フォト

おすすめ本

「虚ろな十字架」

東野圭吾「虚ろな十字架」光文社

2014年5月発行の作品。
罪の償いはどうあるべきか、死刑なら償いになるのか‥?
重い課題を含んだ良心的な小説です。

中原は11年前に、娘を喪いました。
強盗に殺されたのだ‥しかも、犯人は出所後の再犯。
怒り悲しむ夫婦は死刑を望み、それは叶ったのですが、それで愛娘が戻ってくるわけではない。
離婚し、中原は職も変えたのです。

別れた妻・小夜子が通りで事件に遭ったという連絡が入り、驚愕する中原。
力を失った元妻の両親を支え、離婚後の小夜子がどう生きたのかを調べ始めます。
彼女は、犯罪についてルポするライターとなっていました。
思いがけない真実が、そこに‥

万引きをするにしても、そこにいたる事情や理由はさまざま。病的な状態で刑罰より治療を要するケースが多いとか。知りませんでした。
殺人も、もちろんのこと、事情は極端に違ってきます。
犯罪被害者や遺族は、償いを求めますが、償いといっても何が有効なのか‥
死刑はなくなるのが理想ですが、抑止力として、否定はしきれません。
しかし、死刑が決まっても反省することのない犯人では‥
収監されている期間が、心から後悔する機会となればいいのですが。

終盤で出てくるごく若い頃のある人物の罪については、まだ未熟な年齢の事件なので、起訴されないのも妥当なのでは。
(当然という描き方ではなく、いろいろな成り行きあってのこと)
いや、子供は大人に相談しなくちゃいけません!

それと、何もなかったふりで生きていくのも、本人の気持ちの整理がつかないという問題があるという重さ。
小説の読後感としてはすっきりはしないけれど‥
割り切れない重さを抱いたままで終わるのは、致し方ないことかもしれません。

「ラプラスの魔女」

東野圭吾「ラプラスの魔女」角川書店

東野圭吾2015年5月発行の意欲的な長編。
空想科学的な要素を含み、「これまでの自分の小説をぶっ壊してみたかった」とのこと。

かって起きた竜巻。
母子が巻き込まれましたが、娘は生き残り‥?

元警官の武尾は数理学研究所の依頼で、羽原円華という若い女性の警備につきます。
行動を共にするうちに、彼女には不思議な力が備わっているのでは、と思うように‥

二つの温泉地で、相次いで硫化水素による死亡事故が起きます。
検証のために訪れた研究者・青江は、双方の現場で謎めいた娘を目撃します。
事件を追う中岡刑事。
冷たい美貌の甘粕才生という天才と、その息子の健人。
何かが欠落している人物の研究による、思いもよらない結果が今起きている‥?!

普通の人間達が、天才の引き起こした未来的な事態の謎を追う展開。
先の予想が出来る能力は場合によってはすごくカッコいいけれど、現実に生きていくのは難しくなるという点も。
ファンタジー‥だけでもない微妙なところがポイント?
不思議な作品でした。
好きってところまでは行かないけど、イメージの豊かさや展開の上手さで、読んだ甲斐はあったかな。

作家デビュー30年、80作目の到達点だそうです。

「マスカレード・イブ」

東野圭吾「マスカレード・イブ」集英社文庫

「マスカレード・ホテル」の前日譚。
ホテル勤めの山岸尚美と、刑事の新田浩介が出会う前、それぞれの仕事をしている時期の短編集です。

「それぞれの仮面」
ホテル・コルテシア東京に勤めて4年の山岸尚美。
念願のフロントオフィスに配属されたばかり。
謎めいた客の動きを観察し、お客様に良かれと思う方向へ、ひそかに立ち回ります。
ホテルではお客様は仮面をかぶっている、ホテルマンはその仮面を守らなくてはならないと。

「ルーキー登場」
ホワイトデーの夜の事件の捜査に、アメリカ帰りの新田浩介、登場。
まだ警察内でもやや浮いている? 頭はいいということだけど~という。
マスカレード・ホテルとは、ちょっと印象違いますね。

「仮面と覆面」
ロビーで不審な動きを見せる五人組の目的は‥?

「マスカレード・イブ」
大阪に来ている尚美が出会った事件。
新田の手伝いに借り出された女性巡査が尚美に面会に来ます。
山岸と新田がお互いに会うことはないまま、同じ事件に関わっているあたりが面白い。
どちらも有能ではあるけど、まだ少し青臭い印象になってますね。

期待通り、軽く読めて、事件のバラエティもあり、それぞれの活躍を楽しめました☆

「疾風ロンド」

東野圭吾「疾風ロンド」実業之日本社文庫

文庫書き下ろし作品。
読みやすく、気楽に読めました。
暇つぶしにはいいかな~。

大学の研究所で、秘密裏に開発されていた菌は、生物兵器になりうるものでした。
盗み出した研究員が脅迫状を送ってくるが、なんと本人が思わぬ交通事故であっさり死んでしまいます。
ちょっと映画の設定みたい?

主任の栗林和幸は、学部長から極秘捜査を命じられましたが‥?
残された写真をヒントに、生物兵器が埋められている場所を探すことに。
近くへ行けば、探知機が鳴るはずなのです。
スキーのできる息子の秀人と共に、スキー場へ向かうのですが‥

村ぐるみスキー場となっている地域には、中学のスキー授業に来ている生徒たちもいました。
何も知らずに、ほのかな恋の鞘当など青春している若者たち。
もし菌がばら撒かれたらと戦慄しつつ、栗林はへたくそなスキーで、うろうろ。
監視員は、まさかの捜査に協力することに。

スキーが好きな作家さんなので、スキー場はリアル。
しかし、東野さんなら~もう少し、どこかで書き込むこともできるだろうに‥
ちょっと軽く仕上げすぎでは?
読んでいる間は、それなりに楽しめましたけどね。

「祈りの幕が下りる時」

東野圭吾「祈りの幕が下りる時」講談社

加賀恭一郎シリーズ10作目。
加賀の母親のことがかなり明らかになり、しみじみとした読後感でした。

10年程前、仙台で田島百合子という女性が亡くなり、雇っていた女性は遺骨をどうしたものか気にしていました。
それが加賀の母親だった‥
加賀が小学生の頃に、突然家を出た母親。幼い息子にとっては突然のことで意味がわからないまま、父親への不信感が続いてしまったのですね。

現在、加賀の従弟の松宮が担当している事件。
小菅のアパートで女性の遺体が発見され、その部屋の住人ではなく、滋賀県に住む女性とわかります。
浅居博美という女性演出家の幼馴染で、上京してから会ったことはわかったのですが‥
加賀はかって子役への剣道指導を頼まれたことがあり、この浅居とは知り合いでした。

東京の日本橋近辺と、仙台と、滋賀と。
ちょっとした引っ掛かりをきっかけに、加賀は事件に興味を抱いていきます。
二組の親子関係をめぐって、最初はばらばらだったピースが次第に絡み合っていくのです。
思わぬ広がりを見せる事件。
予想通りの部分と、ちょっとずれて行く部分と‥
人生をゆがませる出来事も、淡々と描かれます。
何かが少し違っていたらと願いたくなるような。

加賀が母の消息を知っていくことで、少しずつ何かが流れ出していくようです。
加賀が日本橋署に勤務し、地域のことに気を配っていた理由もわかってきて、切ない印象がありました。
日本橋へのこだわりも一段落して、捜査一課へ戻る加賀。
充実した読み応えと、気持ちの整理がついた姿を見ることができたことで、こちらもスッキリした気分で読み終えられました。

「夢幻花」

東野圭吾「夢幻花」PHP研究所

不審な死に、幻の花が絡む事件を若い二人が追います。
冒頭のいくつかのシーンが全然結びつかず、ええ?と引き込まれます。

50年前、平和な一家を襲った通り魔事件。
蒲生蒼太の中学のときの初恋。
そして現代、秋山梨乃は従兄が自殺したと知らせを受ける‥
妻子とは別居して4年の早瀬刑事。息子のことで急に呼び出されますが?

秋山梨乃は水泳選手として有名でしたが、ある日突然病気になり、原因不明のまま泳ぐことが出来なくなっていました。
花が好きな祖父のために、代わりにブログを作るようになり、祖父の元を時々訪れていたのですが。
ところが祖父が事件に遭い、ショックを受けます。

蒲生蒼太は大学院にいますが、原子力が専攻なので、就職が難しくなり、悩んでいました。
年の離れた異母兄の要介はどこかよそよそしく、子供の頃から家の中に何か壁があると感じていた蒼太。
要介を訪ねてきた秋山梨乃と出会い、黄色いアサガオの写真を見て、興味を惹かれます。
思わぬ関わりが気になり、一緒に調べて歩くと、さらに‥?

誘惑に負けて、危険なものに手を出してしまった人。
善意のまま行動していただけなのに、巻き込まれてしまった人たち。
負の遺産を引き継ぎ、出来る警戒を続けようと決めた家族‥

途中からは大体の関連がわかってきますが、次々に起こることに目を奪われていて気づかなかった点もあり、あっ、なるほど‥と。
3.11以後に、全面的に加筆したものだそうです。
最後は勇気をもらえるような、感動的な結末でした。

「禁断の魔術 ガリレオ8」

東野圭吾「禁断の魔術 ガリレオ8」文藝春秋

探偵ガリレオの8冊目。
「透視す」「曲球る」「念波る」「猛射つ」の4本で、湯川学・準教授の信念や人柄が濃く伝わる短編集です。

「透視す(みとおす)」
草薙が行きつけの銀座のクラブで、名刺を透視する余興を見せるホステスに出会った湯川。
そのホステスのアイが殺されてしまい、継母が上京してきます。
透視の真相は?
そして、故郷を出たきり帰らなかったアイの真意は‥

「曲球る(まがる)」
プロ野球の投手・柳沢の妻・妙子が、スポーツクラブの地下駐車場で事件に。
柳沢は四十手前で、いぜんのような投球ができなくなっていました。
科学的にフォームの問題を研究しようと持ちかける湯川。
妙子の不審な行動の意味は?

「念波る(おくる)」
双子の姉妹の事件。
御厨春菜は、双子の若菜の身に危険があると連絡してきます。
若菜は意識不明の重体で、春菜は恐ろしい顔を夢に見たという‥

「猛射つ(うつ)」
湯川の高校の後輩で、帝都大学の理学部に入って間もない古芝伸吾が行方知れずに。
謎の爆破映像の意味は‥?
政治家の大賀が狙われているかもしれない現場に出向く湯川。

湯川先生がいぜんより親切になったというか、危険を買って出る覚悟を見せています。
考えていることがはっきり伝わるような構成になってますね。
ドラマを先に見ましたが、違和感なかったです。
原作だと、女性刑事の印象はほとんどないけど‥それはまあ~いっか^^;

「虚像の道化師 ガリレオ7」

東野圭吾「虚像の道化師 ガリレオ7」文藝春秋

ガリレオ・シリーズも、7作目になってましたか!
あっさりした書き方ですが、読む価値はある内容。
(あ、でも、初めての方は、この作品から読むべきではないです。「探偵ガリレオ」か、「容疑者Xの献身」からにしてください)

テレビで先に見てしまったので、話はするすると頭に入ります。
原作を先に読んだほうが~謎解きという点では面白いですよね。
ドラマとはちょっと違う部分が、興味深かったり。

「幻惑(まどわ)す」は、新興宗教の道場で起きた事件。
ビルの5階の窓から男が飛び出して転落死。誰も手を触れていない。教祖は自分が念を送ったためだと自首してきましたが‥
記者とカメラマンまでいた現場で、いったい何が?

「心聴(きこえ)る」は、突然暴れだした男は、何かを聴いていた?
取り押さえようとして刺された草薙刑事を、探偵ガリレオこと湯川教授は見舞います。
同じ会社で、次々に起こっていた怪事件の真相は‥

「偽装(よそお)う」は、山中のリゾートホテルに来ていた湯川。
近くの別荘で夫婦が殺されていたという報が入る。道が崩れて警察も来られない状態で、捜査に協力することに。
現場には、不自然な点が‥ ちょっと人情味もあり?

「演技(えんじ)る」は、劇団の演出家が殺されました。
関係者にはすべてアリバイが。
ドラマでは女優ならではの心理と存在感が、趣を添えていました。
湯川がアリバイを破る‥!

原作には、ガリレオがすごくハンサムという描写はないんですね。
内海刑事もあまり出てこないぐらいで、転任の話もなく、新任の小娘刑事は存在しません。草薙刑事だけでいいのか‥などと思ってしまったり。
ドラマでは小娘刑事がすごく喋っていたけど、あの役の設定はどうなのかしら‥ 嫌いじゃないけど、損な役だったような気もします。

ガリレオシリーズは、
『探偵ガリレオ』
『予知夢』
『容疑者Xの献身』
『ガリレオの苦悩』
『聖女の救済』
『真夏の方程式』
『虚像の道化師 ガリレオ7』
『禁断の魔術 ガリレオ8』

「ナミヤ雑貨店の奇跡」

東野圭吾「ナミヤ雑貨店の奇跡」角川グループパブリッシング

とてもいい感じでした!
どなたにも、オススメできます~。
この作者にしては珍しい?画期的ほのぼの系(変な表現ですが)
といっても‥

どんな悩みの相談にも乗るナミヤ雑貨店。
その仕組みとは‥?
ナミヤ雑貨店の主人・浪矢老人が、店名との洒落で始めた事でした。
子供からの無邪気で調子のいい相談が多かったのですが。

ある夜、金を盗んで逃走中の若者3人組が、廃屋に逃げ込みます。
雑貨店だったらしい建物の中には、40年も前の雑誌などがありました。
郵便受けに「初めて相談します」という手紙が投げ込まれ、面白半分に返事を書いて牛乳箱に入れます。
すぐに返事があり、それもとても真摯に受け止められていた‥
不思議に思いつつも、また返事を書きたくなる彼ら。

オリンピック出場を目指している選手だが、恋人が重い病気のため、看病に専念するかどうか悩んでいるという女性。
歌手を目指したが目が出ず、家業を継ぐかどうか、迷っている青年。
妻子持ちの男性の子を妊娠してしまったという女性。
親が借金を抱えて夜逃げしようとしている男の子。
養い親を助けるため、水商売を続けようかと考える若い娘。

ナミヤ雑貨店の主の息子は、老いた父親にある頼み事をされていました。
三十三回忌のときに、一度だけ、悩み相談を復活してほしいというのです。
そして、昭和から平成へと、年月は進み、日本の様子も変わっていく‥

不思議な連鎖が起きるエピソードのたたみかけ方が上手く、現実味のある相談と、ちょっとしたユーモアで、飽きさせません。
すべてがハッピーエンドというわけではなく、切なさや思いがけない展開もありますが。
読後感は良いですよ。
人の関わり方はけっこうややこしいので、再読にも耐える内容。
いつかまた読むのが楽しみです。

「マスカレード・ホテル」

東野圭吾「マスカレード・ホテル」集英社

大きなホテルが舞台の事件もの。
特別にユニークとかすごい大作とかいうのではないけど、好感度が高く、多くの人に読んで貰いたい作品ですね。
映画になりそう。

山岸尚美は、ホテルのフロントでクラークを務める優秀な女性。
捜査のため、ホテルの各所に警官を潜入させると聞いて、戸惑います。
掃除するぐらいならまだしも、直接客と接する仕事は、生半に出来ることではないのですから。
共に働くことになった刑事の新田浩介は、傲慢な態度で、客のルール違反を指摘してのけます。
フォローと指導に頭を痛める山岸と新田のやりとりが、面白い。
警官と丸わかりな態度のままでは、犯人がすぐ気づいてしまうと指摘する山岸。
お客様がルールだというホテルのやり方に驚愕する新田刑事でした。

しかも、客のふりをしてあちこちにいる警官がまた、目つきが悪い。
じつは、このホテルが連続殺人事件の次の現場になりそうなのです。
捜査一課の新田は、捜査の最前線にいられないことに苛立ちます。
ホテルマンに見える外見で英語力もある刑事はそういないので、代わりはいないのですが。
クラークの持ち場を離れようとしたり、山岸の気持ちを理解しなかったりと、小さな問題を起こしつつ、迫るXデー。
新田が所轄で組んでいた能勢は小太りの中年男ですが、腕は確か。連絡を取りつつ、しだいに新田の推理は事件の核心に迫っていきます。

披露宴を予定している女性にストーカーがいるらしく、披露宴のスケジュールを聞き出そうという電話がありました。
友人の名をかたった贈り物も贈られてきます。
はたして、このストーカーは何をするつもりか…
連続殺人事件の犯人と同一人物なのか?

事件はなかなか複雑だけどあり得ないほどではなく、その描写は簡潔なのですが、今時らしくネットが絡み、興味をそそられる描き方になっています。
ホテルには実に様々な人間が集まるので、その描写だけでも読めます。
ホテルマンの心意気が何よりもいいですね。
そして、刑事の心意気も。

仕事に熱中し時には反発しながら、信頼が生まれ、ほのかに心が寄り添っていく新田と山岸。
そして、問題の結婚披露宴当日…?!

あと少ししかページがないので展開はこうかな…と推測したら~まあ近い流れでした。犯行の動機はわからなかったけど。
2011年9月発行。

その他のカテゴリー

bベスト本 | i本屋大賞候補作 | l本屋大賞 | l直木賞 | l芥川賞 | l:日本エッセイスト・クラブ賞 | mf:世界幻想文学大賞 | mf:日本ファンタジーノベル大賞 | m:CWA賞 | m:MWA賞 | m:このミステリーがすごい! | m:アガサ賞 | m:マカヴィティ賞 | name:あさのあつこ | name:万城目学 | name:三上延 | name:三浦しをん | name:上橋菜穂子 | name:上野千鶴子 | name:中島京子 | name:乾くるみ | name:五木寛之 | name:京極夏彦 | name:仁木英之 | name:今野敏 | name:伊坂幸太郎 | name:佐々木譲 | name:佐藤多佳子 | name:佐藤賢一 | name:佐野洋子 | name:勝間和代 | name:北村薫 | name:原田マハ | name:坂木司 | name:大島真寿美 | name:大崎梢 | name:太宰治 | name:姫野カオルコ | name:宇江佐真理 | name:宮下奈都 | name:宮部みゆき | name:小川洋子 | name:小川糸 | name:山之口洋 | name:山崎ナオコーラ | name:山田詠美 | name:島本理生 | name:島田荘司 | name:川上弘美 | name:恩田陸 | name:有川浩 | name:朝井リョウ | name:木内昇 | name:杉本苑子 | name:村上春樹 | name:村上龍 | name:村山早紀 | name:村山由佳 | name:東川篤哉 | name:東野圭吾 | name:松井今朝子 | name:林真理子 | name:柚木麻子 | name:柳広司 | name:栗田有起 | name:桜庭一樹 | name:梨木香歩 | name:森絵都 | name:森見登美彦 | name:森谷明子 | name:横山秀夫 | name:橋本治 | name:池上永一 | name:津村記久子 | name:海原純子 | name:海堂尊 | name:湊かなえ | name:町田康 | name:畠中恵 | name:百田尚樹 | name:矢崎存美 | name:磯崎憲一郎 | name:神田茜 | name:米村圭伍 | name:米澤穂信 | name:綿矢りさ | name:荻原規子 | name:菅野雪虫 | name:葉室麟 | name:角田光代 | name:誉田哲也 | name:貴志祐介 | name:辻村深月 | name:近藤史恵 | name:道尾秀介 | name:長野まゆみ | name:香山リカ | name:高田郁 | oその他の作家 | o海外作家:C.J.ボックス | o海外作家:M.C.ビートン | o海外作家:P.Gウッドハウス. | o海外作家:R.D.ウィングフィールド | o海外作家:S.J.ローザン | o海外作家:アガサ・クリスティ | o海外作家:アラン・ブラッドリー | o海外作家:アリアナ・フランクリン | o海外作家:アリス・マンロー | o海外作家:アレグザンダー・マコール・スミス | o海外作家:アンナ・マクリーン | o海外作家:アン・クリーヴス | o海外作家:アン・タイラー | o海外作家:アン・マキャフリイ | o海外作家:アーシュラ・K・ル=グウィン | o海外作家:アーロン・エルキンズ | o海外作家:エリザベス・ギルバート | o海外作家:エレイン・ヴィエッツ | o海外作家:エレン・カシュナー | o海外作家:カズオ・イシグロ | o海外作家:カミラ・レックバリ | o海外作家:カルロス・ルイス・サフォン | o海外作家:キャロル・オコンネル | o海外作家:キンバリー・ウィリス・ホルト | o海外作家:ギヨーム・ミュッソ | o海外作家:クリストファー・プリースト | o海外作家:クレイグ・ライス | o海外作家:クレオ・コイル | o海外作家:ケイト・キングズバリー | o海外作家:ケイト・モス | o海外作家:ケイト・モートン | o海外作家:ゲイル・キャリガー | o海外作家:コニス・リトル | o海外作家:コニー・ウィリス | o海外作家:コリン・ホルト・ソーヤー | o海外作家:コルネーリア・フンケ | o海外作家:サラ・ウォーターズ | o海外作家:サラ・スチュアート・テイラー | o海外作家:サラ・パレツキー | o海外作家:シャロン・フィファー | o海外作家:シャンナ・スウェンドソン | o海外作家:シャーリィ・ジャクスン | o海外作家:シャーレイン・ハリス | o海外作家:シャーロット・マクラウド | o海外作家:ジェイソン・グッドウィン | o海外作家:ジェイニー・ボライソー | o海外作家:ジェイン・オースティン | o海外作家:ジェフリー・ディーヴァー | o海外作家:ジェフリー・フォード | o海外作家:ジェラルディン・ブルックス | o海外作家:ジャニータ・シェリダン | o海外作家:ジャネット・イヴァノヴィッチ | o海外作家:ジュンパ・ラヒリ | o海外作家:ジョアン・フルーク | o海外作家:ジョナサン・キャロル | o海外作家:ジョン・ハート | o海外作家:ジョージ・R.R.マーティン | o海外作家:ジョー・ウォルトン | o海外作家:ジル・チャーチル | o海外作家:スティーグ・ラーソン | o海外作家:ステファニー・メイヤー | o海外作家:スーザン・プライス | o海外作家:スー・グラフトン | o海外作家:タニス・リー | o海外作家:ダイアナ・ウィン ジョーンズ | o海外作家:ダイアナ・ガバルドン | o海外作家:ダン・ブラウン | o海外作家:ディック・フランシス | o海外作家:デイヴィッド・アーモンド | o海外作家:デニス・ルヘイン | o海外作家:デボラ・クロンビー | o海外作家:トレイシー・シュヴァリエ | o海外作家:トーベ・ヤンソン | o海外作家:ドナ・アンドリューズ | o海外作家:ドナ・ジョー・ナポリ | o海外作家:ドミニク・シルヴァン | o海外作家:ドン・ウィンズロウ | o海外作家:ナンシー・ピカード | o海外作家:ネレ・ノイハウス | o海外作家:ノア・ゴードン | o海外作家:パウロ・コエーリョ | o海外作家:パトリシア・A.マキリップ | o海外作家:ピーター・キャメロン | o海外作家:ピーター・ディキンスン | o海外作家:ピーター・トレメイン | o海外作家:ピーター・ラヴゼイ | o海外作家:フランセス・ファイフィールド | o海外作家:フレッド・ヴァルガス | o海外作家:ヘイリー・リンド | o海外作家:ヘニング・マンケル | o海外作家:ベリンダ・バウアー | o海外作家:ベルンハルト・シュリンク | o海外作家:ポール・ドハティ | o海外作家:マイクル・コナリー | o海外作家:マーガレット・アトウッド | o海外作家:マーセデス・ラッキー | o海外作家:ミネット・ウォルターズ | o海外作家:ミュリエル・バルベリ | o海外作家:メアリ・W.ウォーカー | o海外作家:メグ・ガーディナー | o海外作家:メグ・キャボット | o海外作家:ユッシ・エーズラ・オールスン | o海外作家:リサ・クレイパス | o海外作家:リチャード・ノース・パタースン | o海外作家:リース・ボウエン | o海外作家:ルーシー・モード・モンゴメリ | o海外作家:レジナルド・ヒル | o海外作家:レスリー・メイヤー | o海外作家:レーネ・レヘトライネン | o海外作家:ロイス・マクマスター ビジョルド | o海外作家:ロビン・ホブ | o海外作家:ローズマリ・サトクリフ | o海外作家:ローズマリー・マーティン | o海外作家:ローナ・バレット | o海外作家:ローラ・チャイルズ | o海外作家:ローラ・リップマン | o海外作家:ローリー・キング | o海外作家:ローレンス・ブロック | o海外作家:ヴィヴェカ・ステン | o海外作家:ヴォンダ・N.マッキンタイア | お人形 | お人形着物 | お茶 | アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | コージー | ジェイドール | ジェニー | スイーツ | ドールmomoko | ドール:Misaki | ドール:SD | ドール:シドニー | ドール:ピュアニーモ | ドール:プーリップ | ドール:ユノアクルス・アズライト | バービー | ファッション | ファンタジー | フィギュアスケート | ベスト本 | ミステリ | リカちゃん | ロマンス | 介護 | 健康・ダイエット | 児童書・YA | 動物 | 国内作家:あ行 | 国内作家:か行 | 国内作家:さ行 | 国内作家:た行 | 国内作家:な行 | 国内作家:は行 | 国内作家:ま行 | 国内作家:や行 | 国内作家:ら行 | 国内作家:わ行 | 国内小説 | 家事 | 心と体 | 日記 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 歴史もの | 海外小説 | | 病気体験 | 着物 | 経済・政治・国際 | 絵本 | 舞台・バレエ | | 言葉・歌 | 評論・エッセイ | SF

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック