フォト

おすすめ本

« パーティー用の衣装を選ぶmomoko | トップページ | ハロウィンぽい?おやつ »

「スキン・コレクター」

ジェフリー・ディーヴァー「スキン・コレクター」文藝春秋

リンカーン・ライムのシリーズも11作目。
シリーズが始まってから20年になるそうだけど、作品の中ではそこまでたっていない様子。

リンカーン・ライムは、事故で四肢麻痺になりましたが、精神的にはパワフルなまま、気難しい天才的な科学捜査官。
宿敵ともいえる犯罪者「ウォッチメイカー」が獄中で死亡したという連絡を受けます。
一方、刺青を入れられて毒殺という奇怪な事件が起きていました。
タトゥーをつかう意味とは。
しかも、犯人が残したらしいものから推測されるのは‥かってライムが関わった事件を研究している‥?

一方、よく出入りするパム・ウィロビーがもう大学生になっています。
いぜんの事件をきっかけに知り合った少女パム。
リンカーンの恋人で刑事のアメリアは、パムに愛情を注ぎ、姉妹のように仲がよかったのですが。
恋人の出来たパムはそろそろ自立したい年頃になり、母性愛の強いタイプのアメリアは胸をいためることに‥

最近は変わった趣向の作品も多かったけど、今回はこのシリーズのファン向けの王道といった印象。
はらはらドキドキしつつ引き込まれ、どんでん返しも十分に楽しみ、やれやれ良かった~とほっとする。
また楽しませてもらいました!^^

« パーティー用の衣装を選ぶmomoko | トップページ | ハロウィンぽい?おやつ »

コメント

もっぱら図書館で借りてるので、どれを読んだのかよく分からないディーヴァーさん。
これは読んでないかな? かなりおもしろそうですね!
20年もたつんですか?!
にしては、ライムはまだ歩けるようになってませんね。アメリアともあんまり進展していない…

marieさん、
私ももう何年もハードカバーはもっぱら図書館ですよ~!
これは読みやすいタイプのいつもながらの作品でした。
この世界では10年近くたった、というぐらいみたいですよ。
パムが大学生なのでそれとわかるという。
ライムは別人のように元気になることはないんじゃないですか? 少し身体を動かせるようになったのは医学の進歩に合わせてあるそうですけど。
でもあまり整合性は気にしなくていいかも‥
気にしすぎるとかえってコーンウェルみたいに話を動かすには若返らせなくちゃならないなんてことに‥^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/64304900

この記事へのトラックバック一覧です: 「スキン・コレクター」:

« パーティー用の衣装を選ぶmomoko | トップページ | ハロウィンぽい?おやつ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック