フォト

おすすめ本

「警官の条件」

佐々木譲「警官の条件」

「警官の血」の続編。
ただし、親子三代にわたる警官の物語だった前作とはスケールは違い、三代目の部分の続きです。

安城和也は、祖父も父も警官でした。
暴力団との癒着を疑われた加賀谷警部の素行を内偵するために、その下につかされ、上司を裏切って告発することになったのが、前作の終わり。

覚醒剤を使っていると睨んだ摘発だったのですが、捜査のために覚醒剤を持っていた加賀谷も、一緒にいた女性も、覚醒剤を使ってはいなかった。
恋人をとられたための自分の偏見だったか、と驚く和也。
スキャンダルが大きくなるのを畏れた幹部は、加賀谷仁の依願退職を許し、その後に逮捕という挙に出ます。

騙された加賀谷ですが、1年半拘置所にいる間、詳しいいきさつを何も喋らず、無罪となります。
隠退して三浦半島の釣船宿の親父になりますが、その名前は伝説になっていきました。

この間に、和也は警部に昇進。
叔父には、殉職した父親は和也が警官になったことを喜ばないだろうと非難されます。
潜入捜査のために神経を病んで暴力をふるうようになった父が、自殺のように死んだことは覚えていましたが、叔父の言う面だけではないだろうとも思うのです。
子どもの頃住んでいた谷中にあるマンションに引っ越した和也。
そこは祖母が元々住んでいた所だと驚くことに。

加賀谷の築いた人脈は全く役に立たなくなり、情報を得るのも人間同士の信頼だったのだと、和也らは痛感させられます。
組織犯罪対策部では、成果が上がらないことを苦慮していました。
警察内部の縄張り争いも悪い方へ作用し、潜入捜査した警官が殉職する事件が。
ついに加賀谷の復職が求められます。
加賀谷は「一人前にしておくべきだった」と言ったという。潜入していた警官のことだろうと思う和也。

麻薬密売ルートの動きに、これまでとは違う現象が起きていました。
難しい捜査のために加賀谷を頼りながらも、彼の動向は完全に信頼されてはいない。
中堅どころのボス江藤のビルに招待されている様子を見かけた和也も、やはり取り込まれたと思います。
男が立てこもる事件が起き、男が加賀谷を名指ししたために、人質の代わりとなる加賀谷。犯人は、別れた妻子に遺したいことを加賀谷に頼んだのだでした。

和也らは警官殺しを追ううちに、加賀谷の単独行動を怪しみ、その言動を誤解してしまう。
理解したときには…

加賀谷警部がカッコよすぎます!
その点では☆5つ。
和也も誤解が解けたのは良かったけど…それなりに頑張ろうとしてはいても、敵役というかほとんど引き立て役だったんで~今後どう成長するのか? 人間、急には変わらないし~とあまり先を期待出来ない気分になるので☆4つ。
実際にあった有名な事件が途中で取りざたされ、年月を感じさせます。
いろいろな警官がいるものだとは、納得。

「巡査の休日」

佐々木譲「巡査の休日」角川春樹事務所

札幌大通署シリーズ。
佐伯刑事が中心のシリーズですが、今回は小島百合巡査のほうがむしろ、メインかな?
いつもの面々がそれぞれの担当の仕事をしつつ、最後に出てくる休日まで頑張ります。

小島百合が逮捕したストーカー蒲田光也。
あの事件で逮捕のわずか数日後、病院で怪我で治療中に逃亡してしまいました。
1年2ヶ月たっても行方が知れないまま。

あのときストーカーされた村瀬香織は、風俗の仕事を辞めて、美容学校に通っています。
彼女の元に謎めいた警告のメールが送られてきて、小島百合は警護に就くことになるのでした。
折しも、よさこいソーラン祭りが木曜日から日曜日まで行われる時期。
香織はメインの踊り手のため、抜けるわけにはいかない。
小島百合は香織に張り付くため、脇で簡単な振り付けで踊ることになってしまいます。

津久井は、もと自衛官だった蒲田の行方を追って、生家や元上官を訪ね歩くことに。
札幌では、バイクによるひったくり事件も頻発していました。
一方、前からの事件を抱えた佐伯は暗礁にぶち当たり、密かな行動を続けるのですが…

前々からの事件の続きでもあり、なかなか警官の仕事は難しいものだと思いますが…
それぞれの働きぶりに好感が持てます。
絡み合う事件がやがて、よさこいソーランの場へと終結していき…?
苦しみもありつつ乗り越えて、まずは満足な読み応え。

「廃墟に乞う」

佐々木譲「廃墟に乞う」文藝春秋

直木賞受賞作。
北海道警察物の~やや異色な短編集。
捜査時に負った精神的外傷で休職中の刑事・仙道孝司が、いろいろ相談を持ち込まれて、非公式に調査に力を貸すことに。
この設定が生きていて、変わった角度からの渋みのきいた展開になっています。

「オージー好みの村」は、オーストラリアからの滞在客が多いニセコのスキー村の事件。
仙道の療養生活も、11ヶ月目という時期。
知人の女性から、仕事仲間のオーストラリア人に容疑がかかっているため疑いを晴らして欲しいという依頼でした。
現場に行ってみると…?

「廃墟に乞う」は、温泉に来ていた仙道が、かっての同僚から連絡を受けます。
船橋で風俗嬢が殺された事件に、13年前に札幌で起きた事件と通じる点があったのでした。
その時の犯人、古川がもう出所していたのです。
古川の郷里の寂れた町を訪れる仙道。
炭坑が廃墟となり、そこで育った古川は想像を絶する貧しい暮らしをしていました。
題名のニュアンスが最後のシーンに響くよう。

「兄の想い」は、漁師町の事件。
逮捕されたのは実行犯には間違いないのですが、事情を調べてくれと頼まれる仙道。
真面目な若者なので、何か理由があるに違いないと…

「消えた娘」は、行方不明の娘を捜す父親からの依頼。
連続婦女暴行犯の部屋から、娘のバッグが見つかったと連絡が来たのですが、死体がないので捜査本部は開かれない。
どこから、捜査の手をつけるのか…?
時には邪魔者扱いされつつ、担当に花を持たせたりして。

「復帰する朝」は、知人の女性からの依頼で、妹がマスコミに囲まれて困っているという相談。
仙道が、思い出すと恐慌を起こすようになった問題の事件後、3年近くたっている。
当時の相棒と、久々に連絡を取り…
有名な事件を想起させる部分もあって、それはきつかったろうと思わせますが、そのままではない使い方になっています。

犯罪を憎む気持ちはとくに強調されてはいませんが、根底に強く流れていると感じました。
引き締まった文章で、哀しみがただよい、格調高いです。

「警官の紋章」

佐々木譲「警官の紋章」ハルキ文庫

札幌大通署の佐伯警部補らが出てくる北海道警察物3作目。文庫化されました。
最初の事件から、2年。
洞爺湖サミットのため、北海道警察が厳戒態勢を敷いて緊張している時期の話です。
各地から、1万5千人の警官が警備に動員されていました。

1作目で濡れ衣を着せられそうになった津久井卓(すぐる)は、2作目の事件でやや名誉挽回。
警察学校の営繕係だったのが、今では教官になっているのです。
サミットの警備団結成式に1500人が集まる式典も近づいた頃、津久井は銃を扱える遊軍として、警備に駆り出されることに。

小島百合は、ストーカーから女性を守る仕事をしていて、婦女暴行殺人の手配犯を一人で捕まえるお手柄をあげました。
そのことを評価されて女性大臣の警備に加えられ、張り切ります。大臣にはテロ予告があり、狙われている可能性があるのです。

一方、若い警官・日比野伸也が勤務中に制服で銃も持ったまま、失踪します。
この捜査に、津久井が回されます。
日比野は、2年前に北海道警察を揺るがせた悪夢の一週間の時期に、命を落とした警官の息子でした。
他の大事件に紛れてそれほど重要視されなかったのですが、事故と処理されたその死には…?

相変わらず閑職にある佐伯宏一は、かって自分が追った盗難車輸出事件を再調査していましたが…
それぞれの関わり方が、しだいにリンクしていくのが面白い。
大がかりな不正に次第に近づいていく面々が、結団式当日に一堂に会します。緊密な仕上がりで、面白かったです!

佐伯のただ一人の部下で、みそっかすのような若い新宮刑事の役回りも楽しい。
佐伯が、前途ある部下を下手に巻き込むまいと隠密行動をとるのが不満で、こっそり付きまとったり~ポイントでちらっと出てくるのが面白かったですよ。

登場人物が多く、一作目の事件との関わりも大きいので~「笑う警官」「警察庁から来た男」と順番に読んでいった方が楽しめると思います。

「警察庁から来た男」

佐々木譲「警察庁から来た男」角川春樹事務所

「笑う警官」に続く作品。
大不祥事で揺れて、刷新されたはずの北海道警察。
ところが、不審な点があると警察庁から特別監察が入ります。

やって来た監察官は、見るからにエリートらしい藤川警視正。
事情を説明する役として、津久井刑事が呼ばれます。
前作で、裏金問題で証言したために、警察学校の営繕係という閑職にとばされている津久井。
これでも、処分がなかっただけでも~報復人事とは言えないらしい?

今さら監察の対象になるのかと身構える津久井。
いや、そうじゃなくて~タイ人女性の人身売買に絡む不正の疑いが、海外で報道されていたのです。スクープというか~海外の方が敏感な反応なんですね。
え、北海道ってとんでもない…?ちょっとイメージが…
いや、佐伯や津久井のような刑事がいるんだから大丈夫なのかしら(違?)

一方、札幌大通署ではもう一つの疑わしい事件が。
風俗営業店での不審な転落死。
支払いを逃れようとしての事故ということになっていました。
被害者の父親がこれを再捜査して欲しいと訴えていたのですが、ホテルで盗難にあったというのです。
この事件を捜査する佐伯警部補は、部下の新宮と共に、やはり孤立した立場に置かれていました。
強面のベテラン刑事というのでは決してない二人が、しだいに、すすき野の闇に迫っていきます。
二組に分かれての捜査が次第に絡み、小島百合も登場。
前のメンバーが顔を出して事件解決へ向かうのが、小気味いいですね。

「暴雪圏」

佐々木譲「暴雪圏」新潮社

北海道の警察シリーズ。
短編集「制服捜査」の方の続編にあたる長篇です。
特に前の話と関連はなく、これから読めます。

川久保篤巡査部長が探偵役なのは、同じ。
もとは刑事畑が長く犯罪捜査のベテランなのですが、北海道警察の人事の方針で、今は釧路の小さな町・志茂別の駐在になっています。
単身赴任だけど、良き家庭人らしく、その辺は前作でちらりと出ています。

暴力団組長徳丸の自宅が、二人組の強盗に襲われる事件が起きます。
若い方が組長夫人を殺してしまい、事態は深刻に…
この地方には、3月の彼岸頃に「彼岸荒れ」と呼ばれる嵐が降る傾向があり、折しも、かってないほどの規模で近づこうとしていました。

ペンションを経営する夫婦は、ボイラーの故障に困っていました。
そこへ様々な事情を抱えた人間が、雪に降られて集まってきます。
社長の金を盗んで逃げようとしていた男や、義父に手を出されて家出を決行する娘、出会い系サイトで女から金を引き出している男、不倫を清算しようとする主婦らが…

雪と風に降り込められて動けない人々。
災害の描写が迫力で、圧倒的です。
どちらかといえば、小さな町に起こるちっぽけな事件、ありがちな悩みや不満、愚かさ丸出しの人間達が多いのですが、思いがけなく強盗事件に巻き込まれてしまい、その行き着く先は…?
この町に、警察官は川久保巡査部長だけ!…豪雪の中、間に合うか?

一部には救いもあります。
短編集よりも怒濤の展開で、読み終わってスッキリの気分に。

「笑う警官」

佐々木譲「笑う警官」ハルキ文庫

直木賞も受賞したベテラン作家・佐々木譲の北海道警察もの。
札幌大通署の1作目ということでいいのかな?

札幌市内のアパートで、人気のあった婦警の水村朝美が殺され、つきあっていた同僚の津久井巡査部長が手配されます。
上層部がすぐに犯人と決めつけ、銃器と覚醒剤不法所持という理由で射殺命令まで出る異常さに、所轄署の佐伯警部補は不審を抱くのでした。
部署も年齢も違いますが、かって、おとり捜査で共に危険な目にあった二人の間には信頼関係があったのです。

おりしも不祥事の聞き取りで、津久井は翌朝、道議会の委員会で証言台に立つことになっていた‥
射殺命令はまさか、そのため‥?
迫力のある展開。
上層部を向こうに回して立ち上がる佐伯や、仲間たちそれぞれの特技を生かした骨っぽい働きぶりに好感が持てました。

2002年に北海道警察で前代未聞の不祥事が起き、腐敗を防ぐために同じ地域や部署には長く置かないという方針になって、ベテラン刑事不在の有様になった北海道。
これって現実らしいですね。…まさか、いまだにそうなのか…?
もう少し何とか、しかるべく配属してやって欲しい。

じつはこの、過去の有名な警察小説(スウェーデンの夫婦作家のマルティン・ベック・シリーズの第一作)と同じタイトルが嫌で、すぐ読まなかったんですが、まあ説明にはそれなりに納得。
最初の「うたう警官」という題の方が、個人的にはいいと思います。
わかりにくいと言われていたらしいですね。
うたう、というのが警察内部のことを外に告げ口するというような意味で、警官には許せない行為というのも不評の原因だったのかも‥?

「警官の血」

佐々木譲「警官の血」新潮社

三世代にわたる警官一家の歴史を淡々と書ききった大作。
戦後すぐに警官となった安城清二が一代目。
上野界隈が浮浪者で溢れていた時代から、次第に復興していく有様が描かれます。
今から考えると想像を絶するようで、歴史的な興味がわきます。
軍隊帰りの清二は、民主主義の時代に希望を抱いて、息子には民衆の英雄という意味で民雄と名付けます。
民雄って古くさい響きだけど、そういう意味だとは…

清二は穏やかな家庭を築き、人情味のある駐在として人望を集めますが、天王寺の火災の時になぜかその場を離れ、鉄道事故で死亡。
現場を離れたのが不審に思われて自殺説も出たほどで、殉職扱いにはされなかったのでした。

息子の民雄はその時、8歳。父と同期の「血の繋がらないおじ達」の援助で高校を出、警官に。
父のような駐在になりたかったのですが、心ならずも公安の仕事を任ぜられます。北大に入学してまで学生運動のスパイに入り、やがて神経を病むようになってしまう。内ゲバの始まりそうな時代、学生運動に潜入する様子はスリリングです。
父の死の謎を解くのが警官になった目的の一つでしたが、それもなかなか果たせません。
やっと願いがかなって駐在になった民雄は、人が変わったように穏やかに。
ところが、人質を取った強盗事件で、殉職となります。

民雄の息子・和也は、子どもの頃は母を殴ることがあった父に反発していましたが、後にはやはり警官に。
意外にも上司の内偵を命じられ…
祖父と父の扱っていた事件を密かに捜査し、不審な死の謎を追います。
その時代の特徴を表す事件や警察組織の変容が描かれていて、面白かったですよ。
かねてからの知り合いと所帯を持った清二、療養中に知り合った娘と結婚する民雄、救急救命士と恋愛する和也、とお相手にも時代が現れています。

全体として事実関係がわかりやすく捌かれていて、特別な濃厚さや甘さはないんですね。大人の男性の目には社会はこう映っているのだろうなあと感じました。
2007年9月発行。

「制服捜査」

佐々木譲「制服捜査」新潮社

一年前の「このミステリーがすごい」1位だったかな…
読んだのは12月です。

川久保巡査部長は、釧路方面の小さな町の駐在勤務になります。
札幌の強行犯係などを勤めて25年、不祥事のあおりでの突然の異動でした。
上の方で、長く同じ場所に勤務するのは良くないという方針になったために、警官達が経験を生かせない結果になるわけですね。
知りませんでしたが、駐在というのは家族で赴任するものなんだそうで、この場合は単身赴任なのも不利。用事で現場に出向くと、電話番もいないことになるわけです。

閉鎖的な町の人間関係に苦労しつつ、こまめに歩き回って、地道に事件を解決していく短編集。
隠された犯罪を暴いて解決する、期待通りの内容で、かなり読ませます。

十分なような気もするんですが、好みというには後味が今一つ…
何故だろうと考えていました。
ムードは割とのんびりしているんですが、古い町の不正を暴くという展開になっているために、事件は解決するんだけど~嫌な町だなあっていう印象で終わるせい?かもね。
単身赴任とはいえ、円満な家庭があるという設定なので、そういうほのぼのした要素を入れても良かったんでは~などと考えました。

その他のカテゴリー

bベスト本 | i本屋大賞候補作 | l本屋大賞 | l直木賞 | l芥川賞 | l:日本エッセイスト・クラブ賞 | mf:世界幻想文学大賞 | mf:日本ファンタジーノベル大賞 | m:CWA賞 | m:MWA賞 | m:このミステリーがすごい! | m:アガサ賞 | m:マカヴィティ賞 | name:あさのあつこ | name:万城目学 | name:三上延 | name:三浦しをん | name:上橋菜穂子 | name:上野千鶴子 | name:中島京子 | name:乾くるみ | name:五木寛之 | name:京極夏彦 | name:仁木英之 | name:今野敏 | name:伊坂幸太郎 | name:佐々木譲 | name:佐藤多佳子 | name:佐藤賢一 | name:佐野洋子 | name:勝間和代 | name:北村薫 | name:原田マハ | name:坂木司 | name:大島真寿美 | name:大崎梢 | name:太宰治 | name:姫野カオルコ | name:宇江佐真理 | name:宮下奈都 | name:宮部みゆき | name:小川洋子 | name:小川糸 | name:山之口洋 | name:山崎ナオコーラ | name:山田詠美 | name:島本理生 | name:島田荘司 | name:川上弘美 | name:恩田陸 | name:有川浩 | name:朝井リョウ | name:木内昇 | name:杉本苑子 | name:村上春樹 | name:村上龍 | name:村山早紀 | name:村山由佳 | name:東川篤哉 | name:東野圭吾 | name:松井今朝子 | name:林真理子 | name:柚木麻子 | name:柳広司 | name:栗田有起 | name:桜庭一樹 | name:梨木香歩 | name:森絵都 | name:森見登美彦 | name:森谷明子 | name:横山秀夫 | name:橋本治 | name:池上永一 | name:津村記久子 | name:海原純子 | name:海堂尊 | name:湊かなえ | name:町田康 | name:畠中恵 | name:百田尚樹 | name:矢崎存美 | name:磯崎憲一郎 | name:神田茜 | name:米村圭伍 | name:米澤穂信 | name:綿矢りさ | name:荻原規子 | name:菅野雪虫 | name:葉室麟 | name:角田光代 | name:誉田哲也 | name:貴志祐介 | name:辻村深月 | name:近藤史恵 | name:道尾秀介 | name:長野まゆみ | name:香山リカ | name:高田郁 | oその他の作家 | o海外作家:C.J.ボックス | o海外作家:M.C.ビートン | o海外作家:P.Gウッドハウス. | o海外作家:R.D.ウィングフィールド | o海外作家:S.J.ローザン | o海外作家:アガサ・クリスティ | o海外作家:アラン・ブラッドリー | o海外作家:アリアナ・フランクリン | o海外作家:アリス・マンロー | o海外作家:アレグザンダー・マコール・スミス | o海外作家:アンナ・マクリーン | o海外作家:アン・クリーヴス | o海外作家:アン・タイラー | o海外作家:アン・マキャフリイ | o海外作家:アーシュラ・K・ル=グウィン | o海外作家:アーロン・エルキンズ | o海外作家:エリザベス・ギルバート | o海外作家:エレイン・ヴィエッツ | o海外作家:エレン・カシュナー | o海外作家:カズオ・イシグロ | o海外作家:カミラ・レックバリ | o海外作家:カルロス・ルイス・サフォン | o海外作家:キャロル・オコンネル | o海外作家:キンバリー・ウィリス・ホルト | o海外作家:ギヨーム・ミュッソ | o海外作家:クリストファー・プリースト | o海外作家:クレイグ・ライス | o海外作家:クレオ・コイル | o海外作家:ケイト・キングズバリー | o海外作家:ケイト・モス | o海外作家:ケイト・モートン | o海外作家:ゲイル・キャリガー | o海外作家:コニス・リトル | o海外作家:コニー・ウィリス | o海外作家:コリン・ホルト・ソーヤー | o海外作家:コルネーリア・フンケ | o海外作家:サラ・ウォーターズ | o海外作家:サラ・スチュアート・テイラー | o海外作家:サラ・パレツキー | o海外作家:シャロン・フィファー | o海外作家:シャンナ・スウェンドソン | o海外作家:シャーリィ・ジャクスン | o海外作家:シャーレイン・ハリス | o海外作家:シャーロット・マクラウド | o海外作家:ジェイソン・グッドウィン | o海外作家:ジェイニー・ボライソー | o海外作家:ジェイン・オースティン | o海外作家:ジェフリー・ディーヴァー | o海外作家:ジェフリー・フォード | o海外作家:ジェラルディン・ブルックス | o海外作家:ジャニータ・シェリダン | o海外作家:ジャネット・イヴァノヴィッチ | o海外作家:ジュンパ・ラヒリ | o海外作家:ジョアン・フルーク | o海外作家:ジョナサン・キャロル | o海外作家:ジョン・ハート | o海外作家:ジョージ・R.R.マーティン | o海外作家:ジョー・ウォルトン | o海外作家:ジル・チャーチル | o海外作家:スティーグ・ラーソン | o海外作家:ステファニー・メイヤー | o海外作家:スーザン・プライス | o海外作家:スー・グラフトン | o海外作家:タニス・リー | o海外作家:ダイアナ・ウィン ジョーンズ | o海外作家:ダイアナ・ガバルドン | o海外作家:ダン・ブラウン | o海外作家:ディック・フランシス | o海外作家:デイヴィッド・アーモンド | o海外作家:デニス・ルヘイン | o海外作家:デボラ・クロンビー | o海外作家:トレイシー・シュヴァリエ | o海外作家:トーベ・ヤンソン | o海外作家:ドナ・アンドリューズ | o海外作家:ドナ・ジョー・ナポリ | o海外作家:ドミニク・シルヴァン | o海外作家:ドン・ウィンズロウ | o海外作家:ナンシー・ピカード | o海外作家:ネレ・ノイハウス | o海外作家:ノア・ゴードン | o海外作家:パウロ・コエーリョ | o海外作家:パトリシア・A.マキリップ | o海外作家:ピーター・キャメロン | o海外作家:ピーター・ディキンスン | o海外作家:ピーター・トレメイン | o海外作家:ピーター・ラヴゼイ | o海外作家:フランセス・ファイフィールド | o海外作家:フレッド・ヴァルガス | o海外作家:ヘイリー・リンド | o海外作家:ヘニング・マンケル | o海外作家:ベリンダ・バウアー | o海外作家:ベルンハルト・シュリンク | o海外作家:ポール・ドハティ | o海外作家:マイクル・コナリー | o海外作家:マーガレット・アトウッド | o海外作家:マーセデス・ラッキー | o海外作家:ミネット・ウォルターズ | o海外作家:ミュリエル・バルベリ | o海外作家:メアリ・W.ウォーカー | o海外作家:メグ・ガーディナー | o海外作家:メグ・キャボット | o海外作家:ユッシ・エーズラ・オールスン | o海外作家:リサ・クレイパス | o海外作家:リチャード・ノース・パタースン | o海外作家:リース・ボウエン | o海外作家:ルーシー・モード・モンゴメリ | o海外作家:レジナルド・ヒル | o海外作家:レスリー・メイヤー | o海外作家:レーネ・レヘトライネン | o海外作家:ロイス・マクマスター ビジョルド | o海外作家:ロビン・ホブ | o海外作家:ローズマリ・サトクリフ | o海外作家:ローズマリー・マーティン | o海外作家:ローナ・バレット | o海外作家:ローラ・チャイルズ | o海外作家:ローラ・リップマン | o海外作家:ローリー・キング | o海外作家:ローレンス・ブロック | o海外作家:ヴィヴェカ・ステン | o海外作家:ヴォンダ・N.マッキンタイア | お人形 | お人形着物 | お茶 | アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | コージー | ジェイドール | ジェニー | スイーツ | ドールmomoko | ドール:Misaki | ドール:SD | ドール:シドニー | ドール:ピュアニーモ | ドール:プーリップ | ドール:ユノアクルス・アズライト | バービー | ファッション | ファンタジー | フィギュアスケート | ベスト本 | ミステリ | リカちゃん | ロマンス | 介護 | 健康・ダイエット | 児童書・YA | 動物 | 国内作家:あ行 | 国内作家:か行 | 国内作家:さ行 | 国内作家:た行 | 国内作家:な行 | 国内作家:は行 | 国内作家:ま行 | 国内作家:や行 | 国内作家:ら行 | 国内作家:わ行 | 国内小説 | 家事 | 心と体 | 日記 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 歴史もの | 海外小説 | | 病気体験 | 着物 | 経済・政治・国際 | 絵本 | 舞台・バレエ | | 言葉・歌 | 評論・エッセイ | SF

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック