フォト

おすすめ本

« 水色浴衣に紫帯と、かき氷浴衣のmomoko登場 | トップページ | フルーティーかき氷浴衣のハピサマmomoko »

「眩」

朝井まかて「眩」新潮社

葛飾北斎の娘・応為こと、お栄の人生。
女ながらに父も認める才能ある絵描きだったお栄が、いきいきと描かれています。

天才絵師・葛飾北斎の娘、お栄は父の弟子に望まれて結婚するが、家事をする気もなく、絵に没頭。
お栄ほどの画才もない夫は、北斎の娘婿としてお栄ほどの画才もない夫は、北斎の娘婿として仕事を増やしたかっただけらしい。
あっさり出戻ったお栄は、父と弟子たちとの暮らしに邁進し、気まぐれな父の世話をこなしつつ、画業に情熱を注いでいきます。

ひょうひょうとした兄弟子の善次郎とはそこはかとない信頼関係があり、お栄は惹かれますが‥
口うるさい母や、ろくでなしの甥に悩まされつつ、さばさばと生きるお栄。
飾り気なく大胆で、当時としては相当変わり者だったんでしょうね。
古風な女らしさはないものの、その情熱がどことなく色気となっているよう。

北斎の有名な冨嶽三十六景の制作風景や、応為の代表作の吉原格子先之図などの描き方を工夫する様子も出てきて、臨場感を楽しめます。
応為には、どこまで絵師として認められるのか、長い年月の間、葛藤もあったことでしょうが。
やりきった感もあったのか、どこにいてもやっていけると思うようになった勁さ。
清々しい読後感でした☆

« 水色浴衣に紫帯と、かき氷浴衣のmomoko登場 | トップページ | フルーティーかき氷浴衣のハピサマmomoko »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/65423660

この記事へのトラックバック一覧です: 「眩」:

« 水色浴衣に紫帯と、かき氷浴衣のmomoko登場 | トップページ | フルーティーかき氷浴衣のハピサマmomoko »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック