フォト

おすすめ本

「坂木司リクエスト! 和菓子のアンソロジー」

坂木司ほか「坂木司リクエスト! 和菓子のアンソロジー」光文社

坂木司が「和菓子をテーマに、忘れがたい作品を」と依頼して出来たアンソロジー。
一番好きな作家に一番好きなテーマで作品を書いてもらう企画の一つ。

「和菓子のアン」の坂木司ですよ~しかも、近藤史恵や畠中恵も書いてるのです。
これが読まずにいられましょうか。
バラエティに富んでいて、予想外の味わいを楽しめました。

最初の「空の春告鳥」が坂木司。
「和菓子のアン」の続編というか。休日にもデパートの和菓子売り場へ行ったアン。
もっと読みたいお菓子たちと人たちです。

「トマどら」 日明恩
警察官が行きつけの和菓子屋での妙な出来事に気づき‥
トマトドラ焼き、食べてみたくなります。

「チチとクズの国」 牧野修
自殺しようと思いつめて誰もいない実家に戻った男。
そこで父親の幽霊に出会い‥?
気の合わなかった父子だが、意外な共通点ができていました。

「迷宮の松露」 近藤史恵
仕事に行き詰まり、モロッコへと、あても期限もない旅行に出た女性。
異国情緒溢れる世界で、思わぬ和菓子との再会することに。

「融雪」 柴田よしき
ペンションを経営し始めて1年の若い女性。
新鮮な材料で、毎日メニューを工夫しているある日‥

「糖質な彼女」 木地雅映子
ひきこもりの少年が母に連れられて病院へ行き、消えたアイドルに出会います。
病院付属の和菓子を作る作業所があり‥

「時じくの実の宮古」 小川一水
近未来の日本。なんとSFです。
熱帯化が進み、南には人がほとんど住んでいない。
和菓子職人の父と子は、和菓子が盛んだった伝説の土地へと旅をします。
互いに工夫した和菓子を出して勝負しながら‥

「古入道きたりて」 恒川光太郎
南方の洞窟で出会った日本兵二人。
戦前の思い出を聞かされ、帰国後にその土地へと旅をします。
山の中の一軒家に泊まり、古入道を見られるかと‥

「しりとり」 北村薫
歌にこめられた謎を解く話。
夫婦の出会いを思い出す情感。

「甘き織姫」畠中恵
新婚夫婦のもとへ友達が集まって串揚げパーティー。そこへ、難問を抱えてきたのは学生時代以来久しぶりのの友人。
凝りまくった友人の変人ぶりが際立ちますけど、悪気はなさそう。

あまりにも変化に富んでいるので、どういう薦め方をしたらいいのかと紹介が書きづらかったんですよ。
でも風変わりな話もいつまでも覚えているので、これは‥一生覚えているかもしれない!?と。
知らない作家さんに興味を持てたことが良かったです☆

「シフォン・リボン・シフォン」

近藤史恵「シフォン・リボン・シフォン」朝日新聞出版

田舎町の小さな商店街にできたランジェリー・ショップをめぐる話。
淡々と描かれる軽くはない現実に押しつぶされそうなとき、綺麗なランジェリーを選ぶことが、ふと次への一歩を促す。
4話の連作を収録。

第1話
川巻町の商店街は、半ばシャッター通りになりつつあります。
32歳の佐菜子は行きつけの書店がなくなることを知って、がっかり。
骨折して以来動けなくなった母の介護をする身で、仕事は近くのスーパーのパート。
仕事帰りに寄れる店は貴重だったのです。
新しく出来た店はいささか場違いなランジェリーショップで、その名も<シフォン・リボン・シフォン> 品がよく美しい展示に、佐菜子は目を奪われます。
胸が大きいことを少女の頃から恥ずかしく思い、合わないブラに胸を押し込めてきたのでしたが‥
両親の心無い言葉に傷つけられますが、それが以前から自分に刺さった棘だったことにやっと気づくのでした。
背筋を伸ばして、自分を大事にし始める佐菜子。

第2話
商店街で米穀店をやっている60前の均。
悪気はないが、いささか了見が狭い。
一人息子の篤紀が結婚しないことだけが気がかりでした。
ランジェリーショップに息子が出入りしていることに気づき、年上の女性である店主と関係があるのかと疑うのですが、実は‥
頑固親父が漏らした一言が救いに。
均が見る奇妙な夢が、息子の性向にどこかで気づいていたのかもと思わせます。

第3話
ランジェリーショップを経営する水橋かなえ。
東京でファッションビルに店を出して成功していたが、母の介護のために戻ってきたのです。
教員一家に育ち、最初に出版社に勤めただけでも驚かれましたが、店を出すときには「なぜ下着屋なの」と母には詰られた経緯がありました。
かなえは37で乳がんになり、がむしゃらに無理をし過ぎたと反省はしたのですが。今は、乳がんの女性のための品を用意することにも力を入れていました。
好きなことを仕事にする幸福と熱意があれば、親の干渉などはね返せる?

第4話
身綺麗で裕福そうな高齢の女性がかなえの店を訪れ、取り寄せの注文をしてはキャンセルしてしまうことが続きます。
商店街ではすでに知られた存在で、若い頃までは大金持ちだったらしく、いまだにその感覚が忘れられない様子。
その家の嫁が、実はかなえの同級生とわかったり。姑には認知症も出てきたらしい‥

キーワードは「自分を大切にすること」
分かり合えるとはいえないまでも、縁を切るほどのこともなく傍にいるのが家族。
きついことを言う親の側には、捨てられる恐怖心や寂しさがあったことにも気づき始める。
中年になり、老いた親の世話をする立場での実感がこもる結末に、じんわり。

綺麗なもの、可愛いものが大好きな私。
ランジェリーやハンカチやスカーフなどの引き出しはとてもカラフル☆開けて見るだけでも楽しいのです。
そして高校の頃までは合わない下着を着けていて、専門店に行ったら店員さんが張り切ったという経験も。

個人的に琴線に触れる要素が多いので、なんともいえず心惹かれましたが、苦みが強すぎて共感できるとまで言いがたい面も。
ここまでひどいこと言われてないだけ幸せってことかしら~それは家によって違うだろうけど。
親と同居して介護する立場なので、いや~~シビアな現実、掛け値なしの大変さは十分、わかるんだけど!
でも、こういう面ばかりではないのでは‥?という気持ちが一抹、残ります。

「シティ・マラソンズ」

三浦しをん、近藤史恵、あさのあつこ「シティ・マラソンズ」文藝春秋

それぞれにスポーツ系でヒット作のある3人の作家の企画物。
挫折感やほろ苦さ、こだわりや希望…
いい感じです。

「純白のライン」
阿部広和は、不動産会社に勤めています。
社長に呼び出されて、ニューヨーク・シティマラソンに参加するツアーに行かされることに。
社長の娘・真結が参加するので、そのお目付役でした。
家庭的な会社で、若い広和は真結のおもり役もずいぶん務めたものだったのです。
もとは陸上部だった広和ですが、ブランクは10年。
大学4年になって陸上の才能がないとやっと見切りを付けて、就職活動をし、面接で「努力の意味がわからなくなった」と本音を吐いた所、採用されたのでした…

「フィニッシュ・ゲートから」
南野悠斗は、スポーツメーカーのシューズオーダーメイド部門に勤めています。
8年音信不通になっていた友人・冠城湊から、東京マラソンに参加するという電話が入ります。
中学高校と一緒に走っていたのですが、湊は控えの選手で、悠斗のほうが優秀でした。
ところが、焦りから疲労骨折を起こし…

「金色の風」
フランスに留学した香坂夕。
バレエ教室を経営する母のもとで、幼い頃からバレエに打ち込んできましたが、1年前にやめたのです。
妹の朝美のほうがぬきんでた才能があり、朝美のハンブルグ留学が決まった後のことでした。
部屋の前の通りをランニングして通る女性アンナと知り合います。
金色の犬のベガと共に走っていたアンナ。
「あなたもバレエという芸術の一部なのよ」と…

さわやかな読み応え。
スポーツ選手には故障や限界の苦しみがつきものだけど…
挫折もふくめて、すべては糧になる?

「エデン」

近藤史恵「エデン」新潮社

2008年の「サクリファイス」の続編。
ヨーロッパに渡って、フランスのプロチームに加わっている自転車ロードレースの選手・白石誓(ちかう)。
最初はスペインのチームにいましたが、やや格上のパート・ピカルディにはいることが出来たのです。
トップ選手のミッコ・コルホネンとも相性が良く、サポートの力になることが出来ていました。

日本人は一人だけ、というかほとんど東洋人でも一人だけという世界。
チームに入って半年、上手くいっているようでしたが、突然スポンサーが降り、今シーズンが終わればチーム解散が決定してしまうことに。
トップ選手ならば移籍先にも苦労はないのですが、誓ぐらいのレベルでは、どうなるか全くわからない。
チームとして悔いを残さないようにしたい気持ちと、個人として何か実績を見せなければ生き残れないという思いが交錯します。

折しも、ツール・ド・フランスが行われます。
フランスで行われる大きな試合ツール・ド・フランス。
フランス人にトップ選手がいないために、若手のニコラ・ラフォンが期待されていました。
駆け引きには熟練がいるため、若い選手が上に行くことは考えにくいのですが。
気さくなニコラに声を掛けられて、親しくなる誓。
無邪気に見える有望株は、実は孤独でもあるかも知れないのでした。

団体で、長い日数かけて戦う自転車ロードレースのルールは独特ですね。
区間で一度だけでもトップに立てば~それなりに目立つという効果があるのですが、先頭に立っていると風が当たって消耗が激しくなります。
トップを守ったり、チーム全体の結果を考慮しながら、駆け引きもいろいろ。
ほとんどは試合の様子が語られていきますが、後半には事件も。

「サクリファイス」を読んでない人は、そちらをお先に読むことをオススメします。詳しい事情には全く触れられていないので。
基本は、さわやかで~好きな仕事に就いているスポーツ選手。
サクリファイスほどの緊迫感はないかも。
忘れられない過去のある誓の選ぶ道は…?
「サクリファイス」の気分を残しながら、先へ進んでいく誓の背中に声援を送りたくなります。

「天使はモップを持って」

近藤史恵「天使はモップを持って」文春文庫

シリーズ1作目。
夕方になると、さっそうとオフィスビルに現れる女の子・キリコ。
まだ18ぐらいで、渋谷を歩いていそうな服装、明るい色に染めた髪を高い位置でポニーテイルにして、おへそにもピアス。
じつは、ビルの清掃を一手に引き受けている有能な清掃作業員なのです。
新入社員の僕・大介は、とっぴな服装に驚きながら、実は怜悧な彼女にたびたび助けられることに。
会社で起こる小さな謎をキリコと共に解いていく話です。

オペレータールームに配属された大介は、女子社員ばかりの中で少々間が悪い思いをしながら、仕事を覚えていきます。
書類の紛失、保険外交員の墜落死、マルチ商法勧誘社員のと有情、部長がおみやげにするぬいぐるみが切り裂かれた事件、黒い液体で汚されたトイレの謎、ロッカールームで役にも立たない物が盗まれた理由は?など。

不倫やいじめ、困った勧誘など、現実に起こりそうな問題が絡んでいるあたりがほどよい毒を含み、生き抜くヒントにもなっていて~上手いですね。
何でもクリーンにするキリコの大活躍。
最後は、キリコ行方不明?から~~意外な展開へ。
へえぇ…?

「茨姫はたたかう」

近藤史恵「茨姫はたたかう」祥伝社

「サクリファイス」で強烈な印象、そしてフランス料理のシェフが探偵役のシリーズが楽しみな近藤史恵さん。
他にどんなのがあるのかと、借りてみました。
こちらは整体師が探偵役のシリーズで、2作目です。

真面目に生きてきた若い娘・梨花子は書店の正社員。
弟のできちゃった婚で、家を出る羽目になったのです。
アパートで隣になった同じ年頃の礼子や早苗と知り合いますが、かなり違和感を覚えます。
バー勤めの礼子は人なつこいのですが深夜酔って帰るし、イラストレーターの早苗ははっきり物を言うタイプで、互いに批判し合う結果になってしまう。

おもに梨花子の視点から描かれるので、真面目な若い女の子の警戒心がよくわかり、この年頃はありがちかもって気分に。
整体師・合田には、身体の硬さだけでなく、心の有様もずばっと突かれてしまいます。
何となく不満でいる狭い了見から、新しい人と知り合って、しだいに大人になっていく様子が描かれます。
小さな嫌がらせがストーカーのようにエスカレートしていく危険な状況になり、一人で抱え込んでいた梨花子も、とうとう相談を持ちかけます。
知り合いみんなの協力を得て、正体を突き止めることに。

整体師・合田力(ごうだりき)のもとで働く助手の姉妹と、その妹の歩に心惹かれている週刊誌記者・小松崎雄大も前作「カナリヤは眠れない」に続いて登場。
小松崎の視点からも描かれます。

梨花子は合田に「臆病やな」と言われてしまうのですが、臆病ならそんなに危ない目に遭わないでも済む、だからこれまで無事だったので、悪いことではないと言われるのでした。
臆病でなければ経験は広がるが、満身創痍になると。
鋭いですね。
こういった指摘のまっとうさに安心感があります。
整体師に身体見て貰いたいわ~。
平成12年発行。

「ヴァン・ショーをあなたに」

近藤史恵「ヴァン・ショーをあなたに」東京創元社

シリーズ2作目。
フランス料理を出す感じの良いビストロ「パ・マル」のスタッフは、シェフの三舟と志村、ソムリエの女性・金子、ギャルソンの僕。
髪を後ろで結んだ侍ぽい風貌のシェフの三舟が、日常のちょっとした謎を解決していきます。

料理好きな田上夫妻のフライパンが、何度手入れしてもさびるようになったわけは?
近所に店を出すはずの女性パン職人が、急にいなくなったわけは?
シェフが何かを気にしているらしい女性、いつもブイヤベースを頼む客との顛末は…?
冷静な指摘をした後で、内心動転しているシェフがかわいい。
三舟のまっとうな感覚がとてもいいんだけど~正論だけじゃ、恋を失うってことも…?

ストラスブールで、ミリアムおばあちゃんが美味しいヴァン・ショーを作らなくなったわけは?
「ヴァン・ショー」は香料を入れたお腹に優しいホットワイン。
その地に滞在していた男性の視点から描かれます。旅行中の三舟シェフが来合わせて、謎を解く趣向。
クリスマスの時期に、市場でヴァン・ショーを買って飲むって、美味しそう~~!

出てくる料理がいちいち美味しそうなので~近所にあったら通うのに!と思わずにはいられません。
2008年6月発行、初出は「ミステリーズ!」掲載。

「タルト・タタンの夢」

近藤史恵「タルト・タタンの夢」東京創元社

フランス料理の店で起きるささやかな事件を描いた短編集。
ビストロ・パ・マルは、下町の片隅にある~カウンター7席テーブル5という小さなお店だが、味自慢!
料理長の三舟はフランスで10年以上修行して、名字とその風貌からサムライとあだ名されていました。
料理人の志村、ソムリエの金子ゆき。
ギャルソンは僕こと高築智行だけ。つまり、彼が語り手です。

豚足とレンズ豆の煮込み、シュークルート、ブイヤベースなど気どらない料理が主なお店。
こんなお店が近くにあったらなあ!happy01

パティシエはいないのでデザートはよそからも仕込み、料理長や料理人も作ることがありました。
常連の西田が、婚約者と食事をした後に体調を崩したというそのわけは?
その時に出たというデザートのタルト・タタンから、料理長が謎を解きます。

好き嫌いの多いお客と、その愛人の顛末は?
志村とその妻で歌手の麻美のフランス時代の思い出、ガレット・デ・ロワなど。 妻がフランスから買ってきたジャムを人にあげたら、妻が出て行ってしまったという、それほど怒った理由は?等々。

こういうのは、すごく楽しいですね~。
2007年10月発行。

「サクリファイス」

近藤史恵「サクリファイス」新潮社

最近、決まったばかりの本屋大賞2位です。
候補に挙がったと聞いて読んでみたもの。
初めての作家さんで、タイトルでも見当がつかなかったけど~自転車ロードレースの話。
日本ではマイナーなスポーツで、ルールも解りにくいけど、独特なルールゆえの面白さに焦点を当てているので、だんだんに解ってきます。

白石誓(ちか)は中距離でインターハイにも出たほどの選手でしたが、本人は勝つことに意味を感じられないでいました。
チームプレーに魅力を感じてロードレースに転身。アシストに力を尽くします。

5時間以上スピードを出して走るので、先頭にいる選手は風圧を受けて消耗することになるため、競い合うチームでも先頭は時々交替するのがマナー。その辺が紳士のスポーツなんですね。
チームのエースを守るためには、他の選手がその前を走ったり、先頭集団に入って全体を引っ張ったりするという作戦をこらす。個人の成績は二の次で、エースを立てるのが、アシストの役割なんですね。

誓は、ワンマンなエースの石尾豪を尊敬していましたが、石尾には伸びてくる若手をつぶすという黒い噂が…
その真相は?
突っかかってくる同世代のライバルと共に練習し、ベテランのアドバイスを聞きつつ、世界へ出ていくチャンスに胸を弾ませ、別れた恋人との再会に葛藤し…
ぐいぐい引き込んで、あっと言う間に読ませてくれます。
別れた恋人が誓の性格を全く理解していないのが、苦みとして効いてるような…
最近ヒットが多い~女性が描くスポーツものの一つと見ることも出来ますね。

その他のカテゴリー

bベスト本 | i本屋大賞候補作 | l本屋大賞 | l直木賞 | l芥川賞 | l:日本エッセイスト・クラブ賞 | mf:世界幻想文学大賞 | mf:日本ファンタジーノベル大賞 | m:CWA賞 | m:MWA賞 | m:このミステリーがすごい! | m:アガサ賞 | m:マカヴィティ賞 | name:あさのあつこ | name:万城目学 | name:三上延 | name:三浦しをん | name:上橋菜穂子 | name:上野千鶴子 | name:中島京子 | name:乾くるみ | name:五木寛之 | name:京極夏彦 | name:仁木英之 | name:今野敏 | name:伊坂幸太郎 | name:佐々木譲 | name:佐藤多佳子 | name:佐藤賢一 | name:佐野洋子 | name:勝間和代 | name:北村薫 | name:原田マハ | name:坂木司 | name:大島真寿美 | name:大崎梢 | name:太宰治 | name:姫野カオルコ | name:宇江佐真理 | name:宮下奈都 | name:宮部みゆき | name:小川洋子 | name:小川糸 | name:山之口洋 | name:山崎ナオコーラ | name:山田詠美 | name:島本理生 | name:島田荘司 | name:川上弘美 | name:恩田陸 | name:有川浩 | name:朝井リョウ | name:木内昇 | name:杉本苑子 | name:村上春樹 | name:村上龍 | name:村山早紀 | name:村山由佳 | name:東川篤哉 | name:東野圭吾 | name:松井今朝子 | name:林真理子 | name:柚木麻子 | name:柳広司 | name:栗田有起 | name:桜庭一樹 | name:梨木香歩 | name:森絵都 | name:森見登美彦 | name:森谷明子 | name:横山秀夫 | name:橋本治 | name:池上永一 | name:津村記久子 | name:海原純子 | name:海堂尊 | name:湊かなえ | name:町田康 | name:畠中恵 | name:百田尚樹 | name:矢崎存美 | name:磯崎憲一郎 | name:神田茜 | name:米村圭伍 | name:米澤穂信 | name:綿矢りさ | name:荻原規子 | name:菅野雪虫 | name:葉室麟 | name:角田光代 | name:誉田哲也 | name:貴志祐介 | name:辻村深月 | name:近藤史恵 | name:道尾秀介 | name:長野まゆみ | name:香山リカ | name:高田郁 | oその他の作家 | o海外作家:C.J.ボックス | o海外作家:M.C.ビートン | o海外作家:P.Gウッドハウス. | o海外作家:R.D.ウィングフィールド | o海外作家:S.J.ローザン | o海外作家:アガサ・クリスティ | o海外作家:アラン・ブラッドリー | o海外作家:アリアナ・フランクリン | o海外作家:アリス・マンロー | o海外作家:アレグザンダー・マコール・スミス | o海外作家:アンナ・マクリーン | o海外作家:アン・クリーヴス | o海外作家:アン・タイラー | o海外作家:アン・マキャフリイ | o海外作家:アーシュラ・K・ル=グウィン | o海外作家:アーロン・エルキンズ | o海外作家:エリザベス・ギルバート | o海外作家:エレイン・ヴィエッツ | o海外作家:エレン・カシュナー | o海外作家:カズオ・イシグロ | o海外作家:カミラ・レックバリ | o海外作家:カルロス・ルイス・サフォン | o海外作家:キャロル・オコンネル | o海外作家:キンバリー・ウィリス・ホルト | o海外作家:ギヨーム・ミュッソ | o海外作家:クリストファー・プリースト | o海外作家:クレイグ・ライス | o海外作家:クレオ・コイル | o海外作家:ケイト・キングズバリー | o海外作家:ケイト・モス | o海外作家:ケイト・モートン | o海外作家:ゲイル・キャリガー | o海外作家:コニス・リトル | o海外作家:コニー・ウィリス | o海外作家:コリン・ホルト・ソーヤー | o海外作家:コルネーリア・フンケ | o海外作家:サラ・ウォーターズ | o海外作家:サラ・スチュアート・テイラー | o海外作家:サラ・パレツキー | o海外作家:シャロン・フィファー | o海外作家:シャンナ・スウェンドソン | o海外作家:シャーリィ・ジャクスン | o海外作家:シャーレイン・ハリス | o海外作家:シャーロット・マクラウド | o海外作家:ジェイソン・グッドウィン | o海外作家:ジェイニー・ボライソー | o海外作家:ジェイン・オースティン | o海外作家:ジェフリー・ディーヴァー | o海外作家:ジェフリー・フォード | o海外作家:ジェラルディン・ブルックス | o海外作家:ジャニータ・シェリダン | o海外作家:ジャネット・イヴァノヴィッチ | o海外作家:ジュンパ・ラヒリ | o海外作家:ジョアン・フルーク | o海外作家:ジョナサン・キャロル | o海外作家:ジョン・ハート | o海外作家:ジョージ・R.R.マーティン | o海外作家:ジョー・ウォルトン | o海外作家:ジル・チャーチル | o海外作家:スティーグ・ラーソン | o海外作家:ステファニー・メイヤー | o海外作家:スーザン・プライス | o海外作家:スー・グラフトン | o海外作家:タニス・リー | o海外作家:ダイアナ・ウィン ジョーンズ | o海外作家:ダイアナ・ガバルドン | o海外作家:ダン・ブラウン | o海外作家:ディック・フランシス | o海外作家:デイヴィッド・アーモンド | o海外作家:デニス・ルヘイン | o海外作家:デボラ・クロンビー | o海外作家:トレイシー・シュヴァリエ | o海外作家:トーベ・ヤンソン | o海外作家:ドナ・アンドリューズ | o海外作家:ドナ・ジョー・ナポリ | o海外作家:ドミニク・シルヴァン | o海外作家:ドン・ウィンズロウ | o海外作家:ナンシー・ピカード | o海外作家:ネレ・ノイハウス | o海外作家:ノア・ゴードン | o海外作家:パウロ・コエーリョ | o海外作家:パトリシア・A.マキリップ | o海外作家:ピーター・キャメロン | o海外作家:ピーター・ディキンスン | o海外作家:ピーター・トレメイン | o海外作家:ピーター・ラヴゼイ | o海外作家:フランセス・ファイフィールド | o海外作家:フレッド・ヴァルガス | o海外作家:ヘイリー・リンド | o海外作家:ヘニング・マンケル | o海外作家:ベリンダ・バウアー | o海外作家:ベルンハルト・シュリンク | o海外作家:ポール・ドハティ | o海外作家:マイクル・コナリー | o海外作家:マーガレット・アトウッド | o海外作家:マーセデス・ラッキー | o海外作家:ミネット・ウォルターズ | o海外作家:ミュリエル・バルベリ | o海外作家:メアリ・W.ウォーカー | o海外作家:メグ・ガーディナー | o海外作家:メグ・キャボット | o海外作家:ユッシ・エーズラ・オールスン | o海外作家:リサ・クレイパス | o海外作家:リチャード・ノース・パタースン | o海外作家:リース・ボウエン | o海外作家:ルーシー・モード・モンゴメリ | o海外作家:レジナルド・ヒル | o海外作家:レスリー・メイヤー | o海外作家:レーネ・レヘトライネン | o海外作家:ロイス・マクマスター ビジョルド | o海外作家:ロビン・ホブ | o海外作家:ローズマリ・サトクリフ | o海外作家:ローズマリー・マーティン | o海外作家:ローナ・バレット | o海外作家:ローラ・チャイルズ | o海外作家:ローラ・リップマン | o海外作家:ローリー・キング | o海外作家:ローレンス・ブロック | o海外作家:ヴィヴェカ・ステン | o海外作家:ヴォンダ・N.マッキンタイア | お人形 | お人形着物 | お茶 | アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | コージー | ジェイドール | ジェニー | スイーツ | ドールmomoko | ドール:Misaki | ドール:SD | ドール:シドニー | ドール:ピュアニーモ | ドール:プーリップ | ドール:ユノアクルス・アズライト | バービー | ファッション | ファンタジー | フィギュアスケート | ベスト本 | ミステリ | リカちゃん | ロマンス | 介護 | 健康・ダイエット | 児童書・YA | 動物 | 国内作家:あ行 | 国内作家:か行 | 国内作家:さ行 | 国内作家:た行 | 国内作家:な行 | 国内作家:は行 | 国内作家:ま行 | 国内作家:や行 | 国内作家:ら行 | 国内作家:わ行 | 国内小説 | 家事 | 心と体 | 日記 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 歴史もの | 海外小説 | | 病気体験 | 着物 | 経済・政治・国際 | 絵本 | 舞台・バレエ | | 言葉・歌 | 評論・エッセイ | SF

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック