フォト

おすすめ本

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

炭火焼豚の甘辛重

これは何でしょう?
160923_201856.jpg
炭火焼四元豚の甘辛重だそうです☆
160923_201910.jpg
限定のメニューに惹かれて~ちょっとだけ贅沢[揺れるハート]
焼肉風で甘めの濃い味付け。
よく焼いてある焼肉風。

160923_201935.jpg
付け合せのこれはナムル風?(よく知らないけど)

こちらがメニューの写真です。
160923_200642.jpg
兄夫婦と3人の晩ご飯。
違うものを頼んで、一口ずつ味見に交換します。
160923_201837.jpg
カキフライも分けて[かわいい][ぴかぴか(新しい)]

花柄紺スカートで初秋コーデのmomoko

ちょっと蒸し暑いけど、陽射しは秋☆
そろそろ白いスカートは変えたいかな?
みんつくmomokoさんに、花柄のスカートを着せたくなりました。
いぜん手作りしたもののなかから見つくろって~
160912_231751.jpg
いつの時代にも愛されそうな~濃紺地の花柄です。
濃い目の色が秋っぽいかな、と。
今風の丈って、何でもありだけど~初秋なら、このぐらいかな‥
トップスはフレンチスリーブのレーシーブラウスのままだったので~
160912_231627.jpg
「ちょっと寒いから、パーカはおっちゃおう」
160912_231334.jpg
靴は「ディープ・ヴァイオレット」さんのです。
これぐらいのシンプルなブーティ、おしゃれな気がする[るんるん]
160912_231552.jpg
どこかにいそうですね~秋のお花めぐりとか[かわいい]

160912_232040.jpg
茶系を合わせるのも季節感出ますね[ひらめき]
厚手のパーカは、チョコレート色。
かぶるタイプですが、こんなふうに肩にかける手もありますね。
160912_232328.jpg
ちょっとぼけてるけど、何となく可愛い?[揺れるハート]

160912_232536.jpg
鮮明なのはこちら[かわいい][ぴかぴか(新しい)]

「若様とロマン」

畠中恵「若様とロマン」講談社

若様組シリーズ3作目。
これで終わりなのかな?

江戸の時代には武家の跡継ぎだった若様たち。
もはや家には録もないのに身内は多く抱え、警察官に。
しっかり者の長瀬や腕の立つ園山をリーダー格に、同じような出身の若者たちが、若様組と自称していました。

沙羅は、成金の小泉商会の一人娘で、行動的な女の子。
居留地で育った皆川真次郎は、西洋菓子職人。沙羅と長瀬と3人は幼馴染で、若様組の面々とも親しくなります。
ある日、小泉商会の当主が彼らを集め‥?

富国強兵の明治の世。
戦争の足音が近づく時代に、小泉が考えたこととは?
きなくささを感じる時代背景とは裏腹に、主に描かれるのはなんと、若者たちのお見合い騒動。
確かに、それは大事かも!
仲間を増やし、人脈を作ることを目指したんですね。

時代色を生かした、ちょっとした事件を解決するうちに、それぞれの人生は違う方向へとスタート?
父親の思惑をすっ飛ばすような沙羅の行動力が頼もしい。
ある意味では父親の願う雄飛そのもの?

話のスケールが大きくなったり縮んだりしつつ、主役級の行く末は(方向性はあるけど)はっきりとまではしないのが好みなのかな?
続きがあるとすれば、楽しみです☆

ボルシチで晩ご飯

これは何でしょう?
160912_213355.jpg
いただきものの缶詰を開けたところです☆

「ツンドラ」のボルシチの缶詰。
レストランの味で、一人分の晩ご飯に十分な量。
ジャガイモがくずれないまま、しっかり入っていたのに感動[ぴかぴか(新しい)]

私は3分の2ぐらいにしましたよ[るんるん]
160912_213818.jpg
お肉の量はちょっと少なめなので、今日のお味噌汁には鶏肉も入れて。
青梗菜と豆腐の味噌汁ですが~
味噌味は控えめで、煮びたし的な感じで、添えて[かわいい]
美味しかったです![わーい(嬉しい顔)]

[追記:
ボルシチにはサワークリームが合うけど、ヨーグルトを少し水分減らしたのでもいいと教わっていて。
ヨーグルトも一緒に食べたのに、撮るの忘れてました[あせあせ(飛び散る汗)]~合うんですよ![わーい(嬉しい顔)]]

白服にカーキコートのみんつくmomoko

相変わらず白の上下を着ているmomokoさん。
みんつくさんこと、みんなでつくるモモコドール、うちの杏莉ちゃんです☆
160828_175544.jpg
カーキ色は年中使えますが~秋口はとくにピッタリかと。

リーメントの食玩にいくつかドール用のラインがあります。
これがなかなか優れものなので~
「ぷちモードコレクション」のモッズコートを重ねてもらいましょう。
160828_175450.jpg
どう?
ぐっと秋っぽいでしょう[るんるん]
160828_175353.jpg
ウエストが絞ってあって、ポケットにまで襞が入っている可愛いデザイン[かわいい]

急に涼しくなってしまったので~
160922_195208.jpg
もうちょっと秋らしくセッティングを変えましょうか。

モスグリーンのハイソックスを履いて、靴はそのまま。
160922_195652.jpg
豹柄スリッポンのオシャレ感が気に入っちゃってます[揺れるハート]

160922_200011.jpg
オレンジの秋バラを抱いて~
160922_200105.jpg
花かごにも紅葉や木の実を混ぜて~
ハロウィンカラーまでもうすぐ?[わーい(嬉しい顔)][ぴかぴか(新しい)]

「国を救った数学少女」

ヨナス・ヨナソン「国を救った数学少女」西村書店

ヒット作「窓から逃げた100歳老人」に続く2作目。
スケールの大きいホラ話は健在。
こちらを先に読みましたが、1作目もその後で読みました~まだ感想をまとめてないんで、こちらを先に。
主人公のけなげさでは、こっちのほうが上ですね。

南アフリカの貧民街で生まれ育った黒人の少女ノンベコ。
母親は自分と娘の将来を悲観して、薬で気を紛らわせる毎日。
ノンベコはその地域では当たり前のこととして学校へも行かずに、唯一の働き口であるし尿処理場で働きつつ、数学を独学していきます。
ひょんなことから、原子力研究所の掃除婦に。
コネだけで地位を得た実力のない所長を、陰から手助けしていくことになります。

南アフリカ共和国が極秘で作った原子力爆弾が一個、余ってしまう。
国を出ようとしたノンベコは、奇しくも爆弾とともにスウェーデンへ。
そこで出会ったのは‥

狂信的な親にゆがんだ育て方をされた双子の男の子ホルゲル。
兄のホルゲルは父の言うことを鵜呑みにし、弟のホルゲルは深く悩んでいました。
同じ名前のホルゲル、じつは戸籍は一つしかないのです。
各国の思惑と変な人物の意図がまじって、奇天烈な騒動が巻き起こる中、ノンベコと弟ホルゲルは惹かれあい‥

機転が利き、度胸の据わったノンベコと、まじめなホルゲルの出会いがほほえましい。
こんな生まれ育ちで、よくまともに育ったもんです。
兄のホルゲルとこれまた強烈なガールフレンドの意外な絡み合いもあり。
長いスパンの物語だけど、ノンベコの個性は変わらないので、一気読み。
面白かったです☆

ある日のグラタンランチとお茶タイム

これは何でしょう?
160823_135213.jpg
とある火曜日の日替わりランチセットです。
手前はスープ。
ロイヤルホストにて。
160823_135225.jpg
まずはサラダから~
なかなかボリュームもあって~美味しい[かわいい]
160823_140216.jpg
確か、キタアカリと鱈のグラタン。
きたあかりは、ジャガイモの種類です。
160823_140231.jpg
小さなパンとコーヒーも[グッド(上向き矢印)]
ここまでがセットです。

そして、珍しくデザート?
いえいえ~
160823_155522.jpg
これはランチを一緒にした友達を別れた後、別な友達と待ち合わせして、
どこに入ろうか?と結局、同じ店に‥

注文したのがアサイーヨーグルトです。
160823_155516.jpg
お腹はいっぱいだったので、飲み物はなしで。
ゆっくり、いただきました。
さっぱりしていて美味しい~消化もいいでしょ[るんるん]

つまりこれ、同じ日の3時間後に別な友達と。
ロイヤルホスト、なんと、連ちゃんだったんですよ。
場所も便利だし、友達とゆっくりお喋りするには好適の空間なのでね[かわいい]
活用させてもらいました~[わーい(嬉しい顔)][ぴかぴか(新しい)]

白服momokoの上着コーデ

白い上下を着ているmomokoさん。
単品の組み合わせです。
160828_180051.jpg
活躍中なのは、「2012みんなでつくるモモコドール」、うちの杏莉ちゃん[かわいい]
赤毛が印象的なドールです。
白になじむ黄色の上着を羽織ってみました。
夏コーデだなぁ~[あせあせ(飛び散る汗)]
160828_180229.jpg
前を閉めて。
これ、確か~リーメントのセットにあった洋服です。
これでも、この靴も生かせる?[ぴかぴか(新しい)]
160828_180536.jpg
猫のかりんちゃんと記念撮影[るんるん]

160828_043837.jpg
今度はぐっとイメチェン。
黒いレザーのブルゾンです[ひらめき]
160828_044117.jpg
白のレースやチュールとは甘辛コーデ☆
靴の雰囲気とは合うでしょう[グッド(上向き矢印)]
160828_043958.jpg
髪と対比になって、インパクト大[exclamation]

並んでみると~
160828_174334.jpg
「え、けっこう良くない?」
「good! good!」
黒のワンピのスカート部分が短いのと、
ジャケットが短いのが何だかピッタリ[かわいい]
160828_174719.jpg
「黒だと、大人っぽいね~杏莉ちゃん[揺れるハート]
「ありがと~ リカちゃんのだけどね[ふらふら]
「え、そうなの」
リカちゃん用だと小さめにはなりますが~
それがまた可愛かったりして[わーい(嬉しい顔)]
こんなふうに使う事は想定済みで選んでます[かわいい][ぴかぴか(新しい)]

「私のなかの彼女」

角田光代「私のなかの彼女」新潮社

プラチナ本という紹介があり、傑作を読み落としていたのか!?と読んでみました。
作家になる女性の話で、具体的には違っても、自伝的要素もあるのかもと思わせます。

本田和歌には、大学時代から、仙太郎という恋人がいました。
仙太郎はアーティストとして個性を認められ、ちょっとしたスターに。
とくにやりたいこともなく就職した和歌は、結婚を夢見つつ、置いていかれた気分。

祖母のタエが作家志望であったことを知り、どんなことがあったのか想像をめぐらして、初めて小説を書いてみます。
ボーナスでワープロを買い、記念にと応募した作品がなんと受賞。
母親には露骨に嫌がられますが、いつしか作家として生活することに。
祖母は若い頃、作家修行に先輩作家の元に身を寄せ、家族にとってはスキャンダルだったらしい?

売れなくなった仙太郎と、仕事に打ち込む一方の和歌とのすれ違い。
とうに別れてもいいのではと傍からは思うほどだけど、そんなものかも知れないですね‥
致命的なことが起きるまでは。

仕事にのめりこんでいく状態。
パートナーにわかってもらいたい気持ち、認めてほしい気持ち。
それが無理だと気づき始めても‥

祖母のタエについて少しずつわかっていくことがあり、そのときに応じて和歌の解釈も変わっていく。
最後のほうの解釈に救いが感じられます。
ちょっと痛いけど、それだけ、読み応えのある内容でした☆

初代ピートのこと

これは何でしょう?
160918_233632.jpg
古いアルバムに貼ってあった写真です☆
私が撮ったので、ぼけてます。
紐でじゃらしているところみたいですね[るんるん]

うちの猫では初代のピートくん。
160918_233553.jpg
これなんか、ハンサムぶりがわかる?
目の隈取がはっきりしていて、精悍な顔つきでした。

私が小学高学年の頃から10年近くいたかな‥
当時は猫を病院へ連れて行ったり手術をするお宅もめったになく、
雄猫は何かと縄張り争いしてました。
家の中ではまったりしていたんですけどね。
後半生は喧嘩三昧でした。
二度の引越しにもついてきて、引越し先ではそのたびに前にも増して喧嘩続き。
数日家に帰ってこないのは当たり前、
そういうときは痩せていたり、怪我をしていたり。
一ヶ月帰ってこないこともありました。
そういうときは意外に痩せていなくて、怪我もしていない。
お嫁さん探しに遠征して、そこで争奪戦を繰り広げ、
どうやら一時的に婿入りしていたのかな~って感じ[わーい(嬉しい顔)]

兄の友達の家で子猫が生まれたからと、兄が貰ってきた猫です[かわいい]
名前も兄が付けました。
その前に、うちでは秋田犬、柴犬、雑種犬、うさぎ、文鳥、金魚、ひよこ、シマリスなど
いろいろ飼っていたんですが~
どれもあまり長命じゃなかったんです。
時代の限界もあり、飼い方をよく知らなかったせいもあるんでしょうね。
一番長くて4年ぐらいかな‥
子供の私が力尽きて何を飼う気もしなくなった頃に兄が連れてきたのがこの猫でした。
この初代猫が長生きしてくれたため、以来うちは猫ばかりに[揺れるハート]

それまでは猫のことを良く知らなかったんですが、
すぐに夢中になりました。
一緒にいて欲しくて、撫で方を一生懸命研究しましたよ。
気持ちよさそうにしていても、何かの拍子に、ふっと行ってしまうので。
猫の様子をずいぶん観察したので、ほかの猫に対してもだいぶ気持ちがわかるようになりました。

庭の木に登っているところ。
160918_233653.jpg
このときは確か家族みんなで庭に出て見上げていたような気がします。
木に登るのは得意だけど、降りるときには難儀をしていることもあり、
助け下ろすこともあったような。

白黒というところが時代を感じさせますね~[ふらふら]
人物写真はカラーもあるので、父はそういうカメラも持っていたと思います。
子供は触らせてもらえず、
猫の写真を撮る気も父にはなかったのかも、と。
そのへんも時代を感じますけどね![わーい(嬉しい顔)]

白服みんつくと黒服momokoの靴

白い上下を着てみたmomokoさん。
みんつくさんこと、「みんなでつくるモモコドール2012」さんです。
「瑛美ちゃん、こんにちは~」
160828_041439.jpg
「杏莉ちゃん!」
撮影終わっていた「海と太陽」さんこと、うちの瑛美ちゃんのところへやってきましたよ。
どっちもmomokoドールですが、けっこう雰囲気違うでしょ[るんるん]
「立って並んでみる?」
160828_042907.jpg
「黒子さん、白子さんだね」
「‥何、それ?」
(知っている人と知らない人と分れるかも?[exclamation&question]
160828_042946.jpg
「細~い! 瑛美ちゃん、すごいスタイル!」
「黒い服だとよけい細く見えるしね‥‥ ていうか、サイズ同じだよ、杏莉ちゃんと」
「そっか~まあ、いいじゃん」
仲良し、仲良し[かわいい]
160828_043416.jpg
「この靴、いいねー」
「こっちもいいよ」
「わりと新鮮?」
160828_043335.jpg
じつは靴をとっかえっこしました[揺れるハート]
瑛美ちゃんは腕が寒そうなので、パーカを羽織って。
「そだね、こういう柄ってなかった」
「似合ってるじゃん」
160828_043631.jpg
「この服のままでも似合うかな?」
「いける、いける!」[ぴかぴか(新しい)]

「奥方は名探偵」

アシュリー・ウィーヴァー「奥方は名探偵」ハヤカワ・ミステリ文庫

コージー系でややロマンスもあり☆
ヒロインが上流階級というのが珍しい。
シリーズ1作目?

エイモリーという変わった名前のヒロインは、上流階級の若奥様。
夫のマイロはすごいハンサムで魅力的だけど、いささか放蕩者。
旅行先の社交界で浮名を流しているため、夫婦仲は危機にひんしています。

元婚約者のギルが訪ねてきて、エイモリーも良く知る妹の軽率な結婚を止めるために力を貸して欲しいと頼んできます。
5年ぶりに会った彼は、彼女を恨むこともなく、変わらずに穏やかで優しい。
夫が勝手に旅行するなら私だってと、エイモリーは皆が集まっている海辺の町へ同行することにします。
それを知った夫は嫉妬心むき出しで追いかけてくるのだが、その本心がエイモリーにはぜんぜん通じない(笑)

有名な俳優や実業家、社交界の名物女性、大物の娘など、表面はいたって優雅だが~内心はさまざまワケありで、けっこう傷だらけのセレブたち。
堅苦しく育てられたヒロインだけど、けっこう果敢で感じは悪くないです。
事件と絡みつつ、エイモリーの三角関係?というか、夫との間がどうなるかというお楽しみも☆

いただきものの銘菓

これは何でしょう?
160807_193958.jpg
遠方にお住まいのお友達からいただいたものです☆
中身はこの袋のだけじゃなくて~
160807_194059.jpg
お住まいのものと故郷の銘菓という心づくしの品が‥[揺れるハート]

160807_194422.jpg
これってちょっと見たら、海苔で巻いたおせんべかと思わないですか?
160807_194756.jpg
中はお豆なんですよ~初めて食べました!
美味しいし、ヘルシーですね[るんるん]

ういろうはこんな感じ[晴れ]
160807_214116.jpg
食べやすくて美味しかったです[かわいい][ぴかぴか(新しい)]
あ、松風を撮るの忘れちゃいました~[あせあせ(飛び散る汗)]
ぱりっとした薄い瓦せんべいタイプで、品のいいお味でしたよ[わーい(嬉しい顔)]

白白コーデのみんつくmomokoさん

夏もそろそろ終わりだけど~まだ深い色はちょっと暑苦しい?今日この頃。
とりあえず?
白の上下で着せ替えしてみましたよ。
160828_041630.jpg
モデルは「2012みんなでつくるモモコドール」さん。
うちでの名前は杏莉ちゃんです。
160828_041710.jpg
はっきりしたお顔立ちに鮮やかな赤毛のウェーブヘア。
160828_041725.jpg
白い服のコーデは、まだ暑いうちに一度、やっておきたかったんですよ。
でももうタンクトップや短パンではなく‥
チュールをあしらったスカートは流行り続けていますね。
色目や丈によっては大人でも着れるぐらい。
160828_042112.jpg
甘めの洋服に、合わせる靴はスポーツテイストを取り入れるのが今風。
160828_041937.jpg
最近、ゆるめのデザインが大流行で、
肩付けの位置が下がっているのが面白くて。
このレーシーブラウスがフレンチスリーブなのがまあ合格かな?と。

かりんちゃんと記念撮影☆
160828_042351.jpg
ガーリーな格好はやっぱり可愛い[かわいい]
最近の流行に合う服って~
手持ちで探してみたけど、なかなかそのものズバリってなかったです。
つい最近買ったのはないせいもあり、お人形服らしいデザインの限界もありで。
160828_042534.jpg
季節の変わり目は、自分が何を着ようかなー‥??
って考え始めるのも着せ替えに影響はしていますけど[ひらめき]
お人形にはTPOとかだけじゃなく~
夢のある衣装を着せられるのがいいところですね[揺れるハート]

「心に吹く風 髪結い伊三次捕物余話」

宇江佐真理「心に吹く風 髪結い伊三次捕物余話」文春文庫

髪結い伊佐次捕物余話もシリーズ10作目。
今回は、伊三次の息子の伊予太が戻ってきたのを発端に、さまざまな出来事が絡み合います。

伊予太は絵師の見習いとなっていましたが、兄弟子とけんかになり飛び出してしまう。
詳しいことを話さない息子に、親の伊三次とお文はまずは見守るのみ。

不破の息子・龍之進は前作で、後輩の姉である若い娘きいを嫁に迎えました。
きいの視点からも描かれ、生き生きしたけなげなキャラクターと行動力で、この世界を明るくしてくれています。

町人の出の兄嫁きいに、妹の茜は違和感を隠さない。
男装で道場に通う茜に、思いがけない縁談が‥
気の強い茜が唯一素直になるのは、幼馴染の伊予太だけ。
身分違いなので、本気で考えることもしないで育ちましたが、ここへ来てお互いの気持ちは‥?
意外な道を選ぶ茜。
奥女中に腕の立つ娘を警護役として雇うというのがあるのですね。

事件が起きては解決するうちに、家族にも成長が。
意外な展開の中に、納得のいく流れがあって、なるほど~としみじみします。
ちょっと甘酸っぱく、それぞれの幸せを祈る気持ちになる読後感。

愛読していたシリーズですが、ちょっと間が開いて、この後書きで作者が闘病中と知り、驚きました。
惜しくもなくなられましたが、まだ読んでいない作品を読んだり、好きな作品を読み返したり、頭の中の世界はずっと続きます☆

沖目鯛の炭火焼定食

大戸屋さんの晩ご飯です~
160817_210741.jpg
沖目鯛の醤油麹漬け炭火焼定食☆
160817_210748.jpg
美味しそうでしょ[かわいい]
最近、お魚をまともに食べてないかな?というようなタイミングだと
大戸屋さんは最適[揺れるハート]
いろんなのがありますからね~[るんるん]
160817_210757.jpg
浅漬けとお味噌汁。
160817_210807.jpg
五穀ご飯と、切り干し大根の煮物。

メニューはこちら[ひらめき]
160817_205636.jpg
やっぱり、和食は基本ですね!
落ち着きます[わーい(嬉しい顔)]

和食といえば~
テレビで里芋の煮っ転がしを通りかかった若い女の子に試しに作ってもらうのをやっていましたが。
なぜか長芋に挽肉をつけて団子みたいにして転がすのとか、衝撃の作品が!
‥いや私もそんなにちゃんとは作れませんけどね[ふらふら]
逆に創意がすごい‥[exclamation&question]

青に赤い花の浴衣のWUDmomoko

青地に赤いチューリップ柄の浴衣を着てもらいましょう。
モデルは、WUDことWake up momoko dollさん。
うちでの名前は碧生(あおい)ちゃんです。
160831_223503.jpg
ちょっと金魚の模様みたいに見えるかも?
金魚柄を探していて、大きさがちょうどいいのが見つからなくて、これにしたんですよ[ひらめき]
私が一番最初に仕上げた浴衣です。
これの前に試しに作りかけたやつは間違いだらけで挫折してしまい、
うんと可愛い布なら作る気になるかも?と[かわいい]

160831_223755.jpg
まっすぐな黒髪なので、浴衣は似合いますね[るんるん]
帯は黄緑色で、一文字文庫。
160831_223848.jpg
この浴衣に合わせて作った帯です~
元気なイメージが合うかな、と。
160831_223953.jpg
どのドールにも一度は着てもらっている浴衣[揺れるハート]

誰にでも似合いそうな浴衣に~
着物は何でも似合いそうな碧生ちゃん。
もうちょっと雰囲気を変えるとしたら~
160831_224803.jpg
控えめで涼しげな、こんな帯はどうでしょう?
もっと大人っぽい浴衣用に作ったんじゃないかと思いますが~
あり得なくはない?
160831_224626.jpg
髪は黒いリボンのクリップで、ちょっと後ろで留めて。
おとなしやかな顔立ちなので、合うかな?と‥
160831_224827.jpg
可愛い?[かわいい][ぴかぴか(新しい)]

「エクレアと死を呼ぶ噂話」

ジェシカ・ベック「エクレアと死を呼ぶ噂話」(コージーブックス)原書房

前から気になっていたコージーのシリーズ、初読み。
「ドーナツ事件簿」既に4作目?

故郷の町でドーナツショップを経営するスザンヌ・ハート。
なかなか元気のいいヒロインですが~
夜は早く寝て、毎日午前1時に起きるという生活。
アメリカではドーナツは朝食べる人が多いらしいです。

ところがある夜、寝入る前にラジオから、自分の店の名前が?
しかも、キャスターがドーナツは身体に悪いと攻撃していたのです。
憤慨し、地元局へ講義に出かけたスザンヌ。
ところが、翌朝、キャスターの身には事件が!

ドーナツの売り上げは落ち続け、一刻も早く事件を解決して欲しいと自分なりに探りを入れるスザンヌ。
州警察捜査官のジェイクが恋人で、これまではやや不安定だったのが上手くいくようになったばかりらしい。
捜査情報を教えてはくれないけど、微妙な協力もあったり、ね。

実家で同居する小柄な母親は亡き父を今も愛し、料理上手で良妻賢母という雰囲気だけど、実は~地元の陰の実力者の一人?というのも楽しい。
地元警察の所長が恋していたりして。

さばさばした親友と一緒に行動したり、仲間にも恵まれ、田舎町のあちこちを縦横に駆け巡るスザンヌ。
似たシリーズをいくつか思い出すけど、真ん中ぐらいの出来?
テンポよく展開し、コージーが好きなら読む価値はあります☆

神泉でガレット&クレープ

松涛美術館の帰りに寄ったお店です☆
神泉の「ガレットリア」というお店。
160902_184928.jpg
美味しい店に詳しい友人に連れて行ってもらいました。
店内も素敵でしたよ~[揺れるハート]

160902_185534.jpg
セットメニューに、サラダをプラスして[るんるん]
160902_185932.jpg
私が頼んだのは基本のガレット。
卵とハムとチーズだったかな?
初めてのお店ではたいていこういうのを頼みます。
ガレットは蕎麦粉で出来ていて、食事になるような内容です。

クレープは小麦粉で出来ていて、デザート的なもの。
それぞれ1種類選んで飲み物がついて、というセット。
160902_192942.jpg
私のは、バターと砂糖とレモンのクレープ[かわいい]
基本プラス、レモンにしてみましたよ[晴れ]

160902_192716.jpg
飲み物は紅茶。
このお店のブレンドというか特製[グッド(上向き矢印)]
いい香りがしました[ぴかぴか(新しい)]

160902_185043.jpg
ちょうど誰もいなかったので、こちらも写真撮っちゃいました。
女子力上がりそうなオシャレな内装の向こうに見えるのは、ローソン[わーい(嬉しい顔)]

桜柄の浴衣に赤い帯のヴァイオレットmomoko

ピンク地の浴衣の続きです。
モデルはヴァイオレットさん。
うちでの名前は、紫苑ちゃんです[かわいい]
160828_201216.jpg
セミロングにシャギーの髪なので、まとまりにくいかと思いましたが~
けっこう和風に出来る?

ちょっと変わったポーズにしてみたい!
160828_201334.jpg
踊ってるみたいなポーズも~
安定させるのが難しいけど、何とか[あせあせ(飛び散る汗)]
160828_201340.jpg
何だか楽しそう?

160828_201904.jpg
帯は、古布を復活させたという古風な赤い布。
共布のバッグも作りました[るんるん]
あ、髪が乱れてきちゃった‥

赤い帯とバッグだと、ちょっと重めだったかな‥
160831_220726.jpg
白地に赤い花柄のバッグではどうでしょう。
160831_220640.jpg
うちわも持たせてみました。
リカちゃんのだけど[あせあせ(飛び散る汗)]
髪も整えて、美人さん[わーい(嬉しい顔)]

黄色いバッグで変化球。
160831_221115.jpg
形も変形です~どうやって作ったのかもう記憶にないわ[ふらふら]
160831_221240.jpg
下駄も色を変えました。
赤い鼻緒で女の子らしくね[かわいい][ぴかぴか(新しい)]

「火花」

又吉直樹「火花」文藝春秋

言わずと知れた芥川賞受賞の話題作。
売れない若手芸人が強烈な芸を持つ先輩に出会い‥

スパークスという漫才コンビを組む徳永は、熱海の花火大会で、聞く人もいない状況で漫才をさせられていました。
この夜に先輩芸人の神谷と出会い、それからは毎日のように会って漫才論を語り明かします。
素直に尊敬して影響を受けつつ、あまりに破滅型な神谷に、付き合いきれない面も出てくるのでした。
しだいに徳永はテレビに出る機会も増えて、伸びて行きますが‥
徳永の内気で周りから浮きやすい、斜に構えていると誤解されやすいところなど、本人の経験から?
本は読まない人、という設定だけど。

さすがに文章は丁寧でちゃんとしているし、まじめな雰囲気はテレビで見る姿とも違和感ないです。
長年本を読んできた人らしい文学への愛情や尊敬も感じられます。
芸人として培った感性や、おそらくモデルになった先輩だけでなく、変わった人物が身の回りに多かった経験も存分に生かされています。
漫才のねたや、コントっぽい会話が混じるあたりは読みやすい。

というわけで、基本は納得の合格点で、好感も持てます。
個人的に、お笑い論というか、そこまで極めようという気持ちに共感できなかったけど。
先輩の普通じゃないところ、このへんの濃さが、芥川賞の所以かな。
‥普通じゃない先輩なら知ってないこともない‥
若い頃、出会うものかも知れませんね☆

サロンクバヤ展

これは何でしょう?
160905_000101.jpg
松涛美術館の展覧会に行ってきました。
160905_000026.jpg
サロンクバヤというのは~
サロンというのが、下のジャワ更紗の巻きスカートで、
上にクバヤというレースのついたブラウスを組み合わせた衣装。
160902_172631.jpg
布が素敵なんですよ!
160902_173150.jpg
そのまんま、着て歩きたいような[グッド(上向き矢印)]

レースがまた優雅で‥
160902_175727.jpg
可愛らしい靴。
160902_172133.jpg
刺繍はわかりにくいけど、うさぎさん[かわいい]

シンガポールは、古来交通の要衝にあり、中国系やインド系の移民の子孫がプラナカンと呼ばれ、
さらにヨーロッパの文化をも取り入れ、独特な文化を形成したそう。
手が込んでいて、豪華で~つまりは富豪層ということらしいですよ。
160902_181933.jpg
クバヤにボタンなどはなく、3つがつながったブローチで留めるそうなんですが~
ダイヤモンドとゴールドなんです[ぴかぴか(新しい)]

160902_175851.jpg
これなんか、青い色がきれいなんですが~
赤い柄は海老さんで、けっこう強烈[わーい(嬉しい顔)]
デザイナーものも多いコレクションなので、個性的なものもありました[るんるん][ぴかぴか(新しい)]

桜柄の浴衣に紫の帯のmomoko

浴衣姿のmomokoドールの続きです☆
ディープ・ヴァイオレットさん、こと、うちの紫苑ちゃん。
160828_200500.jpg
ピンクに白の絞りみたいな地模様の入った生地。
大きめの桜の柄で、花の芯にちょっとキラッとするラメも入っていたりするモダンなものです。
紫のシンプルな帯にしてみましたよ。
160828_200507.jpg
色は合うと思います~[かわいい]
髪は上のほうだけちょっと両側からとって、後ろで蝶のクリップで留めて。

160828_200647.jpg
横から見ると、雰囲気違うかも[るんるん]
ちょっとタテガミみたいになってますけど~
160828_200709.jpg
なんだか、おでこが可愛い?

160828_200819.jpg
ひざ立ちで変化をつけたポーズを後ろから[ひらめき]
160828_200928.jpg
和風に見える?
髪は取る量を少し増やしてみました。
このほうが古風かな?[揺れるハート][ぴかぴか(新しい)]

「フランス人は10着しか服を持たない」

ジェニファー・L・スコット
「フランス人は10着しか服を持たない~パリで学んだ”暮らしの質”を高める秘訣~」大和書房

キャッチーなタイトルが気になって、出たばかりのとき、ちょっと本屋で立ち読み。
服のことだけじゃないんですね~改めて、図書館で借りました☆

カリフォルニアで、カジュアルな服を大量に買い、とっかえひっかえしていた著者。
2001年にフランスに交換留学生として貴族のお家に半年滞在したときに、衝撃を受けたんですね。
クローゼットがとても小さくて、大きなスーツケース二つにいっぱい持って行った服が入りきらない。
ご家族は皆、その小さなクローゼットで半年持たせているという。
そのシーズンに着る主なブラウス、スカート、パンツ、カーデなどを決めておくということ。
(コートやドレスなどは別、さらにTシャツも別勘定なんですけどね)

変化をつけるためだけに、あまり似合わないものを買ったりしない。
選び抜いた上質なものを少しだけ持ち、手入れして、丁寧に使う。
家でも身奇麗にしている。
大事なものをしまいこまず、日常的に使う。

10着というのは原題にはなく、マダム・シックという仮名のそこの奥様の暮らしぶりを参考にするという内容。
奥様は、ほとんど毎食、フルコースを手作り。
バターも砂糖も使った本物の料理で満足感たっぷり。
買ってきたものを出す場合でも、綺麗なお皿に入れて、家族みんなで優雅にいただく。
3食デザートつきで、そのかわり間食はしない。
基本に忠実とでもいうのか、毎日を丁寧に、充実した幸福な生活になっているんですね。

アメリカでは、ポテトチップスなどをだらだら食べるのは普通のこと。
食事のときも、「これ美味しいけどカロリーが高いのよね」みたいな話が良く出て、文句を言いつつ食べて太っている対照的なありようが‥
確かに幸福感には影響するかも(笑)

マダム・シックほどには出来ないけど、カリフォルニア・ガールほどでもないかなぁ?
考え方としては刺激になり、面白い読み物でした。
服の数はライフスタイルにもよるので、若い頃はこれぐらい少ないスタートだったかも‥
大人で、私服で通勤する人は10着じゃ無理ですよね!
それに、家での作業着は別枠でしょ!
などと、ちょっと抵抗しつつ(笑)

ニラ肉団子とゴーヤチャンプルー

ある日の晩ご飯です☆
写真を見失っていたんですが、ひょこっと見つけたので[るんるん]
160731_211359.jpg
ニラと豚ひきのお団子、得意料理というかオリジナルです。
中華のニラ饅頭ってあるでしょ、あれが好きなんだけど、しょっちゅうは買えないし、
よりヘルシーなものをと考えて作り始めました。
つまり、皮なしで、赤味肉で、お麩を刻んで入れるのがポイント。
160731_211417.jpg
豚ひき250gぐらいに、
ニラ半束のみじん切り、
お麩はニラと同じぐらい、
全卵小さめ一個、
片栗粉適宜。
全部混ぜて適当に丸めて、フライパンで両面焼いて、
めんつゆとケチャップを大匙1ぱいぐらい、適当にとぱっとかけます。
焼くとお麩はわからなくなっちゃいますよ。

ゴーヤチャンプルーも。
苦味を抑えたマイルドな味付け。
本来の作り方よりも~ただの中華炒めに近くなってます。
ありあわせの野菜を足すので、このときはもやしが入ってるかな。

160731_211533.jpg
デザートには小玉スイカ。
夏の楽しみですよね。
コップは友達にもらったものです[かわいい][ぴかぴか(新しい)]

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック