フォト

おすすめ本

« 赤と白の浴衣のしらゆきmomoko | トップページ | 赤と白の浴衣momoko小物でアレンジ »

「王とサーカス」

米澤穂信「王とサーカス」東京創元社

太刀洗万智が主人公の長編。
前年の「満願」に続き、ミステリのいろいろなランキングで1位を獲得した作品です。

2001年。
太刀洗万智は新聞社を辞めて、初仕事。
海外旅行特集の取材のために、ネパールの首都カトマンズへ。
まずは事前に雰囲気をつかもうというゆるいスケジュールのはずで、宿で懐いてきた少年にガイドを頼んだのですが。
突然、王宮で国王たち王族が何人も殺害される事件が起き、あっという間に異様な空気になります。
太刀洗は、ジャーナリストとして取材しようとしましたが、暴動寸前の空気と報道規制に阻まれる。
そして、取材しようとした関係者に事件が‥!

『さよなら妖精』の出来事から10年がたち、海外のことも他人事ではないと感じている万智が遭遇した、思わぬ事件。
報道に携わる人間として、情報をどう集め、どう発信すべきなのか?
クールで真剣なヒロイン、太刀洗万智のこれからの生き方が問われると同時に、読んでいる人へも疑問を投げかけてきます。
実際に起きた事件を背景にしているため、重厚感も。
鋭い切り口と壮大なテーマが新鮮で、強い印象を残します☆

« 赤と白の浴衣のしらゆきmomoko | トップページ | 赤と白の浴衣momoko小物でアレンジ »

コメント

このミス1位ということで読みましたが、正直、ちょっと退屈でした。結局王宮殺人はどうなったの??(わたしは買ったんですよ~)
ただ、ネパールの雰囲気はこうもあるのか…とか、ヒロインの気持ちもなかなかよく書かれていました。
でも、謎解きがぜんぜんうたい文句通りの驚きじゃなかったんで……

marieさん、
お読みになってましたか~!
1位でしたものね。
買うと期待値上がっちゃいますよね^^;
確かに‥
謎解きはあんまり‥
謳い文句では驚きってあったんですか?
あ、王宮殺人のほうは‥‥

謎解よりも仕事小説というか。
ジャーナリズムの問題、世界をどう見るという問いかけのほうに力が入っているのかな~。
ネパールの雰囲気、ヒロインの気持ちがよく書かれていて、印象が強い作品だと思います^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/65479996

この記事へのトラックバック一覧です: 「王とサーカス」:

« 赤と白の浴衣のしらゆきmomoko | トップページ | 赤と白の浴衣momoko小物でアレンジ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック