« momokoDOLLの本 | トップページ | アフタヌーンティーのベジロール »

「火星に住むつもりかい」

伊坂幸太郎「火星に住むつもりかい」光文社

近未来の仮想日本のSFとでもいうのか‥
宇宙を舞台にしたSFではありません。
密告による処刑が公開されるという怖い話ですが、そこへ正義の味方が現れ‥?

平和警察という組織が作られ、海外テロ組織への関与を疑われた人物を取り調べる権限が与えられていました。
指定された地区では、しだいに密告が増えてくる‥

ごく普通の人々が生活している様子のなかに、突如として町の噂や隣人の逮捕といった出来事が降りかかります。
不運な人もいるが、すれすれで逮捕を免れる人もいる、ちょっとしたユーモアも含みつつ伊坂さんらしい展開。

謎の正義の味方が実行力を持っている面白さと、上のほうでも何やら独自の権力争いがおきている不気味さ。
予想のつかない展開のうちに~事態は?思わぬ展開を見せて、ほっとする‥
が、怖さは残りますね。
犯罪者同士のダークな話とは違う怖さ。
日本でも似たようなことが起こりかねない!?

‥人の心の中にある自然な動き、思いやりや勇気、前向きな気持ちを大切に。
お天道様に顔向け出来ないことはしちゃいけないよって(笑)
平和を愛する日本を誇りにしていきたいものです☆

|
|

« momokoDOLLの本 | トップページ | アフタヌーンティーのベジロール »

name:伊坂幸太郎」カテゴリの記事

国内作家:あ行」カテゴリの記事

国内小説」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

SF」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/63875460

この記事へのトラックバック一覧です: 「火星に住むつもりかい」:

« momokoDOLLの本 | トップページ | アフタヌーンティーのベジロール »