5月の記念日

5月といえば~
お人形好きには、3日がリカちゃんの誕生日☆
160506_000621.jpg
‥4日になってから、気づきました[ダッシュ(走り出すさま)]

5日はこどもの日。
‥柏餅ぐらい食べるのですが、すっかり忘れてました。[いい気分(温泉)]
ま、個人的には3日に立川フラメンコ、4日はオフ会でしたので~
充実しておりましたが。[わーい(嬉しい顔)]

立川フラメンコでは、肝心の友達が踊っているところを見つけ損なうという大ボケ[もうやだ~(悲しい顔)]
170503_123531.jpg
実はこの写真の奥、人の後ろに彼女がいたことが後で判明~
ニアミス、惜しい!

庭のあちこちで虫が発生してしまい、剪定と薬撒きに忙しかった週。
母の日も当日まで忘れていて‥[ふらふら]
13~14日が地元の「ひの新選組まつり」だったのですが~
14日の夜まで気づかず‥[たらーっ(汗)]
160508_163902.jpg
↑こちらは、昨年の写真です。

15日は自分のバースデーでした。
兄夫婦が来たので、食べたものの写真を撮ったのですが~
な、なぜかパソコンに取り込めない‥っ?![がく~(落胆した顔)]
ど、どうしよ‥

5月は、うちの猫みゅんのお誕生日月でもあります。
拾われた子なので、日は不明ですが‥
150417_122412.jpg
在りし日のみゅん[かわいい]
vfsh3197.jpg
今も、そこにいるのかな?と問いかけると~
「当たり前じゃない!」というような感触が帰ってきます。
お寺さんにお願いしましたので、
成仏していないわけでもないと思いますが~
気持ちのかけらが通じ合っているのかな、なんて。

新しい写真を取り込めなかったため、こんな構成で。
5月は爽やかな新緑と強い日差しの季節ですが。
意外に、もの思う時期でもあるようです[かわいい][ぴかぴか(新しい)]

立川フラメンコ・舞台の上

6日の土曜日は、お昼に最高気温28度という陽気になりました!
パソコンがいつまでも立ち上がらないので、あれ?
‥‥‥ちょっと待ってみてから、
ああ~暑くなると遅い日があるんだったと思い出しましたよ。
冷房するほどでもないんで~
あちこちの窓を開け、パソコンの近くにおいてあるものを少し遠ざけ
こういうときのために常備してあるウチワで扇いで
無事、開通。

ふだんは、ドールの記事とそうでないのを交互にアップしておりますが、
(3日はリカちゃんの誕生日だったのもちょっと気になってるんですけど~)
フラメンコの写真は続けたほうがわかりやすいかな?と思うので~2連続で。

「立川フラメンコ」の続きです☆
すずらん通りの仮設舞台の上で踊る人たち。
170503_123952.jpg
いかにもな雰囲気で華やかでしょう~[かわいい]
170503_124027.jpg
一度踊り終わったところ。
舞台の前はずうっと500人の踊り手が並んでいますから、
正面からは見られないけど、上手い人なんだと思います[グッド(上向き矢印)]

500人の踊りが終わった後の衣装コンテスト表彰。
受賞者たちが並んでいます。
170503_135056.jpg
素敵な衣装なの、わかります?
ボニータ賞とプリマベラ賞と、もう一つは何だったけ‥

こちらはビルの屋上の仮設舞台で。
170503_143456.jpg
白い衣装が可愛いですね
ふだんは駐車場になっているところに、バルーンの屋根がかかっています。
170503_144308.jpg
関節が多いんじゃないかっていうぐらいなよやかな手の動かし方や、
はげしく足を踏み鳴らすのがすごくカッコイイ。
170503_141637.jpg
パエリャを食べながら、フラメンコを見るという。
これも楽しい~[揺れるハート]

再び、プロの方の踊りを見るために、すずらん通りへ。
170503_150816.jpg
三枝さんという男性はスペインにずっと住んでいる方だそう。
あちらの空気をまとっているような雰囲気で、気迫が全然違いました。
170503_153748.jpg
数人が一人ずつ前に出て踊り、最後にみんなで踊り狂う感じ[るんるん]
いいものを見せてもらいましたよ~!
楽しかったです[かわいい][ぴかぴか(新しい)]

立川フラメンコ、すずらん通りパフォーマンス

「立川フラメンコ」という催しがあると知り、
行ってまいりました~!
立川のいろいろなスペースで、フラメンコを踊っている姿が見られるのです。
立川って、実はフラメンコの教室がいくつもあるようですね。
お店でのフラメンコの出前という催しや、前夜祭もあったようで‥

170503_123842.jpg
5月3日の午後、南口方面の「すずらん通り」で
500人もの人が一斉に踊る、という催しに友人が参加したのです。
想像以上の人出☆
170503_123705.jpg

色は様々なのですが~ロングドレスで、裾にフリルが基本~
170503_125902.jpg
しなやかな腕の動きと、はげしい足さばき☆
踊るにつれて、裾やフリルやスカーフ?が美しくひらめきます☆

170503_133300.jpg
華やか&にぎやかでした~~!
思い思いのカラフルな衣装に、人垣‥
170503_124617.jpg
数少ない男性ダンサーも☆
170503_131853.jpg
シックな色合いの人や~普通の格好で踊っている人も中にはいました。
170503_130812.jpg
赤ちゃんを抱っこしたまま、踊り続けている素敵なママも☆

170503_130254.jpg
お天気もよく晴れ渡り、楽しそうに踊る人たちを見ることができて、ハッピー[るんるん]

‥ただ、誤算だったというか‥[あせあせ(飛び散る汗)]
肝心の友だちをついに見つけられず、
彼女が踊る姿を見るという一番の目的は轟沈[どんっ(衝撃)]
前に何度も見てはいますが、久しぶりだったのにね~。
写真はたくさん撮ったので、どこかに小さく写っているのではないか?と
帰宅後すぐに確認したけれど‥‥‥、なかったです。
まあ目の前に見ていながら気づかなかったという大チョンボだけはなかったわけですかね。
どういうわけか?
見事にすれ違ったらしい‥[もうやだ~(悲しい顔)]
170503_123817.jpg

すらっとした綺麗な人なので目立つと思ってたんですけど、
‥似たタイプの人は何人も見つけたけど‥
ほとんどはすごく派手な衣装で~髪型が普段と違うし、メークがきつめで似ているので、
あっ?! いや違う? う~ん‥え~~いない??
私は先に行ってたんだけど‥
あとから来た友達と二人がかりでも見つけられなかったんですよ。
もうもう~~爆笑するしかないですね[パンチ]
来年も出るらしいので、来年こそは?

170503_133309.jpg
幸い、着替えを終わって出てきた彼女と、無事に会うことができて、
一緒に食事がてら屋上での舞台を見て、
その後のプロのパフォーマンスも(無料のを)見たので、
その他のことではとても充実しました![わーい(嬉しい顔)]
立川フラメンコ、楽しいですよ~。
何年もやっていたんですね~知らなかった!
行ける人には来年、おすすめです[るんるん][ぴかぴか(新しい)]

「梨園の娘」

東芙美子「梨園の娘」角川書店

歌舞伎の名優の子に生まれても、才能があっても、女の子は歌舞伎役者にはなれない‥
勝気な女の子が奮闘する物語。

俳優・藤村霞右衛門(風間京二郎)は、歌舞伎のみならず映画やテレビでも成功した何拍子も揃った大スター。
突如見合い結婚し、生まれた双子を可愛がるようになります。
というか、跡継ぎの男の子のほうには厳しく、女の子の方を溺愛。
無条件に愛することの出来るのは、娘だけだった‥
皮肉なことに女の子の葵のほうが、演劇の才能があった。

子役のうちは女でも舞台に立てますが、それが出来なくなる日が来ました。
納得できない葵に対し、父とその親友?皆川翔十郎(柳沢凱史)らは葵が女優になることにもあくまで反対して、バトルが続きます。
身を案じる溺愛のあまりとはいえ、中年男の妙な頑張りがおかしい。
(前作では若き日の俳優達の愛と葛藤?が描かれているらしいです)
芸能界でも力のある父親らに望みを叩き潰されながら、それでもいつしか活路を見出していく葵。

歌舞伎俳優仲間が何人も登場して、特殊な世界のきらびやかさ、厳しさ、濃密さを垣間見せる印象的な展開。
モデルはあるのか?どこの一家の誰なのか‥?
と気になりましたが、該当者なし(笑)
人柄や芸風が違うし、これがモデルというのだったらちょっと失礼でしょう。
いまどき、女優になることをこんなに反対するかなという気も。
とはいえ、ポンポン話が進むようなキャラ設定で、ぐいぐい読ませるストーリー。
むっちゃ面白かったです☆

発表会と打ち上げ

141018_194758先週ですが~友達が出る発表会に行ってきました。
フラメンコです☆
皆さん、お上手~!
素人には考えられない足さばきで、堂々としていましたよ。
衣装には惹かれるけど、あのステップはゼッタイできないなぁ‥
141018_194745_2
個性的で華やかな衣装はそれぞれ工夫しているそうです。
生の踊りは迫力がありますね~よかったですよ。
先生は一段と威厳があり、存在感が違いました。
141018_194931
デジカメなら周りの迷惑にならない程度になら撮ってもいいというお話でした。
携帯だとシャッター音がするので、最後だけちょこっと。
撮ってみたら演奏の音で全然シャッター音なんて聞こえないので、もちょっと撮ってもよかったかなぁと思いました。

141018_205702打ち上げでのお食事も美味しかったです☆
中にチーズが入ったチキンボール。
最初に野菜サラダとカルパッチョが出たんですが、夢中で食べ終わってました。

141018_211017牡蠣フライ、今年お初です。

141018_213656
豆腐のピザとか言ってたような‥?

141018_215300上にゴボウを揚げたのがトッピングしてあるスパゲティ。
すくおうとしているところを撮ったので、謎のブレが‥
これも~美味しかったですdelicious

「バレエ・マンガ~永遠なる美しさ~」

京都国際マンガミュージアム 高橋真琴 山岸凉子             有吉京子             萩尾望都             槇村さとる他「バレエ・マンガ~永遠なる美しさ~」太田出版

バレエ漫画のすべてといった内容。
作家インタビューや収録イラストが豊富です。年表も詳しい。
少女マンガがいかにバレエを取り上げてきたか、日本でのバレエの発展、バレエと漫画の関係について。
立派なムック本~9月に京都で開催された展覧会のパンフレットということらしいです。

高橋真琴など、初期の作家についても詳しく、その辺はあまり知らないので、興味深かったです。
高橋真琴のイラストは色鉛筆の箱やノートの表紙についてました! マンガはたぶん読んでないんだけど、少しは見ているのかも。
写真から起こして描いた最初の人だからか、案外リアル。元祖なんだなあ。
描線の美しさは古くなっていないし、センスが良くて品がありますね。

古典的なタイプのバレエマンガは、読んでいてもいい年齢のものでもあまり知りません。
親が買ってくれなかったのもあるけど~次々に不幸な運命に襲われるというタイプの話はそれほど好きじゃなかったせいかも。
北島洋子の絵は、平面の1枚絵でも動いているように見えるんですね。子供のころもそれで感心した記憶がある!

「アラベスク」がなんといっても大好きで、別格。
ご本人がバレエを習った経験があるために取り上げる感覚が違いましたね。描線や体型の描き方が斬新でした。
踊りのシーンがとにかく素敵で話も盛り上がり、見惚れていたものです。
長編での内面の描写の切り込み方も、かってないものでした。
でも実はバレエの知識は子供の頃のものだったので後になると案外偏っていたとわかったらしく、「舞姫テレプシコーラ」では今の日本のバレエの実際を描きたいというのがあったそう。
‥テレプシコーラの母親像は、初期のバレエマンガとはえらい違いですね。
ドラマチックな物語のための不幸の連鎖というのとは違うリアルさなんだけど~少女が放り込まれる過酷な環境という印象もありましたっけ。

「SWAN」のチュチュの描き方にもいつも見とれていたので、衣装を描くのが大好きだったと知って納得。
モダンバレエのあたりはとても面白かったし、体の描き方も堂に入ってましたね。長く続いたことの受け止め方にも感銘を受けました。

槇村さとるは、女性が大人になっていくのを描きたいという。
最初はバレエは山岸さんがいるから描けなくてフィギュアスケートになったのだとか。
伸びやかな体の発散するものが感じ出ていて~好きだわ。
漫画家さんによってこうも描くポイントが違うのね。

水野英子のイラストが現代的なので、あの頃の絵でこんなバレエシーンがあったのかしらと驚きました。
そしたら、ルジマトフに惚れ込んで描いたイラストなので、かなり最近のもの。ルジマトフ! なるほど~画風に合ってる!
好きなジャンルなので、とても面白かったです。

今年のさくら祭り

Vfsh7595例年、桜は散った頃になってしまうことが多いんですけど~
今年はちょうど開ききろうという美しい盛り。
Vfsh7597お天気も家を出る頃には曇っていて、少し寒いぐらいだったのが~しだいによく晴れるという、なかなかいい具合でした。
Vfsh7490通りではパレードが行われています。
Vfsh7491待っている人たちも…

Vfsh7553お待ちかねのフラメンコの舞台です。

Vfsh7494もっと鮮明に撮れたのもあるんですけど~一般の方の顔ができるだけわからないのにしました。
Vfsh7515先生ならいいでしょうか。
今年は朱赤のレースの衣装でした。

Vfsh7520迫力のある踊りはさすがです!

歌もギターも素敵でした~confident
Vfsh7567衣装も色とりどり。
子ども達も可愛かったです。
本当に華やかで、素敵な舞台でした。

ひさびさの歌舞伎見物

Vfsh6096歌舞伎座へ行ってきました。
3年半ぶりぐらい…このブログを始めてからは、初めてです。家からは遠く、歌舞伎って長時間なので~そこまで体調が整わなかったの。
10月大歌舞伎の昼の部。
演目は4つ。
「恋女房染分手綱」姫の乳母・重の井を福助で。こんな役も落ち着いて出来るんですね。子役が可愛かったり。
「奴道成寺」娘道成寺に飽きた頃に変化をつける演目だそうで、狂言師役の松緑が道成寺を踊ります。きびきびした動きでメリハリがありました。
Vfsh6099芝翫が傘寿だそうで~「藤娘」がラストでした。
ゆったりと貫禄のある舞いでしたが~80歳には見えません!

玉三郎の出ない日には行ったことがないんです…
今までに、阿古屋、お嬢吉三、揚巻、桜姫、出雲の阿国など見ました。
今回は地っっ味~な役でした。
Vfsh61123幕目のメインの芝居「魚屋宗五郎」で女房おはま。初役で、世話物の大役だそうです。
妹の不慮の死を嘆く一家、酒を断っていた宗五郎が一杯だけと飲み始めた酒で気が大きくなり、殿様の元へ殴り込むが…という話。
筋は真面目だけど、酔っぱらいの演技や引き留めようとする騒動はコミカル。
菊五郎も好きだし、合っていそうなお芝居なのです。
女房おはまは、亭主を支える女房ぶりは自然で、地味な庶民の着物もそれなりに見れます。ただ顔が白塗りならぬ黄土色塗りべったり~表情が遠目にはわかりにくいのがちょっと、難でした。
歌舞伎座って昔の芝居小屋の面影があって楽しいんですよ。
さすが、芸の力で楽しませてくれました!

Vfsh6114歌舞伎座土産です。
手作りの楊枝と、歌舞伎好みミラー根付け。

ちょっと、衣装展

Vfsh5864舞台衣裳の展示をやっていると教えて貰い、出かけてきました。
日比谷シャンテの2階の通路に2点ずつぐらい数カ所に~全部で11…?いえ、12点ですね~ショーガールのを忘れてた!
まず、これだけは舞台も見た「エル・アルコン」主役の衣裳。
そういえば、原作のマンガでもこの形、ありましたよね…濃紺がりりしい。
Vfsh5868女海賊ギルダの衣裳~
女性役でも甘さがないキャラなので独特ですね。
細かいところまで素敵です。

Vfsh5895「赤と黒」のジュリアン・ソレルの黒い服。
水色はレナール夫人か、マチルドかしら?
舞台は見ていないのでわかりませんが。

Vfsh5876これは何かショーガールみたいな?可愛いので目を引きました。

Vfsh5882これは男役さんのショーの衣裳。
宝塚ならでは、ですね!

「歌舞伎のかわいい衣裳図鑑」

君野倫子「歌舞伎のかわいい衣裳図鑑」小学館

A5版で写真中心の本です。
新聞広告で見つけ、すぐに本屋で探して買いました。
乙女のための歌舞伎案内といったまとめ方。
歌舞伎に興味を持ち始めた人はもちろん、着物好きや可愛い雑貨好きな人にも。

かるた式のタイトルをもうけて、きれいな写真を並べてあるので、どこから読んでもオーケー。
最初は「あざやか 赤姫 娘の着物」という項目で、鎌倉三代記の時姫の真っ赤な着物の写真。次のページは、商家のお嬢様・お染の着物~という調子。
「花魁」「かみかざり」「筋書き」「裾まわし」「手ぬぐい」「吹雪」「まえかけ」「役者絵」等々。「ハンサム」や「ふんどし」「びっくりコーデ」なんてのもありますよ。

さりげなく歌舞伎俳優の写真がちゃんと入っているので、乙女ならずとも楽しめると思います。
歌舞伎のパンフレットは写真が少ないし、演劇界などの雑誌も写真が小さくて読みづらいから、こういうの楽しくて良いわ。
歌舞伎座に何を着ていくか、といったことも含めた歌舞伎座への案内にもなっています。

市川染五郎・監修だから基礎知識に間違いはないし、着流しでポーズをとっている写真なども、さすがに立ち居振る舞いが決まってます。
この人、昔は苦手だった気がするんですが~いつの間にかキライじゃなくなってました。
打ち込んでいる姿に好感を持つようになったのかな。

その他のカテゴリー

bベスト本 | i本屋大賞候補作 | l本屋大賞 | l直木賞 | l芥川賞 | l:日本エッセイスト・クラブ賞 | mf:世界幻想文学大賞 | mf:日本ファンタジーノベル大賞 | m:CWA賞 | m:MWA賞 | m:このミステリーがすごい! | m:アガサ賞 | m:マカヴィティ賞 | name:あさのあつこ | name:万城目学 | name:三上延 | name:三浦しをん | name:上橋菜穂子 | name:上野千鶴子 | name:中島京子 | name:乾くるみ | name:五木寛之 | name:京極夏彦 | name:仁木英之 | name:今野敏 | name:伊坂幸太郎 | name:佐々木譲 | name:佐藤多佳子 | name:佐藤賢一 | name:佐野洋子 | name:勝間和代 | name:北村薫 | name:原田マハ | name:坂木司 | name:大島真寿美 | name:大崎梢 | name:太宰治 | name:姫野カオルコ | name:宇江佐真理 | name:宮下奈都 | name:宮部みゆき | name:小川洋子 | name:小川糸 | name:山之口洋 | name:山崎ナオコーラ | name:山田詠美 | name:島本理生 | name:島田荘司 | name:川上弘美 | name:恩田陸 | name:有川浩 | name:朝井リョウ | name:木内昇 | name:杉本苑子 | name:村上春樹 | name:村上龍 | name:村山早紀 | name:村山由佳 | name:東川篤哉 | name:東野圭吾 | name:松井今朝子 | name:林真理子 | name:柚木麻子 | name:柳広司 | name:栗田有起 | name:桜庭一樹 | name:梨木香歩 | name:森絵都 | name:森見登美彦 | name:森谷明子 | name:横山秀夫 | name:橋本治 | name:池上永一 | name:津村記久子 | name:海原純子 | name:海堂尊 | name:湊かなえ | name:町田康 | name:畠中恵 | name:百田尚樹 | name:矢崎存美 | name:磯崎憲一郎 | name:神田茜 | name:米村圭伍 | name:米澤穂信 | name:綿矢りさ | name:荻原規子 | name:菅野雪虫 | name:葉室麟 | name:西加奈子 | name:角田光代 | name:誉田哲也 | name:貴志祐介 | name:辻村深月 | name:近藤史恵 | name:道尾秀介 | name:長野まゆみ | name:香山リカ | name:高田郁 | oその他の作家 | o海外作家:C.J.ボックス | o海外作家:M.C.ビートン | o海外作家:P.Gウッドハウス. | o海外作家:R.D.ウィングフィールド | o海外作家:S.J.ローザン | o海外作家:アガサ・クリスティ | o海外作家:アラン・ブラッドリー | o海外作家:アリアナ・フランクリン | o海外作家:アリス・マンロー | o海外作家:アレグザンダー・マコール・スミス | o海外作家:アンナ・マクリーン | o海外作家:アン・クリーヴス | o海外作家:アン・タイラー | o海外作家:アン・マキャフリイ | o海外作家:アーシュラ・K・ル=グウィン | o海外作家:アーロン・エルキンズ | o海外作家:エミリー・ブライトウェル | o海外作家:エリザベス・ギルバート | o海外作家:エレイン・ヴィエッツ | o海外作家:エレン・カシュナー | o海外作家:カズオ・イシグロ | o海外作家:カミラ・レックバリ | o海外作家:カルロス・ルイス・サフォン | o海外作家:キャロル・オコンネル | o海外作家:キンバリー・ウィリス・ホルト | o海外作家:ギヨーム・ミュッソ | o海外作家:クリストファー・プリースト | o海外作家:クレイグ・ライス | o海外作家:クレオ・コイル | o海外作家:ケイト・キングズバリー | o海外作家:ケイト・モス | o海外作家:ケイト・モートン | o海外作家:ゲイル・キャリガー | o海外作家:コニス・リトル | o海外作家:コニー・ウィリス | o海外作家:コリン・ホルト・ソーヤー | o海外作家:コルネーリア・フンケ | o海外作家:サラ・ウォーターズ | o海外作家:サラ・スチュアート・テイラー | o海外作家:サラ・パレツキー | o海外作家:シャロン・フィファー | o海外作家:シャンナ・スウェンドソン | o海外作家:シャーリィ・ジャクスン | o海外作家:シャーレイン・ハリス | o海外作家:シャーロット・マクラウド | o海外作家:ジェイソン・グッドウィン | o海外作家:ジェイニー・ボライソー | o海外作家:ジェイン・オースティン | o海外作家:ジェフリー・ディーヴァー | o海外作家:ジェフリー・フォード | o海外作家:ジェラルディン・ブルックス | o海外作家:ジャニータ・シェリダン | o海外作家:ジャネット・イヴァノヴィッチ | o海外作家:ジュンパ・ラヒリ | o海外作家:ジョアン・フルーク | o海外作家:ジョナサン・キャロル | o海外作家:ジョン・ハート | o海外作家:ジョージ・R.R.マーティン | o海外作家:ジョー・ウォルトン | o海外作家:ジル・チャーチル | o海外作家:スティーグ・ラーソン | o海外作家:ステファニー・メイヤー | o海外作家:スーザン・プライス | o海外作家:スー・グラフトン | o海外作家:タニス・リー | o海外作家:ダイアナ・ウィン ジョーンズ | o海外作家:ダイアナ・ガバルドン | o海外作家:ダン・ブラウン | o海外作家:ディック・フランシス | o海外作家:デイヴィッド・アーモンド | o海外作家:デニス・ルヘイン | o海外作家:デボラ・クロンビー | o海外作家:トレイシー・シュヴァリエ | o海外作家:トーベ・ヤンソン | o海外作家:ドナ・アンドリューズ | o海外作家:ドナ・ジョー・ナポリ | o海外作家:ドミニク・シルヴァン | o海外作家:ドン・ウィンズロウ | o海外作家:ナンシー・ピカード | o海外作家:ネレ・ノイハウス | o海外作家:ノア・ゴードン | o海外作家:パウロ・コエーリョ | o海外作家:パトリシア・A.マキリップ | o海外作家:ピーター・キャメロン | o海外作家:ピーター・ディキンスン | o海外作家:ピーター・トレメイン | o海外作家:ピーター・ラヴゼイ | o海外作家:フェイ・ケラーマン | o海外作家:フランセス・ファイフィールド | o海外作家:フレッド・ヴァルガス | o海外作家:ヘイリー・リンド | o海外作家:ヘニング・マンケル | o海外作家:ベリンダ・バウアー | o海外作家:ベルンハルト・シュリンク | o海外作家:ポール・ドハティ | o海外作家:マイクル・コナリー | o海外作家:マーガレット・アトウッド | o海外作家:マーセデス・ラッキー | o海外作家:ミネット・ウォルターズ | o海外作家:ミュリエル・バルベリ | o海外作家:メアリ・W.ウォーカー | o海外作家:メグ・ガーディナー | o海外作家:メグ・キャボット | o海外作家:ユッシ・エーズラ・オールスン | o海外作家:リサ・クレイパス | o海外作家:リチャード・ノース・パタースン | o海外作家:リース・ボウエン | o海外作家:ルーシー・モード・モンゴメリ | o海外作家:レジナルド・ヒル | o海外作家:レスリー・メイヤー | o海外作家:レーネ・レヘトライネン | o海外作家:ロイス・マクマスター ビジョルド | o海外作家:ロビン・ホブ | o海外作家:ローズマリ・サトクリフ | o海外作家:ローズマリー・マーティン | o海外作家:ローナ・バレット | o海外作家:ローラ・チャイルズ | o海外作家:ローラ・リップマン | o海外作家:ローリー・キング | o海外作家:ローレンス・ブロック | o海外作家:ヴィヴェカ・ステン | o海外作家:ヴォンダ・N.マッキンタイア | お人形 | お人形着物 | お茶 | アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | コージー | ジェイドール | ジェニー | スイーツ | ドールmomoko | ドール:Misaki | ドール:SD | ドール:シドニー | ドール:ピュアニーモ | ドール:プーリップ | ドール:ユノアクルス・アズライト | バービー | ファッション | ファンタジー | フィギュアスケート | ベスト本 | ミステリ | リカちゃん | ロマンス | 介護 | 健康・ダイエット | 児童書・YA | 動物 | 国内作家:あ行 | 国内作家:か行 | 国内作家:さ行 | 国内作家:た行 | 国内作家:な行 | 国内作家:は行 | 国内作家:ま行 | 国内作家:や行 | 国内作家:ら行 | 国内作家:わ行 | 国内小説 | 家事 | 心と体 | 日記 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 歴史もの | 海外小説 | | 病気体験 | 着物 | 経済・政治・国際 | 絵本 | 舞台・バレエ | | 言葉・歌 | 評論・エッセイ | SF