フォト

おすすめ本

« とんかつやさんの和風弁当 | トップページ | ベンダブル・バービーのツーピース姿 »

「木星の骨 下」

フェイ・ケラーマン「木星の骨 下」創元推理文庫

シリーズ11作目、後半。

前半ではデッカーと妻のリナ、思春期になった義理の息子達との関係が印象深かったです。
後半では、教団で怪しい動きを見せる指導者たちの関係を探るデッカーらの目前で、相次いで事件が起こり、想像以上の濃いドラマに。

初期のしっとりと丁寧な作風とはかなり違う骨っぽさが出て、立体的で動的とでもいうか。フェイ・ケラーマン、ここまで書くようになったのか!
いや私としては正直こういうのは期待していなかったかも‥ですが。
初期の雰囲気が失われたので読まなくなっていたんですが、もう少し違う方面にも伸ばしていこうとしていたのかな。
こういう興味や志向も内包していたんでしょうね。
丁寧に書き込むだけでは、読む人が限られたとか‥?
なるほどねえと納得してしまいました。

ラストへ向けては、映画ばりのアクション・シーンともいえる展開に。
でもそこで活躍するのが女性刑事のマージや、案内に立つ若い娘なんです。
静と動を併せ持つ上にこう来るか、と。
今回の女性陣の活躍ぶりには目をみはるものがありました。
すっきり解決とは行きにくい、嫌~な事件の後口を良くする、マージの大胆な決意。
デッカーの誠実さも合わせて、あっぱれな結末。
面白かったです☆

« とんかつやさんの和風弁当 | トップページ | ベンダブル・バービーのツーピース姿 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/64525939

この記事へのトラックバック一覧です: 「木星の骨 下」:

« とんかつやさんの和風弁当 | トップページ | ベンダブル・バービーのツーピース姿 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック