フォト

おすすめ本

「ばらばら死体の夜」

桜庭一樹「ばらばら死体の夜」集英社

犯罪小説というか、中間小説というか。
ネーミングは桜庭さんらしい非現実感ありますが、かなりリアルな筆致で、嫌~な感じで展開します。

古本屋「泪亭」の2階の部屋に間借りしていた若い女・白井沙漠。
目が大きくて、顔は悪くないのですが。
洗面所も一階にしかなく、はめ殺しの窓が三つある殺風景な部屋。
かってそこに間借りしていた苦学生で、今は教える側に立っている中年男・吉野解(さとる)との不幸な出会い。
行きずりのような関係がだらっと始まり、濃度が高まるのか醒めるのか判明しない様子は、ある意味~文学度高し?

どこか影があるものの、裕福な相手と結婚して一見したところは豊かそうに見えた男でしたが…
実際には、夫の解には自由に動かせる金はない立場。
そつのない美しい妻・由乃の父親は、大手ゼネコンの幹部で、むろん結婚を反対され、今でも嫌悪されています。
今は娘の夕と3人で、とりあえず穏やかな暮らしをしているのでしたが…

妻との共通の友人・里子は翻訳家で、40過ぎた今も独身のさばさばした女性。
里子の視線で、何かに気づくような気づかないような~というあたりが、風通しよくなっています。
不釣り合いな結婚のいきさつも、微妙な大人の味わい。
娘から見れば、仲の良い夫婦というのがまた。

豊かに見える日本に潜んでいた貧困。
ちょっとした出来事が重なれば、あっという間に転げ落ちてしまう。
この20年の日本の問題点をついているとも言えますね。
明るい広告に乗せられて、気軽に借金を作ってしまう方も、考え無しで、この女性の場合だらしないと言えば全くそうなのですが…
破綻している女性に共感は出来なくとも、突き放すこともし切れないような。

一方、古書店の店主・佐藤にもこだわりが。
売った本を包むために使うとはいえ異常なほどたくさん、積み上げてあった新聞紙の山。
その過去にあったことも、因縁めいて…
普通に見える人たちも危うさを抱えているが、互いにそれを知らない。
人間関係の中に起こる皮肉な出来事が、悲惨な事件を引き起こす。
その意外な結末は…?
2011年5月発行。

「伏 贋作・里見八犬伝」

桜庭一樹「伏 贋作・里見八犬伝」文藝春秋

時代物ファンタジーというか。
もとの「南総里見八犬伝」も和風ファンタジーですが、その翻案というか…
一捻りもふた捻りもしてある構造です。

浜路(はまじ)は、女ながら銃を抱えた山育ちの漁師という設定。
(もとの「八犬伝」の浜路は、普通に女らしい子でした)
江戸の兄を頼って出てきましたが、男の子のような姿で、ずだ袋と銃を放さない。銃は十四、五とは思えぬ腕前なのです。
兄の道節は20歳ほどで、大柄。
浜路と組んで噂の「犬人間」を捕獲しようとしていると、あちこちで出くわし、何度か銃でしとめることに成功します。
それが瓦版で絵入りで報道されてしまい、大いに迷惑するのでしたが。

犬人間とは、一見普通の人間のように暮らしているのですが、凶暴な性格で、何をするかわからないという設定。
実は、寿命は短い。
吸血鬼か?レプリカントみたい~な存在!かな。

大人気の「八犬伝」を、馬琴がまだ書き続けている時代。
いささか出来の良くないその息子は、「贋作八犬伝」を書きつづっていました。
それが謎の瓦版屋だったのです。
かって伏姫という実在の人物がいた?といういきさつを調べつつ。

里見の地に、呪いを受けた姫が生まれました。
父親の里見義実は「すべてに伏せて生きろ」と名付けます。
伏姫は父親似の外見で、はっきりした顔立ちは綺麗なのですが、男の子同然のお転婆娘に育ちます。
弟の里見鈍色は待望の跡継ぎだが、妙に頭が大きく、身体はひ弱。
大輔は鈍色のお供で、美しい姫に憧れつつ、一部始終を見て育つのでした。

わがままな姉の伏は、弟が拾った犬を自分の物にしてしまう。
目が青く、尾が長い、白い犬。
八房と名付けます。
その犬が…

伏姫は隣国の安西へ嫁に行く話もようやく決まっていたのに、突然裏切られ、里見の地を囲まれることに。
八房に戯れの言葉をかけた義実。(これは「里見八犬伝」のままですね)

八房の妻となった伏姫は、重い衣装を捨てて犬にまたがり、銀の歯の森の奥深く入り込みます。
里見の領地には、誰も入ってはいけないと言われる不思議な森があったのです。
入れば、気が狂ってしまうと…

八犬伝にも似つかわしいイメージの奔流。
ドラマチックなストーリーが動き、こってり艶々した雰囲気で磨いて。
妙な勢いと、破綻したキャラクターが桜庭さんならでは。
なかなか面白かったです。

「本に埋もれて暮らしたい」

桜庭一樹「桜庭一樹読書日記」

読書日記も4冊目。
2009年7月からの~1年間。
相変わらず~毎日のように本屋へ行って、寝つくまで本読みまくり。

「人生の大事なシーンで、なぜかドナドナ感が」と指摘されたり。
直木賞受賞というめでたい日なのに、車に乗せられて心細そうだから?

「芸人と編集者って雰囲気がけっこう似てるぞ」と大沢先生が鋭い指摘!?
結婚パーティーでのことらしい‥
文春の編集者フリル王子は、全身コムデギャルソンで、新郎と間違えられたとか。

「思いやり長屋」と覚えていた本は、「親不孝長屋」だったとか。
「アンダルシアの腰かけ」と覚えていたのは、「肩かけ」だったとか。
人間不信に陥りそうな本を並べたり‥う~ん、読むべきか読まざるべきか?
ドリス・レッシングは読みたいかなあ。作風の幅が広すぎて、選択に迷い、失敗したかもと思うそうですが。

深田恭子の謎の風格とか(ヤッターマンのこと)肉体で存在感がある人にはコンプレックス?
小さく入っている写真も、おかしくて楽しい。
「トワイライト」のファンになっていて、熱く語るのが当然のような意外なような。
編集者達との会話で、近頃の三十男は自分のことをかわいいと思ってないか?というのが面白い。それより上だともう少し雑に育てられているが、30代は面倒くさいとか。

赤い特攻服を着ての写真撮影など、楽しそう。
白い魔物(あいふぉん)に翻弄され‥
メカ音痴なのは~共感!
しかし、アマゾンで本を買うことが出来ないとは…
しかも、皆に「そのままでいてください」といわれるのね。

これほど本を読むのは、今よりも物事をわかりたいという~気持ちがある、とか。
一つのジャンルに詳しくなるのではなく、全体のバランスを取りながら、小説という文化全般を、うっすらとよくわかりたいとか。
この作品はどうしてこういうふうに作られているのか、その意図がわかってくると、魔法が一つ使えるような気分になるそう。
へえぇ‥

個性的な編集者に、瞠目。
面白い人が多いんだなあ…
そして、とっても本を愛しているのね。
作家本人は、いずれは若い編集に怖がられるようになるのでは、という予想に戸惑ったり。太刀打ちできないぐらい本を読んでいるぐっと年上の作家ともなればね。
いつかはね。

「お好みの本、入荷しました」

桜庭一樹「お好みの本、入荷しました 桜庭一樹読書日記」

読み終わったけど…
メモを取らないと!

いつでもどこでも本を読む桜庭一樹。
夢中になって読んでいる様子の海外の本や、編集者が持ってきてくれたお薦めの本、手に入りにくい昔の逸品などがいろいろ出てきます。
「ヒースクリフは殺人犯か?」という本に、香りが重視されないのが英国の伝統で「ドリアン・グレイ」が英国で人気なかった理由とか?
…そうなの?と筆者同様、私も思うしかない。面白い意見ですけど。

マキューアンの「贖罪」を読んで、すごいと打ちのめされたとか。
わかる気がすします~。
しかし、続けて紹介されているマキューアンの他の作品が…そんなに変なのが多いとは知らなかったわ。

「教科書に載った小説」ってのも面白そうだな…

萩尾さんの「残神」を読んで、半日涙が止まらなかったそう。

番組のためのアイルランド旅行で、俳優の案内するツアーに参加したんですね。
「ゴドーを待ちながら」を演じているのが、ほとんどコントで、原作を読んだイメージと違うので驚いたとか。

編集者さんとの飲み会や、下の欄のコメントも面白かったりします。
映画「ブレードランナー」のルトガー・ハウアー最後のセリフを英語でけっこう長々と喋る編集長とか。わはは。
私も大好きな映画です!が、そ、そんなことは~coldsweats01

何度もポスターなどの写真を撮る機会があるのでしたが、なぜかそのたびに、桜庭一樹は顔が違う。しかも、そのつど誰かに似ている…?
編集者に熱弁をふるっていると、毎回のように爆笑されるようになってしまう。話題も相手も違うのに‥なぜ?
友達から送られた写真は、正面を向いたラマ。「あなたに似ている動物を見つけた」と。納得いかない様子ですが…似ているかも?

そして突然の入籍。
予定していなかった披露パーティーは、吉本のビルですることに。
結婚に至るまでのことは何も書いてないので、いつ付き合う暇があったのか?って感じだけど~
引っ越し荷物の片づけの下りが、笑えます。
なかなか居心地の良さそうな夫婦関係ですね。

「青年のための読書クラブ」

桜庭一樹「青年のための読書クラブ」新潮社

聖マリアナという~幼稚園から大学まであるお嬢様学校が舞台。
おもに高校での学園伝説のような出来事が描かれた~年代記ふうの作品です。
創立者の修道尼マリアナをめぐって~フランスでの物語が挟まる、異色な展開になっています。この部分だけ翻訳物っぽい文章と雰囲気になっていました。

西の生徒会が権力を握り、東の演劇部は華やかで人気を集め、北にはインテリヤクザともいわれる新聞部があり。
南には、古い赤煉瓦の廃屋の一角に、ひっそりと地味な子が集まる読書クラブがありました。

女子校ならではの催しで、毎年一度「王子」を選ぶ人気投票があったのです。
途中から転入してきた庶民の娘が、クラスでは浮いてしまって、読書クラブにたどりつき、部長の演出で王子に選ばれた顛末。
だがしかし…?
またバブル期の80年代には、成金の娘達が制服を改造、ウエストを細く、肩パッドを入れて、扇を動かしながら練り歩いたという~ジュリアナか?!という描写に大笑い。
英国の血を引く赤毛の少女が旋風を巻き起こしたいきさつ。
などなど…
そして、学園長失踪の謎は?

制服がクリーム色だなんて~汚れやすい色!みんな替えを持っていてクリーニングするんでしょうね?
十代の熱気が感じられ、ポップな語り口で桜庭一樹の世界になっています。
かなり面白いけど~これを一番に読めとは言わないかな…
読んで損はないですよ!
2007年6月発行。

「桜庭一樹読書日記」

桜庭一樹「桜庭一樹読書日記ー少年になり、本を買うのだ。」東京創元社

2006年2月から1年間の読書日記。
読んだ本がかなりだぶっているにのにちょっと驚きました。…まあ、これだけの量を読んでればね…
ホントに大量に読んでますね!
新宿の紀伊国屋近辺もよく知ってるし…
彼女はなんとその近所に住んでるんですね!

「赤朽葉家」を書くのに実家にこもっている時期の話も、面白いです。
趣味に走っている近所の本屋とか、両親のとぼけた言動とか。

キャロル・オコンネル「魔術師の夜」を読んでるとは。しかも、好きすぎて読むのをためらうほどらしい!そういえば、好きそうかな…
これで、読む人増えてくれないかな。
「家守奇譚」「あなたに不利な証拠として」「私を離さないで」「白い果実」が出てきたり。ああ、そういう時期だったんだね…
読んでないのをメモしておかなくちゃ。

なぜ「少年になり」なのか?けっこう女っぽさもあるのにな~少なくとも作品には。…いや、少年じゃないから、少年になりたい…?
「色気がない」と知人に断言されてたりとかしてるようですが。

個人的にちょっと有り難かったのは、「殴り合う貴族」という本が気になっていたんだけど見つからなかったのが、どうもB級な書き方とわかり、ああ読まなくても良かったのかと納得。
図書館にもないわけだ。

2007年7月発行。

「砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない」

桜庭一樹「砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない」角川グループパブリッシング

2004年に富士見ミステリー文庫から発行、2007年に単行本化。
何かに取り憑かれたように書き上げ、じりじりとコンスタントに売れ続けた不思議な作品であるらしいです。
2008年漫画化もあるみたい。読んでないけど。
2009年2月文庫化。

海野藻屑という妙な名前の転校生は、がりがりに痩せた美少女。
地元出身で一時は有名だった歌手・海野雅愛の娘とわかります。
同級生の山田なぎさは藻屑になぜか懐かれて、なりゆきでウサギの飼育係を手伝わせたりするのでした。

なぎさは何年も前に海で父を失い、その後ふとしたことから兄の友彦がひきこもりになっていました。
美しく頭がいい兄なのですが~何の役に立たないという。
母は働きづめで、貯金も保険金も生活保護も兄がネットでする買い物で底をつく有様。
なぎさは兄を守ろうと思い、中卒で自衛隊に入ろうと考えています。

藻屑の奇妙な言動を、砂糖菓子の弾丸と表したのが兄。
人に危害を与えることのない弾丸…そういう鋭いところはあるのでした。
同級生でなぎさが好意を持っていた野球部員・花名島は藻屑に恋し、3人で映画に出かけることになりますが…

不安定で鮮烈で妖しく哀しい~少女と少年。
中学生にはどう行動していいか判断が難しい状況で、無惨な事態に。
大人でもそれは手をつかねることなのですよね…
それでも、人生は続く…

桜庭さんらしい作品だと思います。

「ファミリーポートレイト」

桜庭一樹「ファミリーポートレイト」講談社

とっぷり桜庭一樹カラー全開。
けっこう濃厚で強烈なので、これを最初にとは勧めないけど…
どの作品の次でもいい感じ。
主人公が大人になるまで、しっかり描ききってあるので。

若く美しい母親はマコ、その娘がコマコ。
コマコの視点から語られる、二人だけが密着した流浪生活。

赤い物が流れていた階段から母と二人で逃げる、原初の記憶。
子どもはいないことになっている部屋で育ち、学校へも行かないまま。
追っ手がかかっていると知ると、また別な土地へ。
どうなるのかと、はらはらさせられます。

悪夢のようでもありますが、ただ母だけを熱愛する幼女の感覚がいきいきと描かれていきます。
身元がわからなくとも生きていける場所は、どこかに少しはあるんだな…なんてね。
葬式婚礼、豚の世界の女王、などの章は、それだけでまとまった幻想譚のよう。

やがては遅ればせの学校生活…
食べることに興味がなく、痩せて背の高い娘になり、高校時代は妙に女の子にはもてたり。
文壇バーでのバイトでも、カウンターで寝泊まりする有様から、いつしか転身。
ストーリーを知らない方が面白いかなあ~?
でも細部も書き込んであるので読み応え有り、あらすじを知っていても予想通りという展開ではありません。
若い女流作家となってからも、まだまだ続く!?

救いのある結末。
切ないです。

「荒野」

桜庭一樹「荒野」文藝春秋

直木賞受賞の直前に書かれていた作品かな?
最初はライトノベルだったようで、加筆されて2008年5月に単行本化という意味で、受賞後第一作と書いてある紹介もあります。

ヒロインは、恋愛小説作家の父を持つ少女・山野内荒野(こうや)。
まっすぐな黒髪で日本的な容姿。
中学1年の最初の日に、先生に学級委員に指名されてしまったのが、どうもメガネをかけていたためらしい。
電車の中で出会ったのが、クラスメイトの神無月悠也。

12歳から16歳まで、やや奥手の女の子がゆっくり成長していく様を描きます。
舞台は鎌倉。着物を着て友達と一緒に街を歩くアルバイトなど、楽しくなる要素が色々。

築百年の古い家に住んでいる~風変わりだが静かな暮らしが、しだいに揺れ動いていきます。
父親は実体験を元に小説を書いていて、細身できざで娘の目から見てもけっこういい男だが、何かにとりつ取り憑かれたような所があるのでした。
母はとうに亡くしていますが、がりがりに痩せてぶっきらぼうだが個性的な家政婦がずっといてくれたので、家族同様でした。
ある日、父が再婚し、家政婦が出て行くことに。
そして、連れ子の少年というのが…

父を巡って、ねっとりしたものを発散してバトルを繰り広げる女性達。
大人達は紛糾しているが、荒野本人はおっとり、地味目というのが親しみやすい?
他の作品を思い出して、とんでもない転調があるのかと思ったらそうでもなく、少女漫画的で幸福なまとまり方でした。
元・少女にも楽しく読めます。

「少女七竈と七人の可愛そうな大人」

桜庭一樹「少女七竈と七人の可愛そうな大人」角川書店

2006年6月発行。
その頃だったのか?新聞に大きな広告が出たのを見た覚えがあります。
内容の見当がつかなくて、好奇心はそそられたけど、すぐには手が出なかったな…
読んでみたら~かなり少女漫画風味で、そこに大人のリアリティも加味してあるので、いたって読みやすい。

旭川で祖父と暮らす少女・川村七竈。
際だった容姿は小さな町では異形のように目立ちすぎて、かえって損をすることも多く、本人は嬉しくないのでした。
幼なじみの少年・雪風は、子どもの頃からよく七竈の家にやってきます。
彼の方は子だくさんな一家で、職にも就かず頼りにならない父親と暮らし、忙しい母親にうるさく言われて家事を手伝う毎日だったから、七竈の家は気楽だったのです。
共通の趣味である鉄道模型でひっそり遊んでいるのですが、たがいに顔が似てくるようなのが、しだいに不安を募らせていく…

プロローグで「辻斬りのように男と寝たい」と、ある日思い立った当時25歳の優奈が、七竈の母親。
平凡な容姿の大人しい女性だったのだが。
誰の子かわからない七竈を祖父に預け、七竈が少し大きくなった後は家をあけがちになりました。
大人にもそれぞれ愛憎があり、身動きがとれない事情があるのはリアル。
視点は数人に交代で描かれ、中でも、老犬の視点というのがなかなか鋭くて面白い。
さらりとした描写を連ねていく構成で、どことなしに繊細で少女っぽい~つやつやと奇妙に魅力的な小説。

GOSICの作者が、こういう作品を書くようになったとは。通じるところはありますけどね。
「赤朽葉家の伝説」のほうはもっと線が太くて、一段と読み応えのある大人の小説で、変身した感がありました。
人物と微妙な距離をとりながら、芯に熱っぽいところがあるのは作風かな。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

bベスト本 | i本屋大賞候補作 | l本屋大賞 | l直木賞 | l芥川賞 | l:日本エッセイスト・クラブ賞 | mf:世界幻想文学大賞 | mf:日本ファンタジーノベル大賞 | m:CWA賞 | m:MWA賞 | m:このミステリーがすごい! | m:アガサ賞 | m:マカヴィティ賞 | name:あさのあつこ | name:万城目学 | name:三上延 | name:三浦しをん | name:上橋菜穂子 | name:上野千鶴子 | name:中島京子 | name:乾くるみ | name:五木寛之 | name:京極夏彦 | name:仁木英之 | name:今野敏 | name:伊坂幸太郎 | name:佐々木譲 | name:佐藤多佳子 | name:佐藤賢一 | name:佐野洋子 | name:勝間和代 | name:北村薫 | name:原田マハ | name:坂木司 | name:大島真寿美 | name:大崎梢 | name:太宰治 | name:姫野カオルコ | name:宇江佐真理 | name:宮下奈都 | name:宮部みゆき | name:小川洋子 | name:小川糸 | name:山之口洋 | name:山崎ナオコーラ | name:山田詠美 | name:島本理生 | name:島田荘司 | name:川上弘美 | name:恩田陸 | name:有川浩 | name:朝井リョウ | name:木内昇 | name:杉本苑子 | name:村上春樹 | name:村上龍 | name:村山早紀 | name:村山由佳 | name:東川篤哉 | name:東野圭吾 | name:松井今朝子 | name:林真理子 | name:柚木麻子 | name:柳広司 | name:栗田有起 | name:桜庭一樹 | name:梨木香歩 | name:森絵都 | name:森見登美彦 | name:森谷明子 | name:横山秀夫 | name:橋本治 | name:池上永一 | name:津村記久子 | name:海原純子 | name:海堂尊 | name:湊かなえ | name:町田康 | name:畠中恵 | name:百田尚樹 | name:矢崎存美 | name:磯崎憲一郎 | name:神田茜 | name:米村圭伍 | name:米澤穂信 | name:綿矢りさ | name:荻原規子 | name:菅野雪虫 | name:葉室麟 | name:角田光代 | name:誉田哲也 | name:貴志祐介 | name:辻村深月 | name:近藤史恵 | name:道尾秀介 | name:長野まゆみ | name:香山リカ | name:高田郁 | oその他の作家 | o海外作家:C.J.ボックス | o海外作家:M.C.ビートン | o海外作家:P.Gウッドハウス. | o海外作家:R.D.ウィングフィールド | o海外作家:S.J.ローザン | o海外作家:アガサ・クリスティ | o海外作家:アラン・ブラッドリー | o海外作家:アリアナ・フランクリン | o海外作家:アリス・マンロー | o海外作家:アレグザンダー・マコール・スミス | o海外作家:アンナ・マクリーン | o海外作家:アン・クリーヴス | o海外作家:アン・タイラー | o海外作家:アン・マキャフリイ | o海外作家:アーシュラ・K・ル=グウィン | o海外作家:アーロン・エルキンズ | o海外作家:エリザベス・ギルバート | o海外作家:エレイン・ヴィエッツ | o海外作家:エレン・カシュナー | o海外作家:カズオ・イシグロ | o海外作家:カミラ・レックバリ | o海外作家:カルロス・ルイス・サフォン | o海外作家:キャロル・オコンネル | o海外作家:キンバリー・ウィリス・ホルト | o海外作家:ギヨーム・ミュッソ | o海外作家:クリストファー・プリースト | o海外作家:クレイグ・ライス | o海外作家:クレオ・コイル | o海外作家:ケイト・キングズバリー | o海外作家:ケイト・モス | o海外作家:ケイト・モートン | o海外作家:ゲイル・キャリガー | o海外作家:コニス・リトル | o海外作家:コニー・ウィリス | o海外作家:コリン・ホルト・ソーヤー | o海外作家:コルネーリア・フンケ | o海外作家:サラ・ウォーターズ | o海外作家:サラ・スチュアート・テイラー | o海外作家:サラ・パレツキー | o海外作家:シャロン・フィファー | o海外作家:シャンナ・スウェンドソン | o海外作家:シャーリィ・ジャクスン | o海外作家:シャーレイン・ハリス | o海外作家:シャーロット・マクラウド | o海外作家:ジェイソン・グッドウィン | o海外作家:ジェイニー・ボライソー | o海外作家:ジェイン・オースティン | o海外作家:ジェフリー・ディーヴァー | o海外作家:ジェフリー・フォード | o海外作家:ジェラルディン・ブルックス | o海外作家:ジャニータ・シェリダン | o海外作家:ジャネット・イヴァノヴィッチ | o海外作家:ジュンパ・ラヒリ | o海外作家:ジョアン・フルーク | o海外作家:ジョナサン・キャロル | o海外作家:ジョン・ハート | o海外作家:ジョージ・R.R.マーティン | o海外作家:ジョー・ウォルトン | o海外作家:ジル・チャーチル | o海外作家:スティーグ・ラーソン | o海外作家:ステファニー・メイヤー | o海外作家:スーザン・プライス | o海外作家:スー・グラフトン | o海外作家:タニス・リー | o海外作家:ダイアナ・ウィン ジョーンズ | o海外作家:ダイアナ・ガバルドン | o海外作家:ダン・ブラウン | o海外作家:ディック・フランシス | o海外作家:デイヴィッド・アーモンド | o海外作家:デニス・ルヘイン | o海外作家:デボラ・クロンビー | o海外作家:トレイシー・シュヴァリエ | o海外作家:トーベ・ヤンソン | o海外作家:ドナ・アンドリューズ | o海外作家:ドナ・ジョー・ナポリ | o海外作家:ドミニク・シルヴァン | o海外作家:ドン・ウィンズロウ | o海外作家:ナンシー・ピカード | o海外作家:ネレ・ノイハウス | o海外作家:ノア・ゴードン | o海外作家:パウロ・コエーリョ | o海外作家:パトリシア・A.マキリップ | o海外作家:ピーター・キャメロン | o海外作家:ピーター・ディキンスン | o海外作家:ピーター・トレメイン | o海外作家:ピーター・ラヴゼイ | o海外作家:フランセス・ファイフィールド | o海外作家:フレッド・ヴァルガス | o海外作家:ヘイリー・リンド | o海外作家:ヘニング・マンケル | o海外作家:ベリンダ・バウアー | o海外作家:ベルンハルト・シュリンク | o海外作家:ポール・ドハティ | o海外作家:マイクル・コナリー | o海外作家:マーガレット・アトウッド | o海外作家:マーセデス・ラッキー | o海外作家:ミネット・ウォルターズ | o海外作家:ミュリエル・バルベリ | o海外作家:メアリ・W.ウォーカー | o海外作家:メグ・ガーディナー | o海外作家:メグ・キャボット | o海外作家:ユッシ・エーズラ・オールスン | o海外作家:リサ・クレイパス | o海外作家:リチャード・ノース・パタースン | o海外作家:リース・ボウエン | o海外作家:ルーシー・モード・モンゴメリ | o海外作家:レジナルド・ヒル | o海外作家:レスリー・メイヤー | o海外作家:レーネ・レヘトライネン | o海外作家:ロイス・マクマスター ビジョルド | o海外作家:ロビン・ホブ | o海外作家:ローズマリ・サトクリフ | o海外作家:ローズマリー・マーティン | o海外作家:ローナ・バレット | o海外作家:ローラ・チャイルズ | o海外作家:ローラ・リップマン | o海外作家:ローリー・キング | o海外作家:ローレンス・ブロック | o海外作家:ヴィヴェカ・ステン | o海外作家:ヴォンダ・N.マッキンタイア | お人形 | お人形着物 | お茶 | アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | コージー | ジェイドール | ジェニー | スイーツ | ドールmomoko | ドール:Misaki | ドール:SD | ドール:シドニー | ドール:ピュアニーモ | ドール:プーリップ | ドール:ユノアクルス・アズライト | バービー | ファッション | ファンタジー | フィギュアスケート | ベスト本 | ミステリ | リカちゃん | ロマンス | 介護 | 健康・ダイエット | 児童書・YA | 動物 | 国内作家:あ行 | 国内作家:か行 | 国内作家:さ行 | 国内作家:た行 | 国内作家:な行 | 国内作家:は行 | 国内作家:ま行 | 国内作家:や行 | 国内作家:ら行 | 国内作家:わ行 | 国内小説 | 家事 | 心と体 | 日記 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 歴史もの | 海外小説 | | 病気体験 | 着物 | 経済・政治・国際 | 絵本 | 舞台・バレエ | | 言葉・歌 | 評論・エッセイ | SF

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック