« 猫のカーニバルに参加?コラボ | トップページ | スットコランド・パレード・コラボ、その2 »

「コンビニ人間」

村田沙耶香「コンビニ人間」文藝春秋

2016年上期、第155回芥川賞受賞作。
コンビニに勤め続ける女性が主人公。

古倉恵子は36歳、独身。
子供の頃から変わっていて、周囲に驚愕されること度々。
できるだけ普通のふりをしているのだけど、家族には心配されてきました。
わかりやすい文章で、大げさなこともなく、読みやすいですね。
変わっているエピソードと、普通のふりをする方法が芥川賞的かも。

幸い、恵子はコンビニのバイトが性に合い、大学卒業後も就職せずにバイトを続けて、18年目になります。
マニュアルが決まっているとはいえ、プロとして有能なので~
読んでいて、いいじゃないの~何が悪いの?って気分に。
発達障害というタイプに相当するのでしょうが‥そう一口に言っても、それぞれ個性が違うわけで。

新入りの男性・白羽がやってきて、これがなんとも理屈っぽいうえに、店員としては困ったやつ。
あっさり切り捨てることなく、白羽の話を聞く恵子さん。
恋愛経験のない恵子は、男性と暮らしていたら周りを安心させられるかと、同居することを思いつく‥
おいおい?

ここまで変わってはいないにしても、恋愛経験の少ない女性が見合いしたり、ふとしたきっかけで付き合い始める時ってねえ、周りからのプレッシャーやその場の成り行きかもしれない。
自分だって、変わっている部分だけをより出して書いたら、けっこう通じるものがあるのだろうか?などと考えてみたり。いやタイプはぜんぜん違うけど。

同調圧力って、どこにでもあるものなのでしょうが、日本は特に強いほうかもしれません。
いろいろ考えさせられる、芯になる部分があり、どことなく仄かな明るさもあり。
多くの人が読むことになる賞にふさわしい作品だと思います☆

« 猫のカーニバルに参加?コラボ | トップページ | スットコランド・パレード・コラボ、その2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/65316161

この記事へのトラックバック一覧です: 「コンビニ人間」:

« 猫のカーニバルに参加?コラボ | トップページ | スットコランド・パレード・コラボ、その2 »