« サルスベリが咲いてます | トップページ | 水色の手作り浴衣のかき氷momoko »

「死者に祈りを」

フェイ・ケラーマン「死者に祈りを」創元推理文庫

デッカー&リナのシリーズも9作目。

警部補に昇進して部下も増え、ますます忙しくなったピーター・デッカー。
最愛の妻リナと3人の子供たちとも、すれ違いになりがち。

高名な医師が惨殺された事件が起きます。
医療の最先端をリードする心臓外科医で、医療スタッフも曲者ぞろい。
背景にある重層的な問題が、次第に明らかに。

厳格だったらしい医師の家族関係は複雑で、そのあたりもじっくりと描かれていきます。
事件の報を聞いて、動揺を隠せないリナ。
被害者の息子の一人が、リナの最初の夫の親友で、夫が亡くなる前後に力になってくれた古い友人だったのです。
ハンサムで生真面目な青年ブラムは、頼られる長男だったのに、家族の信仰となぜか決別し、今はカトリックの神父になっていました。
若き日に深い心の交流があったブラムを心配し、個人的に接触するリナに、気を揉むデッカー。

アメリカのユダヤ教徒の世界や、慈しみ合う家族の様子が、丁寧に描かれていくのが魅力のシリーズです。
ひとつの宗教でまとまっている育ち方というのは実感としては知らないことだけど、何となく少しはわかってくるような。
デッカー自身は自分がユダヤ系とは知らなかったという育ちですが、リナと出会って、自らのルーツに目覚めたという。

名士の家族が崩壊していくのは、アメリカのミステリの伝統的なパターンでもあるかな。
驚かされる事情もあり、複雑な味わいでした☆

amazonの書影をいつも左列に出しているのですが~この本がリストにありませんでした‥絶版か何かでしょうか?(汗)

|
|

« サルスベリが咲いてます | トップページ | 水色の手作り浴衣のかき氷momoko »

o海外作家:フェイ・ケラーマン」カテゴリの記事

ミステリ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

海外小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/65423642

この記事へのトラックバック一覧です: 「死者に祈りを」:

« サルスベリが咲いてます | トップページ | 水色の手作り浴衣のかき氷momoko »