「下鴨アンティーク アリスと紫式部」

白川紺子「下鴨アンティーク アリスと紫式部」集英社オレンジ文庫

京都の下鴨を舞台に、アンティーク着物をめぐる謎を解くファンタジックな物語。
かわいらしくて、好みに合う要素がいっぱい!

野々宮鹿乃は、高校3年生。
旧華族の家柄で、祖母の遺した家に、兄とその友人と住んでいます。
兄の良鷹は古物商だが、家でぐうたらしていることが多く、無駄に?顔と頭だけはいいという。
兄の親友・八島慧は近くの私立大学の准教授で、離れに下宿しています。
兄同様に友達は少ないらしいけど、頭がよく物静かで、鹿乃のよき理解者。
鹿乃のことはまだ子ども扱いしているけど‥?

土蔵にある着物を虫干しすると、思わぬ出来事が‥!
「アリスと紫式部」だなんて、そそる章タイトルですこと。
六条の御息所は、興味を惹かれる人物ですよね。
「牡丹と薔薇のソネット」
あきらめたはずの恋、でも思いはそこに‥?
「星月夜」
意地っ張りな祖母のほほえましい恋心。
ひそやかに登場した白猫ちゃんの存在が、心地いい。

高校生にしては珍しく?着物好きな鹿乃は、家では週末などに着物を着て、それもテーマを決めた見立てを楽しんでいます。
着物は好きなのでかなり、ありありと目に浮かび、とっても楽しい。
イラストや装丁も合っていて、うっとりと味わえる綺麗なお菓子のような世界です☆

「エチュード春一番 第一曲 子犬のプレリュード」

荻原規子「エチュード春一番 第一曲 子犬のプレリュード」講談社タイガ

荻原規子の新シリーズ。
女子大生の家に迷い込んだ小犬は、八百万の神と名乗り‥?!
もう2作目も出ています。

渡会美綾は大学生になったばかり。
家族は父の海外赴任に同行したため、とつぜん独り暮らしに。
家に迷い込んだパピヨンをとりあえず世話していたら、ある日とつぜん言葉を喋り始め、「八百万の神」と名乗りました。
驚愕する美綾。
犬に宿っているので、犬として過ごしていることもあるのですが‥
愛くるしい見た目と違って、喋りだすとやたら偉そうなのですが、人間になりたいという気持ちがあって、人間のことを知りたがり、時には鋭い発言も。

大学1年生の経験する事はリアルでわかりやすく、実体験も入っているのかという感覚がありました。
(あまり意識していなかったけど、作者と年代が近いってことかも)
荻原さんにしては平坦というか、今のところは現実から離れすぎない内容。
慣れない大学生活で、サークルに入ったり、友達付き合いが少しずつ出来ていくけれど、そこで問題が起きて、謎めいた出来事に悩みながら‥

大人しめでおくてなヒロインが、これから、色々な事にぶち当たっていくのか‥?
でも八百万の神って‥茫漠としてますが、そのうちの一人ってことですかね。
荻原さんなので楽しみなのと、油断できないな~みたいな期待もあります(笑)

「不思議なキジのサンドウィッチ」

アラン・ブラッドリー「不思議なキジのサンドウィッチ」創元推理文庫

11歳の天才少女探偵フレーヴィアのシリーズも6作目。
大きな山場を迎えます。

天才といっても、探偵法がすごくて何でも見抜いちゃう荒唐無稽な話ってわけではなく、数学や物理に天才的なだけ(だけ?笑)
好奇心旺盛で行動的、学校へも行っていないので時間はたっぷりあるんです。
当時の貴族なら家庭教師がついて学校へは行かないのも珍しくないけど、この一家の場合、家庭教師は次々に惨敗したらしい?

葬儀に村人が集まり、遠い親戚や、さらにはチャーチル首相までやってくるという事態に。
奇跡を起こそうと奮闘するフレーヴィア!
いや、この子らしいけど~いくら早熟な天才でも、そ、そこまでは‥

前作の終わりに爆弾発言があり、この話の大きな設定がここで登場、意味が明らかになります。
フレーヴィアの母親がなぜ子供たちをおいて外国まで行き、チベットで行方不明になったのか。
二人の姉は何故フレーヴィアを目の敵にするのか‥
フレーヴィアの知らない姉たちの疑問や辛さがあったのです。
少しずつ断片をつなぎ合わせるフレーヴィアに、伯母がこれまで言えなかったことを教えてくれます。

ここで完結する予定だったのが、延長されたそう。
寄宿学校へ舞台を移しての活躍を期待してます☆

「猫の惑星」

梶尾真治「猫の惑星」PHP研究所

この惑星の支配者は猫?
少年と猫が冒険するファンタジーSF。

イクオは、シテンという閉ざされた場所で、大勢の子供たちと暮らしているという設定。
ある種の素質を持った子供が集められ、超能力の訓練を受けて、いずれは卒業?してどこかへ行ってしまう。
ふだんは「ママ」たちが世話をしてくれています。
シテンの長は「パパ」で、すべてはパパの指示にしたがって行われていました。
離れたところに、普通の町もあるらしい。

イクオは、中庭で猫を眺めるのが好きでした。
いつしか、その中のボス的な存在のウリという猫と、テレパシーが通じるようになります。
ある事件が起きて、シテンを脱出することになったイクオは出会う人たちを助け、助けられながら、共に町へ向かいます。
賢い猫のウリからは、思いがけない話を聞くことに。
ほかの猫たちも次第に集まってきて‥?

設定は意外に?しっかりしたSFらしい導入だけど、この小人数でどう展開するのかな、まとまるのかな‥?
と思っていると~
なるほど、短い期間だけど命の危機もあり、ちょっとした切なさもあり、書き込みは少ないけど、小人数の中での展望や決着もあり。
いい意味でも軽い意味でもジュブナイル。
猫たちの個性や賢さは、わかる感じだし~
悪くない読後感でした☆

「オーダーは探偵に―謎解き薫る喫茶店」

近江泉美「オーダーは探偵に―謎解き薫る喫茶店」メディアワークス文庫

「オーダーは探偵に」シリーズ1作目。
図書館で見かけて、どっかでドS探偵ものって、どこかで紹介されていたような気がして、けっこういいのかな?と。

就職活動中の小野寺美久は、必死で会場に行こうとしている途中、貧血を起こして倒れてしまいます。
美形に抱き起こされたような気がしたのですが、何と‥ゴミ捨て場に捨てられてしまう。
目を覚ましたのは、とある喫茶店の中。
上倉真紘という青年がカウンターの中にいて、彼は優しく接してくれましたが、悠貴というその弟はサイアク。
すごい美形だけど、口が悪い高校生。
ところが、彼が探偵だという‥

喫茶店を手伝うようになった美久は、謎を解いて欲しいというお客に応対し、悠貴が解明する様子を見ることになります。
妻の幽霊が出てこなくなったという相談とか。
常連の夫婦が料理のことでケンカするのを仲裁したいと思う美久は、かえってこじらせ‥?

美久は将来のことを何も考えていないうちに就職活動の時期が来てしまい、がむしゃらに突っ走るばかりで、自分を見失っていました。
そんな美久をこきおろしながら、上手いこと誘導する悠貴、実は気に入ってるのかも。
生意気すぎてむかつく(笑)ので、カッコイイとは言いかねるけど~
文章のテンポはよく、謎解きは趣向が変えてあって、気軽にさらっと読めます。
キャラクターを真面目に考えると、穴だらけのような気もするけど‥
あと「目を丸める」とか、謎の表現が。目を丸くする、を間違って覚えてるのかなんなのかしら。ユニークな表現というには普通に使いすぎてて?

飲み物食べ物は美味しそうだし、親しみやすいものなのは好感持てます。
真紘さんが実は料理出来ないエピソードとか、ちょっとした楽しさもあり。
大好きな絵本を悠貴が見つけてきてくれるというサプライズで、続きも読もうかなという気分に☆

「あまねく神竜住まう国」

荻原規子「あまねく神竜住まう国」徳間書店

源頼朝の少年時代を描く日本史ものファンタジー。
「風神秘抄」の続編で、前作の主人公達も活躍します。

伊豆の流刑地に流されてきた頼朝は14歳。
一族をほとんどすべて失い、あるいはすぐに処刑される決定が出るかもしれない身の上。
生きていく意味を感じられないでいたのです。

監視役だった伊東佑次は頼朝にかなり優しかったが急死してしまい、頼朝は蛭が小島へ移されることになります。
川の中州にあり大水でもあれば流されそうな小さな島。大蛇が出てきて人を食うといわれている場所でした。伊東の郎党に死ぬことを望まれている身と知りつつ、暮らしていこうとする頼朝。
そんなとき頼朝の乳母を名乗る女人が訪れ、伴っていたのは草十郎だった‥!

草十郎は、舞姫の糸世と新婚の身。
頼朝を守りながら、伊豆の山の地下深くおわす神竜との邂逅にまでこぎつけます。
頼朝は生きる道を見出せるのか?

か弱い傷心の少年がこの時期の頼朝では、思いっきりいじいじしていても無理はない設定ですね。
そこからだんだん人に囲まれ、危機を乗り越えて、生気を取り戻し、本音が出てくる展開。
北条時政のまだ幼い娘との出会いもあり、その無邪気さが微笑ましい。
頼朝や一族のその後を思うと、のちのちの波乱の展開が重過ぎて、ちょっと、なんですが‥
和風なしっとり感とファンタジーが融け合っていて、面白く読めました☆

伊豆の土地神である神竜は、地震や火山の因ともなっている存在。
あまねく、というのは、日本がどこもそういう土地だという感覚から来ているものだそう。
大自然への畏怖ということでしょうか‥
そのバランスを治めることの出来る人が各地にいたら、いいのにね。

「烏に単は似合わない」

阿部智里「烏に単は似合わない」文藝春秋

平安王朝風ファンタジー。
構成はむしろミステリかも。
若い作家さんのデビュー作で、ラノベかアニメかというキャラ設定ですが、面白く読めました。

「八咫烏」が支配する世界「山内」。
宗家の世継ぎである若宮のお后選びが行われます。
四つの大貴族の家からそれぞれ姫君が選ばれて登殿し、桜花宮で1年間暮らすことになっていました。

東家のあせびは、桜花宮の春殿へ。
南家の浜木綿は、夏殿へ。
西家の真赭の薄は、秋殿へ。
北家の白珠は、冬殿へ。
(真の名は公開しないしきたりのため、仮の呼び名ですが)

あせびは当主の次女で、長女のピンチヒッター。
お后を目指す教育を受けてきた姉とは違い、屋敷から出たこともなく暮らしていたのが、すべてを初めて見聞きし体験するという展開に沿って、読者もだんだんと宮殿のことを知ることになります。
若宮の実妹の藤波は、あせびと知り合いで、無邪気に気に入ってくれている様子。

華やかな美女で口も達者な真赭の薄(ますほのすすき)。
きりっとして気取りがなく大人っぽい浜木綿。
小柄で色白、お人形のように綺麗だが無表情な白珠。
おっとりとして琴の演奏には才能がある、あせび。
それぞれの家の事情や権力争いが背景にあります。

贅をつくした御殿で、季節の催しが華やかに行われますが。
肝心の若宮が姿を見せないまま、次々と事件が起こります。
峻厳な山の内に宗家の宮殿があり、周りに大貴族の館があるんですね。
仕える召使達は烏にも人にも変身できるという設定。
宮烏ともいわれる貴族は人の姿のままだけど、本質は同じ。

お姫様方が烏である必然性がないので、そんなことは忘れて読み進んでしまいます。
白珠の初恋はあまりにも幼いけど、切々と展開し、引き込まれました。
先を予想させる要素がちらほら出てくるものの、はっきりとは限定されていないのが、これはもしかしてミスリード?と思わせ‥
最後に怒涛のように謎が明かされます。

20歳の大学生が書いたにしては、色々な場面の描写で飽きずに読み進められるし、しっかり考えられている構成。
ああ、あれはそういうことだったのね~と、トントンと繋がっていきます。ただ、ミステリとしてはフェアとまでは言えません。
ファンタジー設定を前もって全て書き表しているほどではないので、え、そうなの?と思うところがあり。
心理的に、というか、読者の心情として、ここまでは無理でしょうという部分も。

若宮の登場が唐突で、感情移入できないため、その推理間違ってるんじゃないのと言いたくなってしまう(笑)
何を偉そうに‥いや偉いんだろうけど(苦笑)
最後に一発だけ、へこまされるところに思わず一番納得してしまいました。
タイトルの意味は、読み終わるとわかり、なるほど!と。
欠けている部分を補うようなものなのか?若宮の視点での作品に続くようです☆

「過ぎ去りし王国の城」

宮部みゆき「過ぎ去りし王国の城」角川書店

宮部さんの現代ものファンタジー。
中学生が不思議な絵の中に入り込み‥?

中学3年の2月、もう高校が決まった尾垣真は、ある日ヨーロッパの古城を描いたデッサンを拾います。
絵の中に吸い込まれるように感じ‥
どうやら自分のアバター(分身)を書き込むと、その世界の中に入れるらしい?

テニス部で「壁」と呼ばれ、友達らしい友達もいない真。
美術部の城田珠美に、絵を描いてもらおうと思いつくのです。
珠美は、女子にもっと露骨にハブられていました。
その世界では森の奥に古城があり、城の中には女の子がいるように見えます。
もう一人、パクさんと名乗る四十男も、その世界の探索を試みていたと知ることに。
10年前に起きたある失踪事件が、関わっているのかも知れない‥?!

それぞれに問題を抱えた3人が、事件の真相を知ろうとして、出来ることを探していきます。
中学3年の終わり、進路が分かれる前の限られた期間での出来事。
珠美自身の境遇は、そう簡単に解決できるようなことではないんですね。

子供向けのファンタジーならば、もっと解決しやすい問題にして大きな爽快感を味わわせることも可能なはず。
そこをやらなかったのは、重さを実感させる告発的な意味があるのかも。
現実にもこういう家庭やいじめはあるでしょうから。
けれども、共に冒険に乗り出し、他の人のために精いっぱいの勇気を出した経験、事態が変わることに力を貸せたという喜びは、奥深い自信となっていくでしょう。
やや軽くまとめてあるのかと思えたけれども、予想より余韻のある読後感となりました。

表紙の絵は、黒板に白墨で描いたものだそうで、すごくいいですね!

「誰でもない彼の秘密」

マイケラ・マッコール「誰でもない彼の秘密」東京創元社

詩人エミリー・ディキンソンをヒロインにしたミステリ。
頭の切れる快活な少女が、思いがけない出来事に立ち向かいます。
面白かった!

アマストの町の名家ディキンソン家の娘として、堅苦しくしつけられていたエミリーは、15歳。
特に母親は、家計に困ったことのある経験から何かあった時のためにと何でも自分で出来るように、娘たちに厳しく家事を仕込んでいました。
本好きで夢見がちな長女のエミリーはつい散歩に出かけてしまい、妹のヴィニーに洗濯を押し付けたりしていたのですが。

ある時、ハンサムな青年に出会って言葉を交わし、名乗るほどのものではないと言われて「ミスター・ノーバディ」と呼びます。
町を案内する約束をしていたところ、敷地内で死体が発見され‥
誰もが見落としていることに気づいたエミリーはたまらず、親達の制止を振り切って事件の謎を解こうとします。
みずみずしい感性と情熱、それを押さえつけるような動き、出会いのはかなさに、胸が切なく、痛くなります。

エミリー・ディキンソンは、19世紀半ばのアメリカで、生きている間は才能を認められることなく世を去った女性。
内気で、生涯独身。
妹と共に実家に住み、後半生はほとんど家の外に出ることなく引きこもっていたといわれています。
最初にこのことを知ったときにはずいぶん暗く重く感じたものでしたが、実際にはそれほどではなかったのかも?
子供の頃は明るかったというし、家事と園芸にいそしみ、近所の子どもにはお菓子をあげたりして暮らし、仲のよい兄と妹が近くにいて、いつも詩を書き付けていられたのですから。

エミリー・ディキンソンはとても愛されている詩人で、題材になった作品は色々ありますね。
どの作品にも、エミリー・ディキンソンの独特な清らかさ、繊細さ、可愛らしさが漂っているようで。
彼女の若い頃には何か鮮烈な経験があったのではないか。もしかしたら、ロマンスも‥?敬愛する詩人の若き日にこんなことがあったかもしれないと、想像をめぐらせた作家の気持ちがわかるような気がしました。

「異人館画廊 贋作師とまぼろしの絵」

谷瑞穂「異人館画廊 贋作師とまぼろしの絵」集英社オレンジ文庫

美術に絡んだ探偵もの。
ミステリというには軽く、ぎこちない恋愛の行き違いもあったりと若々しいけど、芸術の暗部を扱う陰影も含んでいます。

表紙イラストに惹かれて読みました。
じつはシリーズ2作目だったんですね。
最初ちょっと入りづらいと感じたのはそのせいでしょう。

千景は、英国で図像学を学んだ早熟な天才。
祖母と暮らすために、帰国しました。
祖母は屋敷の一部を改装して「異人館画廊」とし、祖父の絵を展示し、常連のためにささやかに喫茶もやっています。
千景は幼い頃に両親が離婚、その時どちらにも望まれなかったことがトラウマになり、祖母以外の人間にはなかなか心を開かなかった。
とはいえ、この頃には既に友達というか~仲間はいるんですね。

若き画商の透磨も仲間の一人。
子供の頃から知り合いの透磨は、千景と顔を合わせるたびに憎まれ口を利いてしまうのですが、傍目には特別な存在なのはありあり。
お互いにまだ全然、恋愛とは思っていないのだけどね。

イタリアの画家ブロンズィーノの贋作が出回っているという噂があり、千景は展示を見て回ることになります。
高級画廊の展示会にまぎれ込んではみたものの、贋作は見つからない。
死の舞踏がテーマの絵には、ある秘密が隠されているという‥
関係者に事件が起き、さらに‥?

「思い出のとき修理します」と同じ作者なんですねえ。
普通の子と優しい彼が主人公だった「思い出‥」とは、話も雰囲気も真逆かも。
これぐらいのふり幅はあったほうが楽しいかな。
最初の刊を読まなくちゃ☆

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

bベスト本 | i本屋大賞候補作 | l本屋大賞 | l直木賞 | l芥川賞 | l:日本エッセイスト・クラブ賞 | mf:世界幻想文学大賞 | mf:日本ファンタジーノベル大賞 | m:CWA賞 | m:MWA賞 | m:このミステリーがすごい! | m:アガサ賞 | m:マカヴィティ賞 | name:あさのあつこ | name:万城目学 | name:三上延 | name:三浦しをん | name:上橋菜穂子 | name:上野千鶴子 | name:中島京子 | name:乾くるみ | name:五木寛之 | name:京極夏彦 | name:仁木英之 | name:今野敏 | name:伊坂幸太郎 | name:佐々木譲 | name:佐藤多佳子 | name:佐藤賢一 | name:佐野洋子 | name:勝間和代 | name:北村薫 | name:原田マハ | name:坂木司 | name:大島真寿美 | name:大崎梢 | name:太宰治 | name:姫野カオルコ | name:宇江佐真理 | name:宮下奈都 | name:宮部みゆき | name:小川洋子 | name:小川糸 | name:山之口洋 | name:山崎ナオコーラ | name:山田詠美 | name:島本理生 | name:島田荘司 | name:川上弘美 | name:恩田陸 | name:有川浩 | name:朝井リョウ | name:木内昇 | name:杉本苑子 | name:村上春樹 | name:村上龍 | name:村山早紀 | name:村山由佳 | name:東川篤哉 | name:東野圭吾 | name:松井今朝子 | name:林真理子 | name:柚木麻子 | name:柳広司 | name:栗田有起 | name:桜庭一樹 | name:梨木香歩 | name:森絵都 | name:森見登美彦 | name:森谷明子 | name:横山秀夫 | name:橋本治 | name:池上永一 | name:津村記久子 | name:海原純子 | name:海堂尊 | name:湊かなえ | name:町田康 | name:畠中恵 | name:百田尚樹 | name:矢崎存美 | name:磯崎憲一郎 | name:神田茜 | name:米村圭伍 | name:米澤穂信 | name:綿矢りさ | name:荻原規子 | name:菅野雪虫 | name:葉室麟 | name:西加奈子 | name:角田光代 | name:誉田哲也 | name:貴志祐介 | name:辻村深月 | name:近藤史恵 | name:道尾秀介 | name:長野まゆみ | name:香山リカ | name:高田郁 | oその他の作家 | o海外作家:C.J.ボックス | o海外作家:M.C.ビートン | o海外作家:P.Gウッドハウス. | o海外作家:R.D.ウィングフィールド | o海外作家:S.J.ローザン | o海外作家:アガサ・クリスティ | o海外作家:アラン・ブラッドリー | o海外作家:アリアナ・フランクリン | o海外作家:アリス・マンロー | o海外作家:アレグザンダー・マコール・スミス | o海外作家:アンナ・マクリーン | o海外作家:アン・クリーヴス | o海外作家:アン・タイラー | o海外作家:アン・マキャフリイ | o海外作家:アーシュラ・K・ル=グウィン | o海外作家:アーロン・エルキンズ | o海外作家:エミリー・ブライトウェル | o海外作家:エリザベス・ギルバート | o海外作家:エレイン・ヴィエッツ | o海外作家:エレン・カシュナー | o海外作家:カズオ・イシグロ | o海外作家:カミラ・レックバリ | o海外作家:カルロス・ルイス・サフォン | o海外作家:キャロル・オコンネル | o海外作家:キンバリー・ウィリス・ホルト | o海外作家:ギヨーム・ミュッソ | o海外作家:クリストファー・プリースト | o海外作家:クレイグ・ライス | o海外作家:クレオ・コイル | o海外作家:ケイト・キングズバリー | o海外作家:ケイト・モス | o海外作家:ケイト・モートン | o海外作家:ゲイル・キャリガー | o海外作家:コニス・リトル | o海外作家:コニー・ウィリス | o海外作家:コリン・ホルト・ソーヤー | o海外作家:コルネーリア・フンケ | o海外作家:サラ・ウォーターズ | o海外作家:サラ・スチュアート・テイラー | o海外作家:サラ・パレツキー | o海外作家:シャロン・フィファー | o海外作家:シャンナ・スウェンドソン | o海外作家:シャーリィ・ジャクスン | o海外作家:シャーレイン・ハリス | o海外作家:シャーロット・マクラウド | o海外作家:ジェイソン・グッドウィン | o海外作家:ジェイニー・ボライソー | o海外作家:ジェイン・オースティン | o海外作家:ジェフリー・ディーヴァー | o海外作家:ジェフリー・フォード | o海外作家:ジェラルディン・ブルックス | o海外作家:ジャニータ・シェリダン | o海外作家:ジャネット・イヴァノヴィッチ | o海外作家:ジュンパ・ラヒリ | o海外作家:ジョアン・フルーク | o海外作家:ジョナサン・キャロル | o海外作家:ジョン・ハート | o海外作家:ジョージ・R.R.マーティン | o海外作家:ジョー・ウォルトン | o海外作家:ジル・チャーチル | o海外作家:スティーグ・ラーソン | o海外作家:ステファニー・メイヤー | o海外作家:スーザン・プライス | o海外作家:スー・グラフトン | o海外作家:タニス・リー | o海外作家:ダイアナ・ウィン ジョーンズ | o海外作家:ダイアナ・ガバルドン | o海外作家:ダン・ブラウン | o海外作家:ディック・フランシス | o海外作家:デイヴィッド・アーモンド | o海外作家:デニス・ルヘイン | o海外作家:デボラ・クロンビー | o海外作家:トレイシー・シュヴァリエ | o海外作家:トーベ・ヤンソン | o海外作家:ドナ・アンドリューズ | o海外作家:ドナ・ジョー・ナポリ | o海外作家:ドミニク・シルヴァン | o海外作家:ドン・ウィンズロウ | o海外作家:ナンシー・ピカード | o海外作家:ネレ・ノイハウス | o海外作家:ノア・ゴードン | o海外作家:パウロ・コエーリョ | o海外作家:パトリシア・A.マキリップ | o海外作家:ピーター・キャメロン | o海外作家:ピーター・ディキンスン | o海外作家:ピーター・トレメイン | o海外作家:ピーター・ラヴゼイ | o海外作家:フェイ・ケラーマン | o海外作家:フランセス・ファイフィールド | o海外作家:フレッド・ヴァルガス | o海外作家:ヘイリー・リンド | o海外作家:ヘニング・マンケル | o海外作家:ベリンダ・バウアー | o海外作家:ベルンハルト・シュリンク | o海外作家:ポール・ドハティ | o海外作家:マイクル・コナリー | o海外作家:マーガレット・アトウッド | o海外作家:マーセデス・ラッキー | o海外作家:ミネット・ウォルターズ | o海外作家:ミュリエル・バルベリ | o海外作家:メアリ・W.ウォーカー | o海外作家:メグ・ガーディナー | o海外作家:メグ・キャボット | o海外作家:ユッシ・エーズラ・オールスン | o海外作家:リサ・クレイパス | o海外作家:リチャード・ノース・パタースン | o海外作家:リース・ボウエン | o海外作家:ルーシー・モード・モンゴメリ | o海外作家:レジナルド・ヒル | o海外作家:レスリー・メイヤー | o海外作家:レーネ・レヘトライネン | o海外作家:ロイス・マクマスター ビジョルド | o海外作家:ロビン・ホブ | o海外作家:ローズマリ・サトクリフ | o海外作家:ローズマリー・マーティン | o海外作家:ローナ・バレット | o海外作家:ローラ・チャイルズ | o海外作家:ローラ・リップマン | o海外作家:ローリー・キング | o海外作家:ローレンス・ブロック | o海外作家:ヴィヴェカ・ステン | o海外作家:ヴォンダ・N.マッキンタイア | お人形 | お人形着物 | お茶 | アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | コージー | ジェイドール | ジェニー | スイーツ | ドールmomoko | ドール:Misaki | ドール:SD | ドール:シドニー | ドール:ピュアニーモ | ドール:プーリップ | ドール:ユノアクルス・アズライト | バービー | ファッション | ファンタジー | フィギュアスケート | ベスト本 | ミステリ | リカちゃん | ロマンス | 介護 | 健康・ダイエット | 児童書・YA | 動物 | 国内作家:あ行 | 国内作家:か行 | 国内作家:さ行 | 国内作家:た行 | 国内作家:な行 | 国内作家:は行 | 国内作家:ま行 | 国内作家:や行 | 国内作家:ら行 | 国内作家:わ行 | 国内小説 | 家事 | 心と体 | 日記 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 歴史もの | 海外小説 | | 病気体験 | 着物 | 経済・政治・国際 | 絵本 | 舞台・バレエ | | 言葉・歌 | 評論・エッセイ | SF