「仮想の騎士」

斉藤直子「仮装の騎士」新潮社

第12回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞受賞作。
18世紀フランスに実在した~女装もした騎士デオン・ド・ボーモンを描いた作品。
とにかく美貌~といっても本人には、たまたまのこと?
子供の頃は、少女としか思われない。
男の服を着ていても、乗馬のためかと思われるほど。

ルイ14世亡き後、幼いルイ15世にかわって実権を握ったのは、ドルレアン公。
ドルレアン公が起用したジョン・ロウの政策で、経済は破綻してしまいます。
ルイ15世は大柄で役者のような美男、最愛王と呼ばれていました。
美男だったことしか歴史に残っていないという王…

デオンは、国王の従兄コンティ親王に仕え、いわばスパイのような仕事をすることになります。
騎士(シュバリエ)とは、貴族ではあるけれど一番身分が低いんですね。
身分違いの幼なじみ、ロゼクロワ侯爵の娘クリスティーヌに、恋文を送ることが生き甲斐でした。

デオンは、国交のないロシアに、密使として乗り込むために女装するのでしたが。
スコットランドからフランスに亡命した外交官ダグラス・マッケンジー師は毛皮商人に化け、ボディガードのデオンは、その姪のリア・ド・ボーモンとして同行します。
ところが刺客に襲われ、ダグラスは脅えて国境まで逃げ帰ってしまう。

デオンは単身、都に乗り込むことに。
女帝エリザヴェーダのフランス語の読書講師となることに成功しますが、女帝はいっこうに講義を受けようとはしない。
ピョートル大帝の娘でロシア第一の美貌を誇る女帝は、美人が嫌いだったのです。
実は男性だと明かし、若い美男なら好きな女帝の機嫌を取ることに成功するのでした。

カザノヴァやルイ15世、ポンパドゥール夫人、ロシアのエリザベーダ女帝、同じ時代の大物をどんどん登場させ、歴史のおさらいにも?
ヴェネツィア出身の大男ジャック・カザノヴァが大阪弁を喋るのも妙に板についていて、おかしい。

後半は、ファンタジー色が強くなります。
またたくまに宮廷で人気を博すようになったサン・ジェルマン伯爵は、謎の人物。
彼に病気を治して貰うと~不死になってしまう!という噂が立つ。
実はデオンの家庭教師だったこともあり、まったく老けていない様子に驚くデオン。
サン・ジェルマン伯爵は、錬金術師だった…
サン・ジェルマン伯爵がいるところへ、王や寵姫、カザノヴァまで、一堂に集めたあたりは圧巻!

「モンティニーの狼男爵」

佐藤亜紀「モンティニーの狼男爵」光文社文庫

佐藤亜紀さんをご紹介したことがないのに、気がついて…デビュー当時から読んでたのに。まあ、冊数はそんなに読んではいませんけど~ね。
第3回(1991年)日本ファンタジーノベル大賞「バルタザールの遍歴」を読んだときには、そのイメージの広がりと描写の精緻さにおおっと思ったものでした。
翻訳物を読むような雰囲気が楽しいですよ。

この作品は、章タイトルもしゃれています。
Ⅰ モンティニーの男爵が奥方を迎えたこと
Ⅱ 男爵が奥方の裏切りを予感すること
Ⅲ <狐>が奥方の愛を得たこと
Ⅳ <狼>がモンティニーを追放されたこと
Ⅴ 大団円。または、良い人は幸せに、悪い人は不幸せに終わったこと。
という。
ビアズリーの挿画で見たいような雰囲気です。

貴族はつらいよ、みたいな~お話。
語り手はラウール・ド・モンティニー。
マイイという湯治場の近くにある村と、同じ名前の男爵なのです。
18世紀フランスの話で、革命前…なかなか、いい雰囲気で好みですね~。

放蕩者の父はパリへ出奔、田舎に残された母が内気な息子を守り育てていましたが、10歳の頃に母もなくなってしまいます。
ラウールは、一人で百科全書を読み上げたりして、成長していくのでした。
森の奥深くまで入って遊び、密猟者と友達つきあいをしたり。
狩猟だけは、かなり得意だったのです。

父の弟である叔父は神父ですが、オシャレで、かなり放蕩者。
1777年、至急の呼び出しでラウールがパリに行くと、縁談が整えられていました。
相手のドニーズは美人というほどではないのですが、15万リーブルの年金という大変な持参金がありました。
前の婚約が破談になったために、急遽ラウールに花婿役が回ってきたという成り行きでしたが。

すぐにドニーズをかなり好きになったラウールですが、ドニーズのほうは礼儀正しく優しいけれど、愛情というほどのものは見せない事に次第に気づかされます。
逆上したドニーズに「あなたの子供なんか欲しくない」とまで言われる始末…これには、ラウール自身も気づいていなかった、ある理由もあったのですが?

小綺麗別荘に住むブリザック夫人という中年の魅力的な女性に出会い、父や叔父とも関係があったのではと感じるラウール。
ブリザック夫人の愛人らしき美青年ギヨーム・ルナルダンに、ドニーズが恋してしまうのです…
理不尽な恋というものが突き動かす運命に~凝りまくった描写で、どこか不思議感覚がプラスされた展開。
章タイトルどおり、後味のいい結末です。

「僕僕先生」

仁木英之「僕僕先生」新潮文庫

第18回(2006年)、日本ファンタジーノベル大賞受賞作。
昔の中国が舞台のファンタジー。
ユーモラスな語り口で、入りやすいです。

金持ちの息子で、のらくら日を送っていた王弁。
仙人に憧れる父親に、届け物を申しつかって、渋々ながら里山に登ります。
そこにいたのは、軽やかな美少女。
仙人の僕僕だと、名乗るのですが…?!
いかにも仙人のような白髪の老人の姿にもなれるので、真の姿はわからないのでした。
酒を酌み交わし、天界から降りてきた仙女の舞いを見せられた王弁。
王弁には仙人にまでなる素質はないけれど、仙縁があると言われ、弟子になることに。

父親は官吏として成功し財を蓄えた後に、道術に凝って家まで建て替え、道服を着て暮らすようになったのですが、俗物過ぎて仙縁はないのだという。
淡々としている王弁には、怪異なことにそれほど驚かず偏見を持たない良さもあったよう。
半信半疑だった彼ですが、目の前の師が何年生きてきたかも忘れたほどの存在と~しだいに認めざるを得なくなります。

僕僕は貧しい病人に薬を渡して助けていましたが、妖しい術を使うと役人が調査に来たため、これ以上騒ぎにならぬように旅に出ることに。
ぽっかり宙に浮かぶ小さな雲に乗って、寝ころびながら進む旅。
尋常ならぬ迫力のある人物に出会っては酒を酌み交わし、弟子の王弁のために万里を走る馬を手に入れ、引き連れて皇帝の元へも出向きます。
何もやる気のなかった青年が、つぎつぎに思いも寄らない冒険に巻き込まれ、しだいに熱心な顔も見せるようになっていくのでした。

後に楊貴妃とのことで有名になる玄宗皇帝が、まだ若く清新だった頃の時代設定。
好評で、シリーズ化されています。

「風車祭(カジマヤー)」

池上永一「風車祭(カジマヤー)」文春文庫

著者は1970年那覇市生まれ。
平成6年、第6回日本ファンタジーノベル大賞を「バガージマヌパナス」で受賞。
1997年の本作は、受賞後初の長篇とのこと。
沖縄を舞台に、1年間の祭り(旧暦)を章タイトルに繰り広げられる破天荒な物語。

風車祭(カジマヤー)とは、数え97歳の長寿を祝うもので、カラフルな風車をオープンカーに飾ってパレードするのだそう。風車祭をすることを生き甲斐に長生きしてきたオバァ、フジの祝いは目前に。
性格の悪いフジを筆頭に、その娘で80になるトミが暮らす家に、孫で60のハツが離婚して転がり込んで来ていました。
働き者のトミとは対照的に、なんでも「だからよー」で済ませるハツ。

近所の高校生・武志はトミと仲が良く、猛烈なフジと怠け者の娘の間で損をしがちなトミに同情している素直な男の子。
ある日、橋で美しい女性ピシャーマに出会って恋しますが、彼女は247歳になっても島をさまよっている霊だった…婚礼に向かう途中に石にされ、島を津波が襲う予言を託されたのでしたが。

霊と出会ったためにマブイを落としてしまった武志は、そのままではいつか死んでしまう危機に。でもユタ(島の巫女)にマブイを拾って貰えば、彼女の姿は見えなくなってしまうのです。
マブイとは魂のような物、魂魄の魄のほうだそう。
フジは何度も落としている迷惑なやつで、そのたびにユタに拾って貰い、何ということはないと思っているんですが、実はドッペルゲンガーのように行動するので大変なことなのでした。
武志に気がある睦子や、その妹でピシャーマに懐いた郁子も、マブイを落としてしまい、事態はいよいよ紛糾。

ピシャーマのお供に、六本脚の豚のギーギーがいて、妖怪ライフを満喫しているのがまたなんともいえない味があります。
常夏の島の~のんびりしてるというか豪胆な暮らしぶりだけでも面白い。
天災の予言におののく真面目なユタ達をよそに、酒好きな人たちや強引なフジのひっかきまわしで大混乱のあげく、迎えた結末は…?!
とんでもない読み応えがあります。

「天平冥所図会」

山之口洋「天平冥所図会」文芸春秋

天平18年、奈良の朝廷の采女になるために都へ上る2人の娘がいた…という出だし。
珍しい時代を生き生きと描いて、しかも読みやすくて面白い!貴重な作品と思います。
主人公は光明皇后に仕えた実在の人物。
数年ずつ時がたつ短編集で、時代の変遷と共に、愛すべき登場人物たちの運命も大きく変わります。

葛木連戸主、藤野別真人広虫って名前に心当たりある人はどれぐらいいるでしょうか。(私はわかりませんでしたが~)この2人は微笑ましいご夫婦。
道鏡といえば、「ああ、あの…」とピンと来る人は多いはず。
最初は無邪気な恋人だったのが野心が出てきて、それが実は…!?という物語。
聖武の時代から仲麻呂の乱、道鏡の変まで、元気なお爺さん・吉備真備も左遷されながら生き延びて大活躍。

なき夫・聖武のために光明が東大寺に遺品を納めようとする、一途さ。そういや、そうでしたね…
正倉院が出来るまで、目録を作るだけでも大勢の人の手がかかる~残業どころか、命がけの大仕事というのがありあり。そりゃ当時の人は大変だったんでしょうね。
今見ても華麗な、水準の高い品々が、いたまずに残っているというのが素晴らしい。皇太后の想いの賜でしょうか。

第10回(1998年)日本ファンタジーノベル大賞を「オルガニスト」で受賞。

「おまけのこ」

畠中恵「おまけのこ」新潮社

「しゃばけ」シリーズ4作目。
江戸は日本橋の大店・長崎屋の若だんな・一太郎が主人公。
病弱なため大甘な両親に大切にされている若だんな(若だんなといってもまだ男の子ですが)~気が優しくて、なかなか頭も良い。
実は祖母が大妖という~妖怪の血を引いていて、周りについている手代も妖怪。
屏風にも、妖怪…
部屋は妖怪だらけという生活で~身近に起こる事件を解決していきます。
読みやすくて、水を飲むようにするする入ってきます。

若だんなの子供の頃の話が、少年探偵団のようで可愛い。
かと思うと、18になった若だんなが吉原へ?!という話の意外な展開もなかなか。
顔を真っ白に塗りたくる化粧を止められないお雛さんの話も面白かったです。

最後の話の鳴家(やなり)も可愛い~!
家につく小さな妖怪できゅわきゅわ喋っているだけで害がない感じなのですが、これがほろっとする展開。
シリーズの中でも良い方だと思います。

「しゃばけ」で第13回(2001年)日本ファンタジーノベル大賞の優秀賞を受賞してデビュー。
その後の活躍はめざましいですね。

「安徳天皇漂海記」

宇月原晴明「安徳天皇漂海記」中央公論新社

前半は鎌倉の実朝に仕える人物の視点から、孤独な三代将軍・実朝の苦悩と、壇ノ浦に沈んだはずの幼い安徳天皇の不思議な運命が描かれます。
雰囲気たっぷりの古典ファンタジー。
澁澤龍彦の「高丘親王航海記」と似ていると思ったら、海を渡って天竺まで行ったという伝説のある高丘親王に実朝が憧れていたということを踏まえてのストーリーだったのですね。

そういえば、大河ドラマで昔、実朝が船を造って海を渡ろうとしたが、船が浮かばなくて挫折して失笑の種になったという話がありました。
現役の将軍が海を渡ろうというのもかなり無茶な話ですが、船が動かないように北条家が手を回したか、或いは不可能だと見越していたのじゃなかったかなあ?
兄の頼家が母方の北条家に殺された後に将軍となったという痛みを抱え、誠実な人柄で歌の才能はあるが、政治には向いていなかった実朝のありようが丁寧に描かれていて引き込まれます。

後半は、モンゴルに敗れた南宋の少年皇帝との時空を超えた交流にマルコ・ポーロが絡むという~さらに意外な展開!
ぐっとファンタジックになって~これもまたなかなか独創的。
よく似た美少年が並んだところは何やら人形めいた耽美な世界を現出させているようでした。

第11回(1999年)日本ファンタジーノベル大賞を「信長 あるいは戴冠せるアンドロギュヌス」で 受賞。

その他のカテゴリー

bベスト本 | i本屋大賞候補作 | l本屋大賞 | l直木賞 | l芥川賞 | l:日本エッセイスト・クラブ賞 | mf:世界幻想文学大賞 | mf:日本ファンタジーノベル大賞 | m:CWA賞 | m:MWA賞 | m:このミステリーがすごい! | m:アガサ賞 | m:マカヴィティ賞 | name:あさのあつこ | name:万城目学 | name:三上延 | name:三浦しをん | name:上橋菜穂子 | name:上野千鶴子 | name:中島京子 | name:乾くるみ | name:五木寛之 | name:京極夏彦 | name:仁木英之 | name:今野敏 | name:伊坂幸太郎 | name:佐々木譲 | name:佐藤多佳子 | name:佐藤賢一 | name:佐野洋子 | name:勝間和代 | name:北村薫 | name:原田マハ | name:坂木司 | name:大島真寿美 | name:大崎梢 | name:太宰治 | name:姫野カオルコ | name:宇江佐真理 | name:宮下奈都 | name:宮部みゆき | name:小川洋子 | name:小川糸 | name:山之口洋 | name:山崎ナオコーラ | name:山田詠美 | name:島本理生 | name:島田荘司 | name:川上弘美 | name:恩田陸 | name:有川浩 | name:朝井リョウ | name:木内昇 | name:杉本苑子 | name:村上春樹 | name:村上龍 | name:村山早紀 | name:村山由佳 | name:東川篤哉 | name:東野圭吾 | name:松井今朝子 | name:林真理子 | name:柚木麻子 | name:柳広司 | name:栗田有起 | name:桜庭一樹 | name:梨木香歩 | name:森絵都 | name:森見登美彦 | name:森谷明子 | name:横山秀夫 | name:橋本治 | name:池上永一 | name:津村記久子 | name:海原純子 | name:海堂尊 | name:湊かなえ | name:町田康 | name:畠中恵 | name:百田尚樹 | name:矢崎存美 | name:磯崎憲一郎 | name:神田茜 | name:米村圭伍 | name:米澤穂信 | name:綿矢りさ | name:荻原規子 | name:菅野雪虫 | name:葉室麟 | name:角田光代 | name:誉田哲也 | name:貴志祐介 | name:辻村深月 | name:近藤史恵 | name:道尾秀介 | name:長野まゆみ | name:香山リカ | name:高田郁 | oその他の作家 | o海外作家:C.J.ボックス | o海外作家:M.C.ビートン | o海外作家:P.Gウッドハウス. | o海外作家:R.D.ウィングフィールド | o海外作家:S.J.ローザン | o海外作家:アガサ・クリスティ | o海外作家:アラン・ブラッドリー | o海外作家:アリアナ・フランクリン | o海外作家:アリス・マンロー | o海外作家:アレグザンダー・マコール・スミス | o海外作家:アンナ・マクリーン | o海外作家:アン・クリーヴス | o海外作家:アン・タイラー | o海外作家:アン・マキャフリイ | o海外作家:アーシュラ・K・ル=グウィン | o海外作家:アーロン・エルキンズ | o海外作家:エリザベス・ギルバート | o海外作家:エレイン・ヴィエッツ | o海外作家:エレン・カシュナー | o海外作家:カズオ・イシグロ | o海外作家:カミラ・レックバリ | o海外作家:カルロス・ルイス・サフォン | o海外作家:キャロル・オコンネル | o海外作家:キンバリー・ウィリス・ホルト | o海外作家:ギヨーム・ミュッソ | o海外作家:クリストファー・プリースト | o海外作家:クレイグ・ライス | o海外作家:クレオ・コイル | o海外作家:ケイト・キングズバリー | o海外作家:ケイト・モス | o海外作家:ケイト・モートン | o海外作家:ゲイル・キャリガー | o海外作家:コニス・リトル | o海外作家:コニー・ウィリス | o海外作家:コリン・ホルト・ソーヤー | o海外作家:コルネーリア・フンケ | o海外作家:サラ・ウォーターズ | o海外作家:サラ・スチュアート・テイラー | o海外作家:サラ・パレツキー | o海外作家:シャロン・フィファー | o海外作家:シャンナ・スウェンドソン | o海外作家:シャーリィ・ジャクスン | o海外作家:シャーレイン・ハリス | o海外作家:シャーロット・マクラウド | o海外作家:ジェイソン・グッドウィン | o海外作家:ジェイニー・ボライソー | o海外作家:ジェイン・オースティン | o海外作家:ジェフリー・ディーヴァー | o海外作家:ジェフリー・フォード | o海外作家:ジェラルディン・ブルックス | o海外作家:ジャニータ・シェリダン | o海外作家:ジャネット・イヴァノヴィッチ | o海外作家:ジュンパ・ラヒリ | o海外作家:ジョアン・フルーク | o海外作家:ジョナサン・キャロル | o海外作家:ジョン・ハート | o海外作家:ジョージ・R.R.マーティン | o海外作家:ジョー・ウォルトン | o海外作家:ジル・チャーチル | o海外作家:スティーグ・ラーソン | o海外作家:ステファニー・メイヤー | o海外作家:スーザン・プライス | o海外作家:スー・グラフトン | o海外作家:タニス・リー | o海外作家:ダイアナ・ウィン ジョーンズ | o海外作家:ダイアナ・ガバルドン | o海外作家:ダン・ブラウン | o海外作家:ディック・フランシス | o海外作家:デイヴィッド・アーモンド | o海外作家:デニス・ルヘイン | o海外作家:デボラ・クロンビー | o海外作家:トレイシー・シュヴァリエ | o海外作家:トーベ・ヤンソン | o海外作家:ドナ・アンドリューズ | o海外作家:ドナ・ジョー・ナポリ | o海外作家:ドミニク・シルヴァン | o海外作家:ドン・ウィンズロウ | o海外作家:ナンシー・ピカード | o海外作家:ネレ・ノイハウス | o海外作家:ノア・ゴードン | o海外作家:パウロ・コエーリョ | o海外作家:パトリシア・A.マキリップ | o海外作家:ピーター・キャメロン | o海外作家:ピーター・ディキンスン | o海外作家:ピーター・トレメイン | o海外作家:ピーター・ラヴゼイ | o海外作家:フランセス・ファイフィールド | o海外作家:フレッド・ヴァルガス | o海外作家:ヘイリー・リンド | o海外作家:ヘニング・マンケル | o海外作家:ベリンダ・バウアー | o海外作家:ベルンハルト・シュリンク | o海外作家:ポール・ドハティ | o海外作家:マイクル・コナリー | o海外作家:マーガレット・アトウッド | o海外作家:マーセデス・ラッキー | o海外作家:ミネット・ウォルターズ | o海外作家:ミュリエル・バルベリ | o海外作家:メアリ・W.ウォーカー | o海外作家:メグ・ガーディナー | o海外作家:メグ・キャボット | o海外作家:ユッシ・エーズラ・オールスン | o海外作家:リサ・クレイパス | o海外作家:リチャード・ノース・パタースン | o海外作家:リース・ボウエン | o海外作家:ルーシー・モード・モンゴメリ | o海外作家:レジナルド・ヒル | o海外作家:レスリー・メイヤー | o海外作家:レーネ・レヘトライネン | o海外作家:ロイス・マクマスター ビジョルド | o海外作家:ロビン・ホブ | o海外作家:ローズマリ・サトクリフ | o海外作家:ローズマリー・マーティン | o海外作家:ローナ・バレット | o海外作家:ローラ・チャイルズ | o海外作家:ローラ・リップマン | o海外作家:ローリー・キング | o海外作家:ローレンス・ブロック | o海外作家:ヴィヴェカ・ステン | o海外作家:ヴォンダ・N.マッキンタイア | お人形 | お人形着物 | お茶 | アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | コージー | ジェイドール | ジェニー | スイーツ | ドールmomoko | ドール:Misaki | ドール:SD | ドール:シドニー | ドール:ピュアニーモ | ドール:プーリップ | ドール:ユノアクルス・アズライト | バービー | ファッション | ファンタジー | フィギュアスケート | ベスト本 | ミステリ | リカちゃん | ロマンス | 介護 | 健康・ダイエット | 児童書・YA | 動物 | 国内作家:あ行 | 国内作家:か行 | 国内作家:さ行 | 国内作家:た行 | 国内作家:な行 | 国内作家:は行 | 国内作家:ま行 | 国内作家:や行 | 国内作家:ら行 | 国内作家:わ行 | 国内小説 | 家事 | 心と体 | 日記 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 歴史もの | 海外小説 | | 病気体験 | 着物 | 経済・政治・国際 | 絵本 | 舞台・バレエ | | 言葉・歌 | 評論・エッセイ | SF