フォト

おすすめ本

« バービーとmomokoのドレス姿比較 | トップページ | ミュージアムの衣装展へ »

「探偵は壊れた街で」

サラ・グラン「探偵は壊れた街で」創元推理文庫

風変わりな女探偵の話。
ハリケーンの傷跡も生々しいニューオリンズが舞台。

クレア・デウィットは、10年ぶりにニューオリンズに戻ってきました。
洪水で死んだとされた地方検事補の男性が、実は生きているかもしれないと、調査を依頼されたのです。

世界一の探偵を名乗るクレアの探偵術は独特で、勘を研ぎ澄ませ、暗示を解いていくことと、実力行使の双方を使うもの。
‥ええ?と驚く不可思議なムードが漂う展開。
ユニークな捜査方法を指南してくれた恩師の女性もまたユニーク。
この街には恩師の知己も多かったのです。

ニューオーリンズの犯罪発生率の高さと事件の解決率の低さは、日本人の想像を絶するもの。
危険な街を行き、難事件に立ち向かうヒロインの、クールで鬱屈しているようでいてタフで実は熱い?ところは、意外と伝統的な私立探偵かも。
マカヴィティ賞最優秀長編賞受賞作☆

« バービーとmomokoのドレス姿比較 | トップページ | ミュージアムの衣装展へ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/64304929

この記事へのトラックバック一覧です: 「探偵は壊れた街で」:

« バービーとmomokoのドレス姿比較 | トップページ | ミュージアムの衣装展へ »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック