フォト

おすすめ本

「異国のおじさんを伴う」

森絵都「異国のおじさんを伴う」文藝春秋

短編集。
世界のどこかで、焦ったり、笑ったり、しみじみしたり。
誰かが今、何かに気づいてる‥?
ちょっとした出来事に見える真実を、どこかユーモラスに描いてます。

「藤巻さんの道」
道の写真集を見せてどの道が好きかと聞いてみると、その人の個性が出るのです。
きちんとした藤巻さんの選んだ意外な道、そのわけは?
結末があたたかい。

「夜の空隙を埋める」
留学先でのあまりに局地的な停電に、原因を突き止めようと工事現場に向かうと‥

「クリスマスイヴを三日後に控えた日曜の・・・」
プラダの売り場で靴を選ぶ老婦人。
そこにいた皆と一緒に、思わずにっこりしてしまいました。

「クジラ見」
新婚旅行でのクジラ見での大騒動。
受難の新郎、たくましい新婦に苦笑。

「竜宮」
思わぬことから誤認した記事を書いた後悔から、今真摯に仕事に向かう。
自分でもありうるとドキッとしたり、がんばれっと思ったり。

「思い出ぴろり」
幽霊が見える運転手。
ぴろりがユーモラス。

「ラストシーン」
飛行機で乗り合わせたキューバ人が、映画のラストシーンを見損ねてしまった。
乗客はラストを見せてやりたいと論争になりますが‥

「桂川里香子、危機一髪」
理想的な結婚を目指したが‥?!

「母の北上」
なぜか、母がどんどん部屋を移動していきます。息子は‥

「異国のおじさんを伴う」
ドイツのひげ人形をモチーフにした作品が、ヒットした作家。
ひげ人形愛好会に招かれて、ミュンヘンへ行き、おばあさん達に巨大なひげ人形を貰ってしまう。

立場も年齢も事情もそれぞれに違う人々に、おとずれる瞬間。
海外の短編を思い出すような鋭い切り口で、さわやかな読後感。
一口ではいえない味わいに、作者のあたたかなまなざしを感じながら、心地よくなれます。

「風に舞いあがるビニールシート」

森絵都「風に舞いあがるビニールシート」文藝春秋

それぞれに何かに一所懸命になる6人を描いた6つの短編を集めたもの。直木賞受賞作です。
大人向きに書かれるとこうなるのかという森絵都の世界です。

以前の作品に比べて描写が細かく情報量が多いので、大人って色んな細かな事実を知っていて気がついちゃう、更に知らない世界を知りたいとも思う、情報の渦の中にいるんだねえ…と改めて感じました。役に立つ物ばかりではないんだけど!
最初のうちは大人向けの普通の中間小説になっている分、森絵都らしさが薄いかなとも思いましたが、そんなことはありませんでした。
大切な物にこだわって生きる大人達。子供と同じように迷いもするし、子供よりも長い年月こだわり続けることもあるから奇妙に逸脱してしまうこともあるのですね。
それでも新たな方向へ向かっていく勇気を描いています。この暖かさと強さ。
痛む傷口を洗って風に当てて自然に乾かすような穏やかな視線。さすがです。

今年2番目に読んだ本です。
こちらはさくさくと読みました。一日ではなかったですが~内容的に全く別な人生を描いた短編集なので、一気読みはちょっともったいないかなと。
「わたしを離さないで」とこの2冊で、昨年の海外・国内を代表する作品としても良いほどです。
私の好み!としてオススメするには~もっと楽しいウッドハウスか歴史ミステリの方が合うかなと思いますけどね。

「ダイブ!!」

森絵都「ダイブ!!」角川文庫

飛び込みがテーマの、森絵都のスポ根小説。
ほとんどスポーツ漫画のようで、登場人物も活気に満ちてさわやか、すっきりした文体でとにかくわかりやすく、一気に引き込まれました。引き込むテクニックは小説ならではの書き方にあるんでしょう。
飛び込みはマイナースポーツで日本の競技人口は600人しかいないそうです。オリンピックなどでも確かに放映時間が短いんですよね。でも一瞬の見事な回転や引き締まった体型は目に焼き付いているので、楽しく読めました。
この作品で少し人気が増したんじゃないでしょうか?

中学生の知季が台に乗るたびに後悔する、という出だし…
ごく普通の家庭で育った少年が飛び込みに魅せられ、3月生まれで同じ学年にいる双子のような弟のごく普通の青春を羨みつつ、大した欲もなかったのが、アメリカ帰りの若い女性コーチに才能を見い出されます。
ダイビングクラブMDCは存続の危機にあり、新コーチの夏陽子は実は創設者の孫娘。親会社を説得するために、所属選手の中から誰かをオリンピックに出場させるという条件を出します。
一番有望な選手は高校生の要一。
もともと知季の憧れだった要一は、親も飛び込みの選手だったエリート。
知季以上に他の全てを犠牲にして飛び込み一筋に生きてきました。ちょっと、岡ひろみとお蝶夫人みたいで楽しい~。

もう一人、夏陽子が地方から連れてきたのが沖津飛沫。
祖父に仕込まれて伝統的な行事として崖から海に飛び込んでいた彼は、体格の良い野性派で、年上の彼女がいる大人っぽい奴。
実はプールが初めてという彼がどんな飛び込みをするのか…これも面白いです。
この3人のライバルの成長と葛藤、それぞれの個性を生かした技の追求、しだいにはぐくまれる友情が描かれます。

オリンピックを目指すとなったらいよいよ他のことをする暇がないので友達も出来ず恋も上手くいかない、ライバルしか身近にいないわけですね。飛び込みにかける気持ちを理解し合える貴重な存在が、どうしても敵でもある難しさ。
大人の世界の思惑も絡んで、選手は予想外の試練に立たされます。
いったんトップになった要一がスランプに陥り…さてどうなるか?
 
後半は、重要な試合の経過を演技のたびに変わる順位を示しながら描き、まわりを囲む大人達や脇役の思いも明らかにしていくという憎い構成で盛り上げていきます。
スポーツ漫画やスポーツ鑑賞が好きな人にはゼッタイお薦め。
大人でも十分、味わい深いものがありますよ~。

「宇宙のみなしご」

森絵都「宇宙のみなしご」講談社

評判が良いので、読んでみました。94年11月、第一刷発行。12年前かぁ…その頃、中学生で読んだ人は幸運でしたね。

中学生の陽子は、担任のすみれちゃんが急に辞めた後、それ以上の深い理由はなく、学校に行かなくなる。
気の強い陽子はクラスでも特定のグループに入らずに行動していて、数日は何事もないように過ぎます。
印刷工場を経営する両親は忙しくてほとんど家におらず、おっとりした弟のリンと仲が良いので、退屈しないように一緒に色んな新しい遊びを考えてやって来たのでした。
夜中によその家の屋根に登るという遊びを思いつき、スリルと不思議な感覚を味わいます。
そこへ意外な仲間が加わって…

わかりやすい文章で日常的なちょっとしたことを描きながら、思うように出来ない思春期のもやもや、孤独への恐れ、行き場に迷うエネルギーといった形にならないものが漂います。
友達の抱えている問題はその子にしたら真剣なものだけど、陽子の健全さもあって深刻になりすぎずに前向きで、感じの良い流れになっていますね。

宇宙のみなしごという言葉が素敵です。
「ぼくたちはみんな宇宙のみなしごだから、ばらばらに生まれてばらばらに死んでいくみなしごだから、自分の力できらきら輝いていないと、宇宙の暗闇にのみこまれて消えちゃうんだよ」
それが辞めた先生が友達の一人に言い残していた言葉で、自力でやっていかなければならないからこそ時には手をつなげる仲間を作りなさい、と…

小学生の頃、木登りがけっこう好きで屋根にも何度か(昼間、自分ちのですが)登ったのを思い出しました。
私が今読むにはさすがに子供向けな感じですが~時間の過ごし方としては良かったです。損はありませんでした。
大人になっても一人で部屋の外の暗闇を感じることは出来ます。輝く星でいっぱいの宇宙を想像すると、みなしごというよりはふと、宇宙の子供のような気持ちになりました。

「つきのふね」

森絵都「つきのふね」角川文庫

直木賞を受賞して話題になっている森絵都、これが良かったという記憶があったので、再読してみました。
2000年を前にノストラダムスの大予言で世界が終わるかも知れないなんていう話をしている時期が舞台だったというのをすっかり忘れていて、ビックリ。
そ、そういえば…97~9年頃というのはけっこう話題になっていたものです。
今となっては妙なので、これから読む人が小説の内容に入っていけるだろうかと思いましたが、その点は大丈夫でしょう。
中学生が主人公で思春期まっただ中、あの年頃には他のどんなきっかけでも妙な思い込みをすることはありますからね。

中学生のさくらは進路調査に「不明」と書いて、担任に呼び出しを食らう。
大親友だった梨利と口をきかなくなって40日以上過ぎ、クラスでも浮いてしまったさくらは、今日も智さんのアパートに寄っていく。
大人の男性の部屋にいたのを梨利のおっかけを自称する勝田君に見つかってしまうが、勝田もすぐ智さんに懐いて顔を出すようになる。
スーパーで万引きをして、さくらだけが捕まったあの日、出会ったのが智さん。
24歳の智さんは穏やかで、傍にいると居心地が良いのだが、人類を乗せるノアの箱舟のような宇宙船のデザインを一人で考え出すと止まらず、しだいに壊れていく…

さくらと勝田は必死で智さんを何とかこちら側へ引き留めようとあれこれ頑張るのです。
梨利を裏切ったと苦しむさくら、万引きのグループに残っている梨利も違う風に苦しんでいたのでした。あの年頃では友達と気まずくなるのは世界が終わるほどのことですよね…
万引きそのものが悪いとは最後まで自覚していないらしい少女達や、ここまで色々なことが起きているのにいっこうに気づいていない主人公の家族など、ありそうで苦笑いさせられます。

中学生でもわかりやすい書き方で、大人でも読める内容です。
かなり痛い部分まで入り込みながら、人間の生命力への信頼を漂わせ、弾力のある展開のあちこちにセーフティネットが張られている、暖かみのある物語。
良い本ですよ。

その他のカテゴリー

bベスト本 | i本屋大賞候補作 | l本屋大賞 | l直木賞 | l芥川賞 | l:日本エッセイスト・クラブ賞 | mf:世界幻想文学大賞 | mf:日本ファンタジーノベル大賞 | m:CWA賞 | m:MWA賞 | m:このミステリーがすごい! | m:アガサ賞 | m:マカヴィティ賞 | name:あさのあつこ | name:万城目学 | name:三上延 | name:三浦しをん | name:上橋菜穂子 | name:上野千鶴子 | name:中島京子 | name:乾くるみ | name:五木寛之 | name:京極夏彦 | name:仁木英之 | name:今野敏 | name:伊坂幸太郎 | name:佐々木譲 | name:佐藤多佳子 | name:佐藤賢一 | name:佐野洋子 | name:勝間和代 | name:北村薫 | name:原田マハ | name:坂木司 | name:大島真寿美 | name:大崎梢 | name:太宰治 | name:姫野カオルコ | name:宇江佐真理 | name:宮下奈都 | name:宮部みゆき | name:小川洋子 | name:小川糸 | name:山之口洋 | name:山崎ナオコーラ | name:山田詠美 | name:島本理生 | name:島田荘司 | name:川上弘美 | name:恩田陸 | name:有川浩 | name:朝井リョウ | name:木内昇 | name:杉本苑子 | name:村上春樹 | name:村上龍 | name:村山早紀 | name:村山由佳 | name:東川篤哉 | name:東野圭吾 | name:松井今朝子 | name:林真理子 | name:柚木麻子 | name:柳広司 | name:栗田有起 | name:桜庭一樹 | name:梨木香歩 | name:森絵都 | name:森見登美彦 | name:森谷明子 | name:横山秀夫 | name:橋本治 | name:池上永一 | name:津村記久子 | name:海原純子 | name:海堂尊 | name:湊かなえ | name:町田康 | name:畠中恵 | name:百田尚樹 | name:矢崎存美 | name:磯崎憲一郎 | name:神田茜 | name:米村圭伍 | name:米澤穂信 | name:綿矢りさ | name:荻原規子 | name:菅野雪虫 | name:葉室麟 | name:角田光代 | name:誉田哲也 | name:貴志祐介 | name:辻村深月 | name:近藤史恵 | name:道尾秀介 | name:長野まゆみ | name:香山リカ | name:高田郁 | oその他の作家 | o海外作家:C.J.ボックス | o海外作家:M.C.ビートン | o海外作家:P.Gウッドハウス. | o海外作家:R.D.ウィングフィールド | o海外作家:S.J.ローザン | o海外作家:アガサ・クリスティ | o海外作家:アラン・ブラッドリー | o海外作家:アリアナ・フランクリン | o海外作家:アリス・マンロー | o海外作家:アレグザンダー・マコール・スミス | o海外作家:アンナ・マクリーン | o海外作家:アン・クリーヴス | o海外作家:アン・タイラー | o海外作家:アン・マキャフリイ | o海外作家:アーシュラ・K・ル=グウィン | o海外作家:アーロン・エルキンズ | o海外作家:エリザベス・ギルバート | o海外作家:エレイン・ヴィエッツ | o海外作家:エレン・カシュナー | o海外作家:カズオ・イシグロ | o海外作家:カミラ・レックバリ | o海外作家:カルロス・ルイス・サフォン | o海外作家:キャロル・オコンネル | o海外作家:キンバリー・ウィリス・ホルト | o海外作家:ギヨーム・ミュッソ | o海外作家:クリストファー・プリースト | o海外作家:クレイグ・ライス | o海外作家:クレオ・コイル | o海外作家:ケイト・キングズバリー | o海外作家:ケイト・モス | o海外作家:ケイト・モートン | o海外作家:ゲイル・キャリガー | o海外作家:コニス・リトル | o海外作家:コニー・ウィリス | o海外作家:コリン・ホルト・ソーヤー | o海外作家:コルネーリア・フンケ | o海外作家:サラ・ウォーターズ | o海外作家:サラ・スチュアート・テイラー | o海外作家:サラ・パレツキー | o海外作家:シャロン・フィファー | o海外作家:シャンナ・スウェンドソン | o海外作家:シャーリィ・ジャクスン | o海外作家:シャーレイン・ハリス | o海外作家:シャーロット・マクラウド | o海外作家:ジェイソン・グッドウィン | o海外作家:ジェイニー・ボライソー | o海外作家:ジェイン・オースティン | o海外作家:ジェフリー・ディーヴァー | o海外作家:ジェフリー・フォード | o海外作家:ジェラルディン・ブルックス | o海外作家:ジャニータ・シェリダン | o海外作家:ジャネット・イヴァノヴィッチ | o海外作家:ジュンパ・ラヒリ | o海外作家:ジョアン・フルーク | o海外作家:ジョナサン・キャロル | o海外作家:ジョン・ハート | o海外作家:ジョージ・R.R.マーティン | o海外作家:ジョー・ウォルトン | o海外作家:ジル・チャーチル | o海外作家:スティーグ・ラーソン | o海外作家:ステファニー・メイヤー | o海外作家:スーザン・プライス | o海外作家:スー・グラフトン | o海外作家:タニス・リー | o海外作家:ダイアナ・ウィン ジョーンズ | o海外作家:ダイアナ・ガバルドン | o海外作家:ダン・ブラウン | o海外作家:ディック・フランシス | o海外作家:デイヴィッド・アーモンド | o海外作家:デニス・ルヘイン | o海外作家:デボラ・クロンビー | o海外作家:トレイシー・シュヴァリエ | o海外作家:トーベ・ヤンソン | o海外作家:ドナ・アンドリューズ | o海外作家:ドナ・ジョー・ナポリ | o海外作家:ドミニク・シルヴァン | o海外作家:ドン・ウィンズロウ | o海外作家:ナンシー・ピカード | o海外作家:ネレ・ノイハウス | o海外作家:ノア・ゴードン | o海外作家:パウロ・コエーリョ | o海外作家:パトリシア・A.マキリップ | o海外作家:ピーター・キャメロン | o海外作家:ピーター・ディキンスン | o海外作家:ピーター・トレメイン | o海外作家:ピーター・ラヴゼイ | o海外作家:フランセス・ファイフィールド | o海外作家:フレッド・ヴァルガス | o海外作家:ヘイリー・リンド | o海外作家:ヘニング・マンケル | o海外作家:ベリンダ・バウアー | o海外作家:ベルンハルト・シュリンク | o海外作家:ポール・ドハティ | o海外作家:マイクル・コナリー | o海外作家:マーガレット・アトウッド | o海外作家:マーセデス・ラッキー | o海外作家:ミネット・ウォルターズ | o海外作家:ミュリエル・バルベリ | o海外作家:メアリ・W.ウォーカー | o海外作家:メグ・ガーディナー | o海外作家:メグ・キャボット | o海外作家:ユッシ・エーズラ・オールスン | o海外作家:リサ・クレイパス | o海外作家:リチャード・ノース・パタースン | o海外作家:リース・ボウエン | o海外作家:ルーシー・モード・モンゴメリ | o海外作家:レジナルド・ヒル | o海外作家:レスリー・メイヤー | o海外作家:レーネ・レヘトライネン | o海外作家:ロイス・マクマスター ビジョルド | o海外作家:ロビン・ホブ | o海外作家:ローズマリ・サトクリフ | o海外作家:ローズマリー・マーティン | o海外作家:ローナ・バレット | o海外作家:ローラ・チャイルズ | o海外作家:ローラ・リップマン | o海外作家:ローリー・キング | o海外作家:ローレンス・ブロック | o海外作家:ヴィヴェカ・ステン | o海外作家:ヴォンダ・N.マッキンタイア | お人形 | お人形着物 | お茶 | アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | コージー | ジェイドール | ジェニー | スイーツ | ドールmomoko | ドール:Misaki | ドール:SD | ドール:シドニー | ドール:ピュアニーモ | ドール:プーリップ | ドール:ユノアクルス・アズライト | バービー | ファッション | ファンタジー | フィギュアスケート | ベスト本 | ミステリ | リカちゃん | ロマンス | 介護 | 健康・ダイエット | 児童書・YA | 動物 | 国内作家:あ行 | 国内作家:か行 | 国内作家:さ行 | 国内作家:た行 | 国内作家:な行 | 国内作家:は行 | 国内作家:ま行 | 国内作家:や行 | 国内作家:ら行 | 国内作家:わ行 | 国内小説 | 家事 | 心と体 | 日記 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 歴史もの | 海外小説 | | 病気体験 | 着物 | 経済・政治・国際 | 絵本 | 舞台・バレエ | | 言葉・歌 | 評論・エッセイ | SF

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック