フォト

おすすめ本

« momokoの海子さん登場 | トップページ | 限定のスリッポンをはく海子momoko »

「スパイ学校の新任教官」

スーザン・イーリア・マクニール「スパイ学校の新任教官」創元推理文庫

マギー・ホープのシリーズも4作目。
作品ごとにけっこう、雰囲気が違います。
第二次世界大戦中の話なので、ヒロインたちの若々しさと状況の重さが微妙なバランス。

3作目が非常に重い幕切れだったので、4作目はさあ!復活の巻でしょ。
1941年初冬。
マギーは現場を離れ、心を閉ざした状態。
スコットランドの訓練キャンプで新人を指導する鬼教官となっています。

親友のサラの所属するバレエ団が近くで公演することになり、しぶしぶ出向くマギー。
ところが、そこで事件が起きます。

一方、マギーは直接かかわらない部分でも、歴史が大きく動いていく時期。
米英の思惑、専門家の対応の違い。
日本人としては敵国である日本が登場すると微妙なんですが、これがなかなか公平に描かれています。
真珠湾攻撃を目前に、アメリカ駐在の日本大使の困惑と奮闘も描かれていて、考え方の違う人間がいることもわかるので。

お勉強は出来るけど世間知らずで大胆なだけだったヒロインが、苦難に立ち向かううちに成長していきます。
次へつながる伏線も驚き。
続きも楽しみです☆

« momokoの海子さん登場 | トップページ | 限定のスリッポンをはく海子momoko »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145558/64027228

この記事へのトラックバック一覧です: 「スパイ学校の新任教官」:

« momokoの海子さん登場 | トップページ | 限定のスリッポンをはく海子momoko »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ

最近のトラックバック