「人質の朗読会」

小川洋子「人質の朗読会」中央公論新社

このタイトル、この表紙、小川洋子だし、ぜったい面白そう~。
と思って読み始めました。
読み始めてすぐ、えっ人質って!思ったより深刻かも。そうか~…(何だと思ってたんだ?)

地球の裏側にある国の、山岳地帯で、ツアー客の乗ったバスが反政府ゲリラに襲撃されました。
遺跡観光の帰り、発音も難しいような村で。
添乗員を含む8人が人質となり、報道規制もあって、詳しいことはなかなかわからないまま。
100日が過ぎて、ある日強行突破となり、突然の惨事となります。

2年後。
人質達が自作の文章を朗読していて、それを盗聴していた録音があることがわかり、公開されます。

そして、8日連続の放送。
「第一夜」から始まる連作短編のような形式となり、途中は人質という事情を忘れて読んでいました。
内容はまあ事件とは別種で、やや普通というか~人質になっている危険な状況の話ではありません。
一人一人の思い出話ということで、日本での人生途上であった印象的な出来事を描いているのですが、どこか不思議さも含んで。
いつのまにか、人の死というものに思いをいたす流れになっていて、何となく腑に落ちるような。

所々に出てくる、ややマニアックな展開、凝り性な部分は、いかにもこの作者らしい。
一般の人が語るという設定なためか、飾り気なく率直な雰囲気なのも、魅力。
どことなく諦観のようなものも感じられるのも、背景のせいなのでしょう。

「杖」
子どもの頃に、家の向かいの鉄工場を眺めるのが好きだった女の子。
そこに勤める若者が公園で足に怪我をしていたため、必死で杖を用意します。
後に、自分が怪我をしたときに、若者が助けてくれる夢を見て…

「やまびこビスケット」
地味な女性が若い頃に製菓工場に勤めたときの話。
味は同じシンプルなビスケットですが、形に凝りまくっているのです。
上手くできていない物をベルトコンベヤーから選別するのが、最初の仕事でした。
アパートの大家の女性が変わり者で、けち。整理整頓にこだわり、よく説教されていましたが、だんだん仲良くなって…

「B談話室」
たまたま通りかかった公民館の談話室で。
受付のきれいな女性に手招きされ、参加してみると…
次々に変わった企画をのぞいてみることに。

「冬眠中のヤマネ」
男の子が通学途中に出会った奇妙な老人。
通称をイギリス山という頂上に公園がある丘のふもとで、手製のぬいぐるみを売っていたのです。
あるとき、何かの撮影に巻き込まれて、よくわからないまま、老人を背負って階段を駆け上ることに。

「コンソメスープ名人」
留守番をしている8歳の男の子の所へ、隣人が台所を借りに来る話。

「死んだおばあさん」
若い頃から何度か「死んだ祖母に似ている」と声をかけられる経験をする話。
これがなかなか傑作です。

「花束」
1年の契約社員が辞める日、ただ一人のお得意さんから花束を貰う。
お得意さんは葬儀社の人でした…
男が花束を抱えて帰るのは、やや持て余し、棄てようかと思いつつ、子どもの頃の経験を思い出す。
棄てないで良かったと思ういきさつに。
浅くない優しさがしんみり感じられる話でした。

最後に朗読者の仕事と年齢が記され、思い出の頃から、大人になって何年もどう生きたのか、うかがわせます。

2011年2月発行。
今読むと、3月の震災での突然さを思ってしまいますね。
著者は1962年、岡山市生まれ。
「妊娠カレンダー」で芥川賞、「博士の愛した数式」で第一回本屋大賞を受賞。

「ピエタ」

大島真寿美「ピエタ」ポプラ社

作曲家のアントニオ・ヴィヴァルディを題材に、海外を舞台にした小説。
主人公は、ヴェネツィアのピエタ慈善院で育った娘エミーリア。
捨て子だったのです。

ピエタには、塀の一部に捨て子を受け入れるための木製のスカフェータがあり、そこに育てられない事情のある赤ちゃんが置かれるのです。
数年間はそれぞれの乳母の元で育ち、その後ピエタに戻るという制度でした。
ピエタでは孤児達への音楽教育に熱心で、合奏合唱の部がありました。
ヴィヴァルディは、そこへ指導に来ていました。
「赤毛の司祭」というあだ名があるように、音楽一筋に生きることは父親に反対されて、司祭の資格を取っていたヴィヴァルディ。

ピエタで一緒に育ったアンナ・マリーアは、群を抜いて才能があり、エミーリアは仲良くしつつも、音楽に全力を注ぐ気にはなれなくなっていきます。
子供達の中で一番賢いと言われたエミーリアは、会計や事務能力を発揮していくのでした。
アンナ・マリーアは、長じて「合奏・合唱副長」という院長に次ぐ地位に昇ります。
ウィーンへ行ったヴィヴァルディの突然の死に衝撃を受けるヴェネツィアの人々。

孤児ではないのだが子供の頃ピエタに音楽を習いに来ていたヴェロニカという貴族の女性が、「昔見た楽譜を知らないか」とエミーリアに問い合わせてきます。
ヴェロニカはピエタの後援者であるドウォド家の娘で、恵まれた育ちだったのですが、未亡人となって実家の館に一人暮らしていました。
ヴィヴァルディの妹たちを訪ねたエミーリアは、「楽譜は何もない」と言われ驚きますが、「コルティジャーナのクラウディアが何か知っているかも知れない」と教えられます。
じつは、ヴィヴァルディの秘密の恋人だったのでした…

エミーリアは若い頃の記憶をたどり、つてを見つけて、運河からロドヴィーゴのあやつるゴンドラで、クラウディアの屋敷に向かいます。
高級娼婦との奇妙な巡り会い。
なかなか素人が会える存在ではありません。
ピエタで育った世間知らずのエミーリアが、そこまでたどり着けた理由には、秘密が…
若き日の恋の冒険がありました。

ヴィヴァルディの死後何年たってもアンナ・マリーアが彼の曲にこだわり続けるあまり、ピエタの音楽会の評判は次第に落ちていきますが…
思いがけないところで、楽譜の謎が?
絡み合う幾人かの運命の不思議さ。
ヴェネツィアの夜の光景と、運河を渡るゴンドラ、流れる歌声やリュートの響き、儚い恋、女達の絆、切なくよどむ滅びの気配、年月の果てに訪れるささやかな暖かみ。
心地良く世界に浸れます。

作者は1962年愛知県生まれ。92年新人賞受賞、著書多数。
何気ない日常を透明感ある筆致で描いてきました。
歴史上の人物に題材をとったのは初めての意欲作。

「ふがいない僕は空を見た」

窪美澄「ふがいない僕は空を見た」新潮社

高校生の男子が主人公。
さらに様々な人物が登場。
いきいきと描かれていて、だらしなかったり、弱みだらけだったりしますが。
とんでもないエピソードに笑ったり、ハラハラしたり。
酸いも甘いも噛み分けた大人になりたい?気分に。

「ミクマリ」「世界ヲ覆フ蜘蛛ノ糸」「2035年のオーガズム」「セイタカアワダチソウの空」「花粉・受粉」という章立て。

高校から真っ直ぐ、おれ(斉藤卓巳)はマンションの一室へ。
なにかのアニメのなんとかいう役の衣装を着ている「あんず」(仮名)に合わせて、自分もコスプレ衣装を着るんです。
高校に入ってすぐ、友達に連れて行かれたコミケでナンパされたのです。「むらさめ様」に似ているとかで…

夏休みは、私営プールの監視員のバイト中。
同じ高校の松永という女の子に告白されたばかりで、あんずと別れてから交際したいと思い、そう伝えることに。
母子家庭で、母親が助産師、自宅が助産院。時々、妊婦をさすったり手伝うこともあるのでした。
あんずは最初は別れを怒りますが、彼女の方も代理出産を依頼するためにアメリカに渡ると告げるのです。

あんずの本名は、里美。
おっとりして、昔から要領が悪いほう。
求められるままに結婚し、居場所を得て満足していたはずだったのですが。
子供は大して欲しくないのに、夫の母親に強く干渉されます。
夫は、ストーカーだったこともあるような性格とわかってくる‥

松永七菜は、友達のあくつに、ネットのコスプレ掲示板にこんなのが流れていると、交際し始めたばかりの斉藤の写真を見せられます。
じつは家庭にも問題が…
兄の優介は優秀だったのですが、大学入学後次第におかしくなり、一時行方不明に。
長野の団体の施設で、主催者らとフリーセックスに‥?

セイタカとあだ名で呼ばれていた福田良太。
コンビニでバイトをしていると、同じ団地の子供が万引きに来るのです。
母は出て行き、ぼけてしまった祖母と暮らしていました。
コンビニの先輩格で実質仕切っている田岡さんという20代後半の男性が、勉強を教えてくれて、次第に成績が上がっていきます。
良太は斉藤の友達なのですが、微妙な嫉妬も。
田岡はびっくりするほど親切なのですが、じつは…くらい性癖がありました。

男の子は、た、確かに~ふがいないかも…
悪い子じゃないんで!
いや不倫ではあったけど~よく知りもしないのに誘われるままにコスプレとは…
まあ当事者だけの問題でしょ。
ネットにのせたり、近所に写真配ったりする方が悪質。
高校生がこんな目に合うとは。外に出られなくなるのはわかるけど、これは~立ち直りましょう。ぷぷ。

斉藤クンは母親が助産師なので、妊婦の声が溢れる家庭で育ったのでした。
この母の人生も‥
苦難もあるけれど、時に理解者も出てきてくれて、救いもあります。
漢方薬局のリウ先生とか。
斉藤の担任ののっちーこと野村先生も、頼りないけど優しいし。
母親になる女達のたくましさや、生まれ出る生命の必死さが、厚みを出していますね。

「ペンギン・ハイウェイ」

森見登美彦「ペンギン・ハイウェイ」角川グループパブリッシング

小学4年生の男の子・アオヤマ君が経験する~不思議なストーリー。
第31回日本SF大賞受賞作。

真面目なお父さん、おっとりしたお母さん、ちんちくりんでわがままな小さな妹のいる平和な家庭。
住んでいるのは、丘がなだらかに続く郊外の町。
7歳で引っ越してきた頃は、まだ開発が始まった所でしたが、数年でどんどん家が建ち、発展してきました。
素敵な「海辺のカフェ」や、綺麗なお姉さん達が働く歯科医院もあります。
バス路線の終わりのほうにあるぼくの家から、小学校までは、歩いて22分。
その住宅街に突然、ペンギンの群れが現れたのです!

ぼくは毎日、ノートをつけています。
日本で一番たくさんのノートを書く小学4年生。勉強したり観察したりした成果を記録し、研究しているのでした。
「他人に負けるのは恥ずかしくないが、昨日の自分に負けるのは恥ずかしい」などと書いているんですね。
冷静なのは確かで、「頭角を現してきた」と自分で感じているのがおかしい。
学者めいた雰囲気で変わり者の小学生。かなり生意気だけど、自分には出来ないこともわかっていて、嫌な感じではありません。

クラスにはスズキ君といういじめっ子がいて、ぼくはスズキ君帝国皇帝と名付けていました。
一番仲良しのウチダ君のことをいじめるので、歯科医院で嘘をついて脅かします。
アオヤマは歯科医院のお姉さんが好きで、お姉さんには「少年」と呼ばれています。「海辺のカフェ」でチェスをしたりする~つきあいがあるのです。
給水塔の近くの白いマンションに住んでいるお姉さん。
人気のないバスターミナルで、スズキ君の報復にあったアオヤマ。

お姉さんは物陰にいたらしいが、助けてはくれませんでした。子供のやることには口を出さない方針らしい。
そこで、お姉さんが不思議な動きをすると、何とペンギンが…?
お姉さんの後をついて歩こうとするペンギンたちが可愛い。
お姉さん自身にもわからない現象だという。

少年はウチダ君と近所を探検して回って、地図を作っていました。
同じクラスの美少女ハマモトさんも研究好きとわかり、彼女に連れて行かれた森の奥には信じられないような平らな草原が広がっていたのです。
そして、そこには…
三人で観測することにしますが?

探検して作り上げた地図をスズキ君達に奪われてしまったものの、地図はまた作ればいいと冷静なアオヤマ。
最初のうちは、二組は違う方向を歩き回っていたので問題にならなかったのです。
ところが、ある日…?
やがて、町は大騒ぎに!

奇想天外な出来事が、ゆったりした独特な調子で語られます。
町の様子はまるで、私が10代で今の家に越してきた頃のよう。
どこにでもあるのかしら‥
波乱有り、希望も残して、なかなか楽しい。森見ワールドですね~。

「神様のカルテ」

夏川草介「神様のカルテ」小学館

長野県で地域医療に携わる現役の医師が書いた小説。
わかりやすく、心地良く読み進められます。

栗原一止(いちと)は、本庄病院に勤務する5年目の内科医。
400床あるので、地方都市の一般病院としてはかなり大きいほうです。
けれども、募集はしていても医者の来手は少なく、24時間365時間対応を看板に出しているので、それはもう大変なのでした。

一止は消化器内科が専門ですが、救急では何でも診察、泊まり込みで仮眠を取りつつ、一人で40人も担当しています。
夏目漱石を愛読して暗記しているほどなので、言葉遣いが古風で、変人と思われているのでした。
(ペンネームにも現れていますね)
看護師にもつい減らず口をたたくのですが、患者のことばかり考えているから、おのずと人望はあるという。

奥さんのハルさんは可愛らしく、表紙イラストのイメージのまま。
山の写真などを撮るカメラマンで、小柄だが実は力持ち。
一止はものすごい忙しさで、初めての結婚記念日をすっぽかしてしまいますが‥

御嶽荘という旅館だった古い建物に部屋を借り、地方を満喫する生活。
絵描きの「男爵」と、大学院生の「学士殿」というあだ名を付けている友人も、下宿しています。
徹夜明けでも、つい酒盛りをしたりする仲なのです。
信濃大学付属病院の医局に来ないかという誘いを掛けられ、普通なら応じるところ、なぜか悩んでしまう一止。

患者だった老婦人・安曇さんが癌でもう治る見込みがないと、大学病院から戻ってきます。
一人暮らしで、夫は30年も前に亡くなったという。
どうしてあげたらいいのか、その方が気にかかってならない一止。
食事制限もあるのですが、食べたいと言っていたカステラをハルさんに探して貰ったり‥

どこまでが実体験なのでしょうか。
経験者という濃さは、それほど感じない~ある意味、普遍的とも言えるエピソード。
でも、優しさがありますね。
見送る哀しみもあるけど、忍耐強い患者もしっかりしたものだし、精いっぱいのことをしてあげた感動が残ります。

著者は1978年大阪生まれ。信州大学医学部卒。地域医療に従事。
この作品で、第10回小学館文庫小説賞を受賞してデビュー。
2010年本屋大賞2位。

「横道世之介」

吉田修一「横道世之介」毎日新聞社

田舎から何となく~東京の大学に出てきた世之介、18歳。
時代は、バブルの頃。
新宿アルタ前をウロウロしている所から、始まります。
住む所は、都心からは1時間半のアパート。これが東京?と思うような場所だけど~4万円で探したのだから仕方がない。

大学初日に隣にいた倉持に声をかけられます。
ついで、教室で声を掛けてきた女の子・阿久津唯と、知り合ったばかりの3人でサークル勧誘を見ているうちに、何となくサンバ同好会に入ってしまう。
といっても年中サンバを踊っている会でもないのですが。
部屋を引っ越したいとバイトに精を出し、ホテルのルームサービスで働くことに。
バイトは夜間が多いので、駅に近くエアコンのある部屋に住む加藤の所にしょっちゅう泊まってしまうのでした。

サンバ同好会に一緒に入った二人は男女の仲になり、何と妊娠して結婚という展開に。
倉持の親は大学を辞めて就職するという息子に絶句しているので、金を貸し、引っ越しも手伝う世之介。
「別に使う当てないからいいよ」と。

ねるとんのオーディションに出たり。
友達と入ったカフェで見知らぬ美女に声をかけられ、別れ話をする間ついてきて弟の振りをして欲しいと頼まれたり。
そうこうするうちに世之介は、お金持ちのお嬢様・祥子になぜか気にいられます。
海へ行く約束をして、海水浴のつもりが、何とクルーザーに乗せられる。
夏休みには、郷里までやってきた彼女。
そこで、二人は海辺で思いがけない経験をする‥

世之介というふざけた名前の男~というよりまだ男の子。のほほんとしてだらしないが、よく言えば明るくて欲がない。
普通に育った男子の自然な優しさが微笑ましい。じんわりと浸みてきます。将来を考え始める原点も、ちらほら。
何気ない大学1年生のちょっとした新体験に満ちた暮らしをメインに、のちに周りにいた数人のその後をまじえて。
18の頃を思い出します。その頃の経験というのは、確かに鮮烈かも知れない。
笑えてちょっと切ない、いい話でした。

[追記]2013年、映画化されて、公開になるようです!

「のぼうの城」

和田竜「のぼうの城」小学館

成田長親は、武州忍城(おしじょう)の城主・氏長の従弟で跡取りだが、でくのぼうという意味で「のぼう様」とあだ名される不器用な大男。
野良仕事が好きでよく田畑を手伝うが、それも邪魔になるばかり。
城代である父の泰季を尊敬していたのですが、父の方は家老に跡を継がせようかと考えるほどでした。

北条攻めに際して、城主・氏長は、長年恩顧の北条の味方をせざるを得ず、小田原城へ。
けれども秀吉の力はもはやまぎれもないという時期なので、こっそり敵方とも内通、攻めてきたらすぐ降伏するように指示します。

のぼう様こと長親は、軍議の場でもぼんやりと、どちらにも味方せずにこのまま暮らしていけないのかとつぶやいていました。
そんな長親に見込みがあるのかないのか?迷いつつ見守っているのが~家老の丹波守利英でした。
城主の娘・甲斐姫を秀吉に差し出せと言われて、長親が降伏の予定を覆します。
家老の丹波らと共に百姓の力を借り、意外な善戦をしてのけるのです。

さかのぼること8年前の天正10年、秀吉が行った高松城の水攻めの規模の大きさに感嘆していたのが、若き石田三成でした。
その一ヶ月後には本能寺。
この天正18年には北条攻めに加わり、三成が初めて戦闘の指揮を執ることになったのです。

秀吉のそばにいすぎた三成がちょっと気の毒になりますが…まあ自業自得な所もあるから仕方ないですね。
対照的な長親と三成が、最後に相まみえることになります。
軽快な筆裁きで、面白くまとまっています。

作者は69年生まれ。
この話と同じ「忍ぶの城」の脚本で03年に「第29回城戸賞」を受賞。
小説は07年12月発行。

[お詫びと訂正]信長の北条攻めと書いてしまってました…??
申し訳ない。読んだときのメモにはなかったんですが、ふっと書き足してしまって…頭がヨワ~イのね。
「忍びの国」とごっちゃになったようですcrying

「家守奇譚」

梨木香歩「家守奇譚」新潮文庫

売れない小説家・綿貫征四郎が、亡くなった友人の実家の家守を頼まれ、仕事を辞めて、引っ越してきます。
庭は草木が生い茂るままで、短い各章のタイトルはそうした身近な花の名前がほとんどで、親しみやすい。
時代は明治?らしい。
表記は現代かなづかいですが、どことなしに古風で、静かな世界にふっと誘い込まれます。

湖でボートを漕いでいて行方不明になり亡くなったはずの友人・高堂だが、雨の日に掛け軸の中からボートを漕ぐ音がして、ふと登場します。
「どうした、高堂」と対する征四郎に「なに、雨に紛れて漕いできたのだ」と答える高堂。粋ですねえ。
河童のお皿や抜け殻、狸や狐も登場。
居着いた犬のゴローもなにやら異界に通じている模様…

私にはすごく読みやすかったです~ほとんど、デジャビュ。いつかどこかで掛け軸のあたりででも~すれ違ってたのかしら?

2004年の作品。
作者は1959年生まれ、英国留学で児童文学者に師事とのこと。

「サクリファイス」

近藤史恵「サクリファイス」新潮社

最近、決まったばかりの本屋大賞2位です。
候補に挙がったと聞いて読んでみたもの。
初めての作家さんで、タイトルでも見当がつかなかったけど~自転車ロードレースの話。
日本ではマイナーなスポーツで、ルールも解りにくいけど、独特なルールゆえの面白さに焦点を当てているので、だんだんに解ってきます。

白石誓(ちか)は中距離でインターハイにも出たほどの選手でしたが、本人は勝つことに意味を感じられないでいました。
チームプレーに魅力を感じてロードレースに転身。アシストに力を尽くします。

5時間以上スピードを出して走るので、先頭にいる選手は風圧を受けて消耗することになるため、競い合うチームでも先頭は時々交替するのがマナー。その辺が紳士のスポーツなんですね。
チームのエースを守るためには、他の選手がその前を走ったり、先頭集団に入って全体を引っ張ったりするという作戦をこらす。個人の成績は二の次で、エースを立てるのが、アシストの役割なんですね。

誓は、ワンマンなエースの石尾豪を尊敬していましたが、石尾には伸びてくる若手をつぶすという黒い噂が…
その真相は?
突っかかってくる同世代のライバルと共に練習し、ベテランのアドバイスを聞きつつ、世界へ出ていくチャンスに胸を弾ませ、別れた恋人との再会に葛藤し…
ぐいぐい引き込んで、あっと言う間に読ませてくれます。
別れた恋人が誓の性格を全く理解していないのが、苦みとして効いてるような…
最近ヒットが多い~女性が描くスポーツものの一つと見ることも出来ますね。

「夜は短し歩けよ乙女」

森見登美彦「夜は短し歩けよ乙女」角川書店

第20回山本周五郎賞受賞、2007年本屋大賞2位。
作者は京都農業大学卒業だそうで、京都の街を縦横に駆け抜けるファンタジックなお話。
舞台は現代だと思いますが~ちょっと前なのか?レトロな魅力があります。
「命短し恋せよ乙女」という歌詞の歌があるのを若い人は知らないでしょうかね?

大学1年生の好奇心旺盛なヒロイン「黒髪の乙女」をひそかに想う先輩。
自然に近づこうと通りかかったふりをして必死に彼女を追いかけますが、幾多の苦難が降りかかります。
無邪気でキュートな彼女と、ちょっと気弱で何かとついてないが恋には一途な先輩の視点で、交互に話は進みます。
本好きにはたまらない懐かしい作家や書名が溢れる奇想天外な古本市や、はちゃめちゃなお芝居の演じられる学園祭などを舞台に展開する、リズミカルでとても楽しい小説。

ジャンル的には何なんでしょうね?
ちょっと学生時代を思い出しました~地に足の着いていない、学園祭の頃なんか特に、風船でどっかへ飛んじゃいそうな~!?
表紙の絵も可愛い!

第15回(2003年)日本ファンタジーノベル大賞を「太陽の塔」で受賞。
まだ最近な感じですね~。

その他のカテゴリー

bベスト本 | i本屋大賞候補作 | l本屋大賞 | l直木賞 | l芥川賞 | l:日本エッセイスト・クラブ賞 | mf:世界幻想文学大賞 | mf:日本ファンタジーノベル大賞 | m:CWA賞 | m:MWA賞 | m:このミステリーがすごい! | m:アガサ賞 | m:マカヴィティ賞 | name:あさのあつこ | name:万城目学 | name:三上延 | name:三浦しをん | name:上橋菜穂子 | name:上野千鶴子 | name:中島京子 | name:乾くるみ | name:五木寛之 | name:京極夏彦 | name:仁木英之 | name:今野敏 | name:伊坂幸太郎 | name:佐々木譲 | name:佐藤多佳子 | name:佐藤賢一 | name:佐野洋子 | name:勝間和代 | name:北村薫 | name:原田マハ | name:坂木司 | name:大島真寿美 | name:大崎梢 | name:太宰治 | name:姫野カオルコ | name:宇江佐真理 | name:宮下奈都 | name:宮部みゆき | name:小川洋子 | name:小川糸 | name:山之口洋 | name:山崎ナオコーラ | name:山田詠美 | name:島本理生 | name:島田荘司 | name:川上弘美 | name:恩田陸 | name:有川浩 | name:朝井リョウ | name:木内昇 | name:杉本苑子 | name:村上春樹 | name:村上龍 | name:村山早紀 | name:村山由佳 | name:東川篤哉 | name:東野圭吾 | name:松井今朝子 | name:林真理子 | name:柚木麻子 | name:柳広司 | name:栗田有起 | name:桜庭一樹 | name:梨木香歩 | name:森絵都 | name:森見登美彦 | name:森谷明子 | name:横山秀夫 | name:橋本治 | name:池上永一 | name:津村記久子 | name:海原純子 | name:海堂尊 | name:湊かなえ | name:町田康 | name:畠中恵 | name:百田尚樹 | name:矢崎存美 | name:磯崎憲一郎 | name:神田茜 | name:米村圭伍 | name:米澤穂信 | name:綿矢りさ | name:荻原規子 | name:菅野雪虫 | name:葉室麟 | name:角田光代 | name:誉田哲也 | name:貴志祐介 | name:辻村深月 | name:近藤史恵 | name:道尾秀介 | name:長野まゆみ | name:香山リカ | name:高田郁 | oその他の作家 | o海外作家:C.J.ボックス | o海外作家:M.C.ビートン | o海外作家:P.Gウッドハウス. | o海外作家:R.D.ウィングフィールド | o海外作家:S.J.ローザン | o海外作家:アガサ・クリスティ | o海外作家:アラン・ブラッドリー | o海外作家:アリアナ・フランクリン | o海外作家:アリス・マンロー | o海外作家:アレグザンダー・マコール・スミス | o海外作家:アンナ・マクリーン | o海外作家:アン・クリーヴス | o海外作家:アン・タイラー | o海外作家:アン・マキャフリイ | o海外作家:アーシュラ・K・ル=グウィン | o海外作家:アーロン・エルキンズ | o海外作家:エリザベス・ギルバート | o海外作家:エレイン・ヴィエッツ | o海外作家:エレン・カシュナー | o海外作家:カズオ・イシグロ | o海外作家:カミラ・レックバリ | o海外作家:カルロス・ルイス・サフォン | o海外作家:キャロル・オコンネル | o海外作家:キンバリー・ウィリス・ホルト | o海外作家:ギヨーム・ミュッソ | o海外作家:クリストファー・プリースト | o海外作家:クレイグ・ライス | o海外作家:クレオ・コイル | o海外作家:ケイト・キングズバリー | o海外作家:ケイト・モス | o海外作家:ケイト・モートン | o海外作家:ゲイル・キャリガー | o海外作家:コニス・リトル | o海外作家:コニー・ウィリス | o海外作家:コリン・ホルト・ソーヤー | o海外作家:コルネーリア・フンケ | o海外作家:サラ・ウォーターズ | o海外作家:サラ・スチュアート・テイラー | o海外作家:サラ・パレツキー | o海外作家:シャロン・フィファー | o海外作家:シャンナ・スウェンドソン | o海外作家:シャーリィ・ジャクスン | o海外作家:シャーレイン・ハリス | o海外作家:シャーロット・マクラウド | o海外作家:ジェイソン・グッドウィン | o海外作家:ジェイニー・ボライソー | o海外作家:ジェイン・オースティン | o海外作家:ジェフリー・ディーヴァー | o海外作家:ジェフリー・フォード | o海外作家:ジェラルディン・ブルックス | o海外作家:ジャニータ・シェリダン | o海外作家:ジャネット・イヴァノヴィッチ | o海外作家:ジュンパ・ラヒリ | o海外作家:ジョアン・フルーク | o海外作家:ジョナサン・キャロル | o海外作家:ジョン・ハート | o海外作家:ジョージ・R.R.マーティン | o海外作家:ジョー・ウォルトン | o海外作家:ジル・チャーチル | o海外作家:スティーグ・ラーソン | o海外作家:ステファニー・メイヤー | o海外作家:スーザン・プライス | o海外作家:スー・グラフトン | o海外作家:タニス・リー | o海外作家:ダイアナ・ウィン ジョーンズ | o海外作家:ダイアナ・ガバルドン | o海外作家:ダン・ブラウン | o海外作家:ディック・フランシス | o海外作家:デイヴィッド・アーモンド | o海外作家:デニス・ルヘイン | o海外作家:デボラ・クロンビー | o海外作家:トレイシー・シュヴァリエ | o海外作家:トーベ・ヤンソン | o海外作家:ドナ・アンドリューズ | o海外作家:ドナ・ジョー・ナポリ | o海外作家:ドミニク・シルヴァン | o海外作家:ドン・ウィンズロウ | o海外作家:ナンシー・ピカード | o海外作家:ネレ・ノイハウス | o海外作家:ノア・ゴードン | o海外作家:パウロ・コエーリョ | o海外作家:パトリシア・A.マキリップ | o海外作家:ピーター・キャメロン | o海外作家:ピーター・ディキンスン | o海外作家:ピーター・トレメイン | o海外作家:ピーター・ラヴゼイ | o海外作家:フランセス・ファイフィールド | o海外作家:フレッド・ヴァルガス | o海外作家:ヘイリー・リンド | o海外作家:ヘニング・マンケル | o海外作家:ベリンダ・バウアー | o海外作家:ベルンハルト・シュリンク | o海外作家:ポール・ドハティ | o海外作家:マイクル・コナリー | o海外作家:マーガレット・アトウッド | o海外作家:マーセデス・ラッキー | o海外作家:ミネット・ウォルターズ | o海外作家:ミュリエル・バルベリ | o海外作家:メアリ・W.ウォーカー | o海外作家:メグ・ガーディナー | o海外作家:メグ・キャボット | o海外作家:ユッシ・エーズラ・オールスン | o海外作家:リサ・クレイパス | o海外作家:リチャード・ノース・パタースン | o海外作家:リース・ボウエン | o海外作家:ルーシー・モード・モンゴメリ | o海外作家:レジナルド・ヒル | o海外作家:レスリー・メイヤー | o海外作家:レーネ・レヘトライネン | o海外作家:ロイス・マクマスター ビジョルド | o海外作家:ロビン・ホブ | o海外作家:ローズマリ・サトクリフ | o海外作家:ローズマリー・マーティン | o海外作家:ローナ・バレット | o海外作家:ローラ・チャイルズ | o海外作家:ローラ・リップマン | o海外作家:ローリー・キング | o海外作家:ローレンス・ブロック | o海外作家:ヴィヴェカ・ステン | o海外作家:ヴォンダ・N.マッキンタイア | お人形 | お人形着物 | お茶 | アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | コージー | ジェイドール | ジェニー | スイーツ | ドールmomoko | ドール:Misaki | ドール:SD | ドール:シドニー | ドール:ピュアニーモ | ドール:プーリップ | ドール:ユノアクルス・アズライト | バービー | ファッション | ファンタジー | フィギュアスケート | ベスト本 | ミステリ | リカちゃん | ロマンス | 介護 | 健康・ダイエット | 児童書・YA | 動物 | 国内作家:あ行 | 国内作家:か行 | 国内作家:さ行 | 国内作家:た行 | 国内作家:な行 | 国内作家:は行 | 国内作家:ま行 | 国内作家:や行 | 国内作家:ら行 | 国内作家:わ行 | 国内小説 | 家事 | 心と体 | 日記 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 歴史もの | 海外小説 | | 病気体験 | 着物 | 経済・政治・国際 | 絵本 | 舞台・バレエ | | 言葉・歌 | 評論・エッセイ | SF