「おおあたり」

畠中恵「おおあたり」新潮社

安定した人気の「しゃばけ」シリーズも15作目。
今回は、いろいろな「おおあたり」の話が5つ。

長崎屋の若だんな、わけある生まれゆえに病弱な一太郎は、妖たちと仲良く離れで暮らし、ゆっくり大人になってきています。
少しは役に立ちたいという思いは強く、出来る時にはちょこっとだけ、頑張ります。
まあすぐ寝込んじゃうんですが、その合間に(笑)

幼馴染の栄吉は、和菓子屋の跡取りなのですが、あんこを作るのが異常に下手という。どっちかというと、お笑いキャラでしたが~
辛あられを作ってみたら、これが大当たり!
ところが? 意外な展開に。

獏の場久が離れで一席設けての怪談話で、おおあたり?
貧乏神の金次がなぜか富くじで、おおあたり。
絡む事件は、けっこう深刻ですね。根っから悪いやつばかりではないものの‥
さまざまな味が楽しめます。

仁吉と佐助の出会いの話では、5歳の若だんなの可愛らしい姿に出会えます。
若だんなラブの兄や達の一途さにほっこり。
人間には真似ができない?

いたって気のいい若だんなは、病弱なまんまでも、これほど取り柄がなかったとしても、存在価値はあるんだよと言ってあげたい。
実際には、頭も切れて、心が広く、ちゃんと役に立ってますよね。

終わって欲しくないシリーズ。
ちょっとは新味も欲しいけど、いつもの楽しさも欲しい~読者の贅沢な望みにこたえるのも大変でしょうね。
今回は、栄吉のあんこの物凄さで~大笑いの幕引き☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「佳代のキッチン」

原宏一「佳代のキッチン」祥伝社文庫

移動調理屋として車で全国を回る女性の物語。
近くに来てくれたら、何を作ってもらおうかな?

佳代は15年前に失踪した両親を探すため、全国を回る調理屋を思い立ちます。
改装した厨房車で暮らし、その土地の天然水を汲める場所に車を止めさせてもらう。
「いかようにも調理します」と札を出し、食材を持参すれば、一品なら4人前まで500円。

両親の手がかりを求めて移動してゆく土地の、名産品を生かした料理が美味しそう。
中学卒業間際に両親が失踪した後、給食係の手伝いなどをして弟の和馬を育て上げた佳代。
今はりっぱな大人となった和馬とのやり取りは、ほほえましい。
しかし、理想郷を追い求めていたらしい、この両親はいったい‥
ヒッピームーヴメントの生き残り世代らしいけど、かなり謎(笑)

行く先々で思わぬ出会いがあったり、ちょっとした人助けをしたり。
美味しく読めて、人情ありで、なかなか拾い物でした☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「流」

東山彰良「流」講談社

第153回直木賞受賞作。
台湾生まれで日本育ちの作者が描いた作品。
重いものを含んでいますが、濃厚で勢いよく、エンタメ性にも富んでいます。

1975年。
台北の高等中学に通う葉 秋生(イエ チョウシェン)は17歳。
台湾の総統・蒋介石が亡くなって一ヵ月後、祖父が殺されてしまう。
かって中国大陸で激しい国共内戦があり、敗れた国民党は台湾に渡って「外省人」と呼ばれていました。
(もともと台湾に住んでいた人々のことは、本省人だそう)
そのへんの成り行きをあまり知らないので、実感を伴う描写に圧倒されます。
秋生をかわいがってくれた祖父は、戦時には大陸で悪名高い存在だったらしい‥

秋生は成績優秀だったのだが、ひょんなことから迷走する青春を送ることに。
幼馴染の悪友・小戦や、年上の初恋の女・毛毛(マオマオ)との関わり。
もっと恐るべきろくでなし達も出入りし、こちらも熱気溢れる展開。
1970年代の台湾って、こんなに凄かったの?

日本へ、そして大陸へ。
怒涛のような勢いで、命のやり取りも含む危機が描かれます。
そして結局‥
共産党と国民党の戦いの本質とは?
たまたま親しかった人のいる方の、味方に付いただけとは。
年月を経て許されることと許されないこと‥
ある感慨に胸を打たれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「若様とロマン」

畠中恵「若様とロマン」講談社

若様組シリーズ3作目。
これで終わりなのかな?

江戸の時代には武家の跡継ぎだった若様たち。
もはや家には録もないのに身内は多く抱え、警察官に。
しっかり者の長瀬や腕の立つ園山をリーダー格に、同じような出身の若者たちが、若様組と自称していました。

沙羅は、成金の小泉商会の一人娘で、行動的な女の子。
居留地で育った皆川真次郎は、西洋菓子職人。沙羅と長瀬と3人は幼馴染で、若様組の面々とも親しくなります。
ある日、小泉商会の当主が彼らを集め‥?

富国強兵の明治の世。
戦争の足音が近づく時代に、小泉が考えたこととは?
きなくささを感じる時代背景とは裏腹に、主に描かれるのはなんと、若者たちのお見合い騒動。
確かに、それは大事かも!
仲間を増やし、人脈を作ることを目指したんですね。

時代色を生かした、ちょっとした事件を解決するうちに、それぞれの人生は違う方向へとスタート?
父親の思惑をすっ飛ばすような沙羅の行動力が頼もしい。
ある意味では父親の願う雄飛そのもの?

話のスケールが大きくなったり縮んだりしつつ、主役級の行く末は(方向性はあるけど)はっきりとまではしないのが好みなのかな?
続きがあるとすれば、楽しみです☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「明治・金色キタン」

畠中恵「明治・金色キタン」朝日新聞出版

「明治・妖モダン」の続編。
文明開花の世の中、古い妖しいものたちも、すぐそこの物陰に‥

明治21年。
江戸時代からすっかり様変わりして西洋風の建物が並ぶ銀座・煉瓦街。
派出所の巡査、原田と滝は、何かと借り出されては奔走することに。

古い寺が引き倒される現場の護衛になぜか引っ張り出された二人。
そこで、行方不明者が出て‥?

滝に思いを寄せる花乃が巻き込まれた願掛けとは?
女学生の美人番付の写真が流出?
不忍池での競馬場でおこった事件とは‥

あまり知られていない明治時代の風俗がたっぷり描かれていて、面白く読めました。
「しゃばけ」のとぼけた可愛い雰囲気とは少し違って、もっとクールで怖さも含んだ妖しさ。
大人が社会を動かしていく骨組みが背景に感じられます。
妖怪というか普通の人ではない面々は増えるばかりで、ぜんぜん隠れていない感じですが(笑)
思いがけない問題も、思いがけない解決も、ありえるのが面白いところ☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「なりたい」

畠中恵「なりたい」新潮社

しゃばけシリーズ、第十四弾。
若だんなと妖怪たちのほのぼの和風ファンタジー。

長崎屋の若だんな・一太郎は、今日も離れで力いっぱい寝込んでいます。
なんとか許婚も決まって(相手が幼いので祝言は当分先だけど)、店に出て一人前に仕事をしたくてしょうがないのですが‥
若だんなだけが大事な手代の兄やたち(妖怪です)は、病弱な若だんなのために、神様まで動員してしまう。
もてなしに案外ご機嫌な神様達なんですが、ご利益があるだけに、下手すると怖い存在。
この神様の設定?がユニークで面白いですね。
来世で何になりたいかときかれて、若だんなは悩みまくります。
神様に気に入られる答えは見つかるのか?

それぞれに、なりたいもの、とは。
妖になりたい、人になりたい、猫になりたい、親になりたい‥
味わいの違う問題が次々に現れ、寝込みつつもその謎を解いていく若だんな。
微笑ましくも、切ない願いと、時にほろ苦い展開。

生まれつきゆえに病弱で長生きは出来そうにない若だんな。
たとえ長生きしたとしても、寿命がなきに等しい妖怪たちとはいつか別れが来る‥
のほほんとした雰囲気が魅力のシリーズなんですが、時おり寂寥感も漂います。
そのあたりの見通しもいくらか、希望の持てる印象に変わって来ましたね。
のんびり、少しずつ、成長していく様子。
来世まで繋がる思いに、ほっこりします☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「虚ろな十字架」

東野圭吾「虚ろな十字架」光文社

2014年5月発行の作品。
罪の償いはどうあるべきか、死刑なら償いになるのか‥?
重い課題を含んだ良心的な小説です。

中原は11年前に、娘を喪いました。
強盗に殺されたのだ‥しかも、犯人は出所後の再犯。
怒り悲しむ夫婦は死刑を望み、それは叶ったのですが、それで愛娘が戻ってくるわけではない。
離婚し、中原は職も変えたのです。

別れた妻・小夜子が通りで事件に遭ったという連絡が入り、驚愕する中原。
力を失った元妻の両親を支え、離婚後の小夜子がどう生きたのかを調べ始めます。
彼女は、犯罪についてルポするライターとなっていました。
思いがけない真実が、そこに‥

万引きをするにしても、そこにいたる事情や理由はさまざま。病的な状態で刑罰より治療を要するケースが多いとか。知りませんでした。
殺人も、もちろんのこと、事情は極端に違ってきます。
犯罪被害者や遺族は、償いを求めますが、償いといっても何が有効なのか‥
死刑はなくなるのが理想ですが、抑止力として、否定はしきれません。
しかし、死刑が決まっても反省することのない犯人では‥
収監されている期間が、心から後悔する機会となればいいのですが。

終盤で出てくるごく若い頃のある人物の罪については、まだ未熟な年齢の事件なので、起訴されないのも妥当なのでは。
(当然という描き方ではなく、いろいろな成り行きあってのこと)
いや、子供は大人に相談しなくちゃいけません!

それと、何もなかったふりで生きていくのも、本人の気持ちの整理がつかないという問題があるという重さ。
小説の読後感としてはすっきりはしないけれど‥
割り切れない重さを抱いたままで終わるのは、致し方ないことかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「うずら大名」

畠中恵「うずら大名」集英社

畠中さんの時代物。
江戸時代ならではの事件がおき、妖怪は出てきませんが、若き日の仲間だった二人のコンビと、うずらの活躍に楽しさがあります。

高田吉之助は江戸で辻斬りに狙われたとき、現れたお武家と鶉に命を救われます。
口は悪いがやたらと見目が良く、腕も立つお武家の有月は、木綿の着物姿で気さくに行動していますが、じつは大名家の人間。
吉之助とは、かって同じ道場で剣を学んだ仲間でした。

長男だけが家と財を継ぎ、次男以下は部屋住みの身で、養子の口がなければ結婚もままならない時代。
どちらも長男でなかった二人は、十数年後、たまたま跡継ぎとなって再会したのです。

巾着に入って連れ歩けるよう躾けられた真っ白な鶉の佐久夜は勇猛果敢な性格で、人の言葉がわかるよう。
ポイントで活躍し、華を添えています。
いまや村名主の豪農となって大名に金を貸すほどの立場となっている吉之助ですが、相変わらず泣き虫で動転しやすいお人よし。
有月に振り回されつつ、豪農の不審死事件に巻きこまれていきます。
吉之助の姪の結婚話や、肥料の取引の問題など、ひとつひとつの出来事を解決しながら、しだいに見えてきた大きな陰謀が‥?

百姓、商人、大名という立場の違い。
身分制時代にはたいそうな権威のある侍身分ですが、大名でさえ内実は経済的に苦しい。
なぜそうなったのかという説明もあり、それぞれの苦労がよくわかります。
事件は現実味がありビターで、切なさのある結末。
有月のキャラと鶉の佐久夜が光ってます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「まったなし」

畠中恵「まったなし」文藝春秋

まんまことシリーズ。
江戸時代の庶民の話で、妖怪は出てきません。
畠中恵さんの作品としては、恋愛色が強いですね。
中でもこの作品はいい感じでした!

町名主の跡取り、麻之助。
奉行所に訴え出るほどのことでもない町内の揉め事の相談に乗り、裁定する役です。
今回は、小さな事件が相次ぐうちに、3人で仲良くしている幼馴染の一人、清十郎の縁談がだんだんと進行していきます。
これがもう、まったなしの状況なんですね。

祭りのための費用が今年に限って集まらなかった理由とは?
子犬がいなくなり、別な場所で発見されることが続いたわけは?
病気になった麻之助は見知らぬ場所に‥そこから帰るには?
高利貸しの妾のお虎が、幼い子供を預かることになった事情は?
婚礼用の白無垢に染みをつけたのは、誰の責任?

清十郎の縁談が進まなくなった理由は、清十郎の義母・お由有のことが原因でした。
父の後添いだったお由有は、麻之助と二つしか違わず、麻之助の初恋の人でもある。
清十郎の縁談の相手・お安はしっかり者らしいが、やたらともてる清十郎がこれまで付き合ってきた娘達とはタイプが違う。
お虎は一計を案じ‥
今回は素敵な女性が多かったですね。当時の名前は似ているので、ちょっと覚えにくいけど(笑)
頭のいい娘さんお安の参加で、次作の展開も楽しみです。
麻之助とお由有の過去のいきさつが明らかになり、切なさもひとしおでした。
これも、麻之助の気持ちの整理に繋がるのかな‥

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「白蓮れんれん」

林真理子「白蓮れんれん」集英社文庫

朝ドラ「花子とアン」の蓮さまのモデル、実在した柳原白蓮を描いた伝記的な小説。
94年の作品で、第8回柴田錬三郎賞を受賞しています。

白蓮こと燁子が26歳で、51歳の伊藤伝右衛門と結婚するところから。
華族のお姫様で、天皇の親戚にあたる女性がお嫁に来ると地元は大騒動。
燁子はごく若い頃に決められた相手と結婚していましたが離婚し、今度の結婚も、選挙資金に困った兄の決めたものでした。
売られた花嫁などと新聞に書き立てられもします。

炭鉱王として知られた伝右衛門は、白蓮のためにお金は惜しまない。
だが、子供はいないので白蓮の産んだ子が跡継ぎになるという仲人口は嘘で、正妻に子はなかったが妾の子が同居し、養子もいて、複雑な大家族だったのです。何よりも伝右衛門はすでに子供を作れない身体。
白蓮が女子教育に腕をふるえると期待していた女学校は、既に郡のものとなり、伝右衛門は口出しを許さない。
失意の中で、名流婦人として暮らすが、心は満たされないまま。

帝大法学部の学生・宮崎龍介が登場するのは、本の半ばほど。
二人が残した手紙700余通を遺族から借り受けて、印象的な部分はそのまま載せています。
真摯な人柄の理解者と出会い、運命的な恋心のほとばしる様、才能溢れる女性ならではの当時の言葉遣いが色っぽく響きます。
少々メロドラマ的な筆ですが~
ややこしい時代物を熱っぽく、面白く読ませます。

ともに大正三美人と呼ばれた一人、九条武子との交流も。
雑誌のグラビアに揃って登場したこともあるんですね。
どちらも夫とうまくいかず、じつは隠れた恋人がいたそうです。
九条武子は、生前は恋人のことは隠し通すのですが‥
(村岡花子は擁護者として一行出てきますが、友人としては出てきません。東洋英和時代が描かれていないせいもあるけど)

大事件となった駆け落ちの後、伝右衛門は憤る周囲の男らを一喝し、「一度は惚れて女房にした女」に手を出すなと厳命。ここは史実で、かっこいいところですね。
しかし、白蓮が華族であることは重大で、実家に軟禁され、尼にしろという世間の声も高い。宮崎とは引き離されて、苦難の道をたどります。
4年後にやっと一緒に住み始め、その後は支えあった、落ち着いた暮らしであったようです。
そうなると、もう関心がない?みたいな終わり方ですが~
まあ、そうですかね?(笑)
発行後まもなく一度読んだような気がするのですが‥何となく、印象は違うような。

朝ドラでは葉山蓮子と名も変えてあり、史実とは多少異なりますが、その後の堅実な生活も描き、別れた夫(嘉納伝助)もいいところもありで、なかなか誠実な描き方だったと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

bベスト本 | i本屋大賞候補作 | l本屋大賞 | l直木賞 | l芥川賞 | l:日本エッセイスト・クラブ賞 | mf:世界幻想文学大賞 | mf:日本ファンタジーノベル大賞 | m:CWA賞 | m:MWA賞 | m:このミステリーがすごい! | m:アガサ賞 | m:マカヴィティ賞 | name:あさのあつこ | name:万城目学 | name:三上延 | name:三浦しをん | name:上橋菜穂子 | name:上野千鶴子 | name:中島京子 | name:乾くるみ | name:五木寛之 | name:京極夏彦 | name:仁木英之 | name:今野敏 | name:伊坂幸太郎 | name:佐々木譲 | name:佐藤多佳子 | name:佐藤賢一 | name:佐野洋子 | name:勝間和代 | name:北村薫 | name:原田マハ | name:坂木司 | name:大島真寿美 | name:大崎梢 | name:太宰治 | name:姫野カオルコ | name:宇江佐真理 | name:宮下奈都 | name:宮部みゆき | name:小川洋子 | name:小川糸 | name:山之口洋 | name:山崎ナオコーラ | name:山田詠美 | name:島本理生 | name:島田荘司 | name:川上弘美 | name:恩田陸 | name:有川浩 | name:朝井リョウ | name:木内昇 | name:杉本苑子 | name:村上春樹 | name:村上龍 | name:村山早紀 | name:村山由佳 | name:東川篤哉 | name:東野圭吾 | name:松井今朝子 | name:林真理子 | name:柚木麻子 | name:柳広司 | name:栗田有起 | name:桜庭一樹 | name:梨木香歩 | name:森絵都 | name:森見登美彦 | name:森谷明子 | name:横山秀夫 | name:橋本治 | name:池上永一 | name:津村記久子 | name:海原純子 | name:海堂尊 | name:湊かなえ | name:町田康 | name:畠中恵 | name:百田尚樹 | name:矢崎存美 | name:碧野圭 | name:磯崎憲一郎 | name:神田茜 | name:米村圭伍 | name:米澤穂信 | name:綿矢りさ | name:荻原規子 | name:菅野雪虫 | name:葉室麟 | name:西加奈子 | name:角田光代 | name:誉田哲也 | name:貴志祐介 | name:辻村深月 | name:近藤史恵 | name:道尾秀介 | name:長野まゆみ | name:香山リカ | name:高田郁 | oその他の作家 | o海外作家:C.J.ボックス | o海外作家:M.C.ビートン | o海外作家:P.Gウッドハウス. | o海外作家:R.D.ウィングフィールド | o海外作家:S.J.ローザン | o海外作家:アガサ・クリスティ | o海外作家:アラン・ブラッドリー | o海外作家:アリアナ・フランクリン | o海外作家:アリス・マンロー | o海外作家:アレグザンダー・マコール・スミス | o海外作家:アンナ・マクリーン | o海外作家:アン・クリーヴス | o海外作家:アン・タイラー | o海外作家:アン・マキャフリイ | o海外作家:アーシュラ・K・ル=グウィン | o海外作家:アーロン・エルキンズ | o海外作家:エミリー・ブライトウェル | o海外作家:エリザベス・ギルバート | o海外作家:エレイン・ヴィエッツ | o海外作家:エレン・カシュナー | o海外作家:カズオ・イシグロ | o海外作家:カミラ・レックバリ | o海外作家:カルロス・ルイス・サフォン | o海外作家:キャロル・オコンネル | o海外作家:キンバリー・ウィリス・ホルト | o海外作家:ギヨーム・ミュッソ | o海外作家:クリストファー・プリースト | o海外作家:クレイグ・ライス | o海外作家:クレオ・コイル | o海外作家:ケイト・キングズバリー | o海外作家:ケイト・モス | o海外作家:ケイト・モートン | o海外作家:ゲイル・キャリガー | o海外作家:コニス・リトル | o海外作家:コニー・ウィリス | o海外作家:コリン・ホルト・ソーヤー | o海外作家:コルネーリア・フンケ | o海外作家:サラ・ウォーターズ | o海外作家:サラ・スチュアート・テイラー | o海外作家:サラ・パレツキー | o海外作家:シャロン・フィファー | o海外作家:シャンナ・スウェンドソン | o海外作家:シャーリィ・ジャクスン | o海外作家:シャーレイン・ハリス | o海外作家:シャーロット・マクラウド | o海外作家:ジェイソン・グッドウィン | o海外作家:ジェイニー・ボライソー | o海外作家:ジェイン・オースティン | o海外作家:ジェフリー・ディーヴァー | o海外作家:ジェフリー・フォード | o海外作家:ジェラルディン・ブルックス | o海外作家:ジャニータ・シェリダン | o海外作家:ジャネット・イヴァノヴィッチ | o海外作家:ジュンパ・ラヒリ | o海外作家:ジョアン・フルーク | o海外作家:ジョナサン・キャロル | o海外作家:ジョン・ハート | o海外作家:ジョージ・R.R.マーティン | o海外作家:ジョー・ウォルトン | o海外作家:ジル・チャーチル | o海外作家:スティーグ・ラーソン | o海外作家:ステファニー・メイヤー | o海外作家:スーザン・イーリア・マクニール | o海外作家:スーザン・プライス | o海外作家:スー・グラフトン | o海外作家:タニス・リー | o海外作家:ダイアナ・ウィン ジョーンズ | o海外作家:ダイアナ・ガバルドン | o海外作家:ダン・ブラウン | o海外作家:ディック・フランシス | o海外作家:デイヴィッド・アーモンド | o海外作家:デニス・ルヘイン | o海外作家:デボラ・クロンビー | o海外作家:トレイシー・シュヴァリエ | o海外作家:トーベ・ヤンソン | o海外作家:ドナ・アンドリューズ | o海外作家:ドナ・ジョー・ナポリ | o海外作家:ドミニク・シルヴァン | o海外作家:ドン・ウィンズロウ | o海外作家:ナンシー・ピカード | o海外作家:ネレ・ノイハウス | o海外作家:ノア・ゴードン | o海外作家:パウロ・コエーリョ | o海外作家:パトリシア・A.マキリップ | o海外作家:ピーター・キャメロン | o海外作家:ピーター・ディキンスン | o海外作家:ピーター・トレメイン | o海外作家:ピーター・ラヴゼイ | o海外作家:フェイ・ケラーマン | o海外作家:フランセス・ファイフィールド | o海外作家:フレッド・ヴァルガス | o海外作家:ヘイリー・リンド | o海外作家:ヘニング・マンケル | o海外作家:ベリンダ・バウアー | o海外作家:ベルンハルト・シュリンク | o海外作家:ポール・ドハティ | o海外作家:マイクル・コナリー | o海外作家:マーガレット・アトウッド | o海外作家:マーセデス・ラッキー | o海外作家:ミネット・ウォルターズ | o海外作家:ミュリエル・バルベリ | o海外作家:メアリ・W.ウォーカー | o海外作家:メグ・ガーディナー | o海外作家:メグ・キャボット | o海外作家:ユッシ・エーズラ・オールスン | o海外作家:リサ・クレイパス | o海外作家:リチャード・ノース・パタースン | o海外作家:リース・ボウエン | o海外作家:ルーシー・モード・モンゴメリ | o海外作家:レジナルド・ヒル | o海外作家:レスリー・メイヤー | o海外作家:レーネ・レヘトライネン | o海外作家:ロイス・マクマスター ビジョルド | o海外作家:ロビン・ホブ | o海外作家:ローズマリ・サトクリフ | o海外作家:ローズマリー・マーティン | o海外作家:ローナ・バレット | o海外作家:ローラ・チャイルズ | o海外作家:ローラ・リップマン | o海外作家:ローリー・キング | o海外作家:ローレンス・ブロック | o海外作家:ヴィヴェカ・ステン | o海外作家:ヴォンダ・N.マッキンタイア | お人形 | お人形着物 | お茶 | アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | グルメ・クッキング | コージー | ジェイドール | ジェニー | スイーツ | ドールmomoko | ドール:Misaki | ドール:SD | ドール:シドニー | ドール:ピュアニーモ | ドール:プーリップ | ドール:ユノアクルス・アズライト | バービー | ファッション | ファンタジー | フィギュアスケート | ベスト本 | ミステリ | リカちゃん | ロマンス | 介護 | 作品 | 健康・ダイエット | 児童書・YA | 動物 | 国内作家:あ行 | 国内作家:か行 | 国内作家:さ行 | 国内作家:た行 | 国内作家:な行 | 国内作家:は行 | 国内作家:ま行 | 国内作家:や行 | 国内作家:ら行 | 国内作家:わ行 | 国内小説 | 家事 | 心と体 | 日記 | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 歴史もの | 海外小説 | | 病気体験 | 着物 | 経済・政治・国際 | 絵本 | 舞台・バレエ | | 言葉・歌 | 評論・エッセイ | SF