フォト

おすすめ本

« 「逃れの町」 | トップページ | 白いコートのネルラさんの細部 »

不動尊に初詣

1月28日は、高幡不動尊の「初不動」の日。
縁日が出て、「だるま市」もありますよ。
って、もう終わっちゃいましたが。
日曜日もそれなりに、にぎわっていると思います[かわいい]

さて、写真はやっと初詣に行った日のもの。
昨日じゃないですよ~でも、遅かったです[あせあせ(飛び散る汗)]
こちらに初詣に来たいと言う友人がいたので。
私は前にちょこっとだけ、ご挨拶には詣でてますけどね[わーい(嬉しい顔)]

不動堂に上がって、入り口を見下ろしたところ。
170122_134738.jpg
仁王門を通って入り、お手水を使い、お香を浴びさせてもらって、
不動堂の前にお賽銭を入れて、参拝、というのが普通のコース。
170122_134836.jpg
赤い建物は、法輪堂。
お札を受け取ったり、護摩札を書いたり、お守りを買ったりするところです。
(お守りは色んなところで扱ってます)

不動堂の奥の、「奥殿」
170122_135055.jpg
手前でお参りしてから、左脇へ回る入り口から入って、中を拝観しました。
中は「寺宝展」の名のとおり、展覧会場のようになっていて、充実した内容です。
ちょうど、解説が始まったところだったので、
お坊様の張りのある声で解説していただきながら、見ることが出来ました[わーい(嬉しい顔)]
平安時代初期のものや、改修時に分解した古いもの、伝わってきた御物、
加えて、幕末の物も色々あります。
勝海舟や徳川慶喜、榎本武揚が書いた掛け軸など、どれも達筆。
というのも~
日野市は土方歳三の生地で、近くの生家が資料館になっていて、今も土方家は檀家さん。
直筆の手紙が公開されていて‥
自分の身に何かあれば高幡不動尊の貴僧に伝えてくれという内容でした。

私はさすがに、いぜん見た物もあったのですが~
展示方法が変わっていたので、新鮮でした[グッド(上向き矢印)]

一番奥にある大日殿。
170122_150814.jpg
今回は中まで入りませんでしたが、ここも平屋でいい風情のところです[揺れるハート]
左奥から山に登れます~この山一つだけで、八十八箇所お遍路さん出来ます。
くねくねとした長い道ですけどね[いい気分(温泉)]

170122_135132.jpg
五重塔。
170122_151522.jpg
五重塔の入り口に、門松がありました。
入り口には入れます~上まで昇れるのは年に1日だけだそうです。

おみくじを引いたら「吉」!
しかも、二人とも同じでした。
願いがかなうそうです☆
よかった、よかった、ありがたや~[グッド(上向き矢印)]

無事お参りした後に、お茶にしようか軽く食事しようか?
ということになったのですが~
混んでいたり、売り切れで閉店だったりと、ふられ続け![もうやだ~(悲しい顔)]
そのときは知らなかったのですが~
なんと、前日の「アド街ック天国」で高幡不動が取り上げられていたのです。
そりゃ、混むはずだ~~[がく~(落胆した顔)]
友達はテレビを見ない人だし、
私も全然気づいてませんでした[ふらふら]
まあ候補の一つに挙げていた店でお茶をしてから[かわいい]
第一候補のおすし屋さんで軽く食べることが出来ましたから~
結果オーライです[るんるん][ぴかぴか(新しい)]

« 「逃れの町」 | トップページ | 白いコートのネルラさんの細部 »

コメント

りっぱなお宮ですね~!!
参拝客も大勢! 御利益がありそうです。
五重塔まであるんだ~
これはお友達も来たいって言われるわけですね。

おみくじ「吉」よかったですね!
わたしは大吉引いたことないんですよ~!
だから最高は吉かな?そのくらいが、人生はちょうどいいかなって思ってます。

marieさん、
関東三大不動の一つで、歴史があるんですよ~。
五重塔は比較的最近作られたものですが。
全部回れば広いけど、中心部は広過ぎないのも人気の一つかと^^
交通安全のお守りで有名なので、お正月は人出が多いんですよ。
元旦は混みすぎるので、もう行かないぐらいです。
いろいろ努力して町おこし頑張ってると思います^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/64820897

この記事へのトラックバック一覧です: 不動尊に初詣:

« 「逃れの町」 | トップページ | 白いコートのネルラさんの細部 »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック