フォト

おすすめ本

« うぐいす餅と桜餅 | トップページ | 世界フィギュア&金髪ショートにピンク服の幼SDリリィ »

「月は誰のもの 髪結い伊三次捕物余話」

宇江佐真理「月は誰のもの 髪結い伊三次捕物余話」文春文庫

人気シリーズの14作目。
ただし、初の文庫書下ろし。

8作目の「我、言挙げす」のラストで火事があって家を無くした伊三次とお文一家。
9作目「今日を刻む時計」では、10年後の話になっていたのです。
この10年間の空白に起きた出来事を描く内容になっています。

伊三次の妻で芸者のお文は父親を知りませんでしたが、察してはいました。
お座敷の客として訪れた侍の海野との偶然の出会いから、互いにそれと気づきます。
さっぱりした気性のお文の、胸のうちに秘めた思いが切ない。
互いに名乗りはしないまま、手を差し伸べてくれる実の父親の気持ちを受け取ります。
祖父とは知らずに懐いていた伊予太の言葉がタイトルというのもいいですね。

一方、不破の息子龍之進ら奉行所の見習いの若い者らは、無頼派を名乗る若者集団を追っていました。
事件が落ち着いた後にふと出会い、互いを認め合う成り行きがまた妙味があります。

伊三次が焼け出されてお文と離れていた時期の出来事。
不破友之進の妻いなみの、年を重ねた妻の思い。
一捻りした味わいが深く、読んでいてこちらも江戸市中をさまよい、人の心にまで共感したような心地になりました☆

« うぐいす餅と桜餅 | トップページ | 世界フィギュア&金髪ショートにピンク服の幼SDリリィ »

name:宇江佐真理」カテゴリの記事

国内作家:あ行」カテゴリの記事

国内小説」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

歴史もの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/64800632

この記事へのトラックバック一覧です: 「月は誰のもの 髪結い伊三次捕物余話」:

« うぐいす餅と桜餅 | トップページ | 世界フィギュア&金髪ショートにピンク服の幼SDリリィ »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック