フォト

おすすめ本

「貧困大国アメリカ」

堤未果「貧困大国アメリカ」岩波新書

サブプライムローンで破産する実例に始まり、貧困層を狙うビジネスの実態をわかりやすく指摘しています。
貧困から生まれる肥満とは…?!

アメリカでは、ハンバーガーなどの他にも、1ドルぐらいのマカロニチーズなどがスーパーで売られて、よく食べられているんですね。
貧困層の食費だと、そういうものしか食べられないそうで。
肥満が増えて医療費は増大しているのに、放置されている…
日本だったらカップラーメンですませる、ようなものでしょうか。でも栄養のことは日本人の方が知っているのでは?

アメリカではもっと高カロリーなものが豊富に出回っているので、桁違いに肥満が多いんですよね。
「食べてやせる人、食べないで太る人」というアメリカ人の書いたダイエットの本に、何万年も飢えてきた人類は高カロリーの物を美味しく感じるように出来ている、とあったのを思い出しました。
カロリーばかり高くて、栄養の偏ったものを食べると、肝心の栄養は不足しているので、もっと食べたくなるという効果があるそうで。

ブッシュ政権の福祉切り捨て政策で、補助金はすごく低く抑えられているそう。
経済的に追いつめた層から、高校生の情報を国に提供させ、ねらい打ちにして軍隊にリクルートするというコースのようになってしまっている。
個人情報の提供はいぜんは禁じられていたのに、9.11以後に、そうなってしまったようです。
軍に入れば保険に入れる、大学に行けるという勧誘をするので、健康保険が行き渡ってないアメリカでは魅力的に響くのですが、大学は前払い金があるので現実には難しいそうです。
さらに、民営で戦地へ派遣された労働者というのもいて。その場合は、国が責任を負わないため、軍備もないままに戦地で働かされ、命を落としている… がくぜんとする内容。

日本もアメリカに追随したために、格差が拡大したのがよくわかりますが。
規制緩和って…響きは良いけれど、まったく勝者のためのものだってことですか。
でもサブプライムローンなんて、勝者いないんじゃ?
なぜ、こんなことが…
何が起きているのか? 事実の一端なりとまず知らないと!
ささやかなことのようでも、一個人の意識もそれぞれに大切。
賢い消費者というだけでなく地球市民として、意識を変革することが大事だそうです。
うぅ~ぅん…?!?
2008年1月発行。

「巴里の空の下、オムレツのにおいは流れる」

石井好子「巴里の空の下、オムレツのにおいは流れる」暮らしの手帖社

パリに留学したときの思い出や、海外公演の際に食べたものを書いた楽しい本。
おしゃれな料理本の走りといった感じでしょうか。
共演した歌手への思いやおなじみの店の名物料理、窓から見える景色など、パリへの憧れもかき立てますね。
とにかく料理が美味しそう~最初の下宿で女主人が作ってくれたというのが、バタを卵一個ほどもたっぷり入れたオムレツ!
その量以外は、私が作るオムレツとやり方はほとんど同じ…何で覚えたのかもう忘れましたが、フランス式だったのか~ひょっとして、前に一部読んでたのかも?

フランスパンはオーブンで5分あたためるか、フォークにさしてガス台であぶると美味しいとか。
ちょっとした知識が楽しい。
作者はほんとに料理好きなんですね。
お酒を飲んで夜遅くなったときなども、夜食にちょっと簡単な物を出してあげたくなるので、料理上戸なんだとか。
要領の良い説明で、つい作りたくなるというか、作って欲しくなるというか。
美味しそうな話を読むのは楽しいけど、私はここまで料理好きじゃないな~とも思うのでしたcoldsweats01

「暮らしの手帖」に連載されたのはだいぶ前、留学していたのは更に前(昭和26年!)で、かなり話が古いので~それが歴史を感じさせます。
クレープは薄焼きのパンケーキのこと、などと一から説明してあるのです。
ブイヤベースをブィヤベーズと書いてあるのは、この方が本来の発音で、最初に紹介したに近いからでしょう。
日本に洋食が入ってきた過程がわかってくるような面白さ。

ギャレット・デ・ロワについても説明がありました。
1月6日に食べるんだそうで、中身のないシンプルなパイに、金紙の王冠がついて売られているそう。小さなフェーブが当たった人がその日の王様。
起源はキリスト生誕の祝いに3博士が配った物だとか。

日本人は生の魚を食べると聞いて、ウロコがついたままの魚をばりばり食べるみたいに誤解しているフランス人が多かったとは~驚きですね。
海外でどうしても食べられないのがお寿司で、パリにいる日本人は時々大決心をして共同でお寿司を作ったとか。
パリ中にお寿司屋さんがある昨今とは大違い。
昭和58年発行。

その他のカテゴリー

bベスト本 | i本屋大賞候補作 | l本屋大賞 | l直木賞 | l芥川賞 | l:日本エッセイスト・クラブ賞 | mf:世界幻想文学大賞 | mf:日本ファンタジーノベル大賞 | m:CWA賞 | m:MWA賞 | m:このミステリーがすごい! | m:アガサ賞 | m:マカヴィティ賞 | name:あさのあつこ | name:万城目学 | name:三上延 | name:三浦しをん | name:上橋菜穂子 | name:上野千鶴子 | name:中島京子 | name:乾くるみ | name:五木寛之 | name:京極夏彦 | name:仁木英之 | name:今野敏 | name:伊坂幸太郎 | name:佐々木譲 | name:佐藤多佳子 | name:佐藤賢一 | name:佐野洋子 | name:勝間和代 | name:北村薫 | name:原田マハ | name:坂木司 | name:大島真寿美 | name:大崎梢 | name:太宰治 | name:姫野カオルコ | name:宇江佐真理 | name:宮下奈都 | name:宮部みゆき | name:小川洋子 | name:小川糸 | name:山之口洋 | name:山崎ナオコーラ | name:山田詠美 | name:島本理生 | name:島田荘司 | name:川上弘美 | name:恩田陸 | name:有川浩 | name:朝井リョウ | name:木内昇 | name:杉本苑子 | name:村上春樹 | name:村上龍 | name:村山早紀 | name:村山由佳 | name:東川篤哉 | name:東野圭吾 | name:松井今朝子 | name:林真理子 | name:柚木麻子 | name:柳広司 | name:栗田有起 | name:桜庭一樹 | name:梨木香歩 | name:森絵都 | name:森見登美彦 | name:森谷明子 | name:横山秀夫 | name:橋本治 | name:池上永一 | name:津村記久子 | name:海原純子 | name:海堂尊 | name:湊かなえ | name:町田康 | name:畠中恵 | name:百田尚樹 | name:矢崎存美 | name:磯崎憲一郎 | name:神田茜 | name:米村圭伍 | name:米澤穂信 | name:綿矢りさ | name:荻原規子 | name:菅野雪虫 | name:葉室麟 | name:角田光代 | name:誉田哲也 | name:貴志祐介 | name:辻村深月 | name:近藤史恵 | name:道尾秀介 | name:長野まゆみ | name:香山リカ | name:高田郁 | oその他の作家 | o海外作家:C.J.ボックス | o海外作家:M.C.ビートン | o海外作家:P.Gウッドハウス. | o海外作家:R.D.ウィングフィールド | o海外作家:S.J.ローザン | o海外作家:アガサ・クリスティ | o海外作家:アラン・ブラッドリー | o海外作家:アリアナ・フランクリン | o海外作家:アリス・マンロー | o海外作家:アレグザンダー・マコール・スミス | o海外作家:アンナ・マクリーン | o海外作家:アン・クリーヴス | o海外作家:アン・タイラー | o海外作家:アン・マキャフリイ | o海外作家:アーシュラ・K・ル=グウィン | o海外作家:アーロン・エルキンズ | o海外作家:エリザベス・ギルバート | o海外作家:エレイン・ヴィエッツ | o海外作家:エレン・カシュナー | o海外作家:カズオ・イシグロ | o海外作家:カミラ・レックバリ | o海外作家:カルロス・ルイス・サフォン | o海外作家:キャロル・オコンネル | o海外作家:キンバリー・ウィリス・ホルト | o海外作家:ギヨーム・ミュッソ | o海外作家:クリストファー・プリースト | o海外作家:クレイグ・ライス | o海外作家:クレオ・コイル | o海外作家:ケイト・キングズバリー | o海外作家:ケイト・モス | o海外作家:ケイト・モートン | o海外作家:ゲイル・キャリガー | o海外作家:コニス・リトル | o海外作家:コニー・ウィリス | o海外作家:コリン・ホルト・ソーヤー | o海外作家:コルネーリア・フンケ | o海外作家:サラ・ウォーターズ | o海外作家:サラ・スチュアート・テイラー | o海外作家:サラ・パレツキー | o海外作家:シャロン・フィファー | o海外作家:シャンナ・スウェンドソン | o海外作家:シャーリィ・ジャクスン | o海外作家:シャーレイン・ハリス | o海外作家:シャーロット・マクラウド | o海外作家:ジェイソン・グッドウィン | o海外作家:ジェイニー・ボライソー | o海外作家:ジェイン・オースティン | o海外作家:ジェフリー・ディーヴァー | o海外作家:ジェフリー・フォード | o海外作家:ジェラルディン・ブルックス | o海外作家:ジャニータ・シェリダン | o海外作家:ジャネット・イヴァノヴィッチ | o海外作家:ジュンパ・ラヒリ | o海外作家:ジョアン・フルーク | o海外作家:ジョナサン・キャロル | o海外作家:ジョン・ハート | o海外作家:ジョージ・R.R.マーティン | o海外作家:ジョー・ウォルトン | o海外作家:ジル・チャーチル | o海外作家:スティーグ・ラーソン | o海外作家:ステファニー・メイヤー | o海外作家:スーザン・プライス | o海外作家:スー・グラフトン | o海外作家:タニス・リー | o海外作家:ダイアナ・ウィン ジョーンズ | o海外作家:ダイアナ・ガバルドン | o海外作家:ダン・ブラウン | o海外作家:ディック・フランシス | o海外作家:デイヴィッド・アーモンド | o海外作家:デニス・ルヘイン | o海外作家:デボラ・クロンビー | o海外作家:トレイシー・シュヴァリエ | o海外作家:トーベ・ヤンソン | o海外作家:ドナ・アンドリューズ | o海外作家:ドナ・ジョー・ナポリ | o海外作家:ドミニク・シルヴァン | o海外作家:ドン・ウィンズロウ | o海外作家:ナンシー・ピカード | o海外作家:ネレ・ノイハウス | o海外作家:ノア・ゴードン | o海外作家:パウロ・コエーリョ | o海外作家:パトリシア・A.マキリップ | o海外作家:ピーター・キャメロン | o海外作家:ピーター・ディキンスン | o海外作家:ピーター・トレメイン | o海外作家:ピーター・ラヴゼイ | o海外作家:フランセス・ファイフィールド | o海外作家:フレッド・ヴァルガス | o海外作家:ヘイリー・リンド | o海外作家:ヘニング・マンケル | o海外作家:ベリンダ・バウアー | o海外作家:ベルンハルト・シュリンク | o海外作家:ポール・ドハティ | o海外作家:マイクル・コナリー | o海外作家:マーガレット・アトウッド | o海外作家:マーセデス・ラッキー | o海外作家:ミネット・ウォルターズ | o海外作家:ミュリエル・バルベリ | o海外作家:メアリ・W.ウォーカー | o海外作家:メグ・ガーディナー | o海外作家:メグ・キャボット | o海外作家:ユッシ・エーズラ・オールスン | o海外作家:リサ・クレイパス | o海外作家:リチャード・ノース・パタースン | o海外作家:リース・ボウエン | o海外作家:ルーシー・モード・モンゴメリ | o海外作家:レジナルド・ヒル | o海外作家:レスリー・メイヤー | o海外作家:レーネ・レヘトライネン | o海外作家:ロイス・マクマスター ビジョルド | o海外作家:ロビン・ホブ | o海外作家:ローズマリ・サトクリフ | o海外作家:ローズマリー・マーティン | o海外作家:ローナ・バレット | o海外作家:ローラ・チャイルズ | o海外作家:ローラ・リップマン | o海外作家:ローリー・キング | o海外作家:ローレンス・ブロック | o海外作家:ヴィヴェカ・ステン | o海外作家:ヴォンダ・N.マッキンタイア | お人形 | お人形着物 | お茶 | アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | コージー | ジェイドール | ジェニー | スイーツ | ドールmomoko | ドール:Misaki | ドール:SD | ドール:シドニー | ドール:ピュアニーモ | ドール:プーリップ | ドール:ユノアクルス・アズライト | バービー | ファッション | ファンタジー | フィギュアスケート | ベスト本 | ミステリ | リカちゃん | ロマンス | 介護 | 健康・ダイエット | 児童書・YA | 動物 | 国内作家:あ行 | 国内作家:か行 | 国内作家:さ行 | 国内作家:た行 | 国内作家:な行 | 国内作家:は行 | 国内作家:ま行 | 国内作家:や行 | 国内作家:ら行 | 国内作家:わ行 | 国内小説 | 家事 | 心と体 | 日記 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 歴史もの | 海外小説 | | 病気体験 | 着物 | 経済・政治・国際 | 絵本 | 舞台・バレエ | | 言葉・歌 | 評論・エッセイ | SF

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック