フォト

おすすめ本

« お好み焼きを買ってみた | トップページ | 春先ピンクニットコーデのmomokoたち »

「梨園の娘」

東芙美子「梨園の娘」角川書店

歌舞伎の名優の子に生まれても、才能があっても、女の子は歌舞伎役者にはなれない‥
勝気な女の子が奮闘する物語。

俳優・藤村霞右衛門(風間京二郎)は、歌舞伎のみならず映画やテレビでも成功した何拍子も揃った大スター。
突如見合い結婚し、生まれた双子を可愛がるようになります。
というか、跡継ぎの男の子のほうには厳しく、女の子の方を溺愛。
無条件に愛することの出来るのは、娘だけだった‥
皮肉なことに女の子の葵のほうが、演劇の才能があった。

子役のうちは女でも舞台に立てますが、それが出来なくなる日が来ました。
納得できない葵に対し、父とその親友?皆川翔十郎(柳沢凱史)らは葵が女優になることにもあくまで反対して、バトルが続きます。
身を案じる溺愛のあまりとはいえ、中年男の妙な頑張りがおかしい。
(前作では若き日の俳優達の愛と葛藤?が描かれているらしいです)
芸能界でも力のある父親らに望みを叩き潰されながら、それでもいつしか活路を見出していく葵。

歌舞伎俳優仲間が何人も登場して、特殊な世界のきらびやかさ、厳しさ、濃密さを垣間見せる印象的な展開。
モデルはあるのか?どこの一家の誰なのか‥?
と気になりましたが、該当者なし(笑)
人柄や芸風が違うし、これがモデルというのだったらちょっと失礼でしょう。
いまどき、女優になることをこんなに反対するかなという気も。
とはいえ、ポンポン話が進むようなキャラ設定で、ぐいぐい読ませるストーリー。
むっちゃ面白かったです☆

« お好み焼きを買ってみた | トップページ | 春先ピンクニットコーデのmomokoたち »

国内作家:あ行」カテゴリの記事

国内小説」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

舞台・バレエ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/64787411

この記事へのトラックバック一覧です: 「梨園の娘」:

« お好み焼きを買ってみた | トップページ | 春先ピンクニットコーデのmomokoたち »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック