フォト

おすすめ本

« チェック服に白いコートのプーリップさん | トップページ | 不動尊に初詣 »

「逃れの町」

フェイ・ケラーマン「逃れの町」創元推理文庫

リナ&デッカーのシリーズ7作目。
2005年に翻訳発行されていたんですね。
しばらく読んでいなかったシリーズ、「木星の骨」が面白かったので、さかのぼって読み始めました。

ロサンゼルス市警の刑事ピーター・デッカーはリナと再婚し、農場を改築した家に住んでいます。
二人の間には、娘も生まれて、9ヶ月。
リナの連れ子の男の子たちともデッカーは上手くいっている様子。

リナの旧友ハニーが突然、泊めて欲しいといってきます。
村をあまり出たこともなさそうな子供達を引き連れて、やってきました。
リナ以上に戒律を守って暮らしてきたユダヤ教徒なのですが、どこか様子がおかしい?

一方、ダイヤモンドのディーラー一家が行方不明になる事件をデッカーが担当。
親が発見されたが、子供は見つからず‥?
事件が絡み合い、デッカーはリナと共にイスラエルへ向かうことに。

若い頃に3年間、エルサレムに住んでいたことのあるリナ。
土地勘があるので、堂々としています。
そこは、ダイヤモンドが流通する国際市場でもありました。
意外と穏やかな暮らしのすぐ傍に、危険が隣り合わせに。
初めて乗り込んだデッカーと共に、興味深い体験をする心地でした。
ユダヤ教徒ならではの暮らしぶりと、慈しみ合う家族愛が書き込まれているのが魅力のシリーズです☆

« チェック服に白いコートのプーリップさん | トップページ | 不動尊に初詣 »

o海外作家:フェイ・ケラーマン」カテゴリの記事

ミステリ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

海外小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/64751767

この記事へのトラックバック一覧です: 「逃れの町」:

« チェック服に白いコートのプーリップさん | トップページ | 不動尊に初詣 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック