« 水色浴衣のかき氷momokoの帯飾り | トップページ | 冷やしとろろつけ麺で晩ご飯 »

「死神遊び」

カミラ・レックバリ「死神遊び エリカ&パトリック事件簿」集英社文庫

エリカ&パトリックのシリーズ、8作目。
相変わらず切れ味鋭く、濃い内容で、平均してレベルが高いですね。

ヴァール島で35年前に起きた失踪事件。
寄宿学校の校長一家が、テーブルに並んだご馳走もそのままに、一歳の娘エッバだけを残して消え失せたのです。
この出来事の謎がそう簡単にわからず、興味を引っ張ります。

生き残った娘・エッバが夫と故郷へ帰ってきました。
途端に止まっていた過去の事件が動き出したかのように、放火が起き、そして‥?!

エリカは前々作で妹アンナと共に事故に遭い、とくにアンナのほうが重い結果となり、夫婦仲にも影響して、今も苦しんでいます。
かっては姉に反発していたアンナでしたが、何かと助けられてもいます。

エリカは作家として、次の目標にヴァール島の事件を取り上げようと考えていたところに、意外な展開があったため、どんどんのめり込んで行くことに。
夫で刑事のパトリックは、夢中になりやすいエリカの暴走を心配して止めつつ、そんなエリカの才覚を認めざるをえない‥かも?

ちょっと、アンナは気の毒すぎる気がしますが?
な~るほど‥!と唸らされる展開☆

|
|

« 水色浴衣のかき氷momokoの帯飾り | トップページ | 冷やしとろろつけ麺で晩ご飯 »

o海外作家:カミラ・レックバリ」カテゴリの記事

ミステリ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

海外小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/65479985

この記事へのトラックバック一覧です: 「死神遊び」:

« 水色浴衣のかき氷momokoの帯飾り | トップページ | 冷やしとろろつけ麺で晩ご飯 »