フォト

おすすめ本

「エミリー」

マイケル・ビダード「エミリー」ほるぷ出版

アメリカの詩人エミリー・ディキンソンと小さな女の子の交流を描いた絵本。

エミリー・ディキンソンは、1830年マサチューセッツ州のアマーストで生まれ、1886年その地でなくなりました。
ずっと独身で両親の家で妹と暮らし、内気で知らない人には会おうとせず、とくに亡くなる前の25年間は家を出なかったそうです。
死後に1800もの詩が見つかり、発表された詩で有名になりました。
最初にそう聞いたときには、鬱蒼とした館で鬱々と暮らしていたイメージでしたが、そんなに暗くはないようです。

通りに面した家で、庭仕事もしていて、草花を育てる達人でした。
近所の子供とは付き合いがあったそうで、家に来る子供と話したり、窓から籠に入れたクッキーを降ろしてあげたりしていたとか。
きちんと髪を結って、白いドレスを着た、内気な女性。
丁寧なタッチで、あたたかく描かれています。

小さな女の子が住む家に、ある日手紙が舞い込みます。
おむかいの黄色い家から~そこには、姉妹が住んでいて、お姉さんの方は外に出てきたことがない謎の女性なのですが。
いつもピアノの練習をしているママにあてて、家に来てピアノを聞かせて欲しいというお誘い。
その夜、「興味はあるんだろう」とパパがママに話しているのが聞こえました。
次の朝、家中が音楽で溢れていました。
「詩ってなんなの?」とパパに聞くわたし。

新しい絹の服を着て、ママと一緒にお向かいに出向きます。
謎の女性は、部屋の外の階段で聞いている様子。
一曲ひき終えると「ごしんせつなおとなりさん。コマドリもあなたにはかないませんわ。もっと弾いて下さい。もう、春がそこまで来ているような気がしてきました」と小さな声がします。
部屋の外に出て、階段にいるエミリーに会った女の子は、紙切れを見て「それ、詩なの?」と聞きます。
「いいえ、詩はあなた。これは、詩になろうとしているだけ」と答えるエミリー。

1993年度コルデコット賞受賞作。
絵のバーバラ・クーニーは3度目の受賞だそうです。

「エミリ・ディキンスン家のネズミ」

エリザベス・スパイアーズ「エミリ・ディキンスン家のネズミ」みすず書房

絵本ですが、詩人が題材になっていて、詩人が文を書いています。

19世紀アメリカの詩人エミリ・ディキンスン。
その家に引っ越してきた白ネズミのエマラインとのお話です。
エミリの部屋の壁の奥に、ちょうど同じような小さな小さな部屋があったのでした。
エミリの部屋は、明るくて、風通しがいい。
家具は、シングルベッドと、整理ダンスと、書き物机と、椅子が、一つずつ。
エマラインの部屋も、家具は同じです。
ある日、落ちてきた紙切れに書かれた詩を、エマラインが拾って読んで…
質素な生活の中の、ひそやかな魂のふれあい。

エミリ・ディキンスンは、独身で親の家に妹とひっそりと暮らし、人と会うことも少なかったそうです。
(隣には、兄が結婚して住んでいました)
詩はたくさん書いていましたが、生前は少し投稿してはいたものの、ほとんど知られることもなかったのでした。
エマラインの目を通して描かれる詩人エミリの、内気だけれど端正で優しく、情熱を秘めた生き方に胸を打たれます。

何しろネズミなので~家事を取り仕切っているエミリの妹には敵視され、猫をけしかけられたり、駆除の話が出たりするのですが。
エマラインに気づいていたエミリが、撃退してくれます。

これ以外無いと思われる優しくあっさりしたペンタッチで、さりげなく。
字が読める小さな白ネズミは、詩を書くようになり…
交流が始まるのでした。
「私は誰でもない!――あなたは誰?」と書くエミリ。
とても素敵です。

エミリの詩12編は、長田弘の新訳。
エマラインの詩7編も、デビュー?
絵を描いたクレア・A・ニヴォラは、自宅にエマラインそっくりの賢い白ネズミが住んでいたことがあるそうです。
1999年の作品。

「日本の名詩、英語でおどる」

アーサー・ビナード「日本の名詩・英語でおどる」みすず書房

英語に翻訳されると、意外に平易でわかりやすかったりしますね。
下手な人が訳したら無味乾燥になりかねないところでしょう。
そこはビナードさん、ニュアンスと感動を伝える工夫があって、新鮮な風景が見えてきます。

朔太郎の「旅上」という詩で、「ふらんすへ行きたしと思えども/ふらんすはあまりに遠し」という~ふらんすをひらがなで表記したニュアンスがどうしても出せないとか。
中也の「サーカス」という詩で「ゆあーん ゆよーん ゆやゆよん」というのが、その音を英語で表記しても何のことか全くわからないし、空中ブランコの雰囲気もないんだそうです。
苦労してseesawに似た感じで訳してました。な、なるほど…

全く知らない単語ももちろん出てくるし、予想外の訳しかたになっている場合もあります。
「やぎさん ゆうびん」の「仕方がないので」のところは、のんびりとした雰囲気を出した意訳になってました。

「君死にたまふことなかれ」は、Don't Lay Down Your Life
日本語にはyouの訳語として「あなた、君、おまえ、お宅、貴様」などいろいろあり、特に君というのは区別が難しかったそうで。
この詩で、「君」という言葉の新たなニュアンスを知ったそうです。

単語力から何から英語力の不足は承知していたものの、しまいに日本語の鑑賞力にも自信がなくなってきました…
とはいえ、面白かったです。
日本の詩人のこともよく知らないので、作者紹介も熱心に読み込みました。
26人の詩人たちの選び抜かれた詩のラインナップにひたすら感心。
2007年発行の本です。

「一週間」の歌詞

「一週間」という歌、ご存じですか?
テュリャテュリャ~って繰り返しがつくやつ…不思議な歌詞ですよね。
元はロシア民謡だと思いますが…
にわかに気になってきて、検索してみました。

「日曜日は市場へ出かけ~」というのはまあ穏当なんですけど。
「月曜日はお風呂を炊いて~火曜日にお風呂に入る~」ここです。
現代の感覚なら、お湯が冷めちゃいますよね。
二日とも入るのか?誤訳?もともとナンセンスな歌詞なのか?
検索したら、追い炊き機能があったんじゃないかって説もあって笑えました。

これは蒸し風呂らしいんですが、歌詞にお風呂はもともと二日とも出てくるそうです。
ただ炊いてというより、薪を集めたり水を汲んだりというのに一日かかるというニュアンスらしい。
それぐらい大変だったんですね。

市場へ行くのも週に一度、お風呂を炊くのも週に一度、恋人に会うのも週に一度という、昔の歌らしいです。
一週間を子供に覚えさせる意味もあったのかも知れませんが…それにしてはちょっと色っぽかったり?遊びすぎ~な気も。
「金曜日は糸巻きもせず、土曜日はおしゃべりばかり」ですからね!?
これ、逆に考えると、糸巻きを休むのは金曜だけだったのかも知れませんね…今思いつきました。金曜は他の家事で何となく過ぎてしまうとか。
女達が糸巻きをしたり作業しながら、もっと遊びを入れたいと願いつつ歌っていたのかもね。

労働力は大変だけど、ある意味のんびりしていたというか。
蛇口を捻れば水が出る、ネットで注文すれば翌日届くという時代じゃないって事ですね~。
私は日曜日には図書館へ行き、安売りのある大きなスーパーへ回る、といった生活をしていて、週に一度の事ってけっこうあるので、現代人にしては近いような気もします…あ、お風呂は毎日入るけど(^^)

集中力にはニンジン?

鼻先にニンジンをぶら下げれば馬は走る~というやつです、栄養の話じゃなくて。
ためしてガッテンでやっていたのを見て思い出したんですけど~

集中力をアップさせるには、まず気になるような音をシャットアウトすること。
風・水音・小鳥の声などの控えめな自然音をイヤホンで聞いているのが一番、邪魔にならないそうです。

それと、紙とペンがあれば出来る集中力アップ法。
それは自分の字で具体的な目標を書いて、目の前に貼っておくこと。それを見ると、気が散るのをストップ、頑張れるんだとか。
終われば帰れるとか、旅行に行けるとか、もうすぐビールとか。
達成目標というより、自分へのご褒美みたいですね。

……何が良いかなあ?

人の心はしゃれたことをする

新聞記事で印象に残った言葉です。

精神科医でコメンテーターとしても知られる香山リカさんの経験で、第一志望の国立大学に落ち、挫折したと長年、思い込んでいたけれど、実際は違うのではないかという話。
しぶしぶ選んだ道というのが~自分が一番、無理なくいられる場所だったのでは?ということですね。
心は案外、第一志望に進むことを望んでいなかったのではないか…
しゃれたことをする、という表現が面白いなと思いました。
理想に手が届いても後が大変、ということはあるかも知れませんねえ?

自分は何が何だかわからない人生を送っている身としては、心がいつどういう選択をしたのやら?一言では言えないんですが…あっちへこっちへじたばたするのが生きることそのものって感じでしょうか。(なんだそりゃ~)
一番したい事というのは何だかんだ言ってもいつの間にかやっていて、一番したくないことはやってないんじゃないのかな?
何度か状況も変わり、大病する度に能力もどんどん変わっていっても、傍目にはたぶん余り変わらない~私らしい私という存在があると思うんですよ。

もう一つ、印象に残った言葉。
甲子園に魔物はいるかという質問に対する早実の斉藤君の答え。
「いないと思います。いるとしたら心の中。自分の心の中に魔物はいない」

このまっすぐさが…カッコイイですねえ!

喜怒哀楽

先週、スタジオパークの総集編で、病気体験を語る3人をダイジェストで放映していました。
田中美里(病名は不安神経症?かパニック障害だったかも…)と高嶋政宏(父の鬱病)と坂上次郎の脳梗塞体験。

田中美里はデビュー2年目に一ヶ月入院したのだそうです。そういえばそんなこともあったかも…
若いのに落ち着いた感じの人なのですが、先日テレビで言っていたのは「喜怒哀楽の喜と楽だけでいつもニコニコしているようにその頃はやっていたのが、人間には喜怒哀楽あるのだから怒や哀も出さなくてはいけないと気づいた」というようなこと。
「今は話したくない」とか「それはやりたくない」とかはっきり言えば「そうなんだ~」と案外わかって貰える。
芸能界でそれは重要なことでしょうね!
さらに「まわりに甘えていて期待過剰になっていたのではと後で思った」と。

入院した時なんて20そこそこなのにねえ…悟りすぎですわ?
印象に残った言葉でした。
こういうの、カテゴリは何かなあ~「心と体」という項目があったのでとりあえず使ってみます~。

その他のカテゴリー

bベスト本 i本屋大賞候補作 l本屋大賞 l直木賞 l芥川賞 l:日本エッセイスト・クラブ賞 mf:世界幻想文学大賞 mf:日本ファンタジーノベル大賞 m:CWA賞 m:MWA賞 m:このミステリーがすごい! m:アガサ賞 m:マカヴィティ賞 name:あさのあつこ name:万城目学 name:三上延 name:三浦しをん name:上橋菜穂子 name:上野千鶴子 name:中島京子 name:乾くるみ name:五木寛之 name:京極夏彦 name:仁木英之 name:今野敏 name:伊坂幸太郎 name:佐々木譲 name:佐藤多佳子 name:佐藤賢一 name:佐野洋子 name:勝間和代 name:北村薫 name:原田マハ name:坂木司 name:大島真寿美 name:大崎梢 name:太宰治 name:姫野カオルコ name:宇江佐真理 name:宮下奈都 name:宮部みゆき name:小川洋子 name:小川糸 name:山之口洋 name:山崎ナオコーラ name:山田詠美 name:島本理生 name:島田荘司 name:川上弘美 name:恩田陸 name:有川浩 name:朝井リョウ name:木内昇 name:杉本苑子 name:村上春樹 name:村上龍 name:村山早紀 name:村山由佳 name:東川篤哉 name:東野圭吾 name:松井今朝子 name:林真理子 name:柚木麻子 name:柳広司 name:栗田有起 name:桜庭一樹 name:梨木香歩 name:森絵都 name:森見登美彦 name:森谷明子 name:横山秀夫 name:橋本治 name:池上永一 name:津村記久子 name:海原純子 name:海堂尊 name:湊かなえ name:町田康 name:畠中恵 name:百田尚樹 name:矢崎存美 name:碧野圭 name:磯崎憲一郎 name:神田茜 name:米村圭伍 name:米澤穂信 name:綿矢りさ name:荻原規子 name:菅野雪虫 name:葉室麟 name:西加奈子 name:角田光代 name:誉田哲也 name:貴志祐介 name:辻村深月 name:近藤史恵 name:道尾秀介 name:長野まゆみ name:香山リカ name:高田郁 oその他の作家 o海外作家:C.J.ボックス o海外作家:M.C.ビートン o海外作家:P.Gウッドハウス. o海外作家:R.D.ウィングフィールド o海外作家:S.J.ローザン o海外作家:アガサ・クリスティ o海外作家:アラン・ブラッドリー o海外作家:アリアナ・フランクリン o海外作家:アリス・マンロー o海外作家:アレグザンダー・マコール・スミス o海外作家:アンナ・マクリーン o海外作家:アン・クリーヴス o海外作家:アン・タイラー o海外作家:アン・マキャフリイ o海外作家:アーシュラ・K・ル=グウィン o海外作家:アーロン・エルキンズ o海外作家:エミリー・ブライトウェル o海外作家:エリザベス・ギルバート o海外作家:エレイン・ヴィエッツ o海外作家:エレン・カシュナー o海外作家:カズオ・イシグロ o海外作家:カミラ・レックバリ o海外作家:カルロス・ルイス・サフォン o海外作家:キャロル・オコンネル o海外作家:キンバリー・ウィリス・ホルト o海外作家:ギヨーム・ミュッソ o海外作家:クリストファー・プリースト o海外作家:クレイグ・ライス o海外作家:クレオ・コイル o海外作家:ケイト・キングズバリー o海外作家:ケイト・モス o海外作家:ケイト・モートン o海外作家:ゲイル・キャリガー o海外作家:コニス・リトル o海外作家:コニー・ウィリス o海外作家:コリン・ホルト・ソーヤー o海外作家:コルネーリア・フンケ o海外作家:サラ・ウォーターズ o海外作家:サラ・スチュアート・テイラー o海外作家:サラ・パレツキー o海外作家:シャロン・フィファー o海外作家:シャンナ・スウェンドソン o海外作家:シャーリィ・ジャクスン o海外作家:シャーレイン・ハリス o海外作家:シャーロット・マクラウド o海外作家:ジェイソン・グッドウィン o海外作家:ジェイニー・ボライソー o海外作家:ジェイン・オースティン o海外作家:ジェフリー・ディーヴァー o海外作家:ジェフリー・フォード o海外作家:ジェラルディン・ブルックス o海外作家:ジャニータ・シェリダン o海外作家:ジャネット・イヴァノヴィッチ o海外作家:ジュンパ・ラヒリ o海外作家:ジョアン・フルーク o海外作家:ジョナサン・キャロル o海外作家:ジョン・ハート o海外作家:ジョージ・R.R.マーティン o海外作家:ジョー・ウォルトン o海外作家:ジル・チャーチル o海外作家:スティーグ・ラーソン o海外作家:ステファニー・メイヤー o海外作家:スーザン・イーリア・マクニール o海外作家:スーザン・プライス o海外作家:スー・グラフトン o海外作家:タニス・リー o海外作家:ダイアナ・ウィン ジョーンズ o海外作家:ダイアナ・ガバルドン o海外作家:ダン・ブラウン o海外作家:ディック・フランシス o海外作家:デイヴィッド・アーモンド o海外作家:デニス・ルヘイン o海外作家:デボラ・クロンビー o海外作家:トレイシー・シュヴァリエ o海外作家:トーベ・ヤンソン o海外作家:ドナ・アンドリューズ o海外作家:ドナ・ジョー・ナポリ o海外作家:ドミニク・シルヴァン o海外作家:ドン・ウィンズロウ o海外作家:ナンシー・ピカード o海外作家:ネレ・ノイハウス o海外作家:ノア・ゴードン o海外作家:パウロ・コエーリョ o海外作家:パトリシア・A.マキリップ o海外作家:ピーター・キャメロン o海外作家:ピーター・ディキンスン o海外作家:ピーター・トレメイン o海外作家:ピーター・ラヴゼイ o海外作家:フェイ・ケラーマン o海外作家:フランセス・ファイフィールド o海外作家:フレッド・ヴァルガス o海外作家:ヘイリー・リンド o海外作家:ヘニング・マンケル o海外作家:ベリンダ・バウアー o海外作家:ベルンハルト・シュリンク o海外作家:ポール・ドハティ o海外作家:マイクル・コナリー o海外作家:マーガレット・アトウッド o海外作家:マーセデス・ラッキー o海外作家:ミネット・ウォルターズ o海外作家:ミュリエル・バルベリ o海外作家:メアリ・W.ウォーカー o海外作家:メグ・ガーディナー o海外作家:メグ・キャボット o海外作家:ユッシ・エーズラ・オールスン o海外作家:リサ・クレイパス o海外作家:リチャード・ノース・パタースン o海外作家:リース・ボウエン o海外作家:ルーシー・モード・モンゴメリ o海外作家:レジナルド・ヒル o海外作家:レスリー・メイヤー o海外作家:レーネ・レヘトライネン o海外作家:ロイス・マクマスター ビジョルド o海外作家:ロビン・ホブ o海外作家:ローズマリ・サトクリフ o海外作家:ローズマリー・マーティン o海外作家:ローナ・バレット o海外作家:ローラ・チャイルズ o海外作家:ローラ・リップマン o海外作家:ローリー・キング o海外作家:ローレンス・ブロック o海外作家:ヴィヴェカ・ステン o海外作家:ヴォンダ・N.マッキンタイア お人形 お人形着物 お茶 アニメ・コミック ウェブログ・ココログ関連 グルメ・クッキング コージー ジェイドール ジェニー スイーツ ドールmomoko ドール:Misaki ドール:SD ドール:シドニー ドール:ピュアニーモ ドール:プーリップ ドール:ユノアクルス・アズライト バービー ファッション ファンタジー フィギュアスケート ベスト本 ミステリ リカちゃん ロマンス 介護 作品 健康・ダイエット 児童書・YA 動物 国内作家:あ行 国内作家:か行 国内作家:さ行 国内作家:た行 国内作家:な行 国内作家:は行 国内作家:ま行 国内作家:や行 国内作家:ら行 国内作家:わ行 国内小説 家事 心と体 日記 映画・テレビ 書籍・雑誌 歴史もの 海外小説 病気体験 着物 経済・政治・国際 絵本 舞台・バレエ 言葉・歌 評論・エッセイ SF

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック