フォト

おすすめ本

「月は誰のもの 髪結い伊三次捕物余話」

宇江佐真理「月は誰のもの 髪結い伊三次捕物余話」文春文庫

人気シリーズの14作目。
ただし、初の文庫書下ろし。

8作目の「我、言挙げす」のラストで火事があって家を無くした伊三次とお文一家。
9作目「今日を刻む時計」では、10年後の話になっていたのです。
この10年間の空白に起きた出来事を描く内容になっています。

伊三次の妻で芸者のお文は父親を知りませんでしたが、察してはいました。
お座敷の客として訪れた侍の海野との偶然の出会いから、互いにそれと気づきます。
さっぱりした気性のお文の、胸のうちに秘めた思いが切ない。
互いに名乗りはしないまま、手を差し伸べてくれる実の父親の気持ちを受け取ります。
祖父とは知らずに懐いていた伊予太の言葉がタイトルというのもいいですね。

一方、不破の息子龍之進ら奉行所の見習いの若い者らは、無頼派を名乗る若者集団を追っていました。
事件が落ち着いた後にふと出会い、互いを認め合う成り行きがまた妙味があります。

伊三次が焼け出されてお文と離れていた時期の出来事。
不破友之進の妻いなみの、年を重ねた妻の思い。
一捻りした味わいが深く、読んでいてこちらも江戸市中をさまよい、人の心にまで共感したような心地になりました☆

「心に吹く風 髪結い伊三次捕物余話」

宇江佐真理「心に吹く風 髪結い伊三次捕物余話」文春文庫

髪結い伊佐次捕物余話もシリーズ10作目。
今回は、伊三次の息子の伊予太が戻ってきたのを発端に、さまざまな出来事が絡み合います。

伊予太は絵師の見習いとなっていましたが、兄弟子とけんかになり飛び出してしまう。
詳しいことを話さない息子に、親の伊三次とお文はまずは見守るのみ。

不破の息子・龍之進は前作で、後輩の姉である若い娘きいを嫁に迎えました。
きいの視点からも描かれ、生き生きしたけなげなキャラクターと行動力で、この世界を明るくしてくれています。

町人の出の兄嫁きいに、妹の茜は違和感を隠さない。
男装で道場に通う茜に、思いがけない縁談が‥
気の強い茜が唯一素直になるのは、幼馴染の伊予太だけ。
身分違いなので、本気で考えることもしないで育ちましたが、ここへ来てお互いの気持ちは‥?
意外な道を選ぶ茜。
奥女中に腕の立つ娘を警護役として雇うというのがあるのですね。

事件が起きては解決するうちに、家族にも成長が。
意外な展開の中に、納得のいく流れがあって、なるほど~としみじみします。
ちょっと甘酸っぱく、それぞれの幸せを祈る気持ちになる読後感。

愛読していたシリーズですが、ちょっと間が開いて、この後書きで作者が闘病中と知り、驚きました。
惜しくもなくなられましたが、まだ読んでいない作品を読んだり、好きな作品を読み返したり、頭の中の世界はずっと続きます☆

「今日を刻む時計」

宇江佐真理「今日を刻む時計―髪結い伊三次捕物余話」文春文庫

人気シリーズ9作目。
大火の10年後、無事に暮らしている人々に起きている変化は‥?

髪結いの伊三次と妻のお文は大火事で家を失ったものの、家族は無事。
その後に生まれた娘のお吉もすくすく育って、明るさを振りまいています。
伊三次は義兄が倒れたために、あまり仲がよくなかった義兄の店を半ば継いだような状態で手伝って働き、伯父と仲のいいお吉もその店に見舞いに通っています。

不破の息子の龍之進は、芸者のお文の働く料理茶屋に入り浸りとなり、まわりに心配をかけている状態。
というのは仲間内で一人だけ結婚が決まらず、その理由というのが‥
とはいえ、仕事となれば駆けつけ、周りが困っているところに乗り込んで、勢いで捕縛したりするのが妙にカッコイイ。
このくだりは新作歌舞伎になりそう!
(海老蔵に似合うでしょう)

大店の娘おゆうが龍之進の母いなみに行儀見習いに来たり。
そこへ妹の茜やお吉も参加したりと、それぞれ違う個性が出会い、巣立っていく様子が描かれます。
龍之進の後輩の姉に、いきのいい女の子が登場。
恋愛模様が多い回でしたね。

伊三次とお文もそれぞれにらしさを発揮する機会があり、満足な読み応えでした☆
作者急逝は惜しまれますが‥
読んでない作品を大事に読んでいきたいと思います。

「我、言挙げす―髪結い伊三次捕物余話」

宇江佐真理「「我、言挙げす―髪結い伊三次捕物余話」

髪結い伊三次捕物余話、8作目。
2011年には出ていたんですね。

主人公はシリーズ名どおり、廻り髪結いの伊三次。
町方同心不破友之進の手伝いもしているのですが、その息子の龍之進の力になる機会も増えています。
じつは‥若い世代の話ばかりで、伊三次以上にごひいきだった、妻で芸者でもあるお文の出番が少ないのでちょっと飽きてきて、しばらく読むのを休んでいましたが。
ものすごく読みやすかった!
やっぱり、好きなシリーズです☆

龍之進も番方若同心になり、進境を見せるところがすがすがしく、頼もしい。
「委細かまわず」では、上役の小早川と対峙して成長していく。
「黒い振袖」では、ある藩の姫が行方不明となった事件を若手で捜査することに。
お家騒動の渦中にあり、喪服がわりに黒い振り袖を着た、かがり姫。
ひととき危機を共にしたことで、忘れられない相手に。

「明烏」は、久々にお文が主役。
夢の中、異界へ迷い込んだような形で、生みの母のいる美濃屋に引き取られた場合の生活ぶりが描かれます。
嬉しさと違和感と寂しさと。
そして、今の幸福をかみしめる。
いい味わいの話でした。

「我、言挙げす」という題は、内容が想像できませんでしたが、いい言葉ですねえ。
龍之進は、かって上司の不正を告発しようとして閑職に追いやられた人物・精右衛門へ、「言挙げなさった」という言葉で、共感を伝えるのです。

ラストは火事で家が焼けてしまうという衝撃的な結末ですが、この続きで暮らしが立ち直っていく様子もちゃんと出版されているので、続けて読みつなぎましょう☆

「おぅねすてぃ」

宇江佐真理「おぅねすてぃ」新潮文庫

安心して読める宇江佐真理さんの作品。
単発です。
「八重の桜」も終わりかけて、明治時代の話が読みたいと思って、見つけました。

明治5年。
函館の商社で働く雨竜千吉は、英語の通詞(通訳のこと)になる夢を抱いていました。
幼馴染のお順は、通詞の娘で、英語が出来る子でした。お順がアメリカ人の妻になったと知って、ショックを受ける千吉。
何の約束もしてはいなかったのですが‥
お順は正式な妻になったのですが、それでも洋妾(らしゃめん)呼ばわりされていました。
再会した二人の心は通じ合い、お順は夫に離婚を申し出ます。
夫は1年間は再婚せず、男とも付き合わないという条件をつけ、配下に監視させました。

千吉は仕事の都合でお順とすれ違うことに。
夫との約束のために千吉と連絡が取れないお順は、女学校の助手となりますが‥?
急激に変化する当時の状況を丁寧に盛り込みながら描かれるのが面白い。
歴史上有名な人物も、出てきます。
いささか優柔不断な千吉と、もともと気風のいいお順の、もどかしい恋のみちゆき。
武家の出の千吉と町人のお順とでは、ちょっと前ならむしろ結婚が難しかったというのも不思議な時代ですよね。 
平成13年に刊行された作品。

「雨を見たか」

宇江佐真理「雨を見たか―髪結い伊三次捕物余話」文春文庫

廻り髪結いの伊三次は、お文と所帯を持ってはや数年。
息子の伊与太は病気もしましたが、すくすく育っています。

元深川芸者のお文は一度は芸者をやめましたが、今は桃太郎という名で日本橋で芸者をやっています。
何かあってもお文がいれば安心と、若い芸者にも頼りにされていました。
正月には黒紋付きに裾模様のある着物で座敷に出ます。
呉服問屋のお座敷で年増扱いされて、気を悪くしますが、じつは…?

伊三次は、町方同心の不破友之進の手伝いもしています。
伊与太と同じ年頃の不破の娘・茜は、大人しい伊与太と違って手が掛かるやんちゃ娘。
行方不明になって大騒動となりますが…?

不破の長男・龍之進は元服して、父もいる北町奉行所の同心見習いとなりました。
これは前作からで、若い世代の話の比重が多くなっています。
要所要所に出てくる大人達の言動が引き締め、お文の気っぷの良さは光っていますけどね。

見習い組には、6人の若者がいます。
同心の緑川の息子で、気性の激しい鉈五郎。
大人びている春日多聞。
勤勉で、調べ物が得意な西尾左内。
元は商人で養子になった古川喜六。
ものぐさな橋口譲之進という面々。
左内の姉が実家に戻っており、労咳なので離婚話が持ち上がります。
大人の世界をかいま見る龍之進。

その頃、本所無頼派という顔を隠した暴れん坊6人が町で問題を起こしており、最初は人を驚かせるだけでしたが、次第に深刻になってきます。
同じ年頃の旗本の次男三男がやっていることと目星を付けた見習い組は、我が手で召し捕りたいと探索を続けていました。
長男以外は、どこかに養子縁組が出来なければ一生、部屋住みの身。
これは、養子先が決まった者は抜けていく、ということでもありました。

無頼派の一人が、辻斬りを行ったと龍之進らは目を付けます。
しかし、町方の出来ることには限界もありました。
勘当された若者を一度は捕らえたのですが…?
侍の社会の成り行きがリアル。
全体的には若者の活気がみなぎっていますが。
心が行き違う哀しさがふと胸に残ります。
2009年8月文庫発行。

「君を乗せる船」

宇江佐真理「君を乗せる舟―髪結い伊三次捕物余話」文春文庫

シリーズ6冊目。
お文と所帯を構えた髪結いの伊三次は、赤ちゃんの伊与太を育てつつ、とりあえず安定した生活をしています。

「妖刀」は、いわくつきの刀が盗まれた事件を探るため、問題の邸へ髪結いに出向く伊三次。
目の前で、凶事が…

伊三次が手伝いをしている定廻り同心の不破友之進の息子が元服することになり、少年の視点での話が多くなりました。
龍之助あらため龍之進として、同心見習いになったのです。
同じ年頃の仲間達六人と、まごまごしながら取り組む仕事の様子が面白い。
その頃、「本所無頼派」と呼ばれる六人組の若い男らが無茶をする事件が起きていて、彼らを自分たちでつかまえられないかと思うようになります。
高い所に登って雄叫びをあげるなどの人騒がせな行為だけれど、逃げ足が速く、おそらく相当な修練を積んでいる。まだ犯罪というほどでもないのですが。
旗本の次男三男が、行き場のない不満をぶつけているのではないかと。

不破の下の子・茜のやんちゃぶり。
女の子なのに、伊与太よりずっと手がかかるんですね。
伊三次の手伝いをしている九兵衛が、本格的に髪結いをめざすことになります。
九兵衛と龍之進の微妙な張り合いもあったり。

伊与太が重い病気にかかり、皆が必死の看病。
当時は赤い物が効くというので、家は赤い物だらけに。

龍之進のほのかな初恋も初々しい。
表題作はそのエピソードから。
龍之進の将来が楽しみだというお文は、さすがに深川芸者だった目利き?
単行本は2005年3月発行。

「撫子が斬る」

宮部みゆき 宇江佐真理 北原亞以子「撫子が斬る」光文社文庫

女性作家による時代小説アンソロジー。
傑作揃い!
読みやすいのもポイントです。

作家は~宇江佐真理、小笠原京、北原亞以子、澤田ふじ子、杉本章子、杉本苑子、築山桂、畠中恵、平岩弓枝、藤水名子、藤原緋沙子、松井今朝子、宮部みゆき、諸田玲子、山崎洋子。
セレクトは宮部みゆきによるもの。自作は編集者による?

人気シリーズの紹介としても、有効ですね。
宇江佐さんは「髪結い伊三次」だし、畠中さんは「しゃばけ」からなので、既に読んでいましたが。
まだまだ全然知らない作家さんがいるわ~。
これを参考に、読んでないシリーズや作家さんへ行けそう。

次々に違う設定の人物が出てくることになるから、ゆっくり読み進んだ方が良いかも。
え~と、この人らはどの辺に住んでるのかしら?とかちょっと気になったり。
時代もちょっとずつ違うし、たとえ同じ時代でも、作者の違うパラレルワールドだから、出合うわけもないんですけどね。

「黒く塗れ」

宇江佐真理「黒く塗れ―髪結い伊三次捕物余話」文春文庫

人気シリーズです。
やっと所帯を持った伊三次とお文は惚れ合った仲。
かっては深川芸者の文吉という名で売れっこだったお文。
一度は隠退したのですが、今は桃太郎という名で、時々お座敷に出ています。

妊娠を隠していましたが、そろそろ隠しきれなくなり…
店に出るのもこれが最後という日に、やっかいな客に出くわします。
上司に因果を含められている様子でうつむいていた、格好も乱れた様子の侍。
絡む男という評判は立っていて、実は伊三次も知っていたのですが…
姐御肌のお文の気丈さが光ります。

天啓寺での事件。
それほど大きな寺ではないのですが、境内に金箔を施した大蓮華を備えていました。
極楽往生を願う人々に深く信心され、特にある老人が黄金の蓮華の上に座って死にたいと再三願い出て、それも結縁かと許した所、2時間後に息絶えたという。
その評判から同じことを願う人が増えていった…
何人も必ず死ぬのは妙だと噂が立ち始めます。

町奉行の永田備後守が、隠密廻り同心の緑川平八郎に探索を命じました。
本来なら寺社奉行の取り扱いなのですが、緑川の妻てやが実はこの寺に熱心に通っていました。
すぐに動くことになり、伊三次にも声がかかります。
緑川は、お文の深川芸者仲間の喜久壽と古い縁がある仲という男。
女房の寺通いはそのためと、不破は言うのです。

父親になるという実感が、すぐにはもてないでいる伊三次。
北町奉行所の同心の不破友之進と、息子の龍之介の様子を眺めたり。
お文のお腹に子が出来たことをすぐ不破には知らせず、深く考えてはいなかったのですが、他の人間が皆先に知っているのに気づいた不破は不機嫌に。
あらま。ちょっとお坊ちゃんな所があるのね。
名付け親になってくれと何気なく伊三次が言ったことで、機嫌を直したり。

関わる事件はかなり妙で、悪質ですが…
伊三次の家庭はゆったり築かれていきます。
お文には想像以上に大変な日々が続くうちに、伊三次にも父親の実感も出てくるのですね。

「雷桜」

宇江佐真理「雷桜」角川文庫

時代小説の恋愛物。
特異な設定が、時代物を読まない人にも入りやすいのでは。
映画化もされているのがよくわかる~魅力的な作品です。

江戸から三日ほどの所にある瀬田村は、桜の名所。
生まれて間もない庄屋の一人娘・遊が、雷雨の夜にさらわれます。
生きていると信じて、探し続ける家族。
どうやら山に一人で隠れ住む男が育てているらしい…
奥へ入ったら迷ってしまい、二度と戻れないと言われている山。
山を境に隣り合う藩の勢力争いが、誘拐の背景にありました。

十数年がたったある日。
山の中で迷った次男・瀬田助次郎は男のような娘に助けられ、妹ではないかと話しかけます。
ただ戻ってくればみんな喜ぶ、何も言わなくて良い、と。
翌年、娘は戻ってきました。
男のような身なりで、親が仕立てた振り袖も拒否する。真っ黒な顔は洗ったら綺麗になったのですが。
村人には、狼女などと呼ばれ…

助次郎は経験を積むために3年間村を離れて、剣術と勉学に勤めていた所を清水家の榎戸角之進に見いだされます。
1年の約束で、大名家に仕えることに。
そこは、御三卿の清水家。当主の斉道(なりみち)は、徳川将軍の大勢の子供の一人でした。
わがままで何かと狼藉を繰り返していましたが、幼くして跡取りとされたため、甘やかされた育ちというだけでなく、孤独でもあったのです。
気の病で、時には手が付けられなくなる有様。

斉道は、当主として父に認められたいという思いから離れた方が良いと、助次郎は見抜くのです。
静養のために村に滞在して、斉道は遊と出会います。
物怖じしない型破りな遊と親しくなるのでした。斉道は遊を側室にと望みますが、それはあまりに似合わない。
江戸と藩を行き来するたびに、また会おうと誓います。
しかし‥?

わかりやすいドラマチックな構成。
こんな事もあったかも知れないと思わせられる~自然な語り口。
凛とした遊の生き方。
悲恋のほうになるのでしょうが、十分、幸せかも…
美しい話です。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

bベスト本 | i本屋大賞候補作 | l本屋大賞 | l直木賞 | l芥川賞 | l:日本エッセイスト・クラブ賞 | mf:世界幻想文学大賞 | mf:日本ファンタジーノベル大賞 | m:CWA賞 | m:MWA賞 | m:このミステリーがすごい! | m:アガサ賞 | m:マカヴィティ賞 | name:あさのあつこ | name:万城目学 | name:三上延 | name:三浦しをん | name:上橋菜穂子 | name:上野千鶴子 | name:中島京子 | name:乾くるみ | name:五木寛之 | name:京極夏彦 | name:仁木英之 | name:今野敏 | name:伊坂幸太郎 | name:佐々木譲 | name:佐藤多佳子 | name:佐藤賢一 | name:佐野洋子 | name:勝間和代 | name:北村薫 | name:原田マハ | name:坂木司 | name:大島真寿美 | name:大崎梢 | name:太宰治 | name:姫野カオルコ | name:宇江佐真理 | name:宮下奈都 | name:宮部みゆき | name:小川洋子 | name:小川糸 | name:山之口洋 | name:山崎ナオコーラ | name:山田詠美 | name:島本理生 | name:島田荘司 | name:川上弘美 | name:恩田陸 | name:有川浩 | name:朝井リョウ | name:木内昇 | name:杉本苑子 | name:村上春樹 | name:村上龍 | name:村山早紀 | name:村山由佳 | name:東川篤哉 | name:東野圭吾 | name:松井今朝子 | name:林真理子 | name:柚木麻子 | name:柳広司 | name:栗田有起 | name:桜庭一樹 | name:梨木香歩 | name:森絵都 | name:森見登美彦 | name:森谷明子 | name:横山秀夫 | name:橋本治 | name:池上永一 | name:津村記久子 | name:海原純子 | name:海堂尊 | name:湊かなえ | name:町田康 | name:畠中恵 | name:百田尚樹 | name:矢崎存美 | name:磯崎憲一郎 | name:神田茜 | name:米村圭伍 | name:米澤穂信 | name:綿矢りさ | name:荻原規子 | name:菅野雪虫 | name:葉室麟 | name:西加奈子 | name:角田光代 | name:誉田哲也 | name:貴志祐介 | name:辻村深月 | name:近藤史恵 | name:道尾秀介 | name:長野まゆみ | name:香山リカ | name:高田郁 | oその他の作家 | o海外作家:C.J.ボックス | o海外作家:M.C.ビートン | o海外作家:P.Gウッドハウス. | o海外作家:R.D.ウィングフィールド | o海外作家:S.J.ローザン | o海外作家:アガサ・クリスティ | o海外作家:アラン・ブラッドリー | o海外作家:アリアナ・フランクリン | o海外作家:アリス・マンロー | o海外作家:アレグザンダー・マコール・スミス | o海外作家:アンナ・マクリーン | o海外作家:アン・クリーヴス | o海外作家:アン・タイラー | o海外作家:アン・マキャフリイ | o海外作家:アーシュラ・K・ル=グウィン | o海外作家:アーロン・エルキンズ | o海外作家:エリザベス・ギルバート | o海外作家:エレイン・ヴィエッツ | o海外作家:エレン・カシュナー | o海外作家:カズオ・イシグロ | o海外作家:カミラ・レックバリ | o海外作家:カルロス・ルイス・サフォン | o海外作家:キャロル・オコンネル | o海外作家:キンバリー・ウィリス・ホルト | o海外作家:ギヨーム・ミュッソ | o海外作家:クリストファー・プリースト | o海外作家:クレイグ・ライス | o海外作家:クレオ・コイル | o海外作家:ケイト・キングズバリー | o海外作家:ケイト・モス | o海外作家:ケイト・モートン | o海外作家:ゲイル・キャリガー | o海外作家:コニス・リトル | o海外作家:コニー・ウィリス | o海外作家:コリン・ホルト・ソーヤー | o海外作家:コルネーリア・フンケ | o海外作家:サラ・ウォーターズ | o海外作家:サラ・スチュアート・テイラー | o海外作家:サラ・パレツキー | o海外作家:シャロン・フィファー | o海外作家:シャンナ・スウェンドソン | o海外作家:シャーリィ・ジャクスン | o海外作家:シャーレイン・ハリス | o海外作家:シャーロット・マクラウド | o海外作家:ジェイソン・グッドウィン | o海外作家:ジェイニー・ボライソー | o海外作家:ジェイン・オースティン | o海外作家:ジェフリー・ディーヴァー | o海外作家:ジェフリー・フォード | o海外作家:ジェラルディン・ブルックス | o海外作家:ジャニータ・シェリダン | o海外作家:ジャネット・イヴァノヴィッチ | o海外作家:ジュンパ・ラヒリ | o海外作家:ジョアン・フルーク | o海外作家:ジョナサン・キャロル | o海外作家:ジョン・ハート | o海外作家:ジョージ・R.R.マーティン | o海外作家:ジョー・ウォルトン | o海外作家:ジル・チャーチル | o海外作家:スティーグ・ラーソン | o海外作家:ステファニー・メイヤー | o海外作家:スーザン・プライス | o海外作家:スー・グラフトン | o海外作家:タニス・リー | o海外作家:ダイアナ・ウィン ジョーンズ | o海外作家:ダイアナ・ガバルドン | o海外作家:ダン・ブラウン | o海外作家:ディック・フランシス | o海外作家:デイヴィッド・アーモンド | o海外作家:デニス・ルヘイン | o海外作家:デボラ・クロンビー | o海外作家:トレイシー・シュヴァリエ | o海外作家:トーベ・ヤンソン | o海外作家:ドナ・アンドリューズ | o海外作家:ドナ・ジョー・ナポリ | o海外作家:ドミニク・シルヴァン | o海外作家:ドン・ウィンズロウ | o海外作家:ナンシー・ピカード | o海外作家:ネレ・ノイハウス | o海外作家:ノア・ゴードン | o海外作家:パウロ・コエーリョ | o海外作家:パトリシア・A.マキリップ | o海外作家:ピーター・キャメロン | o海外作家:ピーター・ディキンスン | o海外作家:ピーター・トレメイン | o海外作家:ピーター・ラヴゼイ | o海外作家:フェイ・ケラーマン | o海外作家:フランセス・ファイフィールド | o海外作家:フレッド・ヴァルガス | o海外作家:ヘイリー・リンド | o海外作家:ヘニング・マンケル | o海外作家:ベリンダ・バウアー | o海外作家:ベルンハルト・シュリンク | o海外作家:ポール・ドハティ | o海外作家:マイクル・コナリー | o海外作家:マーガレット・アトウッド | o海外作家:マーセデス・ラッキー | o海外作家:ミネット・ウォルターズ | o海外作家:ミュリエル・バルベリ | o海外作家:メアリ・W.ウォーカー | o海外作家:メグ・ガーディナー | o海外作家:メグ・キャボット | o海外作家:ユッシ・エーズラ・オールスン | o海外作家:リサ・クレイパス | o海外作家:リチャード・ノース・パタースン | o海外作家:リース・ボウエン | o海外作家:ルーシー・モード・モンゴメリ | o海外作家:レジナルド・ヒル | o海外作家:レスリー・メイヤー | o海外作家:レーネ・レヘトライネン | o海外作家:ロイス・マクマスター ビジョルド | o海外作家:ロビン・ホブ | o海外作家:ローズマリ・サトクリフ | o海外作家:ローズマリー・マーティン | o海外作家:ローナ・バレット | o海外作家:ローラ・チャイルズ | o海外作家:ローラ・リップマン | o海外作家:ローリー・キング | o海外作家:ローレンス・ブロック | o海外作家:ヴィヴェカ・ステン | o海外作家:ヴォンダ・N.マッキンタイア | お人形 | お人形着物 | お茶 | アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | コージー | ジェイドール | ジェニー | スイーツ | ドールmomoko | ドール:Misaki | ドール:SD | ドール:シドニー | ドール:ピュアニーモ | ドール:プーリップ | ドール:ユノアクルス・アズライト | バービー | ファッション | ファンタジー | フィギュアスケート | ベスト本 | ミステリ | リカちゃん | ロマンス | 介護 | 健康・ダイエット | 児童書・YA | 動物 | 国内作家:あ行 | 国内作家:か行 | 国内作家:さ行 | 国内作家:た行 | 国内作家:な行 | 国内作家:は行 | 国内作家:ま行 | 国内作家:や行 | 国内作家:ら行 | 国内作家:わ行 | 国内小説 | 家事 | 心と体 | 日記 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 歴史もの | 海外小説 | | 病気体験 | 着物 | 経済・政治・国際 | 絵本 | 舞台・バレエ | | 言葉・歌 | 評論・エッセイ | SF

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック