« おむすび和風弁当 | トップページ | ブラウスに手作りスカートを合わせるmomoko »

「天国でまた会おう」

ピエール・ルメートル「天国でまた会おう」ハヤカワミステリ文庫NV

「その女アレックス」が有名なピエール・ルメートル。
他の作品も含めて、日本の出版界にも旋風を巻き起こしたといっていいでしょう。
「アレックス」の2年後のこれがまた、フランスで最高の文学賞である、ゴンクール賞を受賞した作品。
奔流のようにあふれ出る才能を堪能できます☆

第一次大戦中の1918年から話は始まります。
真面目で平凡なアルベールは、上官のプラデル大尉の非道なやり方をたまたま目撃してしまいます。
戦場の混乱に乗じてプラデルに生き埋めにされかかったところを仲間のエドゥアールに助けられますが、エドゥアールはこれで顔を半ば失う大怪我。
裕福な家の出のエドゥアールは変わり果てた姿を見せたくないと家族に連絡を取ることを拒否し、アルベールが面倒を見ることになります。

一方、かっての上官プラデル大尉は、貴族の末裔で、ハンサム。
エドゥアールの実家を訪ね、なんとエドゥアールの姉と結婚してしまいます。
しかも、戦死者の鎮魂のための事業で、大儲けしようという。
それを知ったエドゥアールは、復讐を考え‥?

救いのないような状況ですが、話はテンポよくどんどん進み、人生の皮肉をユーモアで包んで、いかにもフランス的なエスプリが溢れんばかり。
天才肌で手に負えない子供だったエドゥアールを親はもてあましていたのですが、戦死したと知らされてから、父性愛に目覚めていくことに。
二人の下宿先の女の子がエドゥアールのために可愛いマスクを考案してくれるところなど、なんとも微笑ましい。
これだけの作品は~なかなか読めないですよね。
面白かったです!

|
|

« おむすび和風弁当 | トップページ | ブラウスに手作りスカートを合わせるmomoko »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

歴史もの」カテゴリの記事

海外小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/63870579

この記事へのトラックバック一覧です: 「天国でまた会おう」:

« おむすび和風弁当 | トップページ | ブラウスに手作りスカートを合わせるmomoko »