーナを柔らかいタッチで描き続けたドガ。
一体だけ、リアルな少女の像を作り、物議をかもしたことがありました。
ライバルだった女優画家メアリー・カサットの視点で。

「タンギー爺さん」とは、ゴッホの有名な絵。
画材屋だっただけでなく、印象派の画家達を熱烈に見守り応援し続けた男だったのですね。
当時としては革命的で、まだ世に容れられていなかった画家たちのことを‥
「ポール・セザンヌが彼自身になるまで」と。

「ジヴェルニーの食卓」は、モネ。
ジヴェルニーといえば、モネが暮らし、庭造りに没頭し、睡蓮を描いた家ですね。
若い頃のモネは暮らしにも困るほどで、自然豊かな環境のパトロンの家に同居して作品を描いたのですが、その後に家の主人が財産を失って国を出て、家に戻らなくなるという事情があったのですね。
それでも、家に残された人々には互いに思いやる、こまやかな暮らしが続いていたこと‥
モネを見守った義理の娘の視点から描いていきます。

人の胸を打つ美しい作品が作られるにいたる環境もまた、切なく、魅力的です。
画家が鍛錬し、時には絶望と闘い、周りの人々の心が寄り添い、作品に命が吹き込まれたその瞬間を見る思い。
絵画の雰囲気に寄り添うような丁寧な文章がいいですね。
長年蓄えた専門家の知識を掘り起こして、優しい心づかいで結晶させた小説でした。
猛烈に、題材になっている作品をまた見たくなりますね。

「まぐだら屋のマリア」

原田マハ「まぐだら屋のマリア」幻冬舎

出奔した青年が降り立った尽果(つきはて)という町。
崖っぷちの店「まぐだら屋」で出会った女性は‥

及川紫紋は、神楽坂の老舗料亭「吟遊」に勤めていました。
いつか店を持つ夢を抱いて、下働きでいいと飛び込んで5年。
ところが店は偽装問題で告発され、紫紋も事件に巻き込まれてしまいます。
死を覚悟して放浪の末、たどり着いたのは「尽果」というバス停。
「まぐだら屋」という小さな店からは美味しそうな匂いが漂い、思いがけず美しい女性マリアが料理していたのです。
店を手伝うことになった紫紋は、謎めいた年上のマリアに惹かれて行きます。

店の持ち主に会うために出向くと、白髪の老女がマリアに露骨な憎しみを向けるのに驚かされます。
老女は町の有力者の桐江だったが、紫紋の料理を気に入り、マリアに惚れないことだけを条件に、正式に雇うことを許したのでした。

精錬所に勤める男達が食事にやってくるほか、尽果の町には、時には絶望した人間が吹き溜まるように現れます。
そんな人々を深く問うことなく受け入れる土地柄でした。
行き倒れていた若者は丸弧と名乗り、4年間引きこもりだったと語ります。

それぞれに重い過去を背負った人間が、身体を動かして食べ物を用意し、生きていることを実感しながら日々を送るうちに、いつしか過去に立ち向かうときを迎える。
現実にあった事件、ありそうな問題を取り入れ、原田さんにしては湿度の高い日本的なねっとりした小説という印象。
苦しみを抱えている様子も、しだいに立ち直るきっかけもわかりやすく、料理はとても美味しそう。
息子を待ち続ける母親の存在の大きさを感じさせる内容ですね。

登場人物は皆、聖書にちなんだ名前で、女性の通称がマリアなのは違和感なく、マグダラのマリアも罪を償う女性というイメージ。
(「まぐだら屋」の意味は違うんですけどね)
聖書の昔から、人の罪や迷い、その償いや再生には通じるところがあるというイメージでしょうか。
紫紋の名前は、キリストの弟子であることを否認して後悔したシモン・ペテロにちなんでいるのでしょうが~音はともかく、こんな漢字、男の子につけるかなあ。それに与羽はまだしも丸弧って‥どうしてもという必然性もないわりに、漢字のセンスがちょっと感情移入を邪魔するところが^^;

絶望から再生するストーリーはあたたかく、読み応えがありました。
きらきらと輝くような印象で、旅立ちも前向きに終わるところが素敵です。
2009年から連載したものに加筆して2011年7月刊行の作品。

「ユニコーン」

原田マハ「ユニコーン―ジョルジュ・サンドの遺言」NHK出版

「貴婦人と一角獣」という美しいタピスリーをめぐる物語。
カラー図版が何枚も入り、美しい装丁で持っていたくなる本です。

19世紀の女流小説家ジョルジュ・サンド。
男名前でデビューし、サロンの花形となり、男装や芸術家との恋愛遍歴で有名でした。
ゆかりの人々が駆けつける葬儀の場面から始まります。
弔辞は「レ・ミゼラブル」の作家ヴィクトル・ユゴー。

サンドはノアンに祖母から継いだ館を持ち、ノアンとパリを行ったり来たりしていました。
病気が流行したために、かねて招かれていたブサックの城に滞在することに。
城の女主人ポーリーヌは寡婦で一族の最後の生き残り。品のいい女性でサンドの愛読者なのでした。サンドの子供達もすぐに懐きます。

サンドが驚いたのは、城中にかかっている見事なタピスリー。
中でも、赤い地に貴婦人と一角獣の絵が織り出されたものには不思議な魅力がありました。
謎めいたモチーフの意味は、何なのか。
オスマン帝国の王子ジェムが亡命していた時代に、ジェムが恋した女性を描いたものという伝説もあるという‥

サンドが、城を訪れた際にこのタピスリーに強い印象を受けたのは、史実。
それを元に、古城の女主人、サンドの見た夢、高名な作家や画家や美術コレクターなどが登場し、タピスリーの謎と行方を描いたムードのある展開。
ただ直接出てこないショパンは有名だけど、もうサンドの作品もあまり読まれていないし、他の人物がどういう人なのか‥

サンド自身が書き残したものも、巻末に載っています。
文中の言葉が冒頭に載っていますが、「まだましだ」という言い方ではタピスリーをあまり褒めてない。
直訳なのでしょうが~文章全体の意図からすると、もっと違う表現がよかったのではと思います。

これは序章なのだそうで、そうとは知らなかったから、この短さはいささか肩すかし。これから何年もかけて、この続きを書くんだそう。
サンドをはじめとして濃厚なキャラが多いので~話はまだまだこれから☆楽しみに待ってますよ!

「でーれーガールズ」

原田マハ「でーれーガールズ」祥伝社

同窓会で甦る高校時代の思い出。
16歳で恋に恋していた頃、夢中で描いていたマンガの中の恋とは。
ユーモアと痛さと懐かしさと。

小日向アユコ(佐々岡鮎子)は、40代の人気漫画家。
岡山で高校時代を過ごし、母校の白鷺女子校から記念講演の依頼が来ます。
27年ぶりに同窓会もしようと同級生からの手紙が。
気まずく別れた親友の秋本武美も来ると聞いて、心が動きます。
思い出のある旭川の鶴見橋に、もう一度、行ってみたい‥

1980年、東京育ちの鮎子は、岡山弁が話せず、クラスで浮いていました。
すごいというような意味の「でーれー」を無理に使ってみたりして、それがまた変だと「でーれー佐々岡」なるあだ名をつけられてしまう。
武美はちょっと大人びた美少女で、鮎子をからかってくるほうでした。
ある日、鮎子がノートに描いている漫画を見た武美は、その「ヒデホとあゆの物語」を気に入ります。
漫画家になる夢を抱いて、恋人も友達もいなかった鮎子が一人想像して作った物語を武美は現実のことと信じ込み、しだいに作中のヒデホを好きになってしまう。
神戸大3年で身長182センチ、ハーフでさらさらのロンゲ、なぜかアユを熱愛してくれるという理想の男性を‥

ゆるやかな高校生活の中で奇妙な三角関係が始まり、それは‥
現実味のある部分は、安定した描写力で懐かしさをそそって微笑ましく読めました。
ただラストの展開が急で、ちょっと感情移入できませんでした。
高校時代の描写のほうが長いから、若い子向けの展開なのかしら~。
でも1980年代をリアルに書けるというのは‥
もう少し大人っぽい味わいでも余韻があったのでは。

「生きるぼくら」

原田マハ「生きるぼくら」徳間書店

とてもいい話でした。
ひきこもりの若者が立ち直っていく話が、淡々と自然に、じつは熱をこめて、描かれています。

学校でのいじめがきっかけで、ひきこもりになった麻生人生。
母は働きづめで、毎日おにぎりと大量のカップ麺を用意しておいてくれましたが、人生が24歳のある日、疲れたと出て行ってしまう。
その正月に来た年賀状を見るようにという書置きを残して。

蓼科に住む祖母のマーサ(真朝)には、両親の離婚後会っていなかったのですが、年賀状を見て訪れることに。
座敷童子のような女の子が同居しているのに驚きますが、つぐみというその子は相次いで両親を失って対人恐怖症になっているという。
マーサおばあちゃんは認知症になっていた‥

マーサおばあちゃんは古来からある農法で米を作っていて、農薬を使わないために大変な手間がかかります。
近所の人に教わりながら、マーサおばあちゃんの田んぼで米を作ることにした人生。
やや上手く行き過ぎの感もありますが、これだけ一気に環境が変わると、そういうこともあるかもしれない。
農業の描写に熱がこもっているため、説得力があります。
作者が何度か取材したというレベルでなく、1年にわたって通い続けたからなんでしょうね。

就活に行き詰って家に逃げ帰ってきた大学生に、さりげなく物を教える立場にいつの間にかなっているという。
母親になかなか連絡を取らないのが気になっていました。
お母さんは本当に疲れたんだろうなあ、でも今突き放せば何とかなるのではないかという感触もどこかであったのでは‥それにしても、はらはらしていたことでしょう。
最後は感動的で、心からほっとしました。

「楽園のカンヴァス」

原田マハ「楽園のカンヴァス」新潮社

キュレーター(学芸員)だった経歴のある著者が、満を持して発表した作品。
ルソーの名画に魅せられた人々が交錯する、凝った構成。
絵画への愛が熱っぽく、引き込まれます。
美術館の内幕物としても面白く、美術史の知識は余裕をもって描かれているのが、さすが。

2000年、倉敷の大原美術館で、監視員をつとめる早川織絵は、思いがけない申し出を受けます。
大規模な展覧会のため、アンリ・ルソーの絵を借り受ける窓口として、MoMA側から指名されたのです。
17年前に帰国、シングルマザーとして実家でひっそりと子育てをしていた織絵でしたが‥

1983年、スイスのバーゼルに、二人の若きキュレーターが呼び出されました。
MoMAつまりニューヨーク近代美術館のティム・ブラウン、30歳。
もう一人は新進気鋭のオリエ・ハヤカワ、26歳でした。
大富豪で伝説的な絵画コレクター、コンラート・バイラーが秘蔵するルソーの知られざる作品「夢をみた」を見せられる二人。
MoMAの所蔵作「夢」とそっくりな題材で、同じタッチの大作なのです。
これが真作か贋作か1週間後に講評し、バイラーが気に入ったほうにこの絵の処理権を与えるという。
7日の間に与えられるヒントとして、毎日少しずつ古書を読まされることに。
その内容とは‥

ルソーの晩年、家族を失った孤独な暮らしでしたが、特異な作品に注目する人も出始めていました。
近所に住む美しい洗濯女ヤドヴィガに惹かれ、何かとささやかなプレゼントや作品をあげています。ヤドヴィガは妙な絵を描く変人を最初は相手にしませんが、しだいにその妙な絵にふしぎな魅力を感じ始めます。
若き日のピカソがルソーと関わりがあった様子も、いきいきと描かれていて、夢がありますね。

世界的なオークションハウスや国際刑事警察機構まで登場、怪しげな要素が絡み合いつつ、真贋の判定やいかに?
織絵がヒロインとするならやや説明不足で、何があったか推測は出来るけど、読者には不親切ですが~
真のヒロインはヤドヴィガというか、彼女が入り込んだ世界、彼女の描かれた絵なのでしょう。

芸術には人の運命を狂わせるほどの力がある。
けれども、狂わされた運命が悪いとは限らない。ということでしょうか。
第二の人生のスタートへ、希望の感じられる結末。

著者は1962年生まれ。中学高校を岡山県で暮らす。
森ビル在籍中に、ニューヨーク近代美術館にも勤務。
2002年フリーのキュレーター、カルチャーライターに。
2005年作家デビュー。
この作品は第25回山本周五郎賞受賞。
第147回2012年上期直木賞候補作。
第10回2013年本屋大賞第3位。

原田マハという作家さんをちょっと前までは読んだこともなかったんだなぁ‥と思うと不思議な気がします。
まだ読んでない作品で好評のがいくつもあるので、これからも楽しみ!

「キネマの神様」

原田マハ「キネマの神様」文春文庫

映画への愛で結びついた人々の、敗者復活戦。
だんだん盛り上がる感動作です。

う~ん、まいった。
こういう映画を取り上げるとは。「ニューシネマパラダイス」に「ライフ・イズ・ビューティフル」「フィールド・オブ・ドリームス」!って、‥ ほかにも‥
途中で2回休みましたよ。
こんな書き方されちゃあ、たまったもんじゃないもの‥泣きすぎちゃう。

円山歩は、入院した父の代理でマンションの管理人室を預かっています。
父が日誌に、映画評をたくさん書いているのを見つけました。
歩は休暇を取ったと感謝されていますが、じつは会社を辞めたところ。
大手の再開発企業(デベロッパー)に勤めていた歩は、キャリアウーマンで自慢の娘だったのですが。
初の女性課長として都市型シネコンの仕事に邁進したのが嫉妬されたのか?あらぬ噂を立てられ、孤立してしまったのです‥
父の郷直(さとなお)はギャンブルと映画に金をつぎ込んで借金まみれ、母はその尻拭いをする人生でした。

依存症の家族の会に出席した歩と母は、父の借金を肩代わりするのをやめることにします。
父が通っていた名画座「テアトル銀幕」のオーナー、テラシンこと寺林は、常連の父がすっかり元気をなくしていると心配していました。
ほかの生きがいを見つけるために、歩は父に映画のブログを始めたらどうだと勧めます。

父の投稿をきっかけに、思いがけなく歩は、映画雑誌の老舗「映友」で仕事をすることになります。
かって欧米から映画を輸入し始めた時代の先端にいた親子の会社でしたが、今はここも斜陽になっていました。
「ゴウ」のハンドルネームで書く歩の父の映画評も思わぬ評判を呼び、英訳したものに反応がありました。
「RoseBud」(薔薇のつぼみ)というハンドル名の‥
日米の~おそらく高齢の男二人の映画好きによる丁々発止のやり取りに、注目が集まります。
名画座の存続危機に、ゴウは応援を求めます。日本には名画座というものがあると。新しいものではなく館主のセレクトで選んだ大好きなおすすめの映画をかけるのだと。それがつぶれかけている‥
呼びかけに対して、ローズバッドは?

家で見られる時代になっても、映画館の大画面で見る臨場感、心躍るひとときは特別なもの。
映画のように展開する~愛あふれる物語。
リアルだけど夢があります!

「カフーを待ちわびて」

原田マハ「カフーを待ちわびて」宝島社文庫

2005年第1回日本ラブストーリー大賞受賞作。
原田マハさんのデビュー作です。

沖縄の与那喜島で、小さな店をやりながら、ひとり暮らす友寄明青(ともよせあきお)。
友寄商店は戦前から続くよろずやで、昼間は中休みをとるのんびりしたやり方なのです。
明青が子供の頃に、母は家を出ました。

祖母もなくなった7年前からは、裏の家に住むおばあが、夕食は作ってくれています。
おばあは、ユタという沖縄の巫女。ユタは今も地域の要で、代々続いている家系もあります。神託を受けた後、厳しい修行をしてユタになるんだそうです。
島人(シマンチュ)が折節に相談に来たり祈ったりしている特別な家。おばあは本物の神人(カミンチュ)だと明青は感じていました。
ことあるごとに、おばあはそれを予言するウシラシ(お知らせ)を告げてきたからです。

犬のカフーも一緒にいます。
黒いラブラドール犬。
カフーとは、良い知らせの果報という意味と、幸せという二つの意味があります。

友達と生まれてはじめて島を出て旅行した先で、飛泡神社の絵馬に「嫁に来ないか、幸せにします」と、名前も書いた明青。
崖が心中の名所になっているというところだったのですが。
なんと、「お嫁に行きます」という手紙が来ました。
まさかと驚きつつも、それとなく支度をして、待ちわびる明青。
あきらめた頃になって、すらりとした綺麗な娘・幸がやってきました。
笑顔で店を手伝い、すぐにカフーと仲良しになります。

町では開発計画が進んでいて、乗り気でない数軒も、次第に説得されていきます。
人口800万の島に、観光客を5万集めようというリゾート計画なのです。
かっての級友・俊一がその会社にいるのですが、いかにもやり手で調子がいい男。犬のカフーは俊一が来ると必ず吠え立てていました。
祈りを重ねてきた家を手放したがらないおばあでしたが。
明青は、幸と結婚するために家を売ろうとついに決心します。
ところが、幸の正体を友達から聞かされて‥?

まぶしい日差し、珊瑚の石垣、晴れ晴れとした水平線。
小学校の校庭にある巨大なデイゴに登った思い出。
犬のカフーと散歩し、近所の人とおしゃべりする毎日がなんだか羨ましい。
何気ない生活の中で、ゆったりと育まれるラブストーリー。
気立てが優しく不器用な二人の、控えめな気持ちが、切ない。
大ハッピーエンドではないけれど、たぶんそうなるだろうと‥
想像させる余韻を味わえます。

作者はキュレーター、ライター。
大手総合商社、ニューヨーク近代美術館勤務などを経て、2002年独立。

その他のカテゴリー

bベスト本 i本屋大賞候補作 l本屋大賞 l直木賞 l芥川賞 l:日本エッセイスト・クラブ賞 mf:世界幻想文学大賞 mf:日本ファンタジーノベル大賞 m:CWA賞 m:MWA賞 m:このミステリーがすごい! m:アガサ賞 m:マカヴィティ賞 name:あさのあつこ name:万城目学 name:三上延 name:三浦しをん name:上橋菜穂子 name:上野千鶴子 name:中島京子 name:乾くるみ name:五木寛之 name:京極夏彦 name:仁木英之 name:今野敏 name:伊坂幸太郎 name:佐々木譲 name:佐藤多佳子 name:佐藤賢一 name:佐野洋子 name:勝間和代 name:北村薫 name:原田マハ name:坂木司 name:大島真寿美 name:大崎梢 name:太宰治 name:姫野カオルコ name:宇江佐真理 name:宮下奈都 name:宮部みゆき name:小川洋子 name:小川糸 name:山之口洋 name:山崎ナオコーラ name:山田詠美 name:島本理生 name:島田荘司 name:川上弘美 name:恩田陸 name:有川浩 name:朝井リョウ name:木内昇 name:杉本苑子 name:村上春樹 name:村上龍 name:村山早紀 name:村山由佳 name:東川篤哉 name:東野圭吾 name:松井今朝子 name:林真理子 name:柚木麻子 name:柳広司 name:栗田有起 name:桜庭一樹 name:梨木香歩 name:森絵都 name:森見登美彦 name:森谷明子 name:横山秀夫 name:橋本治 name:池上永一 name:津村記久子 name:海原純子 name:海堂尊 name:湊かなえ name:町田康 name:畠中恵 name:百田尚樹 name:矢崎存美 name:碧野圭 name:磯崎憲一郎 name:神田茜 name:米村圭伍 name:米澤穂信 name:綿矢りさ name:荻原規子 name:菅野雪虫 name:葉室麟 name:西加奈子 name:角田光代 name:誉田哲也 name:貴志祐介 name:辻村深月 name:近藤史恵 name:道尾秀介 name:長野まゆみ name:香山リカ name:高田郁 oその他の作家 o海外作家:C.J.ボックス o海外作家:M.C.ビートン o海外作家:P.Gウッドハウス. o海外作家:R.D.ウィングフィールド o海外作家:S.J.ローザン o海外作家:アガサ・クリスティ o海外作家:アラン・ブラッドリー o海外作家:アリアナ・フランクリン o海外作家:アリス・マンロー o海外作家:アレグザンダー・マコール・スミス o海外作家:アンナ・マクリーン o海外作家:アン・クリーヴス o海外作家:アン・タイラー o海外作家:アン・マキャフリイ o海外作家:アーシュラ・K・ル=グウィン o海外作家:アーロン・エルキンズ o海外作家:エミリー・ブライトウェル o海外作家:エリザベス・ギルバート o海外作家:エレイン・ヴィエッツ o海外作家:エレン・カシュナー o海外作家:カズオ・イシグロ o海外作家:カミラ・レックバリ o海外作家:カルロス・ルイス・サフォン o海外作家:キャロル・オコンネル o海外作家:キンバリー・ウィリス・ホルト o海外作家:ギヨーム・ミュッソ o海外作家:クリストファー・プリースト o海外作家:クレイグ・ライス o海外作家:クレオ・コイル o海外作家:ケイト・キングズバリー o海外作家:ケイト・モス o海外作家:ケイト・モートン o海外作家:ゲイル・キャリガー o海外作家:コニス・リトル o海外作家:コニー・ウィリス o海外作家:コリン・ホルト・ソーヤー o海外作家:コルネーリア・フンケ o海外作家:サラ・ウォーターズ o海外作家:サラ・スチュアート・テイラー o海外作家:サラ・パレツキー o海外作家:シャロン・フィファー o海外作家:シャンナ・スウェンドソン o海外作家:シャーリィ・ジャクスン o海外作家:シャーレイン・ハリス o海外作家:シャーロット・マクラウド o海外作家:ジェイソン・グッドウィン o海外作家:ジェイニー・ボライソー o海外作家:ジェイン・オースティン o海外作家:ジェフリー・ディーヴァー o海外作家:ジェフリー・フォード o海外作家:ジェラルディン・ブルックス o海外作家:ジャニータ・シェリダン o海外作家:ジャネット・イヴァノヴィッチ o海外作家:ジュンパ・ラヒリ o海外作家:ジョアン・フルーク o海外作家:ジョナサン・キャロル o海外作家:ジョン・ハート o海外作家:ジョージ・R.R.マーティン o海外作家:ジョー・ウォルトン o海外作家:ジル・チャーチル o海外作家:スティーグ・ラーソン o海外作家:ステファニー・メイヤー o海外作家:スーザン・イーリア・マクニール o海外作家:スーザン・プライス o海外作家:スー・グラフトン o海外作家:タニス・リー o海外作家:ダイアナ・ウィン ジョーンズ o海外作家:ダイアナ・ガバルドン o海外作家:ダン・ブラウン o海外作家:ディック・フランシス o海外作家:デイヴィッド・アーモンド o海外作家:デニス・ルヘイン o海外作家:デボラ・クロンビー o海外作家:トレイシー・シュヴァリエ o海外作家:トーベ・ヤンソン o海外作家:ドナ・アンドリューズ o海外作家:ドナ・ジョー・ナポリ o海外作家:ドミニク・シルヴァン o海外作家:ドン・ウィンズロウ o海外作家:ナンシー・ピカード o海外作家:ネレ・ノイハウス o海外作家:ノア・ゴードン o海外作家:パウロ・コエーリョ o海外作家:パトリシア・A.マキリップ o海外作家:ピーター・キャメロン o海外作家:ピーター・ディキンスン o海外作家:ピーター・トレメイン o海外作家:ピーター・ラヴゼイ o海外作家:フェイ・ケラーマン o海外作家:フランセス・ファイフィールド o海外作家:フレッド・ヴァルガス o海外作家:ヘイリー・リンド o海外作家:ヘニング・マンケル o海外作家:ベリンダ・バウアー o海外作家:ベルンハルト・シュリンク o海外作家:ポール・ドハティ o海外作家:マイクル・コナリー o海外作家:マーガレット・アトウッド o海外作家:マーセデス・ラッキー o海外作家:ミネット・ウォルターズ o海外作家:ミュリエル・バルベリ o海外作家:メアリ・W.ウォーカー o海外作家:メグ・ガーディナー o海外作家:メグ・キャボット o海外作家:ユッシ・エーズラ・オールスン o海外作家:リサ・クレイパス o海外作家:リチャード・ノース・パタースン o海外作家:リース・ボウエン o海外作家:ルーシー・モード・モンゴメリ o海外作家:レジナルド・ヒル o海外作家:レスリー・メイヤー o海外作家:レーネ・レヘトライネン o海外作家:ロイス・マクマスター ビジョルド o海外作家:ロビン・ホブ o海外作家:ローズマリ・サトクリフ o海外作家:ローズマリー・マーティン o海外作家:ローナ・バレット o海外作家:ローラ・チャイルズ o海外作家:ローラ・リップマン o海外作家:ローリー・キング o海外作家:ローレンス・ブロック o海外作家:ヴィヴェカ・ステン o海外作家:ヴォンダ・N.マッキンタイア お人形 お人形着物 お茶 アニメ・コミック ウェブログ・ココログ関連 グルメ・クッキング コージー ジェイドール ジェニー スイーツ ドールmomoko ドール:Misaki ドール:SD ドール:シドニー ドール:ピュアニーモ ドール:プーリップ ドール:ユノアクルス・アズライト バービー ファッション ファンタジー フィギュアスケート ベスト本 ミステリ リカちゃん ロマンス 介護 作品 健康・ダイエット 児童書・YA 動物 国内作家:あ行 国内作家:か行 国内作家:さ行 国内作家:た行 国内作家:な行 国内作家:は行 国内作家:ま行 国内作家:や行 国内作家:ら行 国内作家:わ行 国内小説 家事 心と体 日記 映画・テレビ 書籍・雑誌 歴史もの 海外小説 病気体験 着物 経済・政治・国際 絵本 舞台・バレエ 言葉・歌 評論・エッセイ SF

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック