フォト

おすすめ本

« 青に赤い花の浴衣のWUDmomoko | トップページ | 野菜のせいろ蒸しと麦みそ汁定食 »

「明日のことは知らず」

宇江佐真理「明日のことは知らず 髪結い伊三次捕物余話」文春文庫

シリーズ11作め。
作者はデビュー20周年だったそうです。

廻り髪結いの伊三次は、町方同心の不破親子の手伝いもつとめているため、捕物にも関わっています。
だんだん、若い世代の話が増えていましたが。
今回は伊三次の出番が続き、女房で芸者のお文姐さんのいいシーンもあって、古くからのファンも満足する短編連作となっています。

「あやめ供養」
伊三次が髪結いに行ったことのある町医者の家族に事件が起こり、容疑者として直次郎の名が。
久々の再会に驚く伊三次。
直次郎は、すっかり良い父親になっているようなのだが?

「赤い花」
魚問屋の末娘は、大柄な男勝りで、店にも出て働いています。
そんな娘に、縁談が‥?

「赤のまんまに魚そえて」
伊三次はお礼すると言われたとき、弟子の九兵衛のために、髪結いに持っていく台箱を誂えてもらうことに。
その祝いの席の準備が始まります。
急に、老舗の若旦那の髪を頼まれた伊三次でしたが‥

「明日のことは知らず」
伊三次の息子の伊代太が通りがかりに見かけ、ほのかに憧れていた女性の身に何が‥
一方、武家に奉公に出ている不破の娘・茜は、女ながら武芸を生かせる職場に、何年かはいることになっています。
跡継ぎの男の子の世話と護衛をしていますが、殿様の最愛の子ではないため微妙に肩身が狭い立場。
身体の弱い少年の覚悟と諦念と優しさが切ない。
伊代太と茜、今は遠く離れている二人が、ふと互いを想う。

人情味ある展開で、しみじみ。
文庫化された2012年、作者は闘病中で、惜しくもその後亡くなられました。
まだ読んでいない作品を少しずつ読んでいきます。

« 青に赤い花の浴衣のWUDmomoko | トップページ | 野菜のせいろ蒸しと麦みそ汁定食 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/65423373

この記事へのトラックバック一覧です: 「明日のことは知らず」:

« 青に赤い花の浴衣のWUDmomoko | トップページ | 野菜のせいろ蒸しと麦みそ汁定食 »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック