「パラダイス・ロスト」

柳広司「パラダイス・ロスト」角川グループパブリッシング

「ジョーカー・ゲーム」「ダブル・ジョーカー」に続くジョーカー・シリーズ3作目。
短編連作で、第二次世界大戦中の日本のスパイ組織<D機関>の話。
切れ味が鋭く、他にない雰囲気で、なかなかカッコイイです☆

「誤算」
1940年のパリ。
フランスは、ドイツにあっけなく征服されていました。
レジスタンスも、活動はしているのですが…
日本人の島野は、頭を打って記憶を失います。
この段階では、日本とフランスは戦争をしていないのですが。
事情がよくわからないまま、レジスタンスの面々と行動を共にすることになりますが…?!

「失楽園」
シンガポールの高級ホテル「ラッフルズ・ホテル」は、アジア随一という評判を誇っていました。
米海軍士官マイケル・キャンベルは、美しい娘ジュリアに恋しています。
ホテルの泊まり客の死体が見つかり、ジュリアが自首したという…?!

「追跡」
英国タイムズ紙極東特派員アーロン・プライスは、来日して十年。
日本の美しさに魅せられていました。
日本のスパイ組織D機関のことを調べ始めます。
噂では結城中佐という人物がトップらしいが、手を尽くして軍の名簿のどこを調べてもそれらしい人物はいない…
似た名前の人物の生い立ちを知る機会があり、特ダネと小躍りしますが…?!

「暗号名ケルベロス」
サンフランシスコを出航して6日目の豪華客船<朱鷺丸>。
Uボートが迫ってくると乗客は脅えたが、それは何とクジラでした。
騒ぎをよそにクロスワードをやっている内海。実はある人物を追って乗船していたのです。
エニグマという暗号を巡って、イギリス、ドイツ、アメリカ、日本の思惑が交錯し…?!

ひと捻りもふた捻りもしてあるストーリーなので、この程度説明しかけても、全然ねたばれにはなっていません!
スリルはあるけど、意外にそれぞれ救いのある結末で、戦争中という設定の割に、怖くはないですよ。
スパイは目立たず、殺さず、死なないようにするのがモットーだからかしら?
さすがに3冊目ともなると、インパクトは微妙に落ちているかなあ…
でも続きが出たら絶対読みたいです。

「虎と月」

柳広司「虎と月」理論社

中島敦の名作「山月記」にインスパイアされた作品というか。
何度も読んでいるうちに~いつしか出来上がっていた物語だそうです。

唐の時代。
隴西の李徴は、博学で秀才の誉れ高かったのです。
わずか20歳で、難関の科挙に合格しました。
けれども傲慢で狷介な性格で、役人では満足出来ずに、詩人をめざします。ところが挫折してしまう。
家族を養うためにやむをえず、格下の小役人となりました。
だが、屈辱に耐えきれず発狂、飛び出したまま、行方不明に。

後に、かっての同僚・袁參(えんさん)が妻子を訪ねてきて、嶺安の地で、虎になっていた父親の李徴に出会ったという。
家族の面倒を見るように頼まれたと、それ以降、お金を送ってくれるようになりました。
十分すぎるほどの金額を。
 
14歳になった息子は、身体が大きく、父親に似てきたと言われます。
袁參に、どういう事だったのか詳しく話を聞こうと、長安の都へ向かうのでした。
父親が虎になったというのは、本当なのか?
もしかしたら、自分もいつかそうなってしまうのか…?
ところが、袁參は地方へ見回りに行って留守で、仕事の性質上、居所も帰る時期もわからない。
父がいるという土地に行こうと、一人で南東へ向かいます。

都から遠い田舎では、山賊のような匪族を虎というとか、役人に逆らって村を出た人間を虎と呼んだりすることもあると知ります。
出会う人に色々な話を聞きつつ、迷う少年。
14年前の安禄山の乱以来、国の中は不安定となり、村人は次々に徴兵されていました。
たどり着いた村で可愛い娘に出会い、彼女の危機を守りたいと思うのでしたが。
父親が書き残した漢詩の意味とは…
はたして、父親はどうなったのか?

息子による語り口は、李徴とは全然違って、そういう意味では別物。
あの雰囲気をいまひとたび追体験することは出来ません。
「山月記」とはポイントが変わってしまっています。

少年の冒険譚として、また漢詩を読み解くあたりは面白いです。
はっきり割り切れる終わり方ではないですが。
中島敦の作品も、もとは中国の古典「人虎伝」から来ている話だそうですね。
「人虎伝」の再話と思った方が良いかも。
2009年2月の作品。

「ロマンス」

柳広司「ロマンス」文藝春秋

昭和8年、華族の若者たちが巻き込まれた事件とは。
戦前、時代の空気が変わりつつある危機感を味わいつつ、それぞれの心のままに生きる若者達。

麻倉清彬は子爵ですが、祖父がロシアの没落貴族の娘と結婚したため、父親はハーフ。
血筋を重んじる華族の中では異端で、孤立していました。
唯一の友人・多岐川嘉人は伯爵家の長男で、軍人。まっすぐな気性ですが、真っ直ぐすぎて変わり者。
その妹・万里子との3人が子供の頃からの仲良しでした。

清彬はフランス滞在中に両親を早く亡くし、迎えに来た大伯父の周防が何かと面倒を見てくれました。
周防は天皇からの信頼も篤く、たびたび召し出されているほど。
御猟場に連れて行ってくれて、銃を撃つことも清彬の遊びの一つとなっていました。

ある日、嘉人から身元引受人として呼び出されて上野のカフェに行って見ると、一室に死体が。
予約した部屋に入ってみたら、あったのだという。
清彬が口先で切り抜けて二人でその場を去りますが、この件以来、清彬はなぜか特高に目を付けられてしまいます。

スパイのような仕事をしろと、あちこちから持ちかけられるようになるのでした。
華族ではあるけれど異国の血が入った~微妙な立場のせいか。
華族は、六十余年前に公家や諸侯に変わって出来た呼び名ですが、日清日露の戦争で勲功のあった軍人が華族に叙せられたため、今では倍増しているという時期。
小善大善などといって、軍部は独断的な行動が増えていました。
大伯父の周防老人も、しだいに政局から取り残されていきます。
時代の流れは、どこへ行くのか?

多岐川万里子が、思いがけなく逮捕されます。
学習院および女子学習院の卒業生らが、共産党にカンパしたとして、治安維持法で検挙されたのです。赤化華族と揶揄された事件。
心情的に貧しい人に同情しただけで、政治的な意図は深くなかったのですが。
なぜか万里子だけが黙秘して転向を拒み、事態はこじれていきます。
一体何故…?

万里子が会いたいと言っているというので、出かけていった麻倉。
階級社会をなくさなければという万里子の言葉に「確信を持っているのですか」と問い返す。
「確信を持っているとしたら、それは幻想。人が何かを完全に確信しているとき、それは真実ではない。古今東西の歴史が証明してきた信仰の致命的な欠陥。同時にロマンスの教訓なのです」
この意味は…

時代色に興味をそそられます。
不安な時代相と、華族の微妙な立場、行き場を見失う鬱屈した青春。
汚くも描けそうだけど、主人公たちの若々しさが漂い、端正な印象があります。
すっきり解決というのではないけれど、余韻が残りました。

「ダブル・ジョーカー」

柳広司「ダブル・ジョーカー」角川書店(角川グループパブリッシング)

「ジョーカー・ゲーム」の続編、短編集。
日本のスパイ養成学校、D機関をめぐっての連作になっています。

「ダブル・ジョーカー」は、通称・風機関というライバル組織が出来る話。
D機関では、軍人とばれないように民間から起用、何かあってもスパイとわかっては後に影響するために、死なないのが原則。
軍人にとっては、死なないようにするなんて、けしからん事なのですね。
軍人だけで同じような組織が作られ、リーダーの風戸の名前から風機関という名前になります。
組織は二つも入らないというわけで、食うか食われるかの戦いに…
元英国大使の白幡の家を見張るため、近くの旅館で計画を練る風戸ひきいる精鋭でしたが…?

「蠅の王」は、野戦病院の軍医・脇坂の視点から。
大陸へ慰問に来ている「わらわし隊」の漫才にひっかかるものを感じます。
脇坂は司令官の信頼を得ていますが、じつは…

「仏印作戦」は、フランス領インドシナ連邦での話。
暗号化した電文を日本に送信する仕事をしている高林。
美しいベトナム人のダンサーを愛人にしていましたが?
陸軍と海軍の対立も、ここに影を落としています。

「柩」は、ベルリンでの話。
列車事故で死んだ日本人美術商・真木を、スパイだったと睨む~ヴォルフ大佐。
しかし情報は発見されません。スパイだとしたら、引き継ぎはどうなったのか?
かって直面した魔術師の面影‥

「ブラックバード」は、アメリカの話。
バードウォッチングが趣味の男性が、スパイと疑われます。
じつは二重の経歴を持ち、アメリカ人女性を妻に持っているのですが?

舞台を変え、虚々実々の駆け引きが展開します。
誰が正義というのでもないけれど、D機関の結城中佐だけはやたらとカッコイイのは間違いないです。
引き締まった文体で、面白い!

「ジョーカー・ゲーム」

柳広司「ジョーカー・ゲーム」角川グループパブリッシング

戦前の日本にあったという設定のスパイ養成学校、通称D機関をめぐっての連作短編集。
異色作で、切れ味鋭いです。
さくさく読み進められる展開で、飽きさせません。

スパイになろうという人間は非常に才能があり、孤独にも耐えられて、何よりも自負心が強いという指摘が面白い。
拷問で受けた傷を負っている痩身の指揮官・結城中佐のキャラクターの鋭さは特に光っています。

スパイにとっては死ぬのも殺すのも人目に立ってしまうので大きな失敗、というので、命がけで行動するのをよしとする軍とは肌が合わないとか。
最初は予算もなくボロ校舎で密かに活動していたのですが、才能ある人間の集まりだけあって、しだいに予算も自在に獲得していくのでした。
大陸でのスパイのひそかな奮闘がスリルある展開で、面白く読めます。

スパイ物は東西冷戦が終わってからあまりぱっとしなくなったと思いますが、思いがけない切り口で過去に遡り、緊張感のある作品に仕上がっています。
これはフィクションで実在の組織ではありませんが、陸軍中野学校の資料などを参考にしたということです。

日本推理作家協会賞、吉川英治文学賞新人賞などを受賞。
本屋大賞の候補にもなりました。

「百万のマルコ」

柳広司「百万のマルコ」創元推理文庫

マルコ・ポーロが探偵役のユーモア・ミステリ。
1298年から~マルコ・ポーロがジェノヴァの牢獄内で、退屈している戦争捕虜仲間に外国で経験した面白い出来事を語る趣向。
いつも、その一部を秘めて煙に巻くのです。
一同が頭を捻った後で~謎解きになります。

17歳で父と叔父と共に船出し、大ハーン・フビライに信頼されて重く用いられたマルコ・ポーロ。
百万野郎といった言い回しは、イタリア語でほら吹きという意味になるらしい。 わかりやすく、ほら話的な楽しさもある短編集。

ジパングでは黄金を他国のいかなる物とも交換してはならないという掟があったという設定。床板が黄金という国で、そこらへんに金を含む塊がごろごろしている…でも?
では、マルコはどうやって巨万の富を得たのでしょうか…?

一番優れた馬ばかりを集めている大ハーンの馬を相手の競馬で、三番勝負で勝った方法は?
セイラン島で、三人の王子の中から交渉相手になる跡継ぎを決めるため、「猿と話が出来る」といったわけは?等々。
金の国ジパングには行ってないくせに~と笑えます。
もっと重い作品かと誤解して、読んでなかったんですよね。百万が重そうだったのかしら…軽く読めて、楽しいですよ。

作者は1967年生まれ。2001年デビュー。
2002年から書き始められたシリーズの短編集、文庫オリジナルで2007年発行。

「シートン(探偵)動物記」

柳広司「シートン(探偵)動物記」光文社

シートン動物記で有名な、あのシートンが探偵役という設定の短編集。
新聞記者である私に、高齢になったシートン先生が知られざるエピソードを語る、という形式になっています。
何となく古きよき時代を思わせる文体で、自然な雰囲気。
じつは動物たちが事件を解決した?!といった趣向になっているのがとても楽しい。

「カランポーの悪魔」はあの狼王ロボが登場、近くの農場で恐れられていて、しかもそこで人が殺され…?!
「銀の星」はホテルでの密室盗難事件。シートン先生がよく知っているカラスの群れが登場。
「森の旗」は、貧しい家に飼われていたリスが関わった…
ネタばれになるので書けませんけど。

読みやすく、ポイントを押さえてあって、なかなかいい感じです。
2006年5月発行。
「シートン動物記」は子どもの頃に熱心に読みましたが、じつは内容をほとんど覚えていません。
哀しい部分が多いので~どうも記憶から抹殺してしまったようなんですね。

その他のカテゴリー

bベスト本 | i本屋大賞候補作 | l本屋大賞 | l直木賞 | l芥川賞 | l:日本エッセイスト・クラブ賞 | mf:世界幻想文学大賞 | mf:日本ファンタジーノベル大賞 | m:CWA賞 | m:MWA賞 | m:このミステリーがすごい! | m:アガサ賞 | m:マカヴィティ賞 | name:あさのあつこ | name:万城目学 | name:三上延 | name:三浦しをん | name:上橋菜穂子 | name:上野千鶴子 | name:中島京子 | name:乾くるみ | name:五木寛之 | name:京極夏彦 | name:仁木英之 | name:今野敏 | name:伊坂幸太郎 | name:佐々木譲 | name:佐藤多佳子 | name:佐藤賢一 | name:佐野洋子 | name:勝間和代 | name:北村薫 | name:原田マハ | name:坂木司 | name:大島真寿美 | name:大崎梢 | name:太宰治 | name:姫野カオルコ | name:宇江佐真理 | name:宮下奈都 | name:宮部みゆき | name:小川洋子 | name:小川糸 | name:山之口洋 | name:山崎ナオコーラ | name:山田詠美 | name:島本理生 | name:島田荘司 | name:川上弘美 | name:恩田陸 | name:有川浩 | name:朝井リョウ | name:木内昇 | name:杉本苑子 | name:村上春樹 | name:村上龍 | name:村山早紀 | name:村山由佳 | name:東川篤哉 | name:東野圭吾 | name:松井今朝子 | name:林真理子 | name:柚木麻子 | name:柳広司 | name:栗田有起 | name:桜庭一樹 | name:梨木香歩 | name:森絵都 | name:森見登美彦 | name:森谷明子 | name:横山秀夫 | name:橋本治 | name:池上永一 | name:津村記久子 | name:海原純子 | name:海堂尊 | name:湊かなえ | name:町田康 | name:畠中恵 | name:百田尚樹 | name:矢崎存美 | name:磯崎憲一郎 | name:神田茜 | name:米村圭伍 | name:米澤穂信 | name:綿矢りさ | name:荻原規子 | name:菅野雪虫 | name:葉室麟 | name:角田光代 | name:誉田哲也 | name:貴志祐介 | name:辻村深月 | name:近藤史恵 | name:道尾秀介 | name:長野まゆみ | name:香山リカ | name:高田郁 | oその他の作家 | o海外作家:C.J.ボックス | o海外作家:M.C.ビートン | o海外作家:P.Gウッドハウス. | o海外作家:R.D.ウィングフィールド | o海外作家:S.J.ローザン | o海外作家:アガサ・クリスティ | o海外作家:アラン・ブラッドリー | o海外作家:アリアナ・フランクリン | o海外作家:アリス・マンロー | o海外作家:アレグザンダー・マコール・スミス | o海外作家:アンナ・マクリーン | o海外作家:アン・クリーヴス | o海外作家:アン・タイラー | o海外作家:アン・マキャフリイ | o海外作家:アーシュラ・K・ル=グウィン | o海外作家:アーロン・エルキンズ | o海外作家:エリザベス・ギルバート | o海外作家:エレイン・ヴィエッツ | o海外作家:エレン・カシュナー | o海外作家:カズオ・イシグロ | o海外作家:カミラ・レックバリ | o海外作家:カルロス・ルイス・サフォン | o海外作家:キャロル・オコンネル | o海外作家:キンバリー・ウィリス・ホルト | o海外作家:ギヨーム・ミュッソ | o海外作家:クリストファー・プリースト | o海外作家:クレイグ・ライス | o海外作家:クレオ・コイル | o海外作家:ケイト・キングズバリー | o海外作家:ケイト・モス | o海外作家:ケイト・モートン | o海外作家:ゲイル・キャリガー | o海外作家:コニス・リトル | o海外作家:コニー・ウィリス | o海外作家:コリン・ホルト・ソーヤー | o海外作家:コルネーリア・フンケ | o海外作家:サラ・ウォーターズ | o海外作家:サラ・スチュアート・テイラー | o海外作家:サラ・パレツキー | o海外作家:シャロン・フィファー | o海外作家:シャンナ・スウェンドソン | o海外作家:シャーリィ・ジャクスン | o海外作家:シャーレイン・ハリス | o海外作家:シャーロット・マクラウド | o海外作家:ジェイソン・グッドウィン | o海外作家:ジェイニー・ボライソー | o海外作家:ジェイン・オースティン | o海外作家:ジェフリー・ディーヴァー | o海外作家:ジェフリー・フォード | o海外作家:ジェラルディン・ブルックス | o海外作家:ジャニータ・シェリダン | o海外作家:ジャネット・イヴァノヴィッチ | o海外作家:ジュンパ・ラヒリ | o海外作家:ジョアン・フルーク | o海外作家:ジョナサン・キャロル | o海外作家:ジョン・ハート | o海外作家:ジョージ・R.R.マーティン | o海外作家:ジョー・ウォルトン | o海外作家:ジル・チャーチル | o海外作家:スティーグ・ラーソン | o海外作家:ステファニー・メイヤー | o海外作家:スーザン・プライス | o海外作家:スー・グラフトン | o海外作家:タニス・リー | o海外作家:ダイアナ・ウィン ジョーンズ | o海外作家:ダイアナ・ガバルドン | o海外作家:ダン・ブラウン | o海外作家:ディック・フランシス | o海外作家:デイヴィッド・アーモンド | o海外作家:デニス・ルヘイン | o海外作家:デボラ・クロンビー | o海外作家:トレイシー・シュヴァリエ | o海外作家:トーベ・ヤンソン | o海外作家:ドナ・アンドリューズ | o海外作家:ドナ・ジョー・ナポリ | o海外作家:ドミニク・シルヴァン | o海外作家:ドン・ウィンズロウ | o海外作家:ナンシー・ピカード | o海外作家:ネレ・ノイハウス | o海外作家:ノア・ゴードン | o海外作家:パウロ・コエーリョ | o海外作家:パトリシア・A.マキリップ | o海外作家:ピーター・キャメロン | o海外作家:ピーター・ディキンスン | o海外作家:ピーター・トレメイン | o海外作家:ピーター・ラヴゼイ | o海外作家:フランセス・ファイフィールド | o海外作家:フレッド・ヴァルガス | o海外作家:ヘイリー・リンド | o海外作家:ヘニング・マンケル | o海外作家:ベリンダ・バウアー | o海外作家:ベルンハルト・シュリンク | o海外作家:ポール・ドハティ | o海外作家:マイクル・コナリー | o海外作家:マーガレット・アトウッド | o海外作家:マーセデス・ラッキー | o海外作家:ミネット・ウォルターズ | o海外作家:ミュリエル・バルベリ | o海外作家:メアリ・W.ウォーカー | o海外作家:メグ・ガーディナー | o海外作家:メグ・キャボット | o海外作家:ユッシ・エーズラ・オールスン | o海外作家:リサ・クレイパス | o海外作家:リチャード・ノース・パタースン | o海外作家:リース・ボウエン | o海外作家:ルーシー・モード・モンゴメリ | o海外作家:レジナルド・ヒル | o海外作家:レスリー・メイヤー | o海外作家:レーネ・レヘトライネン | o海外作家:ロイス・マクマスター ビジョルド | o海外作家:ロビン・ホブ | o海外作家:ローズマリ・サトクリフ | o海外作家:ローズマリー・マーティン | o海外作家:ローナ・バレット | o海外作家:ローラ・チャイルズ | o海外作家:ローラ・リップマン | o海外作家:ローリー・キング | o海外作家:ローレンス・ブロック | o海外作家:ヴィヴェカ・ステン | o海外作家:ヴォンダ・N.マッキンタイア | お人形 | お人形着物 | お茶 | アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | コージー | ジェイドール | ジェニー | スイーツ | ドールmomoko | ドール:Misaki | ドール:SD | ドール:シドニー | ドール:ピュアニーモ | ドール:プーリップ | ドール:ユノアクルス・アズライト | バービー | ファッション | ファンタジー | フィギュアスケート | ベスト本 | ミステリ | リカちゃん | ロマンス | 介護 | 健康・ダイエット | 児童書・YA | 動物 | 国内作家:あ行 | 国内作家:か行 | 国内作家:さ行 | 国内作家:た行 | 国内作家:な行 | 国内作家:は行 | 国内作家:ま行 | 国内作家:や行 | 国内作家:ら行 | 国内作家:わ行 | 国内小説 | 家事 | 心と体 | 日記 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 歴史もの | 海外小説 | | 病気体験 | 着物 | 経済・政治・国際 | 絵本 | 舞台・バレエ | | 言葉・歌 | 評論・エッセイ | SF